Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"What is it?" I asked in an undertone, after a couple of moments' further ineffectual peering. "I can't see anything."

"H'sh!" he muttered, hoarsely, without looking in my direction. Then, all at once, with a quick little gasp, he sprang across the wheel-box, and stood beside me, trembling. His gaze appeared to follow the movements of something I could not see.

I must say that I was startled. His movement had shown such terror; and the way he stared to leeward made me think he saw something uncanny.

"What the deuce is up with you?" I asked, sharply. And then I remembered the Second Mate. I glanced forrard to where he lounged. His back was still towards us, and he had not seen Tammy. Then I turned to the boy.

"For goodness sake, get to looard before the Second sees you!" I said. "If you want to say anything, say it across the wheel-box. You've been dreaming."

Even as I spoke, the little beggar caught at my sleeve with one hand; and, pointing across to the log-reel with the other, screamed: "He's coming! He's coming--" At this instant, the Second Mate came running aft, singing out to know what was the matter. Then, suddenly, crouching under the rail near the log-reel, I saw something that looked like a man; but so hazy and unreal, that I could scarcely say I saw anything. Yet, like a flash, my thoughts ripped back to the silent figure I had seen in the flicker of the moonlight, a week earlier.

The Second Mate reached me, and I pointed, dumbly; and yet, as I did so, it was with the knowledge that he would not be able to see what I saw. (Queer, wasn't it?) And then, almost in a breath, I lost sight of the thing, and became aware that Tammy was hugging my knees.

The Second continued to stare at the log-reel for a brief instant; then he turned to me, with a sneer.

"Been asleep, the pair of you, I suppose!" Then, without waiting for my denial, he told Tammy to go to hell out of it and stop his noise, or he'd boot him off the poop.

After that, he walked forrard to the break of the poop, and lit his pipe, again--walking forrard and aft every few minutes, and eyeing me, at times, I thought, with a strange, half-doubtful, half-puzzled look.

Later, as soon as I was relieved, I hurried down to the 'prentice's berth. I was anxious to speak to Tammy. There were a dozen questions that worried me, and I was in doubt what I ought to do. I found him crouched on a sea-chest, his knees up to his chin, and his gaze fixed on the doorway, with a frightened stare. I put my head into the berth, and he gave a gasp; then he saw who it was, and his face relaxed something of its strained expression.

He said: "Come in," in a low voice, which he tried to steady; and I stepped over the wash-board, and sat down on a chest, facing him.

"What was it?" he asked; putting his feet down on to the deck, and leaning forward. "For God's sake, tell me what it was!"

His voice had risen, and I put up my hand to warn him.

"H'sh!" I said. "You'll wake the other fellows."

He repeated his question, but in a lower tone. I hesitated, before answering him. I felt, all at once, that it might be better to deny all knowledge--to say I hadn't seen anything unusual. I thought quickly, and made answer on the turn of the moment.

"What was what?" I said. "That's just the thing I've come to ask you. A pretty pair of fools you made of the two of us up on the poop just now, with your hysterical tomfoolery."

I concluded my remark in a tone of anger.

"I didn't!" he answered, in a passionate whisper. "You know I didn't. You know you saw it yourself. You pointed it out to the Second Mate. I saw you."

The little beggar was nearly crying between fear, and vexation at my assumed unbelief.

"Rot!" I replied. "You know jolly well you were sleeping in your time-keeping. You dreamed something and woke up suddenly. You were off your chump."

I was determined to reassure him, if possible; though, goodness! I wanted assurance myself. If he had known of that other thing, I had seen down on the maindeck, what then?

"I wasn't asleep, any more than you were," he said, bitterly. "And you know it. You're just fooling me. The ship's haunted."

"What!" I said, sharply.

"She's haunted," he said, again. "She's haunted."

"Who says so?" I inquired, in a tone of unbelief.

"I do! And you know it. Everybody knows it; but they don't more than half believe it . . . I didn't, until tonight."

"Damned rot!" I answered. "That's all a blooming old shellback's yarn. She's no more haunted than I am."

"It's not damned rot,' he replied, totally unconvinced. "And it's not an old shellback's yarn . . . Why won't you say you saw it?" he cried, growing almost tearfully excited, and raising his voice again.

I warned him not to wake the sleepers.

"Why won't you say that you saw it?" he repeated.

I got up from the chest, and went towards the door.

"You're a young idiot!" I said. "And I should advise you not to go gassing about like this, round the decks. Take my tip, and turn-in and get a sleep. You're talking dotty. Tomorrow you'll perhaps feel what an unholy ass you've made of yourself."

I stepped over the washboard, and left him. I believe he followed me to the door to say something further; but I was half-way forrard by then.

For the next couple of days, I avoided him as much as possible, taking care never to let him catch me alone. I was determined, if possible, to convince him that he had been mistaken in supposing that he had seen anything that night. Yet, after all, it was little enough use, as you will soon see. For, on the night of the second day, there was a further extraordinary development, that made denial on my part useless.


************************


 「どうした?」俺はしばらく遠くの方をじっと見つめていたが、やがて声を落として言った。「何も見えんぞ」
 タミーは俺も見ないで、しっ!としわがれた声を上げた。それとほとんど同時に、はっと息をもらして、舵輪のこっち側に跳ねるようにやって来ると、俺の横に立ってがたがた震えだしたんだ。あいつの視線は俺には見えない何かを追っているみたいだった。
 びっくりしたというしかないな。何かを恐がってるってことは、あいつの態度が物語っていたし、向こうを見る姿から、何か妙なものを見てるんだってことは察しが付いたからな。
 「いったいどうしたっていうんだ」と俺は鋭く言った。そこで、二等航海士がいることを思い出してね、奴さんがくつろいでる方に目を移すと、まだこっちに背を向けててタミーには気付いていない。それからタミーに向き直って、「たのむから、二航士に見つからん内に風下側に戻れ。何か言いたいんだったら舵輪の向こうから話せよ。夢でも見てたんだじゃないのか」
 そういったら、あの坊主は片方の手で俺の裾を掴んで、もう一方の手でログリールの向こうを指して叫びだしたんだ。「あいつが来る、あいつが来る!」って。すぐに二等航海士が、どうした、って怒鳴りながら走ってきた。そのときふと、ログリールの側の手摺りの下に、どことなく人の様な影が屈みこんでいるように見えたんだ。でもさ、あんまりぼんやりとしてたし、何か見たとは断言できないな。そうしてるとはっと思い出したんだよ、一週間前、揺れる月光の下で見た身動き一つしない影のことをさ。
 二等航海士が側に来ると、俺は黙ってそいつを指さした。ところが、奴さんにはあれが見えないらしいんだな。(おかしなことじゃないか、ええっ?)それから、一息する間もなく見失ってしまった。タミーが肘にしがみついているのに気付いた。二等航海士はちょっとの間、ログリールの方を見つめていたが、こっちに向きなおると、刺々しく「お前たち二人共寝ぼけてたんだ、と私は思うがね」と言うと、俺の言い訳も聞かないで、タミーに、とっとと持ち場に戻れ、つまらんことを言うのを止めないと船尾楼から蹴落とすぞ、なんていった。
 それから奴さん、ブレークの手摺りまで歩いていくと、またパイプに火を付け、何分かおきに前と後ろを行ったり来たりしながら、時折、俺を睨みつけてきた。疑い半分、困惑半分の奇妙な顔つきだったな。
 俺は当直が明けるとすぐに、見習いの船室へと急いだ。あいつと話しをしたかった。悩む理由はいくらもあったさ、おまけにどうしたものかと迷ってたんだ。あいつは衣類箱の上で膝を顎にくっつけて縮こまり、何かにおびえるように入口を睨みつけてた。俺が船室を覗きこんだら、あいつははっと息を飲んだが、入って来たのが誰だかわかると、こわばった顔つきがゆるんでいくのがわかった。そして、落ち着きを示そうといわんばかりに「どうぞ」と低い声で言った。俺は波切り板を越え、あいつと向き合うようにして衣類箱に腰を下ろした。
 「あれは何なんです」タミーは足を床におろし、身を乗り出していった。
 「お願いですから、あれが何なのか教えて下さい」あいつの声が高くなったんで、俺は手を揚げて制した。「しっ!他の奴らを起こしたいのか」
 (それから)あいつは同じことを繰り返したが、今度は低い声だった。俺は言葉を返そうとして、少しためらいを感じた。こいつには全てを話さないほうがいいんじゃないのかって思ったんだよ、何の妙なものも見てないとかなんとかいってさ。すばやく考えを巡らせ、答えを返した。
 「何が何だって、ちょうどこれから聞かせてもらおうと思ってたところだ。たった今、船尾楼の上でヒステリックな馬鹿げた身振りで俺達ふたりにしてみせた悪ふざけのことだ」怒ったような調子で言葉を切った。
 「そんなことはしてません!」囁くような声の中に激しい感情を込めて、タミーは答えた。「そんなことしてないってわかってるはずです。自分で見たでしょう、二等航海士に指さしたじゃないですか。ぼくは見たんですからね」俺のスッとぼけに恐れ苛立ち、今にも叫び出さんばかりだ。
 「下らん!おまえは計時係の真っ最中に居眠りぶっこいてたのをよくわかってるんだろう、何か夢を見てすぐに起きたんだ。気でも違ったのか」
 できるならあいつを安心させてやろうと思ってた。しかし、神よ!俺こそが自信を必要としていたんだ。もし、あいつが他のことを、俺がメイン・デッキで見た奴のようなことを知っていたとすれば、いったいどうだろう!
 「あなたほどもねぼけてなんかいませんでしたよ」あいつは苦々しげにいった。
 「あれのこと知ってるんでしょ、からかってるだけなんだ。この船は取り憑かれてるんだ」
 「何だと」
 「この船は取り憑かれてるんだ」そしてまた言った。「この船は呪われてるんだ」
 「誰がそんなことをいった」俺は少しだって信じていないっていうふうに尋ねた。
 「ぼくがです!あなたも知ってるんでしょう。みんな知ってますよ。だけど、その半分も信じちゃいない。・・・ぼくも今晩まではそうでしたがね」
 「くだらんたわごとだ!そんなもの老いぼれ水夫の噂話しさ。この船はな、俺ほども呪われちゃいねえよ」
 「くだらんたわごとなんかじゃないです」あいつは言い返した、全く納得してないようだった。「それに老いぼれ水夫の噂話でもありませんよ・・・どうしてあれを見たっていってくれないんです」と、涙も流さんばかりに興奮して声を張り上げた。俺は、寝ている奴らを起こさないよう制した。
 「どうしてあれを見たって言ってくれないんです」あいつは繰り返した。
 俺は衣類箱から立ち上がるとドアに向かった。
 「おまえは馬鹿なくそガキさ。一ついっといてやろう、もうデッキでさっきみたいにほらを吹いて回わらんことだ。俺の言う事はきいといたほうがいいぞ。そしてさっさと寝ろよ。おまえ、いうことが何か妙だぞ。明日になったら何てつまらない事をやったんだって思うだろうさ」
 そして、波切板を跨いでタミーのとこを後にした。あいつはまだ何かいおうとしてドアまで追ってきたみたいだったが、俺はもう、ずっと先へ行ってしまってた。
 それからの二日間、できるだけあいつを避け続け、一人きりで捕まらないように気をつけた。できるなら、あの夜、他の何かを見間違えたんだとかなんとかいって言い篭めてやろうと決めたんだ。だけど、すぐにわかるだろうが、そんなことほとんど意味がなかったよ。二日目の夜、俺の方をはねつけるような、もっととんでもない展開があったんだ。
スポンサーサイト
はじめまして。管理人その2のkaneです。shigeyuki氏に誘われてブログ初体験ですが、どうぞよろしくお願いします。
マタンゴの初出は「笑いの泉」1963年 8月号 p228-247で、三井永一によるイラストが4点入っています。漫画版が同年9月ですから実に早い(現在ではそれほどではありませんが)漫画化です。
小説のマタンゴはその後少なくとも二度再録されています。

1.怪獣総進撃  怪獣小説全集1 出版芸術社1993
3.怪獣文学大全 東雅夫編 河出文庫 河出書房 1998

マタンゴは「夜の声」とは「人に寄生する幻覚性のキノコ」「無人島」といったキーワードしか共通するところがありませんが、ホジスン作品の映画化という点では重要な作品ですね。少なくとも私は好きな作品です。
s_1


 二十世紀初頭のイギリスの作家William Hope Hodgsonのファンサイト、「The Borderland」の管理をしているshigeyukiです。
 今回、ホジスンの研究家のkaneさんと共同で、ブログを立ち上げることになりました。
 管理は、shigeyukiとkaneの二人で行います。
 まだどのように運営して行くかは、はっきりと決まっていませんが、よろしくお願いします。

 写真は、「The Ghost Pirates」の扉絵。
 ダンセイニの挿画家として有名な、S.H.シームの手によるものです。

(shigeyuki)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。