Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とりあえず、ホームページ「The Borderland」の移転を行ないました。
まだ完全ではないですが、あとはぼちぼちとやってゆきます。

http://homepage3.nifty.com/seasidejunkfoods/hodgson/hodgson_tpp.htm
スポンサーサイト
 このブログの管理人のひとりであるshigeyukiが運営していたホジスンのファンサイト「The Borderland」が、インフォシークのサービス終了に伴って、閉鎖されることになりました。長い間放っておいたため、直前まで気づきませんでした(笑)。
 近いうちに移転しようとは思いますが、しばらくはネット上から「The Borderland」は消えます。また再開する時には、こちらで告知します。リンクを貼ってくださっているかた、申し訳ありませんが、よろしくお願いします。


The House on the Borderlandのアニメーション。You Tubeより。
恐怖の部屋

ウィリアム・ホープ・ホジスン 著
shigeyuki 訳

 
1

 ウィリー・ジョンソンは大きなベッドの中で息を潜め、身を強ばらせていた。その日、彼は八歳の誕生日を迎えたのだった。その結果として――父は朝食の時に彼に言った。大きくなった男の子は――おやすみの部屋は卒業だ。妹のジェニイ、それから赤ん坊と離れて、自分だけの部屋を持つんだよ。
 ウィリーは、ぼくはおやすみの部屋にいたいんだよと、一生懸命に頼み込んだ。だが父は、小さな子どもみたいなことを言うんじゃないと切り捨てたし、母もほんの数語言葉をかけただけで、全く取り合わなかった。彼の乳母のナニー・ジョセフスが、しばらく彼に寄り添って座っていてくれた。彼女は、その小さな男の子がこれまでの短い人生を通じて、闇の中に潜む恐怖に怯えていたということを、少しは知っていたのだ。だが母親は、ふらりと部屋に入ってきて、彼が新しいベッドルームでどんな様子をしているのかを目にすると、乳母に出て行くように命じ、男の子の臆病さに迎合しないでちょうだい、この子は大人になることを学ばなければいけないんですから、と言った。彼女は乳母の行為を、親のやることに反抗する子供を正当化する行為だと受けとったのだ。
 母はナニーが出て行った後、しばらく息子と一緒にいたが、その幼い息子には勇敢さが欠けているということを認めざるを得なかった。それは彼女にとってとても辛いことだった。まずいことに、彼女は臆病者ほど嫌いなものはなかった。それで彼女は息子に冷たく当たり、それを窘め、そっけないキスをした――それから男の子をたった一人で闇の中に残し、広い廊下の光の中に出ると、扉を閉めた。彼女はしっかりした女性ではあったが、いくらか冷淡なところがあったのも否めなかった。もちろんそれは愛情に欠けているという意味ではない。だが同時に、彼女はとてもプライドの高い女性で、ジョンソンズにもレモッツにも――彼女の家族である――恐怖という罪悪が存在した試しがなかったのだ。だが彼女はこうして、蚤の心臓を持った、臆病な息子を産んでしまった。なんとかしなくちゃ――いけないわ!彼女はそれしか考えなかったのだろう。治さなければ。それしかない。絶対に治しておかないと!
 彼女は階下に降りると、夫のもとへと向かった。そして立派な恰幅をした血色のよい夫に、言葉少なに乳母の行為を非難して、交わした会話の断片を引用してみせた。
 「私は彼女に、もしウィリーを男らしい少年に育てたいと思うなら、そんなふうに甘やかしたりしないで、と言ったのよ。そしたらジョン、どう思う、あの馬鹿な女はこう言ったのよ。『あたくしは思うんですよ、奥さま。お子様たちには、あたくしたちには見えないものが見えてらっしゃるんです』私はすぐに部屋を出て行くように言ったわ。もしそんなことをウィリーの耳に吹き込んだら、ベッドに入るのを怖がるのも仕方ないってことになるじゃない」
 上の階では、ウィリーはたったひとり、暗いベッドルームの中の冷たく大きなベッドの中に横たわり――まるで人間という原子のように小さくなって、シーツを顔の上にまで引き上げ、恐怖に震えていた。彼は大きく目を見開き、壁の上の方、見えない天井辺りの大きな深い影をじっと見つめていた。影はぞっとするような渦を描いて、巨大な手の形に変わった。四本のばかでかい指が揃っていて、続いて巨大な親指が現れ、さらにはぼんやりとした手のひらが見えた。彼は暗闇で一人きりだった。人々のいる場所から千マイルも離れているかのように感じながら、さらに身を固くして目を大きく見開き、瞬きさえできなかった。突然、少年は気がついた。これで終りではない。手はまだ下に向かって伸ばされている。その指が彼に向かって、少し曲げられた。たぶん、足の先まで現れて、一息つくつもりなのだ。少年はじっと息を殺した。足、背中、手、そして額には冷たい汗がにじんだ。感覚が研ぎ澄まされたかのようだった。どこかで鈍くて規則正しい音が鳴り響いているかのように思えた。鼓動の音が大きな暗い部屋の中に響いた。小さな心臓は祈りの気持ちに溢れ、彼は毛布を頭の先まで被った。だが少年には分かっていた。あの曲がった指が彼に襲いかかり、すぐに少しづつ引き離されてゆくのだと。一分が過ぎ――永遠のような六十分が過ぎた――そのような苦しみは、恐怖に対して生々しい感性を持つ子供だけにしか分からない。やがて、凍りついていた視線は、ゆっくりと影の塊の上部へと移動した。影は少しづつ、ゆっくりと後退していて、小さく、薄れていった。だがその間ずっと、絶えず動きながら、渦巻いていた。影は天井近くにまで後退し、小さな影と変わらないほどにまでなっていた。ベッドの上の少年はほっとして、毛布の中で身体を動かした。ちっぽけな、安心した心臓が、脆い肋骨の奥でどきどきと鼓動を打ち、大きなベッドの掛布が、それに合わせて震えた。そう、彼は打ち勝ったのだ!
 下の使用人用の居間では、コックと乳母が話していた。
 「奥さまときたら、まったく気の強い方だよ」とコックは言った。「きっと怖いなんて感じたことがないんだろうね。あたしは奥さまが言ってるのを聞いたよ。腰抜けより泥棒の方がましだって」
 「ウィリー坊ちゃんは腰抜けなんかじゃありませんよ。あの子は感じやすいだけなんです。暗いのが怖くたって、いいじゃありませんか。小さい子供は、みんなそうですよ。わたしは思うんです、子どもたちには、わたしたち大人の見えていない何かが見えているんじゃないかって。でも、いずれ大人になりますよ。だから、それまで奥さまは、あの子に時間を差し上げてもいいんじゃないかしら」
 「あの奥さまじゃあ、待ちゃしないだろうねえ。殺すか治るかってね、いっつも極端なんだ。自分の身体や血の中に臆病さがあるってのが、馴染めないってんだね。まあだけど、奥さまは誰にでも公平で、まっすぐな人だしね、あれがご自身のやり方なんだろうね」
 「わたしは奥さまがそうじゃないなんていってませんよ。でもね、奥さまはウィリー坊ちゃんのことを理解なさってらっしゃらないと思うんですよ。あんなにいい子はいませんよ。あの子にはあの子の成長のしかたがあるんです。あの子が怖がってるのは、暗闇だけのことじゃないんですよ。あの子は、奥さまがあてがってくださった「西の」寝室を怖がっているんです。わたしは奥さまに言いましたよ。もしおやすみの部屋にいられないのでしたら、東翼の小さな部屋ならいかがでしょうかって。坊ちゃんは、ジェニーお嬢ちゃんが麻疹にかかった時にそこで眠りましたからね。だけど、奥さまはわたしを黙らせて、部屋から出て行くように言いました。奥さまは言い出すと聞かない方ですから!」
 「わからないけどねえ」とコックは言った。「暗いのが怖いんだったら、どの部屋でも同じことじゃないのかしらねえ」
 「だから言ったでしょうよ、坊ちゃんが怖がってるのは、暗闇だけのことじゃないって。あの子は「西の」部屋を怖がってるんですよ。ずっとそうでした。何故かは、わたしには分からないけれど、確かなんですよ。そりゃきれいな部屋ですよ。でもね、子供たちが足を踏み入れたとたんに怖がるような部屋って、あるように思えるんですよ。それは、理由のないことばかりじゃないと思うんです。わたしは奥さまにそう言おうとしたけれど、うまくゆきませんでした」
 「あたしは若い頃、部屋が怖いなんてのは思ったことはないわねえ」コックはそう言って考え込み、自分の赤い顔をエプロンで拭いた。
 「だけど、あなたは誰かと一緒じゃないと地下の倉庫に行けないじゃありませんか――あなた、四十五でしょう!」それを捨て台詞のように残して、乳母は部屋を出て行った。

****************


1
 
  WILLIE JOHNSON LAY IN THE BIG BED very quiet and rigid. He had that day come upon his eighth birthday, and in consequence thereof-beginning to be, as his father had told him at breakfast that morning, a big boy-had been promoted from the night nursery and the company of his little sister Jenny and the baby, to the lonely state of a bedroom all to himself.
  He had begged hard to be allowed to stay in the night nursery; but his father had teased him for his babyishness, and his mother had negatived his desire with a few curt words. His nurse, Nanny Josephs, had sat with him for some time to keep him company~ for she knew something of the fear of the dark in which the little man had lived all his short days; but his mother, chancing to come in to see how he liked his new bedroom, had ordered her out, telling her that she was but pandering to the cowardice of the boy, which he would have to learn to outgrow, and that she considered nurse's conduct as nothing more or less than encouraging the boy to rebel against the wishes of his parents.
  His mother had stayed with him some few minutes after Nanny had gone, and she had improved the time with some sharp remarks upon her little son's lack of courage, the which, indeed, hurt her in a very tender place; for, above all sins, she held none so vile as that of cowardice. Then she had given him a cold, reproveful, duty kiss--and gone out into the hght of the big corridor, closing the little man in alone with the darkness. Yet she was a good woman, somewhat cold-blooded it is true; yet by no means lacking in steady affection. But she was also a very proud woman, and neither the Johnsons nor the Lemots--her own family-had ever numbered the fear-vice among their many others. And now, here had she given birth to a son who was a coward to his little marrow. Yet he should be cured, or--what! I doubt if she gave even a thought to the alternative. He should be cured. There was nothing more. Certainly he should be cured!
  She went downstairs and came presently to her husband. To the big, ruddy man she told in a few words her reprehension of nurse's conduct, and quoted a fragment of conversation that had passed between them:
  "I asked her if she thought Willie would grow into a manly boy if she pandered to him in that manner; and what do you think, John, the foolish woman said: 'I'm thinkin', Ma' am, as children do see tbings as we carn't.' I ordered her out of the room instandy. No wonder Willie is afraid to go to bed if she talks after that fashion in his hearing."
  Upstairs, alone in the dark bedroom, Willie lies in the coldness of the big bcd-a littic rigid, human atom, too frozen by fear even to pull the clothes over his face. He is watching with wide-opened, fixed eyes a great shadow against the lofty, invisible ceiling. It is shaping and shaping in hideous convolutions into the form of a vast hand. The four gigantic fingers are completed, and now the huge thumb sprouts of the, as yet, indefinite palm. And the little man alone in the darkness, seeming a thousand miles from all human comradeship, grows yet more rigid, and his eyes become the more fixedly open and staring. Suddenly, he realizes that the still uncompleted hand has moved downwards bodily, and the fingers are crooked towards him. The whole thing comes lower by perhaps a whole foot and pauses. The chlld is scarcely breathing, and his feet, spine, hands and forehead are sweating coldly. His senses seem to have become preternaturally sharp, and he hears, unconsciously, a dull regular booming in his ears that seems to fill, and throb through, the great dark room. In his little heart is one vast desire-prayer, that he might get the bed clothes over his head; but he knows that the crooked hand will pounce the instant he moves even one tiny inch. Sixty seconds pass-sixty minutes of immortal agony-such agony as only the fresh nerves of a fearful child can know. Then the staring eyes note a slow movement in the overhanging mass of shadows. It is receding, slowly, slowly, withdrawing into itself, shrinking, fading; but all the while in constant movement-convoluting. It has risen near to the ceiling, and is become little more than a small shadow. The child on the bed gives a terrific, spasmodic movement, and is under the clothes. The little, relieved heart is sledge-hammering against the frail ribs, so that the curtains of the great bed quiver to each throb. Truly he shall be cured!
  Down in the servant's hall cook and nurse are talking:
  "They're a plucky family is the Missus's," cook is saying. "I b'lieve she don't scarce know what it is to be frightened. An' I've 'eard 'er say as she's sooner 'ave a thief than a coward."
  "Master Willie ain't a coward. He's always been a sensitive child, and I'll admit he's afraid of the dark; but all children are. I've thought sometimes as they could see more than us grown up. But they grow out of it, an' so will he if the Missus 'II give him time."
  "The Missus ain't one 's 'li give time. It's kill or cure with 'er, an' always 'as been. She's more down on cowardice in 'er own flesh an' blood 'n she would be if 'twas a stranger; but she's fair an' straight in 'er dealin's with folk, an' kind enough in 'er own fashion."
  "I'm not sayin' as she ain't; but she don't understand Master Willie. Ther's not a sweeter child anywhere, an' he's pluck enough in his own way. It's not only the dark as he's frightened of. He's feared of that there West bedroom in which the Missus has put him. I said to 'er that if he couldn't stay in the night nursery he never seemed to mind much being in the little room in the East wing. He slept there the time as Miss Jenny had measles. But she told me to hold my tongue, an' sent me out of the room. She's got a pretty temper she has when she starts!"
  "I don't see," remarked cook, "as it matters which room e s in, so long as it's the dark as 'e's feared of."
 "I've told you, it ain't only the dark as he's frightened of. He's afraid of that there West room, an' always has been. I don't know why, I'm sure. It's a beautiful room; but it seems to me there's some rooms as children seem to be feared of as soon they put foot inside. I daresay too, it isn't always without reason. I tried to tell that to the Missus; but it wern't no good."
  "I don't know as ever I wer' feared of a room when I wer' a young un" remarked the cook, reflectively, and polishing her red face with her apron.
  "Yet you daren't go down the cellars of this very house unless you've someone with you-and you going on for forty-five!" And with this as a parting word, the nurse turned and left her.



"The Room of Fear"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Translated by shigeyuki


carnacki


あんまりにも長い間、更新していなかったので、ちょっとしたネタ程度ですが、更新を。

カーナッキものは、人気があるようで、色々なパスティーシュがありますが、最近もこんなのが出たようです。

CARNACKI: GHOSTFINDER by William Meikle

ウィリアム・マイクというパルプ作家の書いた同人誌というか、手売本のようで、数冊出ていて、ボックスセットもあるようですね。
読んでないので、どんなものだかわかりませんが(汗)。。。



上がyoutubeにアップされていたコマーシャルです。

Williams sent me down for another pin, while he unbent the clewline, and overhauled it down to the sheet. When I returned with the fresh pin, I screwed it into the shackle, clipped on the clewline, and sung out to the men to take a pull on the rope. This they did, and at the second heave the shackle came away. When it was high enough, I went up on to the t'gallant yard, and held the chain, while Williams shackled it into the spectacle. Then he bent on the clew-line afresh, and sung out to the Second Mate that we were ready to hoist away.
"Yer'd better go down an' give 'em a 'aul," he said. "I'll sty an' light up ther syle."
"Right ho, Williams," I said, getting into the rigging. "Don't let the ship's bogy run away with you."
This remark I made in a moment of light-heartedness, such as will come to anyone aloft, at times. I was exhilarated for the time being, and quite free from the sense of fear that had been with me so much of late. I suppose this was due to the freshness of the wind.
"There's more'n one!" he said, in that curiously short way of his.
"What?" I asked.
He repeated his remark.
I was suddenly serious. The reality of all the impossible details of the past weeks came back to me, vivid, and beastly.
"What do you mean, Williams?" I asked him.
But he had shut up, and would say nothing.
"What do you know--how much do you know?" I went on, quickly. "Why did you never tell me that you--"
 


 ウィリアムスは、俺に降りて代わりのピンを取ってくるように言うと、自分はクリューラインを緩めてシートを外した。俺は新しいピンを持って戻り、シャックルにクリューラインを引っかけて、ピンを通した。それから下にいる連中にロープを一引きしろ、と怒鳴った。男たちがロープを引いて、ふた引き目でシャックルが効いてきた。充分にきつくなると、俺はトゲルン・ヤードまで上がってシートの鎖を掴み、ウィリアムスが鎖をスペクタクルに留め、クリューラインを繋なおすと、二等航海士に向かって帆を揚げる用意が出来たって叫んだ。
「おめえ、降りて皆に手をかしてやれよ。俺はここで帆を照らすけ」
「よしきた」俺は索具に乗り移りながら言った。「おまえ、船の化け物と一緒に逃げるんじゃねーぜ」
 束の間の気楽な気分からかけたそんな言葉は、ときどきマストの上で誰もが思い付くようなことだった。それまで付きまとっていた不安もどっかに行ってしまってね。爽やかな風のせいかな。 「上に何人もいやがる!」あいつにしては珍しくはっきりした言い方だった。
「なんだって」俺は聞き返した。
 あいつは同じ言葉を繰り返した。
 俺は急に真剣になった。ここ何週間かの不可解な出来事が、細かなことまで生々しく、鼻持ちならないほどによみがえってきた。
「おい、なんのことだ」そう尋ねても、あいつは口を閉じたままで、何も言いたくないって様子だった。
「一体何を知ってるんだ、どれだけ知ってるんだ」俺はあわてて言葉をつないだ。「何で今まで言わなかったんだ。おまえ・・・」  

続く

kane

「The Collected Fiction of William Hope Hodgson, Volume 5:
The Dream of X and Other Fantastic Visions」

がようやく届きました!
これでホジスン全集が揃いました。
こういうのは全部出ないことも多いので、本当に素晴らしいことです。
序文ににもあるように、ホジスンの作品を次の世代にも残したいという編集者の執念でしょうか。
この巻は、やはり序文にもあるように、「ホジスン全集のベストであるか、さもなくばただの箱」。ファンにとっては垂涎で、そうでない人にとっては良く分からない一冊、というわけです。
これはつまり、これまで知られることの少なかったホジスンの拾遺集です。
興味深い作品ばかりなので、ファンの方は必携でしょうね。

ところで、最近「ナイトランド」の翻訳がストップしていますが、これは別サイトでシールの「紫の雲」の翻訳をしているせいで、そちらまで手が回らないためです。平行してやるのは、やっぱりちょっと無理があったかもしれません。ですが、やめたわけではないので、気長に待っていてください。
 
And all the while that I told my story, I listened with my spirit; but save for a sense of faint, happy laughter that wrapped about me, I heard naught. And nothing more all that day.
Here let me put down that, because of my memories and half memories, I would time and again dispute with our learned men; they being in doubt as to the verity of that olden story of the Days of Light, and the existence of the Sun; though something of all this was set out, as of truth, in our oldest records; but I, remembering, told them many tales that seemed fairy-like to them, and entranced their hearts, even whilst I angered their brains, which refused to take seriously and as verity that which their hearts accepted gladly, even as we receive the wonder of poetry into our souls. But the Master Monstruwacan would listen to aught I had to tell; aye! though I spoke through hours; and so it would be, odd times, that having talked long, drawing my stories from my Memory-Dreams, I would come back again into the present of that Future; and lo! all the Monstruwacans would have left their instruments and observations and recording, and be gathered about me; and the Master so sunken in interest that he not to have discovered them; neither had I noticed, being so full of the things which had been.
But when the Master came back to knowledge of that present, he would rouse and chide, and they, all those lesser ones, would fly swiftly and guiltily to their various works; and yet, so I have thought since, each with a muddled and bewildered and thoughtful air upon him; and hungry they were for more, and ever wondering and setting questions about.
And so it was also with those others--those learned ones who were not of the Tower of Observation, and who disbelieved even whilst they hungered. Listen would they, though I talked from the first hour, which was the "dawn," to the fifteenth hour, which was the beginning of the "night"; for the Sleep-Time was set thus, after other usage and experiment. And, odd whiles, I found that there were among them, men of extraordinary learning who upheld my tellings as tales of verity; and so there was a faction; but, later, there grew more to believe; and whether they believed, or not, all were ready to listen; so that I might have spended my days in talk; only that I had my work to do.
But the Master Monstruwacan believed from the beginning, and was wise always to understand; so that I loved him for this, as for many another dear quality.
And so, as may be conceived, among all those millions I was singled out to be known; for the stories that I told went downward through a thousand cities; and, presently, in the lowest tier of the Underground Fields, an hundred miles deep in the earth below the Redoubt, I found that the very ploughboys knew something concerning my tellings; and gathered about me one time and another when the Master Monstruwacan and I had gone down, regarding some matter that dealt with the Earth-Current and our Instruments.
And of the Underground Fields (though in that age we called them no more than "The Fields") I should set down a little; for they were the mightiest work of this world; so that even the Last Redoubt was but a small thing beside them. An hundred miles deep lay the lowest of the Underground Fields, and was an hundred miles from side to side, every way; and above it there were three hundred and six fields, each one less in area than that beneath; and in this wise they tapered, until the topmost field which lay direct beneath the lowermost floor of the Great Redoubt, was but four miles every way.
And thus it will be seen that these fields, lying one beneath the other, formed a mighty and incredible Pyramid of Country Lands in the deep earth, an hundred miles from the base unto the topmost field.
And the whole was sheathed-in at the sides with the grey metal of which the Redoubt was builded; and each field was pillared, and floored beneath the soil, with this same compound of wonder; and so was it secure, and the monsters could not dig into that mighty garden from without.
And all of that Underground Land was lit, where needed, by the Earth-Current, and that same life-stream fructified the soil, and gave life and blood to the plants and to the trees, and to every bush and natural thing.
And the making of those Fields had taken maybe a million years, and the "dump" thereof had been cast into the "Crack," whence came the Earth-Current, and which had bottom beyond all soundings. And this Underground Country had its own winds and air-currents; so that, to my memory, it was in no ways connected to the monstrous air-shafts of the Pyramid; but in this I may be mistaken; for it has not been given to me to know all that is to be known concerning that vast Redoubt; nor by any one man could so much knowledge be achieved.

****************


 私は話をしながら、自分の魂に耳を傾けた。しかし聞こえてくるのは、私の周りで空回る幸せそうな笑い声の朧な気配だけだった。その日はそれだけだった。
 ここで書いておくが、この私の記憶と「半記憶」については、幾度となく学者たちと話をする機会を持った。だが彼らは「光の世紀」の昔話の真実について、さらには「太陽」の存在について、信じがたいようだった。たとえその話の一部が、最古の記録に「真実」として記されているにせよ。だが私の記憶に残ったのは、そうした話が学者たちにはまるでお伽噺のように思えたようだということで、例え私の話が彼らのお気に召す真実として真剣に捉えることは出来ず、理性が受け入れを拒みはしたが、人々が魂で詩の素晴らしさを感じ取るように、心には響いたようだった。
 だが、《モンストルワカン》の長官は私の言葉に真剣に耳を傾けてくれた。私は何時間も語り続けた!私は自分の物語を「夢の記憶」から語り始め、再びこの時代に辿り着くまで、延々と話し続けたが、それは奇妙な時間の感覚だった。するとどうだろう、そこにいた全ての《モンストルワカン》たちが、自分たちの機器や監視任務や記録の手を止めて、私の周りに集まってきていた。長官は聞き入る余り、皆が集まってきていたことに気付かなかった。私も、語ることに集中していたから、目に入っていなかった。
 だが、長官はその場の状態に気付くと、持ち場に戻るようにと窘め、皆は後ろ髪を引かれつつも、慌てて各自の持ち場に戻った。この時から、誰もが心ここに在らずといった風になって落ち着きを無くし、物思いに耽るような空気が漂うようになったのだと思う。誰もがその話に驚いたり、質問をしたりして、さらに詳しいことを知りたいと考えているようだった。
 そしてそれは他の人々にしてもそうだった――《監視塔》にはいなかったがその話を耳にした人、あるいは興味はあるものの疑ってかかる人、などだ。そのせいで私は“夜明け”を意味する第一時から、“夜の始まり”を意味する第十五時まで、話し続けなければならなかった。この「眠りの時間」は、試行錯誤の果てに定められたものである。奇妙なことに、そうした人々の中には私の言葉を真実の話として受け止める、常人とは異なる学識を持つ人々も存在した。それはほんの一握りにすぎなかった。だが、後にはもう少し信じてくれる人の数が増えた。ともかく信じる信じないは別にして、誰もが聞きたいと願っていた。それで私は一日中話をすることに費やすはめになったのだ。もちろん、勤務時間は除いてだが。
 だが、《モンストルワカン》の長官は最初から信じてくれたし、賢明で、常に理解することに前向きだった。このことに限らず、彼には美点が沢山あって、それゆえ私は彼を敬愛していた。
 それで、ご想像のとおり、私は数百万人の中でも最も有名人になってしまった。私の語った話は、階下の千の都市に広まった。そして、まもなく、《地下の原野》アンダーグラウンド・フィールズの最下層、それは《閣砦》の地下百マイルの深さにあるのだが、そこの農夫でさえ私の話を聞きかじっているようだということを知った。人々は、私と《モンストルワカン長官》が揃って《地流》と装置の処置に関わることで地下に降りていった際には、常に周りを取り囲んだ。
 この《地下の原野》(この時代には単に《原野》と呼ばれていた)については、いくらか書いておく必要がある。これはこの世界で最大の構造物だった。《最後の閣砦》でさえ、それに比べればちっぽけなものだ。百マイルの深さに《地下の原野》の最下層が横たわり、一辺がどこも百マイルの差し渡しがある。そしてその上に三百六十の原野が積み重なり、上に行くに従ってそれぞれ少しづつ面積が小さくなっている。このようにして次第に小さくなり、最上階の原野が《最後の閣砦》の最下層のフロアに接するところでは、各辺が四マイルにまで小さくなっているのだ。
 したがって、この次々と下に向かって広がっている原野は、深い地中で百マイルもの高さを誇る、巨大で信じがたい《田園のピラミッド》ピラミッド・オブ・カントリー・ランズを形成しているのだ。
 その側面の全体は、《閣砦》と同じく、灰色の金属で覆われていた。それぞれの原野は柱で支えられ、それも同じ材質で出来ており、しっかりと大地の底にまで打ち込まれている。このようにして安全は保たれ、怪物は外から巨大なガーデンの中に掘り進んで入ってくることは出来なくなっている。
 《地下の原野》の全体は輝いているが、これは《地流》によるもので、この同じ「生命の泉」が土を肥沃にし、あらゆる草木や自然物に活力と養分を与えている。
 これらの《原野》を造るために、百万年もの月日が費やされたが、その“採掘土”は、《地流》の発生源である底知れぬ“亀裂”に投じられた。この《地下の原野》には独自の風と大気の流れがあった。私の記憶では、ピラミッドの巨大な換気口に繋がる場所はなかったのだ。だが、それは勘違いかもしれない。巨大な《閣砦》について知られていること全てを学ぶ機会を与えられたわけではないのだから。一人の人間がそれだけの知識を学ぶことなど、不可能に違いない。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And I, because of this gift, could hear the "invisible vibrations" of the æther; so that, without harking to the calling of our recording instruments, I could take the messages which came continually through the eternal darkness; aye, even better than they. And now, it may be the better understood, how much was to be counted that I had grown to listen for a voice that had not rung in mine ears for an eternity, and yet which sang sweet and clear in my memory-dreams; so that it seemed to me that Mirdath the Beautiful slept within my soul, and whispered to me out of all the ages.
And then, one day, at the fifteenth hour, when began the Sleep-Time, I had been pondering this love of mine that lived with me still; and marvelling that my memory-dreams held the voice of a love that had been in so remote an age. And pondering and dreaming thus, as a young man may, I could fancy this æon-lost One were whispering beauty into my ears, in verity; so clear had my memory grown, and so much had I pondered.
And lo! as I stood there, harking and communing with my thoughts, I thrilled suddenly, as if I had been smitten; for out of all the everlasting night a whisper was thrilling and thrilling upon my more subtile hearing.
Through four long years had I listened, since that awakening in the embrasure, when but a youth of seventeen; and now out of the world-darkness and all the eternal years of that lost life, which now I live in this Present Age of ours, was the whisper come; for I knew it upon that instant; and yet, because I was so taught to wisdom, I answered by no name; but sent the Master-Word through the night--sending it with my brain-elements, as I could, and as all may, much or little, as may be, if they be not clods. And, moreover, I knew that she who called quietly would have the power to hear without instruments, if indeed it were she; and if it were but one of the false callings of the Evil Forces, or more cunning monsters, or as was sometimes thought concerning these callings, the House of Silence, meddling with our souls, then would they have no power to say the Master-Word; for this had been proven through all the Everlasting.
And lo! as I stood, trembling and striving not to be tense, which destroys the receptivity, there came thrilling round and round my spiritual essence the throb of the Master-Word, beating steadily in the night, as doth that marvellous sound. And then, with all that was sweet in my spirit, I called with my brain elements: "Mirdath! Mirdath! Mirdath!" And at that instant the Master Monstruwacan entered that part of the Tower of Observation, where I stood; and, seeing my face, stood very quiet; for though he had not the power of Night-Hearing, he was wise and thoughtful, and took much account of my gift; moreover, he had but come from the Receiving Instrument, and thought vaguely to have caught the throb of the Master-Word, though too faint to come proper through the Instrument, so that he searched for me, in that I, who had the Hearing, might listen for it, I being, as I have said, gifted in that wise.
And to him I told something of my story and my thoughts and my memories, and of that awakening; and thus up to this present happening, and he hearkened with sympathy and a troubled and wondering heart; for in that age a man might talk sanely upon that which, in this age of ours would be accounted foolishness and maybe the breathings of insanity; for there, by the refinement of arts of mentality and the results of strange experiments and the accomplishment of learning, men were abled to conceive of matters now closed to our conceptions, even as we of this day may haply give a calm ear to talk, that in the days of our fathers would have been surely set to the count of lunacy. And this is very clear.

****************


 この天性のおかげで、私はエーテルの「見えざる波動」を聞くことが出来た。それ故、記録装置に頼ることなく、永遠の暗闇から頻繁に届くメッセージを受け取ることが可能だった。機器などよりもずっと正確にだ。それは、とこしえの眠りによって私の耳の中で鳴り響くことのなくなった声、いまでも甘くクリアに私の「夢の記憶」の中で唄い続けている彼女の声を求めて、私がどれほど耳を欹て続けていたのかを考えれば、より理解出来るかもしれない。それゆえ、それは私には《麗しきミルダス》が私の魂の裡で眠り、あらゆる世紀を越えて、私に囁きかけてくれているかのように思えていたのだ。
 ある日のこと、「眠りの時間」の始まる第十五時に、私はこの愛がまだ私と共にあるのだということを改めてじっくりと考えていた。そして、その「夢の記憶」が、これほど離れた時代にも“朽ちることなく”愛の声を保っていることに驚いた。そうして夢見るように思いを巡らせ、若者らしい素直さで、この時の彼方に失った女性が私の耳にそっと囁きかけているというのは真実なのだ、という空想に耽ることができた。記憶がクリアになるほどに、さらに私はその思いを深くした。
 すると何ということだろう、そうして佇み、耳を澄ませながら空想に耽っていると、突然まるで打ちのめされたかのような衝撃が走ったのだ。それは永遠の夜の彼方から、震えるような囁きが私の研ぎ澄まされた繊細な聴力に響いてきたからだ。
 十七歳の若者として銃眼で目覚めて以来、四年の長い月日に渡って耳を澄まし続けてきた。そして今、暗闇の世界から、これまでの全ての過ぎ去った人生、そしてこの我々の生活している「今の時代」にまで、その囁きが響き渡った。私にはそれがすぐに感じられた。だが、注意深くあるよう教え込まれていた私は、名前を告げずにそれに答えた。そして《マスターワード》を夜の中に送り出した――脳の能力を使って送り出したのだが、私にも可能なように、余程の阿呆でなければ、それはどんな人にも多かれ少なかれ備わっているものだ。すぐに私は、静かに呼びかけてくる彼女は、機器の力を借りずとも「聞く」ことの出来る力を持っていることを知った、もしそれが実際に彼女であったとしたらだが。さらに言えば、それが《邪悪な力》による偽りの呼びかけであるとか、あるいはさらに賢しい怪物や、時折何かそうした呼びかけに関する思念を持ち、我々の魂に干渉する《沈黙の家》のような存在でなかったならばということだが、しかしそいつらは《マスターワード》を発する力はない。これは「久遠の時」を経て証明されていたのだ。
 すると!震えと真摯な想いが理解力を曇らせないよう落ち着いて立っていると、何とも言い表せない音で夜の中に一定の調子で波打つ《マスターワード》の鼓動がやってきて、私の「霊核」の周りで打ち震えた。魂が甘さで満たされ、私は脳の能力を使って呼びかけた。「ミルダス!ミルダス!ミルダス!」と。するとすぐに《モンストルワカン》の長官が《監視塔》の私の立っているその部署に入って来た。そして私の顔を見て、じっと黙ったまま傍らに佇んだ。彼には《夜の聴覚》の能力はないが、賢明で思慮深く、私の天性を高く買っていた。その上、彼は「記録装置」によって《マスターワード》の共振を受け取ったようだと漠然と感じたが、機器を通じてやってきた信号は余りに弱々しかったので、それを聞いてもらうために、天賦の才としての「耳」を持っている私を探していたのだった。
 私は長官に自分の物語と考え、それから記憶や覚醒についてもかいつまんで話した。そして今、目の前で起こっていることについて話すと、彼は共感と共に、不安と驚きの気持ちを抱いて耳を傾けた。その未来の人間には正気の話だとして伝わることでも、この我々の時代には馬鹿げたこと見なされ、あるいは精神病だとされたかもしれない。というのは、精神医学の発達、様々な実験の結果、そして学問の発達などによって、今や人々は我々の概念に対してより深く想像力を働かせることが可能となり、その結果、期せずして我等のちちの世代では確実に狂気とされていた話に対しても、穏やかに耳を傾けることが可能となっていた。これは、確かなことだった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
3. THE QUIET CALLING

 
Now, oft had I heard tell, not only in that great city which occupied the thousandth floor, but in others of the one thousand, three hundred and twenty cities of the Pyramid, that there was somewhere out in the desolation of the Night Lands a second Place of Refuge, where had gathered, in another part of this dead world, some last millions of the human race, to fight unto the end.
And this story I heard everywhere in my travels through the cities of the Great Redoubt, which travels began when I came upon my seventeenth year, and continued for three years and two hundred and twenty-five days, being even then but one day in each city, as was the custom in the training of every child
And truly it was a great journey, and in it I met with many, whom to know was to love; but whom never could I see again; for life has not space enough; and each must to his duty to the security and well-being of the Redoubt. Yet, for all that I have set down, we travelled much, always; but there were so many millions, and so few years.
And, as I have said, everywhere I went there was the same story of this other Place of Refuge; and in such of the Libraries of those cities as I had time to search, there were great numbers of works upon the existence of this other Refuge; and some, far back in the years, made assertion with confidence that such a Place was in verity; and, indeed, no doubt did there seem in those by-gone ages; but now these very Records were read only by Scholars, who doubted, even whilst they read. And so is it ever.
But of the reality of this Refuge, I had never a sound doubt, from the day of my hearing concerning it from our Master Monstruwacan, who with all his assistants occupied the Tower of Observation in the apex of the Pyramid. And here let me tell that he and I had always an affinity and close friendship one for the other; though he was full grown, and I but a youth; yet so it was; and thus, when I had come to an age of twenty-one years of life, he opened to me a post within the Tower of Observation; and this was a most wondrous good fortune to me; for in all the vast Redoubt, to be appointed to the Tower of Observation was the most desired; for thereby, even as in these days doth Astronomy, was the natural curiosity of Man eased somewhat, even while thwarted.
Now, let me tell here also, lest it be thought that I was unduly favoured because of my friendship with the Master Monstruwacan, that there was a sound justification for his choice, in that to me had been given that strange gift of hearing, which we called Night-Hearing; though this was but a fanciful name, and meant little. Yet the peculiar gift was rare, and in all the millions of the Pyramid, there was none with the gift to a great degree, saving only myself.


****************


 3.静かなる呼び声


 
 さて、《閣砦》の第千階層を占める大都市のみならず、他の千三百二十の街に於いても度々耳にしたことは、荒涼とした《ナイトランド》の何処かに人々が集う第二の「避難所」が存在し、そこでは最後の数百万の人々が、この死に絶えた世界の別の場所で終焉と戦っているということだった。
 この話は、私が《閣砦》の街を旅している間、どこへ行っても耳にしたことだったが、その旅というのは私が十七歳になった時に開始し、それから三年と二百二十五日続けたもので、そうして一つの街で一日を過ごしたということを除けば、全ての子供が訓練として行う習慣になっていた。
 実際のところ大変な旅で、恋心が芽生えた出会いも少なくなかった。だが、再び出会うことはなかった。人生にはめぐり合わせというものがあるということだろう。それに、誰もが《閣砦》の保安と維持に当たらなければならないという義務を負っていたのだ。だが、それにも関わらず、私たちはいつでも充分な旅を行った。ただ、数百万人の人々を相手にするには、年月が少なすぎたということだ。
 そして、前述のように、私の行く所にはどこでも同じ第二の《避難所》の話があった。様々な街の図書室を漁ってみたことがあったが、そこには夥しい数の他の《避難所》の存在についての文献が存在した。中には、遥かな昔にそうした場所が間違いなく存在したと、見てきたかのように主張するものもあった。そして実際、疑いなくかつては存在していたように思われた。だが今やそうした「記録」は懐疑的な読み方が癖になっている学者たちにしか相手にされなかった。常にそういうものである。
 だがこの《避難所》の実在については、ピラミッドの頂上にある 《監視塔》に部下と共に詰めている《怪物警備官》(モンストルワカン)の長官の口から聞いた日から、疑ったことがなかった。ここで言っておくが、彼と私はいつでも共感と親密な友情で結ばれていた。例え彼は充分に成熟した大人であり、私は少年に過ぎなかった時でさえも。今でもそうだ。だが私が二十一歳になったとき、彼は私に《監視塔》の役職を斡旋してくれた。そしてそれは私にとって最も驚くべき幸運であった。というのは、巨大な《閣砦》の中でも《監視塔》に配属されるのは最も栄誉あることだったからだ。それは、この終り行く世界にあってさえ、今の時代の天文学と同じように、人々が生まれながらに持っている好奇心をいくらかでも満足させるものであった
 ここで言い添えておきたいのだが、私が《怪物警備官》(モンストルワカン)の長官との交友ゆえに過度に優遇されたのだとは考えて頂きたくはなく、その抜擢は充分に理に適ったものであり、それというのも私には奇妙な聴力が備わっていたからで、私たちはそれを《夜の聴覚》(ナイト・ヒアリング)と呼んでいた。しかしこれは洒落てみせた言い方にすぎず、大した意味はない。だが珍しい特異な才能であり、《閣砦》の数百万の人々の中の誰一人として、私ほどにその能力を活用できる人間など存在しなかった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。