Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「The Rvien Night」が発表されたのは1973年になってからで、"Shadow, No.19, April. 1973"に掲載されたのが初出ということだから、死後随分経ってからようやく日の目を見た作品ということになるが、再発見されてからは結構あちらこちらに再録されているようだ。それも頷けるほど、短いながらもホジスンらしさが凝縮された短編だと思う。
 ホジスンの場合、怪異に対して人が出来ることは殆どない。怪異は、まるで自然現象の一つであるかのように突然吹き荒れて、突然去って行く。キリスト教的に悪魔が出てくるわけでもなく、日本的な怪談にみられるような因果関係などもない。そうした怪異に触れるのは、大抵の場合、時間や空間のある種の「ほころび」に運悪く居合わせたからでしかない。この短編なども、まさにそうだ。
 また、ホジスン作品の特徴として僕が重視しているのは、その「光」に対する独特の感性である。他の同時代の怪奇作家の作品が、どちらかというとロウソクやランプの光の下で、あるいは月の光の下で、展開されることが多いのに対して、ホジスンの作品の中に照らされている光は、電気的な光なのだという気がするのだ。これは、新しい感性なのではないかと僕は思う。この作品の中でも、異次元へ滑り込んだ船の周りに漂っていた光の色彩は、どこか電気的な光のような印象を受けはしないだろうか。
スポンサーサイト

 The Second Mate spoke again, "Blarst!" and stared over the break of the poop. The Mate turned slowly and looked also. I heard him give a little gasp. Wondering what it was they eyed so earnestly, I ran to the break and glanced down on to the main-deck. Great God! What a sight. There, lying on the deck and huddled on the top of one another, lay the crew. The watch on deck, and the watch below mixed up in an inextricable senseless heap. As we watched them, one of the men stood up shakily. His lips moved, but no words came. I saw the two Mates look at one another, and their eyes were full of doubt. Then the First Mate turned and tottered to his room. The Second Mate said nothing but continued to watch the men, as at intervals they rose and with suspicious, bewildered looks stumbled forrard. Some cursing there was, yet most preserved a glum and vacant silence. True, a little Frenchman--excitable like all his nation--started to question volubly, but ceased in surprise at the blank looks that were cast upon him. During the day, and indeed the rest of the voyage, the subject was strictly tabooed. It was as though each one of us felt afraid to admit that which according to our knowledge could not be.
 Strangely enough, seen in this light, no surprise was expressed when the Captain's and Langstone's disappearance was formally announced. Instead, each one received the news tacitly. All, that is, except the little Frenchman, who swore softly in several languages at the to him-incomprehensible behaviour of his comrades.
 Once, a few days later, I had some work to do for the First Mate in the cabin. On the table was the Log book, and with a mingled dread I turned up the date of that fearsome night. There I found the following entry:
 Lat.─S. Long.─W Heavy gales. About 2 A.M. shipped a tremendous sea which washed Captain Ronaldson and Langstone, one of the A.B.’s, overboard.
 At the bottom were the signatures of the two Mates.

****************

 二等航海士はまた口を開き、「おおっ!」と言った。そして船尾の楼端の向こう側を見詰めた。一等航海士はゆっくりと振り返り、同じようにそちらを見た。わたしの耳に、彼が小さく呻く声が聞こえてきた。二人が真剣に見詰めているものが何なのかと思い、わたしは楼端に走って行って、メインデッキを見下ろした。おお、神よ!何と言う光景なのか。そこには、互いに折り重なるようにしてデッキに横たわる、水夫たちの姿があった。当直はデッキにいたが、意識を失った人々の山の下に紛れてしまっていた。我々がその光景を見ていると、中の水夫の一人がふらふらと立ち上がった。彼の唇が動いたが、言葉は出てこない。私は二人の航海士が不信に満ちた眼差しで互いに顔を見交わすのを見た。それから一等航海士は踵を返し、よろよろと歩きながら自分の部屋へ戻っていった。二等航海士は、一人また一人と起き上がっては怪訝な顔をして、それから酔ったような足取りで足を運んでゆく水夫達を見詰め続けるだけで、何も言わなかった。水夫たちの口からは悪態が漏れることもあったが、大抵はむっつりとした顔をして、呆けたように黙り込んでいた。実際、一人の若いフランス人は(熱しやすい国民性のせいか)矢継ぎ早に疑問を並べ立てたが、彼に投げかけられる視線は虚ろで、驚く気持ちを失っているようだった。その日一日中、いや実際はその航海の残りの日々の間中、この一連の出来事について触れることはタブー視されていた。それはあたかも、我々の知識では考えられないことを認めるということに対して、それぞれが恐れを抱いているかのようだった。
 不思議なことではあるが、この観点から見ると、船長とラングストンの失踪が正式に発表された時に驚きはなくて当然だった。代わりに、それぞれがその事実を自分なりに受け止めた。ただ一人、彼の仲間たちの理解できない行動を、幾つもの言語でソフトに罵った若いフランス人を除いて。
 それから数日後のことだが、わたしはキャビンで一等航海士のための仕事をしたことがあった。テーブルの上には航海日誌があり、恐れの入り混じった気持ちで、わたしはあの恐ろしい夜の日付を繰った。そこに、わたしはこのような記載を見つけ出した。
 
 緯度─S. 経度─W. 大強風。午前二時頃。荒れた海を航海中、船長のロナルドソンとAB船員のラングストンが波に攫われ、船外へ。
 

 そして末尾には、二人の航海士の署名があった。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



.
 Brighter grew the brilliance of those lights until their vivid greenness smote intolerably up into the violet impalpableness like two transparent pillars through which played a shiver of lambent flame, and suddenly the murky vastnesses beneath were heaved upwards into a mighty wave that drove towards us threateningly. Yet ere it reached us, my eyes had seen something, something terrible-eyes that blazed out of mystery, and beneath, lips-white, vast and slobbering had opened, disclosing the blackness of an everlasting night. Then, like an awesome wall that reached up into the nothingness above and blotted out everything, the wave was upon us, and instantly we were wrapped in a surging blackness that seemed to weigh down upon us and suffocate. My head began to sing queerly and I felt my knees give weakly. Then the blankness of unconsciousness swept over me, and I passed into dreams.
 I opened my eyes and looked around bewilderedly. For a moment I saw things through a violet haze. It passed, and I saw that the sun was shining brightly. I glanced aloft, noting that a fresh breeze of wind filled the sails; then down on deck to where the two Mates still stood, just as I had seen them last. Even as I gazed, the Second Mate stood upright and yawned, then looked round him in a puzzled manner. As he did so, his eyes fell upon the Mate still sleeping. The Second stared stupidly a moment, then put out his hand and shook his superior roughly.
 "What the devil's up, Mr. Gray?"
 The Mate jumped and swore quickly.
 "What the hell's the matter with you?" Then seeming to realize that he was not in his bunk, he rubbed the sleep out of his eyes and looked around--dazed.

****************

 次第に明るさは輝度を増し、二つの光はユラユラとゆらめく炎を貫く二本の透明な柱のように、紫色の靄の中に起立する目を射るような鮮やかな緑色の色彩となった。そして突然、下方に広がる暗い海が突き上げるようにうねり、聳えるような巨大な波となって、恐ろしい勢いで我々に迫ってきた。けれどもそれが我々に届く前に、わたしの目は何かを捉えた。何か恐ろしいもの……神秘的に燃え上がる瞳と、それからその下方には、唇……白く、巨大で、開かれたまま涎を垂れ流している……を。終わる事のない夜がその闇を垣間見せていたのだ。
 それから波は遥か頭上にまで達し、聳え立つ壁のようになって、見えるもの全てを消し去った。今や波は我々の頭上にあった。すぐに我々は押し寄せる暗闇に包まれて、押し潰され、窒息してしまうのだろうと思った。頭がぐるぐると回り、膝ががくがくと震えた。そして意識が遠のき、わたしは夢の中に落ち込んでいった。
 わたしは目を開き、戸惑いながら辺りを見渡した。しばらくの間、わたしは紫の靄を通して物事を見ていた。それが過ぎてしまうと、わたしは太陽が明るく輝いているのを見た。わたしは上方をちらりと見たが、帆に新鮮な風が満ちているのに気付いた。それから視線を落としてデッキを見ると、二人の航海士はわたしが最後に彼らを見たその場所にまだ立っていた。わたしが注視するのと同時に、二等航海士は姿勢を正して欠伸をし、それから当惑した様子で周りを見渡した。そうして彼は一等航海士がまだ眠っているのに目を留めた。二等航海士は少しだけ呆けたように見詰めていたが、それから手を伸ばして荒々しく揺り起こした。
 「どうかしたのか、グレイ?」
 一等航海士は跳びあがり、すぐに悪態をついた。
 「何か問題でもあったのか?」だが間もなく彼は自分が寝台にいないことに気付いたようで、その目からは眠気が取り払われ、茫然自失とした様子で辺りを見渡した。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



 A moment it seemed, and a voice spoke. The words came to me muffled, as though through mists of eternity-unmeaning they seemed and unreal. A dreamy feeling stole over me. I felt disinclined to listen. Again the voice came and I roused myself to catch the words. Two words only, but they woke me thoroughly. The sound echoed from the far heights with a tender insistence: "My Love! My Love! My Love!" And presently a step sounded, muffled and soft. I turned, and lo! the Captain's face showed palely. He was looking up into the wide with a rapt expression. I looked also, but though I searched earnestly, could see nothing. Suddenly I heard again the vague murmur of a deep splash, andd glancing down quickly, could nowhere see the Captain. I stood confounded. The cry above had ceased. Then it seemed I saw a shadowy form with a face like that of the Captain's, float upwards into the violet twilight.
 And thus, stupified, I stood waiting; waiting for I knew not what.
 Presently I roused myself and made my way gropingly towards where I judged the side of the vessel to be. In a while my hand rested on something that I knew to be the rail running along the port side of the poop, and thus I leant upon it and peered over and down into the strangeness of that unearthly sight. Sometimes I looked and saw nothing, save the illimitable deeps of that billowy misty ocean. It seemed to me as though ages passed over my head and still I watched dreamily. At times I dimly saw weird things that peered up at me and vanished. Thus I stood, and the monotony of time passed over my head in silent aeons. Then, it might have been halfway through eternity; something drove up out of the boundlessness, a dull green glow that shone lividly through the purple gloom of that infinite mystery. Steadily it grew, a cold malicious gleam that frightened me, and in a while, looking far to my left I saw another ghostly glimmer strike through that dark-hued sea.

****************

 ふと声が聞こえた気がした。その言葉は密やかにわたしに届いたが、まるで晴れることのない霞の中を潜り抜けて届いたかのように……抑揚を失って、現実感を欠いているように思えた。夢を見ているかのような感覚がわたしを包んだ。だがわたしは耳を傾ける気がしなかった。するとまた声が聞こえたが、わたしはその言葉を捉えてはっとした。ふたつの単語だけで出来た言葉だったが、わたしに訴えるには十分だった。その声は彼方の高みから、柔らかく強く響いてきた。「愛しいひと!愛しいひと!愛しいひと!」それから程なく、そっと柔らかな足音がした。わたしは振り返った。すると、何あろう!船長の青ざめた顔がそこにはあった。彼は放心したようにじっと彼方を見詰めていた。わたしも彼に倣ったが、どんなに熱心に捜したところで、何も目にすることはできなかった。突然、わたしはまた深い場所で水飛沫の上がる微かな音を耳にした。慌ててわたしはそちらに目を遣ったが、船長の姿はどこにもない。わたしは混乱し、立ち尽くしていた。彼方からの呼び声は絶えていた。その時、わたしは船長に似た顔を持った影のようなものが、紫色の薄明かりの中を上に向かって漂って行くのを見たような気がした。
 茫然として、わたしは立ち尽くして身構えていた。だが何を待っているのか、わたしにもわからなかった。
 やがてわたしははっと我に返り、船の側面がどうなっているのか確かめようと手探りで進んだ。ほどなく手は船尾へと続く左舷側の舷檣のどこかに触れた。わたしはそこにもたれかかり、この世のものとは思えぬ不思議な光景の中に視線を這わせて、じっと見詰めた。だがいくら見詰めても、ゆらめく霞のかかった海の果てしない深さ以外には見えるものはなかった。まるで長い年月がわたしの頭上を通り過ぎていったのに、まだ夢の中から醒めないでいるかのようだった。その時、わたしは奇妙なものたちがわたしの頭上に現れては姿を消すのを垣間見た。永遠のような静寂の中、時間が単調にわたしの頭上を通り過ぎていった。それから……我々は彼岸への道半ばにいたのかもしれないが……何かが深淵から浮かび上がり、くすんだ緑の色彩を放ちながら、どこまでも謎めいた紫色の薄明の向こうで鈍く輝いた。次第にそれは大きくなり、わたしはその冷たく悪意に満ちた微光にぞっとしたが、それから間もなく、わたしは左舷側の彼方にも、別の幽霊めいたぼんやりとした光が、暗く色づいた海を貫いて光っているのを見た。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



 "Mary! Mary!" it said, and ended in a harsh scream. It was Langstone, one of the A.B.'s. The girl put one ghostly hand to her heart, and I saw the handle of a sailor's sheath-knife showing starkly. What she meant, I could not at first make out. Then Langstone's voice rose shrilly, "Mary! Mary! Forgive..." He stopped abruptly. The girl-spirit after that one accusing gesture had turned away coldly and unforgivingly. I saw Langstone give a despairing glance at the shrinking men, then with a cry of "God help me," he leapt away out into the purple billows, and faintly to my ears as though from miles beneath my feet came the sound of a far distant splash, and then a long dread silence.
 In a while I looked again towards those gloomy heights, but now I could no longer see the spectral hosts; instead it had grown wonderfully clear, and far into the void I saw a speck of snow-white fleece which grew rapidly larger as I watched, until presently -- it floated just overhead, and I made out a tender, womanly face smiling down upon me. It was the face of my mother who a short year previously had passed into the arms of the Great One. I took a step forward and held my arms out supplicatingly I felt as though the tumultuous beating of my heart would suffocate me. I called "Mother," first softly, then loudly, and saw the dear lips move tremulously. Then even as I watched, it faded and like a dream was gone. For some moments I stood looking tearfully and unbelievingly upwards, until sorrowfully it was borne upon me that she had indeed gone.

****************

 「メアリー!メアリー!」そう彼は言ったが、最後は半ば耳障りな金切り声だった。それはラングストンという、AB船員の一人だった。少女はその霊的な手を心臓の辺りに持って行ったが、そこには水夫の鞘ナイフの柄がはっきりと見えた。最初、わたしには彼女が何を指し示したいのかわからなかった。その時、ラングストンの甲高い声がした。「メアリー!メアリー!どうか許してくれ……」彼は突然口をつぐんだ。その少女の霊体が、非難するかのような仕草をした後、許さないといった風にに冷たく顔を背けたのだ。わたしはラングストンが尻込みする水夫たちを絶望的な眼差しで一瞥するのを見たが、それから彼は「神よ救いたまえ」と叫んで、紫の雲海へと飛び込んだ。そしてわたしの耳に、まるで数マイルも下方で鳴ったかのような、遠い水飛沫の音が聞こえてきた。そして次にやってきたのは長く重い静寂。
 しばらくの間、わたしはまた暗い高みを見詰めていたが、もはや奇妙なものたちは見えなかった。それどころか次第に素晴らしく視界が鮮明になって、虚空に雪のように白い羊毛のようなものが小さく見えたが、見詰めているとそれは急速に大きくなり、間もなくそれは頭上に漂うまでになった。それは柔らかく、優しい表情でわたしを見下ろしていた。それは数年前にグレート・ワンの腕に抱かれて逝ってしまったわたしの母の顔だった。わたしは足を踏み出し、腕を広げて涙を流した……心臓が早鐘を打ち、息が詰まりそうだった。「母さん」とわたしは呼んだ。最初は小さく、それから次第に声を張り上げて。すると、母の唇が震えるように動くのが見えた。と次の瞬間、母の姿はまるで夢が醒めるかのように消えてしまった。母が実際に去ってしまったのだということ認識し、それが悲しみにとって代わるまでの間、わたしは信じたくないという気持ちで泣きながら虚空を見詰めて立ち尽くしていた。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



 Suddenly there came again that windy moan, and then a cry of indescribable fear from many voices, followed by a sound as of whispering in the sky. I leapt to my feet and looked to where I had last seen the crew. There they were, all huddled together like frightened children, their eves staring fearfully upwards into the void. Instinctively my gaze followed theirs. At first I could not make out what it was they watched so steadfastly; but slowly there grew out of the mists shapes, shapes clothed mistily, that watched us with great sombre eyes. Nearer they came, and looking towards the distant mountains, I saw dusky masses of clouds sweeping steadily from their towering heights in our direction. On they came, and as they drew nearer I saw that they were not clouds, but legions upon legions of those spirit forms. Still they came, floating like great clouds of intelligence above us. The weird sight impressed me terribly. I felt that the end of all things was approaching. Then as I watched, a strange thing happened. From those unnameable beings above, there drove a single dim enshrouded figure. It came headlong like a storm-driven cloud, and stopped before the crowd of cowering sailors. Then, as the wrappings of a shroud, rotten with extreme age might fall away shewing the corpse within; so did the dusky mist slip away and reveal to my astonished gaze-not a corpse, but the face and figure of a lovely young girl. I gave a gasp of astonishment, and leaned forward to get a better look; even as I did a tall form sprang from amongst the crowding sailors and shouted hoarsely.

****************

 突然また風の唸る音が響き、それから夥しい数の声の、何とも言えない恐ろしい叫び声が、空で囁きを交わし合うかのようにそれに続いた。わたしは足を踏み出して、最後に水夫たちを見た辺りを見た。彼らは相変わらずそこにいたが、恐怖に怯えた子供たちのようにひと固まりになって、上方の虚空を恐ろしそうに見詰めていた。はっとして、わたしも彼らに倣って頭上を見詰めた。最初、わたしには彼らが見ているものが何なのか、はっきりとは分からなかった。しかし次第にそれらは霞の形態から脱して、朧げではあったが、深く陰鬱な眼差しで我々を見詰めていた。それらの近く、遠く離れた山脈に目をやると、薄暗い一群の雲が、我々の向かう方向に聳えたつ高みから刻々と迫ってくるのが見えた。それらがやってきてさらに距離を詰めてくるにつれ、私にはそれは雲ではなく、形を持った霊魂の群れであるということが分かった。それらは静かに、まるで我々の上に漂う偉大な知性を持った雲のようにやってきた。その人智を超えた光景にわたしは畏怖した。わたしは全ての終りが近付いているのだと感じた。そうして見ていたその時、奇妙なことが起こった。それら名状しがたいものたちの向こうから、ぼんやりと霞んだ影が一つ進み出た。それは嵐に翻弄される雲のように猛然と現れ、小さくなって怯えている水夫たちの前までやってきて止まった。それは死者を包む埋葬布のようで、長い年月で腐って剥げ、中の死者が覗いていた。すると薄暗い霞はすうっと晴れ、中から現れたのは驚いた事に……死体ではなく、愛らしい少女の姿だった。わたしは驚き、喘いだ。そしてさらに良く見ようとした。とその時、背の高い男が水夫の群れの中で跳び上がり、かすれた声で叫んだ。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



 The two Mates still stood together, and I saw them look bewilderedly at one another, though neither spoke. I looked astern and saw a mighty shape of blackness, with a glimmer of dark waters. It was the night we had left.
 Slowly, as my faculties began to work, I saw things more plainly. Afar on my left rose a vast range of shadowy peaks, showing ghostly.
 Between them and where I stood rolled an immensity of luminous misty waves that fluctuated eternally.
 To the right, the eye swept away into unutterable distances, and over all reigned an intolerable silence. A coldness like that of a tomb crept over me. I shivered. Once the brooding silence was broken by a moaning, as of a distant wind.
 Presently I put out my hand through the winding mist and felt something hard; it was the rail running across the break of the poop.
 I looked down, but could see nothing. I took a step forward and stumbled against a hard object; it was a hencoop, and gropingly I sat down on it. I felt strangely tired and bewildered. How long I sat there it would be difficult to say. Time seemed to have no part in that dread place. The cold grew more intense, and I have an indistinct memory of shivering through an indeterminable space of time.

****************

 二人の航海士はまだ並んで立っていたが、彼らは二人ともども当惑して、言葉も出ないように見えた。わたしは船尾方向に目を遣ったが、そこには暗い海の仄かな輝きとともに、何か巨大な暗闇の塊のようなものが見えた。それは我々がさっきまでいた「夜」であった。
 徐々に自分を取り戻すにつれ、わたしには事態がよりはっきりと見えるようになった。わたしの左舷方向の彼方に、頂が蒙昧とした巨大な山の連なりが聳え立ち、亡霊のように見えていた。
 その連なりとわたしの立っている場所との間には、絶えず変化を繰り返している、輝く霧の波の広大な空間が広がっていた。
 右舷方向には、視覚は言いし得ない広漠に飲み込まれてしまい意味をなさず、辺り一面は耐え難いほどの静寂に支配されていた。墓穴に横たわっているかのような寒気がわたしを覆っていた。わたしは震えていた。ふと、気の滅入るような沈黙が、微かな風のうなりによって破られた。
 すぐにわたしは手をうねる霧の中へ伸ばした。すると手は何か固いものに触れた。それは船尾にまで伸びている舷檣だった。
 わたしは下を見下ろしたが、何も見えなかった。私は前へと進んだが、何か固いものに躓いた。それは鶏舎で、わたしは手探りをしつつその上に座った。わたしは奇妙な疲れを感じ、訳がわからなくなっていた。どれほどの時間そこにそうして座っていたのかわからない。時間は、そのような死者の地では意味をなさないように思えた。寒さがさらに激しくなり、果てしないと思えるほどの時間ずっと震え続けていたというような、曖昧な記憶しか残っていない。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



 The gulf of light rose right up into the midnight sky spreading fan-wise, and vanishing into further space. We were apparently some two miles from it when I heard the First Mate whisper something and go back to our binnacle. When he came back I heard him mutter hoarsely that we were drifting directly into the thing. The words were caught by some of the crew and passed round quickly in accents of fear.
 Strange to say, no light came to us from the rift and this, I think, made it the more spectral and unearthly. The two miles had dwindled down to half, and I saw the Second Mate raise his glasses and look towards where the gulf had joined the sea. In fearful curiosity my gaze followed his, and there came to me a fresh feeling of dread as I saw that the point of the shimmering wedge seemed to drive far below the surface of the silent deep.
 Still nearer, now but a hundred yards from that luminous gulf. I stared but could see nothing.
 Nearer, and I looked up one slope of the riven night showing like the side of an eternal mountain.
The ship's bows drifted into the light. A moment, and I saw the foremast with its maze of ropes loom ghostly against that weird effulgence.
 The Mate spoke jerkily.
 "Damn!" he said, and was silent.
 I looked forrard again and stared, terrified.
 The fore-part of the ship had vanished. In place rolled a sea of violet clouds out of which rose grotesquely the frightened face of the lookout man. Further aft came the impalpable billows of mist. Forward of the foremast, nothing showed save that frightened face.
 The ship drove forward and the main-mast faded into nothingness. I saw the crew in the waist stare fearfully out of those trembling waves of mystery. A moment later it was upon me, and I found myself submerged in an ocean of violet shades that gleamed wondrously.

****************

 亀裂からの光はみるみるうちに真夜中の空に扇形に拡散し、宇宙に溶け合った。一等航海士が何かを囁いてビナクル(羅針儀箱)へ向かった時には、我々はそこから二マイルほどのところにいたに違いなかった。彼が戻った時、わたしは彼が掠れた声で、我らはまっすぐにあの場所に流されているようだと呟くのを聞いた。その言葉は数人の水夫たちの耳にも入り、すぐに恐怖のニュアンスとともに囁き交わされた。
 おかしな風に聞こえるかもしれないが、夜の裂け目からこちらへ向かって照射する光はなかった。私にはむしろそれが幽霊じみていて、この世のものとは思えなかった。その二マイルがやがてその半分の距離にまで縮まった時、わたしは二等航海士が双眼鏡を取り上げて、夜の亀裂が海へと繋がっている辺りを観察しているのを目にした。怖いもの見たさで私は彼に続いてそちらを見詰めたが、そのとき目にした光景に畏怖の念を新たにした。ゆらめく楔形の先端部分が、静かで深い水面の遥か下にまで真っ直ぐに突き刺さっているかのように思えたのだ。
 近付いてはいたが、それでもまだ輝く亀裂からは百ヤードはあった。わたしはじっと目を凝らしたが、何も捉えられなかった。
 さらに近付いたとき、わたしは《永遠の山》の山の側面のように見える、裂かれた夜の傾斜の片側を見上げた。
 船の船首は光の方へ進路を取り、押し流されていた。その直後、わたしはロープを巻きつけたフォアマストに不思議な輝きが、まるで幽霊のようにぼんやりと現れたのを見た。
 航海士は動揺したようだった。
 「クソ忌々しい!」と彼は言った。それからまた静寂がやってきた。
 わたしはまた前方をじっと見詰め、恐怖した。
 船の前方部分が消滅していた。その部分には、代わりに紫色をした雲の海が横たわっていて、そこから見張りの水夫の恐怖に歪んだグロテスクな顔が突き出していた。遠く船尾方向からは、霧で出来た波のようなものがやってきていた。フォアマストの前方には、恐ろしさに歪んだ顔以外には何も見えなかった。
 船が前に進むにつれ、メインマストは虚空に呑まれて見えなくなった。わたしはの目に、中部甲板の水夫が神秘的な波の揺れるさまをじっと恐ろしげに見詰めているのが映った。そのすぐ後で奇妙な波はわたしにも覆い被さってきた。そして気付いた時には、わたしは何とも奇妙な輝きの、紫色の陰影を持つ海の底に沈んでいた。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



 An hour passed, and the thing grew visibly. From the main-deck came a subdued hum, the voices of the watch discussing the strange phenomenon in awestruck tones.
 It could be seen plainly now with the naked eye, a great chasm of violet light like the opening of a huge valley into dreamland.
 The Second Mate beckoned to me, and I went quickly.
 "Take the poop," he said, "and keep your eyes lifting while I go and call the Old Man."
 "Very good, Sir," and he went below. Presently he came up again.
 "Can't make him hear at all," he said uneasily. "Better run down and call the Mate."
 I did, and in a few minutes he joined the Second on the poop.
 At first the Mate did little but stare astonished at that uncanny sight, while the Second Mate told him what little we knew. Then we went to the chart room and presently returned. I saw him shake his head in answer to question from the Second, and after that they watched that growing mystery in silence. Once the Mate said something, and I thought I caught the words "luminous clouds," but was not certain.
 On we moved. The sight grew vaster.
 A little later the Second Mate had another try to wake the Captain, but returned unsuccessful.
 Down on the main-deck had gathered the whole crew Once a mans voice rose blasphemously. There was a growing mutter of anger, and the blasphemer was silent. Time passed slowly.

****************

 一時間が過ぎて、光はますます存在感を増していた。メインデッキには、奇妙な現象に畏敬の念を憶えた見張りたちの、互いに交し合うざわめきが広がっていた。
 夢の国へと通じる巨大な峡谷の賭場口のような、その紫色に輝く巨大な亀裂は、もはや裸眼でも容易に見ることが出来るようになっていた。
 二等航海士が手招きしたので、わたしは急いで彼のもとに行った。
 「船尾へ行け」と彼は言った。「それで俺が船長を呼んで来るまでじっかり見張ってろ」
 「わかりました」
 彼は下へ向かった。だがすぐにまた戻ってきた。
 「船長は全然起きる様子もねえ」彼は難しい顔をして言った。「下へ行って、航海士を呼んでくる方がよさそうだ」
 わたしは言われたとおりにした。しばらくして、航海士は船尾で二等航海士と合流した。
 最初、異様な光景を一瞥した航海士は目を剥いた。それで二等航海士は彼に我々が知っているだけのことを伝えた。それから我々は海図室に向かい、すぐに戻ってきた。わたしは彼が二等航海士からの質問に頭を振って見せるのを見た。それから後は、彼らは黙ったまま広がってゆく驚異をただ見詰めていた。一度、航海士が何かを呟き、わたしにはそれが《光彩の雲》と言ったように思えたのだが、確かではなかった。
 船は進んでいった。目に映る光景はますます巨大になっていった。
 少し後で、二等航海士はもう一度船長を起こそうと試みたが、上手くゆかず、戻ってきた。
 メインデッキには、全ての水夫たちが集まっていた。一人の水夫の口から冒涜的な言葉が吐かれたが、皆の口から怒りの声が上がり、黙り込んだ。時間がゆっくりと過ぎていった。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



 The Second had another long look, and then went for his nightglasses. For some time after, he watched the thing at intervals, taking short hurried strides up and down the poop between whiles.
 Evidently he was puzzled; so was I for that matter. The light was not that of another vessel; it appeared to be, as I have just said, more of the nature of a corposant, or "corpse-candle."
 Presently the hail of the "lookout" came hollowly aft. "Light on the port bow, Sir."
 "Thanks for nothing," I heard the Second Mate mutter: then louder, "Aye, Aye."
There was not a breath of wind. The "courses" had been hauled up to prevent chafing, and we were lying silently in the night.
 A little later, after a prolonged gaze, the Second again called me to him and asked if I thought the light any plainer. "Yes, Sir," I replied. "It's much plainer and larger too, Sir."
 For a while he was silent.
 "Queer thing, Sir." I ventured after a bit.
 "Damned queer!" he replied. "I shall call the Old Man soon if it comes any closer."
 "Perhaps it's not moving," I suggested. The Second Mate looked at me a moment moodily, then stood upright with a sudden movement.
 "I never thought of that," he cried. "You think we may be in a current taking us towards it?" I nodded silently.
 He went to the side and looked over, then returned irritably. "I wish to heaven it was daylight!" he snapped. In a while he looked again; then an exclamation of surprise came from him quickly, and turning, he handed the glasses to me.
 "See if you can see anything queer about it," he said.
 I had a long look, then passed them back to him.
 "Well?" he questioned impatiently.
 "I don't know, Sir," I answered. "It bbeats all I've seen while I've been fishing: it seems tons larger too.
 "Yes, Yes!" he growled, "but don't you notice anything about the shape?"
 "Jove, yes, Sir, I do now you mention it. You mean it looks like a great wedge? And the colour, Sir, it's wonderful. You might almost fancy..." I hesitated somewhat shyly.
 "Go on," he grunted.
 "Well, sir, you could almost fancy it was a tremendous valley of light in the night."
 He nodded appreciatively, but said nothing.

****************

 二等航海士はさらに長い時間じっと見詰めていたが、それから夜間用双眼鏡を取りに行った。それからしばらくは、彼はそれに注意を配りつつ、時々少しせわしげに、大股で船尾桜を昇ったり下ったりしていた。
 明らかに彼は思案に暮れていた。それはわたしにしても同じことだった。その光は他の船ではなかった。その有様は、私が形容したように、自然現象であるセントエルモの火か、さもなくば「人魂」であった。
 まもなく、「当直」の声が船尾より虚しく響いてきた。「左舷前方に光があります」
 「わかってるさ」二等航海士の呟く声が聞こえた。それから彼は大きな声で言った「了解した」
 風はそよとも吹いてはいなかった。航路を、波を避けて船首を風上に転じていたから、我々は夜の静寂の中にあった。
 少し経って、じっと長い間目を凝らしていた二等航海士がまたわたしを呼んで、あの光はいくらかはっきりとしてきたと思うかと訊いてきた。
 「そうですね」とわたしは答えた。「はっきりしてきましたし、いくらか大きくもなってきていると思います」
 じっと彼は黙っていた。
 「奇妙なことですね」様子を伺って、わたしは言った。
 「全くおかしな事だ!」彼は答えた。「もしあの光がもっと近付くようなら、すぐにボスを呼んで来る必要があるな」
 「多分あの光は動かないと思います」わたしは思ったことを言った。二等航海士はわたしを訝しげに見詰めたが、いきなりさっと立ち上がった。
 「俺はそんなこと思いつきもしなかったよ」と彼は叫んだ。「お前は俺たちがあれにむかって流されて行くと思っているのか?」わたしは黙って頷いた。
 彼は船舷に行くと遠くを見遣り、そしていらいらしながら戻ってきた。「俺はあれが夜明けの光であることを祈るよ!」彼は吐き捨てるように言った。だが慌てて彼は再度そちらに目を遣った。そしてすぐに彼は驚きの声を上げた。彼は踵を返し、双眼鏡をわたしに手渡した。
 「何が見えるか、自分の目で確かめてみろ」彼は言った。
 わたしは長い間それを見詰め、それから彼に双眼鏡を返した。
 「どうだ?」彼はじれったそうに訊いてきた。
 「わかりません」わたしは答えた。「釣りをしていた時に見たものを思い出しますが。でももっと大きく思えます」
 「そうだろうさ!」彼は唸った。「だが、形態に注意はしてみたか?」
 「ええ、もちろん、注意を払いました。あれが巨大なくさび形をして見えるということを指しているんですよね?そしてあの色彩。ああ、言葉になりません。多分馬鹿馬鹿しいと思うでしょうが……」私は少し恥ずかしくなって、言い澱んだ。
 「続けろ」と彼は言った。
 「ええ……わかりました。あれが夜の中に開いた途方もなく大きな光の峡谷だと言ったら、きっと馬鹿馬鹿しいと思うでしょうね」
 彼は理解を示したかのように頷いた。だが、何も言わなかった。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。