Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And all the while that I told my story, I listened with my spirit; but save for a sense of faint, happy laughter that wrapped about me, I heard naught. And nothing more all that day.
Here let me put down that, because of my memories and half memories, I would time and again dispute with our learned men; they being in doubt as to the verity of that olden story of the Days of Light, and the existence of the Sun; though something of all this was set out, as of truth, in our oldest records; but I, remembering, told them many tales that seemed fairy-like to them, and entranced their hearts, even whilst I angered their brains, which refused to take seriously and as verity that which their hearts accepted gladly, even as we receive the wonder of poetry into our souls. But the Master Monstruwacan would listen to aught I had to tell; aye! though I spoke through hours; and so it would be, odd times, that having talked long, drawing my stories from my Memory-Dreams, I would come back again into the present of that Future; and lo! all the Monstruwacans would have left their instruments and observations and recording, and be gathered about me; and the Master so sunken in interest that he not to have discovered them; neither had I noticed, being so full of the things which had been.
But when the Master came back to knowledge of that present, he would rouse and chide, and they, all those lesser ones, would fly swiftly and guiltily to their various works; and yet, so I have thought since, each with a muddled and bewildered and thoughtful air upon him; and hungry they were for more, and ever wondering and setting questions about.
And so it was also with those others--those learned ones who were not of the Tower of Observation, and who disbelieved even whilst they hungered. Listen would they, though I talked from the first hour, which was the "dawn," to the fifteenth hour, which was the beginning of the "night"; for the Sleep-Time was set thus, after other usage and experiment. And, odd whiles, I found that there were among them, men of extraordinary learning who upheld my tellings as tales of verity; and so there was a faction; but, later, there grew more to believe; and whether they believed, or not, all were ready to listen; so that I might have spended my days in talk; only that I had my work to do.
But the Master Monstruwacan believed from the beginning, and was wise always to understand; so that I loved him for this, as for many another dear quality.
And so, as may be conceived, among all those millions I was singled out to be known; for the stories that I told went downward through a thousand cities; and, presently, in the lowest tier of the Underground Fields, an hundred miles deep in the earth below the Redoubt, I found that the very ploughboys knew something concerning my tellings; and gathered about me one time and another when the Master Monstruwacan and I had gone down, regarding some matter that dealt with the Earth-Current and our Instruments.
And of the Underground Fields (though in that age we called them no more than "The Fields") I should set down a little; for they were the mightiest work of this world; so that even the Last Redoubt was but a small thing beside them. An hundred miles deep lay the lowest of the Underground Fields, and was an hundred miles from side to side, every way; and above it there were three hundred and six fields, each one less in area than that beneath; and in this wise they tapered, until the topmost field which lay direct beneath the lowermost floor of the Great Redoubt, was but four miles every way.
And thus it will be seen that these fields, lying one beneath the other, formed a mighty and incredible Pyramid of Country Lands in the deep earth, an hundred miles from the base unto the topmost field.
And the whole was sheathed-in at the sides with the grey metal of which the Redoubt was builded; and each field was pillared, and floored beneath the soil, with this same compound of wonder; and so was it secure, and the monsters could not dig into that mighty garden from without.
And all of that Underground Land was lit, where needed, by the Earth-Current, and that same life-stream fructified the soil, and gave life and blood to the plants and to the trees, and to every bush and natural thing.
And the making of those Fields had taken maybe a million years, and the "dump" thereof had been cast into the "Crack," whence came the Earth-Current, and which had bottom beyond all soundings. And this Underground Country had its own winds and air-currents; so that, to my memory, it was in no ways connected to the monstrous air-shafts of the Pyramid; but in this I may be mistaken; for it has not been given to me to know all that is to be known concerning that vast Redoubt; nor by any one man could so much knowledge be achieved.

****************


 私は話をしながら、自分の魂に耳を傾けた。しかし聞こえてくるのは、私の周りで空回る幸せそうな笑い声の朧な気配だけだった。その日はそれだけだった。
 ここで書いておくが、この私の記憶と「半記憶」については、幾度となく学者たちと話をする機会を持った。だが彼らは「光の世紀」の昔話の真実について、さらには「太陽」の存在について、信じがたいようだった。たとえその話の一部が、最古の記録に「真実」として記されているにせよ。だが私の記憶に残ったのは、そうした話が学者たちにはまるでお伽噺のように思えたようだということで、例え私の話が彼らのお気に召す真実として真剣に捉えることは出来ず、理性が受け入れを拒みはしたが、人々が魂で詩の素晴らしさを感じ取るように、心には響いたようだった。
 だが、《モンストルワカン》の長官は私の言葉に真剣に耳を傾けてくれた。私は何時間も語り続けた!私は自分の物語を「夢の記憶」から語り始め、再びこの時代に辿り着くまで、延々と話し続けたが、それは奇妙な時間の感覚だった。するとどうだろう、そこにいた全ての《モンストルワカン》たちが、自分たちの機器や監視任務や記録の手を止めて、私の周りに集まってきていた。長官は聞き入る余り、皆が集まってきていたことに気付かなかった。私も、語ることに集中していたから、目に入っていなかった。
 だが、長官はその場の状態に気付くと、持ち場に戻るようにと窘め、皆は後ろ髪を引かれつつも、慌てて各自の持ち場に戻った。この時から、誰もが心ここに在らずといった風になって落ち着きを無くし、物思いに耽るような空気が漂うようになったのだと思う。誰もがその話に驚いたり、質問をしたりして、さらに詳しいことを知りたいと考えているようだった。
 そしてそれは他の人々にしてもそうだった――《監視塔》にはいなかったがその話を耳にした人、あるいは興味はあるものの疑ってかかる人、などだ。そのせいで私は“夜明け”を意味する第一時から、“夜の始まり”を意味する第十五時まで、話し続けなければならなかった。この「眠りの時間」は、試行錯誤の果てに定められたものである。奇妙なことに、そうした人々の中には私の言葉を真実の話として受け止める、常人とは異なる学識を持つ人々も存在した。それはほんの一握りにすぎなかった。だが、後にはもう少し信じてくれる人の数が増えた。ともかく信じる信じないは別にして、誰もが聞きたいと願っていた。それで私は一日中話をすることに費やすはめになったのだ。もちろん、勤務時間は除いてだが。
 だが、《モンストルワカン》の長官は最初から信じてくれたし、賢明で、常に理解することに前向きだった。このことに限らず、彼には美点が沢山あって、それゆえ私は彼を敬愛していた。
 それで、ご想像のとおり、私は数百万人の中でも最も有名人になってしまった。私の語った話は、階下の千の都市に広まった。そして、まもなく、《地下の原野》アンダーグラウンド・フィールズの最下層、それは《閣砦》の地下百マイルの深さにあるのだが、そこの農夫でさえ私の話を聞きかじっているようだということを知った。人々は、私と《モンストルワカン長官》が揃って《地流》と装置の処置に関わることで地下に降りていった際には、常に周りを取り囲んだ。
 この《地下の原野》(この時代には単に《原野》と呼ばれていた)については、いくらか書いておく必要がある。これはこの世界で最大の構造物だった。《最後の閣砦》でさえ、それに比べればちっぽけなものだ。百マイルの深さに《地下の原野》の最下層が横たわり、一辺がどこも百マイルの差し渡しがある。そしてその上に三百六十の原野が積み重なり、上に行くに従ってそれぞれ少しづつ面積が小さくなっている。このようにして次第に小さくなり、最上階の原野が《最後の閣砦》の最下層のフロアに接するところでは、各辺が四マイルにまで小さくなっているのだ。
 したがって、この次々と下に向かって広がっている原野は、深い地中で百マイルもの高さを誇る、巨大で信じがたい《田園のピラミッド》ピラミッド・オブ・カントリー・ランズを形成しているのだ。
 その側面の全体は、《閣砦》と同じく、灰色の金属で覆われていた。それぞれの原野は柱で支えられ、それも同じ材質で出来ており、しっかりと大地の底にまで打ち込まれている。このようにして安全は保たれ、怪物は外から巨大なガーデンの中に掘り進んで入ってくることは出来なくなっている。
 《地下の原野》の全体は輝いているが、これは《地流》によるもので、この同じ「生命の泉」が土を肥沃にし、あらゆる草木や自然物に活力と養分を与えている。
 これらの《原野》を造るために、百万年もの月日が費やされたが、その“採掘土”は、《地流》の発生源である底知れぬ“亀裂”に投じられた。この《地下の原野》には独自の風と大気の流れがあった。私の記憶では、ピラミッドの巨大な換気口に繋がる場所はなかったのだ。だが、それは勘違いかもしれない。巨大な《閣砦》について知られていること全てを学ぶ機会を与えられたわけではないのだから。一人の人間がそれだけの知識を学ぶことなど、不可能に違いない。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト
 
And I, because of this gift, could hear the "invisible vibrations" of the æther; so that, without harking to the calling of our recording instruments, I could take the messages which came continually through the eternal darkness; aye, even better than they. And now, it may be the better understood, how much was to be counted that I had grown to listen for a voice that had not rung in mine ears for an eternity, and yet which sang sweet and clear in my memory-dreams; so that it seemed to me that Mirdath the Beautiful slept within my soul, and whispered to me out of all the ages.
And then, one day, at the fifteenth hour, when began the Sleep-Time, I had been pondering this love of mine that lived with me still; and marvelling that my memory-dreams held the voice of a love that had been in so remote an age. And pondering and dreaming thus, as a young man may, I could fancy this æon-lost One were whispering beauty into my ears, in verity; so clear had my memory grown, and so much had I pondered.
And lo! as I stood there, harking and communing with my thoughts, I thrilled suddenly, as if I had been smitten; for out of all the everlasting night a whisper was thrilling and thrilling upon my more subtile hearing.
Through four long years had I listened, since that awakening in the embrasure, when but a youth of seventeen; and now out of the world-darkness and all the eternal years of that lost life, which now I live in this Present Age of ours, was the whisper come; for I knew it upon that instant; and yet, because I was so taught to wisdom, I answered by no name; but sent the Master-Word through the night--sending it with my brain-elements, as I could, and as all may, much or little, as may be, if they be not clods. And, moreover, I knew that she who called quietly would have the power to hear without instruments, if indeed it were she; and if it were but one of the false callings of the Evil Forces, or more cunning monsters, or as was sometimes thought concerning these callings, the House of Silence, meddling with our souls, then would they have no power to say the Master-Word; for this had been proven through all the Everlasting.
And lo! as I stood, trembling and striving not to be tense, which destroys the receptivity, there came thrilling round and round my spiritual essence the throb of the Master-Word, beating steadily in the night, as doth that marvellous sound. And then, with all that was sweet in my spirit, I called with my brain elements: "Mirdath! Mirdath! Mirdath!" And at that instant the Master Monstruwacan entered that part of the Tower of Observation, where I stood; and, seeing my face, stood very quiet; for though he had not the power of Night-Hearing, he was wise and thoughtful, and took much account of my gift; moreover, he had but come from the Receiving Instrument, and thought vaguely to have caught the throb of the Master-Word, though too faint to come proper through the Instrument, so that he searched for me, in that I, who had the Hearing, might listen for it, I being, as I have said, gifted in that wise.
And to him I told something of my story and my thoughts and my memories, and of that awakening; and thus up to this present happening, and he hearkened with sympathy and a troubled and wondering heart; for in that age a man might talk sanely upon that which, in this age of ours would be accounted foolishness and maybe the breathings of insanity; for there, by the refinement of arts of mentality and the results of strange experiments and the accomplishment of learning, men were abled to conceive of matters now closed to our conceptions, even as we of this day may haply give a calm ear to talk, that in the days of our fathers would have been surely set to the count of lunacy. And this is very clear.

****************


 この天性のおかげで、私はエーテルの「見えざる波動」を聞くことが出来た。それ故、記録装置に頼ることなく、永遠の暗闇から頻繁に届くメッセージを受け取ることが可能だった。機器などよりもずっと正確にだ。それは、とこしえの眠りによって私の耳の中で鳴り響くことのなくなった声、いまでも甘くクリアに私の「夢の記憶」の中で唄い続けている彼女の声を求めて、私がどれほど耳を欹て続けていたのかを考えれば、より理解出来るかもしれない。それゆえ、それは私には《麗しきミルダス》が私の魂の裡で眠り、あらゆる世紀を越えて、私に囁きかけてくれているかのように思えていたのだ。
 ある日のこと、「眠りの時間」の始まる第十五時に、私はこの愛がまだ私と共にあるのだということを改めてじっくりと考えていた。そして、その「夢の記憶」が、これほど離れた時代にも“朽ちることなく”愛の声を保っていることに驚いた。そうして夢見るように思いを巡らせ、若者らしい素直さで、この時の彼方に失った女性が私の耳にそっと囁きかけているというのは真実なのだ、という空想に耽ることができた。記憶がクリアになるほどに、さらに私はその思いを深くした。
 すると何ということだろう、そうして佇み、耳を澄ませながら空想に耽っていると、突然まるで打ちのめされたかのような衝撃が走ったのだ。それは永遠の夜の彼方から、震えるような囁きが私の研ぎ澄まされた繊細な聴力に響いてきたからだ。
 十七歳の若者として銃眼で目覚めて以来、四年の長い月日に渡って耳を澄まし続けてきた。そして今、暗闇の世界から、これまでの全ての過ぎ去った人生、そしてこの我々の生活している「今の時代」にまで、その囁きが響き渡った。私にはそれがすぐに感じられた。だが、注意深くあるよう教え込まれていた私は、名前を告げずにそれに答えた。そして《マスターワード》を夜の中に送り出した――脳の能力を使って送り出したのだが、私にも可能なように、余程の阿呆でなければ、それはどんな人にも多かれ少なかれ備わっているものだ。すぐに私は、静かに呼びかけてくる彼女は、機器の力を借りずとも「聞く」ことの出来る力を持っていることを知った、もしそれが実際に彼女であったとしたらだが。さらに言えば、それが《邪悪な力》による偽りの呼びかけであるとか、あるいはさらに賢しい怪物や、時折何かそうした呼びかけに関する思念を持ち、我々の魂に干渉する《沈黙の家》のような存在でなかったならばということだが、しかしそいつらは《マスターワード》を発する力はない。これは「久遠の時」を経て証明されていたのだ。
 すると!震えと真摯な想いが理解力を曇らせないよう落ち着いて立っていると、何とも言い表せない音で夜の中に一定の調子で波打つ《マスターワード》の鼓動がやってきて、私の「霊核」の周りで打ち震えた。魂が甘さで満たされ、私は脳の能力を使って呼びかけた。「ミルダス!ミルダス!ミルダス!」と。するとすぐに《モンストルワカン》の長官が《監視塔》の私の立っているその部署に入って来た。そして私の顔を見て、じっと黙ったまま傍らに佇んだ。彼には《夜の聴覚》の能力はないが、賢明で思慮深く、私の天性を高く買っていた。その上、彼は「記録装置」によって《マスターワード》の共振を受け取ったようだと漠然と感じたが、機器を通じてやってきた信号は余りに弱々しかったので、それを聞いてもらうために、天賦の才としての「耳」を持っている私を探していたのだった。
 私は長官に自分の物語と考え、それから記憶や覚醒についてもかいつまんで話した。そして今、目の前で起こっていることについて話すと、彼は共感と共に、不安と驚きの気持ちを抱いて耳を傾けた。その未来の人間には正気の話だとして伝わることでも、この我々の時代には馬鹿げたこと見なされ、あるいは精神病だとされたかもしれない。というのは、精神医学の発達、様々な実験の結果、そして学問の発達などによって、今や人々は我々の概念に対してより深く想像力を働かせることが可能となり、その結果、期せずして我等のちちの世代では確実に狂気とされていた話に対しても、穏やかに耳を傾けることが可能となっていた。これは、確かなことだった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
3. THE QUIET CALLING

 
Now, oft had I heard tell, not only in that great city which occupied the thousandth floor, but in others of the one thousand, three hundred and twenty cities of the Pyramid, that there was somewhere out in the desolation of the Night Lands a second Place of Refuge, where had gathered, in another part of this dead world, some last millions of the human race, to fight unto the end.
And this story I heard everywhere in my travels through the cities of the Great Redoubt, which travels began when I came upon my seventeenth year, and continued for three years and two hundred and twenty-five days, being even then but one day in each city, as was the custom in the training of every child
And truly it was a great journey, and in it I met with many, whom to know was to love; but whom never could I see again; for life has not space enough; and each must to his duty to the security and well-being of the Redoubt. Yet, for all that I have set down, we travelled much, always; but there were so many millions, and so few years.
And, as I have said, everywhere I went there was the same story of this other Place of Refuge; and in such of the Libraries of those cities as I had time to search, there were great numbers of works upon the existence of this other Refuge; and some, far back in the years, made assertion with confidence that such a Place was in verity; and, indeed, no doubt did there seem in those by-gone ages; but now these very Records were read only by Scholars, who doubted, even whilst they read. And so is it ever.
But of the reality of this Refuge, I had never a sound doubt, from the day of my hearing concerning it from our Master Monstruwacan, who with all his assistants occupied the Tower of Observation in the apex of the Pyramid. And here let me tell that he and I had always an affinity and close friendship one for the other; though he was full grown, and I but a youth; yet so it was; and thus, when I had come to an age of twenty-one years of life, he opened to me a post within the Tower of Observation; and this was a most wondrous good fortune to me; for in all the vast Redoubt, to be appointed to the Tower of Observation was the most desired; for thereby, even as in these days doth Astronomy, was the natural curiosity of Man eased somewhat, even while thwarted.
Now, let me tell here also, lest it be thought that I was unduly favoured because of my friendship with the Master Monstruwacan, that there was a sound justification for his choice, in that to me had been given that strange gift of hearing, which we called Night-Hearing; though this was but a fanciful name, and meant little. Yet the peculiar gift was rare, and in all the millions of the Pyramid, there was none with the gift to a great degree, saving only myself.


****************


 3.静かなる呼び声


 
 さて、《閣砦》の第千階層を占める大都市のみならず、他の千三百二十の街に於いても度々耳にしたことは、荒涼とした《ナイトランド》の何処かに人々が集う第二の「避難所」が存在し、そこでは最後の数百万の人々が、この死に絶えた世界の別の場所で終焉と戦っているということだった。
 この話は、私が《閣砦》の街を旅している間、どこへ行っても耳にしたことだったが、その旅というのは私が十七歳になった時に開始し、それから三年と二百二十五日続けたもので、そうして一つの街で一日を過ごしたということを除けば、全ての子供が訓練として行う習慣になっていた。
 実際のところ大変な旅で、恋心が芽生えた出会いも少なくなかった。だが、再び出会うことはなかった。人生にはめぐり合わせというものがあるということだろう。それに、誰もが《閣砦》の保安と維持に当たらなければならないという義務を負っていたのだ。だが、それにも関わらず、私たちはいつでも充分な旅を行った。ただ、数百万人の人々を相手にするには、年月が少なすぎたということだ。
 そして、前述のように、私の行く所にはどこでも同じ第二の《避難所》の話があった。様々な街の図書室を漁ってみたことがあったが、そこには夥しい数の他の《避難所》の存在についての文献が存在した。中には、遥かな昔にそうした場所が間違いなく存在したと、見てきたかのように主張するものもあった。そして実際、疑いなくかつては存在していたように思われた。だが今やそうした「記録」は懐疑的な読み方が癖になっている学者たちにしか相手にされなかった。常にそういうものである。
 だがこの《避難所》の実在については、ピラミッドの頂上にある 《監視塔》に部下と共に詰めている《怪物警備官》(モンストルワカン)の長官の口から聞いた日から、疑ったことがなかった。ここで言っておくが、彼と私はいつでも共感と親密な友情で結ばれていた。例え彼は充分に成熟した大人であり、私は少年に過ぎなかった時でさえも。今でもそうだ。だが私が二十一歳になったとき、彼は私に《監視塔》の役職を斡旋してくれた。そしてそれは私にとって最も驚くべき幸運であった。というのは、巨大な《閣砦》の中でも《監視塔》に配属されるのは最も栄誉あることだったからだ。それは、この終り行く世界にあってさえ、今の時代の天文学と同じように、人々が生まれながらに持っている好奇心をいくらかでも満足させるものであった
 ここで言い添えておきたいのだが、私が《怪物警備官》(モンストルワカン)の長官との交友ゆえに過度に優遇されたのだとは考えて頂きたくはなく、その抜擢は充分に理に適ったものであり、それというのも私には奇妙な聴力が備わっていたからで、私たちはそれを《夜の聴覚》(ナイト・ヒアリング)と呼んでいた。しかしこれは洒落てみせた言い方にすぎず、大した意味はない。だが珍しい特異な才能であり、《閣砦》の数百万の人々の中の誰一人として、私ほどにその能力を活用できる人間など存在しなかった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And there I stood, and looked forth composedly, as may one who has been born to know of such matters, and reared in the knowledge of them. And, anon, I would look upward, and see the grey, metalled mountain going up measureless into the gloom of the everlasting night; and from my feet the sheer downward sweep of the grim, metal walls, six full miles, and more, to the plain below.
And one thing (aye! and I fear me, many) have I missed to set out with particularness:
There was, as you do know, all around the base of the Pyramid, which was five and one-quarter miles every way, a great circle of light, which was set up by the Earth-Current, and burned within a transparent tube; or had that appearance. And it bounded the Pyramid for a clear mile upon every side, and burned for ever; and none of the monsters had power ever to pass across, because of what we did call The Air Clog that it did make, as an invisible Wall of Safety. And it did give out also a more subtile vibration, that did affect the weak Brain-Elements of the monsters and the Lower Men-Brutes. And some did hold that there went from it a further vibration of a greater subtileness that gave a protecting against the Evil Forces. And some quality it had truly thiswise; for the Evil Powers had no ability to cause harm to any within. Yet were there some dangers against which it might not avail; but these had no cunning to bring harm to any within the Great Redoubt who had wisdom to meddle with no dreadfulness. And so were those last millions guarded until the Earth-Current should be used to its end. And this circle is that which I have called the Electric Circle; though with failure to explain. But there it was called only, The Circle.
And thus have I, with great effort, made a little clear that grim land of night, where, presently, my listening heard one calling across the dark. And how that this grew upon me, I will set out forthwith.

****************


 私はそこに佇み、生まれながらにそうした風景に親しんでいる人間がそうするように、冷静にあちらこちらを見渡して、自分の知識を確かめていった。そして時折は、灰色の金属の山が永劫の夜の闇の中にずっと伸び上がっている様子を見上げた。それから、私の足元から下に向かって、ゾッとするほど険しい金属で出来た斜面が、たっぷり六マイル以上も、眼前に広がる平原に向かって切り立っている様子も。
 そうだ、一つだけ(ああ!恐ろしいことだ)話し忘れていた特別なことがある。
 ここには、すでに話したように、五と四分の一マイルの一辺を持つピラミッドの基部の周りに偉大なる光のサークルがあるのだが、それは《地流》によって成り立っており、透明なチューブの内部は燃えている。あるいは、そのように見えている。それはピラミッドのどの底辺からも一マイルは離れており、永劫の火を灯している。このサークルを越える力を持つ怪物はいないが、それは我々が《空気の障壁》エアー・クロッグと呼ぶ目に見えない防護壁を作り上げたからだ。それはまた微妙な波動を放ち、怪物やもっと低俗な獣人たちの脳組織の弱い部分に影響を及ぼしている。さらには、そこからはより繊細で強力な波動が放たれていて、“邪悪な力”イーヴィル・フォースから守ってくれているのだと言う人たちもいた。いくつかの見地から、これは正しい意見のように思える。というのも、邪悪な力は、この内側にはどんな害を及ぼすことが出来ないからだ。とはいえ、それでは防げない脅威も中にはある。だが、そいつらは脅威に対して恐れることなく立ち向かえるだけの知恵を持つ《閣砦》の内部の人々に対して、害を与えるほどの狡知もない。そのようにして、最後の百万の人々は《地流》が枯れ果てるその時まで守られている。このサークルを、私は《電気サークル》エレクトリック・サークルと呼んでいた。しかし、説明することは出来なかった。《閣砦》の人々には、それは単に《ザ・サークル》と呼ばれていた。
 さて、こうして私は精一杯の努力を払い、ゾッとするような夜の世界について幾許かの描写を続けてきたわけだが、そんな世界で、あるとき、闇の向こうから一つの呼びかけが私の耳に届いた。それがどのように私を揺り動かしていったか、お話ししようと思う。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
Far away beyond The Place Where The Silent Ones Kill, in the very mouth of the Western Night was the Place of the Ab-humans, where was lost the Road Where The Silent Ones Walk, in a dull green, luminous mist. And of this place nothing was known; though much it held the thoughts and attentions of our thinkers and imaginers; for some said that there was a Place Of Safety, differing from the Redoubt (as we of this day suppose Heaven to differ from the Earth), and that the Road led thence; but was barred by the Ab-humans. And this I can only set down here; but with no thought to justify or uphold it.
Later, I travelled over to the North-Eastern wall of the Redoubt, and looked thence with my spy-glass at the Watcher of the North-East--the Crowned Watcher it was called, in that within the air above its vast head there hung always a blue, luminous ring, which shed a strange light downwards over the monster--showing a vast, wrinkled brow (upon which an whole library had been writ); but putting to the shadow all the lower face; all save the ear, which came out from the back of the head, and belled towards the Redoubt, and had been said by some observers in the past to have been seen to quiver; but how that might be, I knew not; for no man of our days had seen such a thing.
And beyond the Watching Thing was The Place Where The Silent Ones Are Never, close by the great road; which was bounded upon the far side by The Giant's Sea; and upon the far side of that, was a Road which was always named The Road By The Quiet City; for it passed along that place where burned forever the constant and never-moving lights of a strange city; but no glass had ever shown life there; neither had any light ever ceased to burn.
And beyond that again was the Black Mist. And here, let me say, that the Valley of The Hounds ended towards the Lights of the Quiet City.
And so have I set out something of that land, and of those creatures and circumstances which beset us about, waiting until the Day of Doom, when our Earth-Current should cease, and leave us helpless to the Watchers and the Abundant Terror.

****************


 《無言のやつらに殺される土地》のずっと向こう、《西方の夜》ウェスタン・ナイトの戸羽口に、《獣人の土地》パレス・オブ・ザ・アブ=ヒューマンがあり、《無言のやつらの歩む道》はその深い緑色をした、きらきらと輝く霧の中に消えて行く。この場所のことは何も知られていない。しかし多くの思想家や夢想家たちの思索や夢想の対象となってきた。そこには《閣砦》とは別の(現代の私たちが地球とは別の天国を夢想するように)《安全地帯》パレス・オブ・セーフティがあって、道はそこへ通じているのだと言う者もいた。しかし、獣人たちによって行くことは叶わない。だから、私に書き記すことができるのはそれだけだ。保証することも判断することも、私にはできないのだ。
 その後、《閣砦》の北東の面に向かった私は、望遠鏡を使って、《北東の監視者》ウォッチャー・オブ・ザ・ノース・イースト――《戴冠する監視者》クラウンド・ウォッチャーと呼ばれており、そいつの巨大な頭の上の大気が常に青く輝く輪になっていて、怪物の上に奇妙な光を落としてる――の、巨大な皺の寄った額(これについては、図書室一つ分もの書物が書かれてきた)を見詰めた。だが、その下の顔はすっぽりと影に覆われていた。ただし、耳だけは影になっておらず、頭の後ろから突き出し、《閣砦》に向かって欹てられており、過去にはそれが揺れている様子を観測した者いたという。だがそれがどんな風だったのか、私には分からない。この時代にその様子を見たことのある人などいなかったからだ。
 《北東の監視者》の向こうには《無言のやつらのいない土地》ザ・プレイス・ウェアー・ザ・サイレント・ワンズ・アレア・ネヴァーが道に寄り添っている。そして道を挟んだ向こうには、《巨人の海》ジャイアンツ・シーがある。そしてそのさらに向こうにはまた一本の道があって、《静寂の都に寄り添う道》ザ・ロード・バイ・ザ・クワイエット・シティと呼び習わされてきた。なぜならその道は、揺らぐこともない永遠の灯火をじっと灯し続けている奇妙な街に沿って走っているからだった。だが、ガラス窓に生命の姿が映ったのを見たことはない。そして、一つとして灯火が消えるのを見たこともなかった。
 その向こうには《黒い霧》ブラック・ミストがある。ここは言うなれば、《静寂の都》にまで伸びてきた《猟犬の谷》バレー・オブ・ザ・ハウンドの終点となっている。
 これでこの世界について、つまり私たちの周囲を取り巻く環境や生物たちや、《地流》が尽き果て、《監視者》や《魑魅魍魎》の前に曝け出されることになる“運命の日”を待つだけの日々については、ある程度は書き記した。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And so, in a while, having listened to the sorrowful sound which came ever to us over the Grey Dunes, from the Country of Wailing, which lay to the South, midway between the Redoubt and the Watcher of the South, I passed upon one of the moving roadways over to the South-Western side of the Pyramid, and looked from a narrow embrasure thence far down into the Deep Valley, which was four miles deep, and in which was the Pit of the Red Smoke.
And the mouth of this Pit was one full mile across, and the smoke of the Pit filled the Valley at times, so that it seemed but as a glowing red circle amid dull thunderous clouds of redness. Yet the red smoke rose never much above the Valley; so that there was clear sight across to the country beyond. And there, along the further edge of that great depth, were the Towers, each, maybe, a mile high, grey and quiet; but with a shimmer upon them.
Beyond these, South and West of them, was the enormous bulk of the South-West Watcher, and from the ground rose what we named the Eye Beam--a single ray of grey light, which came up out of the ground, and lit the right eye of the monster. And because of this light, that eye had been mightily examined through unknown thousands of years; and some held that the eye looked through the light steadfastly at the Pyramid; but others set out that the light blinded it, and was the work of those Other Powers which were abroad to do combat with the Evil Forces. But however this may be, as I stood there in the embrasure, and looked at the thing through the spy-glass, it seemed to my soul that the Brute looked straightly at me, unwinking and steadfast, and fully of a knowledge that I spied upon it. And this is how I felt.
To the North of this, in the direction of the West, I saw The Place Where The Silent Ones Kill; and this was so named, because there, maybe ten thousand years gone, certain humans adventuring from the Pyramid, came off the Road Where The Silent Ones Walk, and into that place, and were immediately destroyed. And this was told by one who escaped; though he died also very quickly; for his heart was frozen. And this I cannot explain; but so it was set out in the Records.

****************


 やがて《灰色の砂丘》グレイ・デューン/を超えて、《嘆きの国》カントリー・オブ・ウェイリング/から悲しげな音が聞こえてきたが、それらは南、《閣砦》と《南の監視者》との間に広がっており、私はその音をしばらく聞いた後、移動歩道の一つに乗って、《閣砦》の南西へと移動し、その時狭い朝顔口から《深谷》ディープ・バレー/見下ろしたが、そこは四マイルの深さがあって、中には《赤い烟の穴》ピット・オブ・ザ・レッド・スモーク/があるのだった。
 この“穴”の入り口は、直径がたっぷり一マイルはあって、穴の煙が谷を満たすと、赤い雷雲の中心部の色彩が鈍くなり、まるで真っ赤に燃えた赤い円環のように思えた。だが赤い煙は決して谷の口から上に向かって立ち上るようなことはなかった。だからその向こうに広がる光景をはっきりと見て取ることが出来たのだった。そこには深淵の縁に沿って、幾つもの塔が立ち並んでいたが、それぞれがおそらくは一マイルほどの高さの、灰色の色彩をしたひっそりとしたものだった。だが、塔の上部はが微かに光っていた。
 その向こう、谷の南西には、《南西の監視者》サウス・ウェスト・ウォッチャーの山のような巨体があるが、《視光》アイ・ビームと呼ばれる一本の灰色の光線が地面から放射して、怪物の右目を輝かせていた。この光がために、何千年もの年月を通じてその瞳のことが話題にされ続けてきた。その瞳は光を通じてピラミッドをじっと見詰めているのだという人がいた。その一方で、その光は目くらましになっていて、“邪悪な力”と戦う“別の力”の働きによるものだという人もいた。だがもしそうだとしても、こうして朝顔口に立って望遠鏡を覗き込んでいると、まるでその怪物は私がここから監視しているのを知っているかのように、じっと瞬き一つせずに、こちらをまっすぐに見詰めているような思いに囚われるのだった。これが私の印象だった。
 その北、方角で言えば西に、《無言のやつらに殺される土地》ザ・プレイス・ウェアー・ザ・サイレント・ワンズ・キルが見えた。この名前の由来は、おそらく一万年前ほど前に、ピラミッドから冒険に出かけた信頼に足る人々が、《無言のやつらの歩む道》を外れ、その場所に入り込んだところ、あっという間に滅ぼされたというところから来ているのだろう。これは、逃げ出した一人の口から語られたことだ。しかし彼もすぐに死んでしまった。心臓が凍っていたのだ。これについては、私には説明をすることができない。そう記録にあるだけだからだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And, at whiles, through the forgotten centuries, had the Creatures been glutted time and again upon such odd bands of daring ones as had adventured forth to explore through the mystery of the Night Lands; for of those who went, scarce any did ever return; for there were eyes in all that dark; and Powers and Forces abroad which had all knowledge; or so we must fain believe.
And then, so it would seem, as that Eternal Night lengthened itself upon the world, the power of terror grew and strengthened. And fresh and greater monsters developed and bred out of all space and Outward Dimensions, attracted, even as it might be Infernal sharks, by that lonely and mighty hill of humanity, facing its end--so near to the Eternal, and yet so far deferred in the minds and to the senses of those humans. And thus hath it been ever.
And all this but by the way, and vague and ill told, and set out in despair to make a little clear the beginnings of that State which is so strange to our conceptions, and yet which had become a Condition of Naturalness to Humanity in that stupendous future.
Thus had the giants come, fathered of bestial humans and mothered of monsters. And many and diverse were the creatures which had some human semblance; and intelligence, mechanical and cunning; so that certain of these lesser Brutes had machinery and underground ways, having need to secure to themselves warmth and air, even as healthy humans; only that they were incredibly inured to hardship, as they might be wolves set in comparison with tender children. And surely, do I make this thing clear?
And now to continue my telling concerning the Night Land. The Watcher of the South was, as I have set to make known, a monster differing from those other Watching Things, of which I have spoken, and of which there were in all four. One to the North-West, and one to the South-East, and of these I have told; and the other twain lay brooding, one to the South-West, and the other to the North-East; and thus the four watchers kept ward through the darkness, upon the Pyramid, and moved not, neither gave they out any sound. Yet did we know them to be mountains of living watchfulness and hideous and steadfast intelligence.

****************


 長い歴史の中では、折に触れて、《ナイトランド》の謎に挑戦しようと冒険に出かけて行った勇猛果敢な郎党が、“創造物”クリーチャーズによって餌食にされるということが繰り返されてきた。出かけて行った者たちは、滅多に帰ってはこなかった。闇の中の至る所に、潜むものがあったからだ。知識とは、外に対しての力と能力のことであった。少なくとも、私たちはそう信じるしかなかった。
 “永遠の夜”が世界を覆いつくすにつれて、恐怖の力も勢力を増し、蔓延していった。そして新たな、さらに巨大な怪物たちが、外宇宙と“異次元”において生まれ育ち、さらにはまるで“地獄の鮫”のように、滅亡に直面している――そう、“永遠”を目前にしてはいるが、今はまだ人間らしい精神と感覚を保ち続けている――孤独で巨大な人類の砦へと、引き寄せられてきた。そして、今に至っている。
 こうしたことは全て余談であり、しかも漠然としている上に説明も下手なのだが、それでも人類の置かれている絶望を書き記すことによって、現在の概念では奇妙に思えるこうした状態の始まりと、さらには遥かな未来に於ける人類の普遍的状態への推移を、少しでも明らかにできればと思ったのだ。
 やがてけだもののような人間を父に、怪物を母に持つ、巨人たちが現れた。さらには、人間に似た外見を持つ、種種雑多な生物たちも存在した。そいつらは知能を持ち、機械的で、狡猾だった。獣人には明らかに劣ったこうした生物は、機械と地下道を手にいれ、健常な人類と同じように、熱と空気を確保しようとした。ただし、そいつらは信じられないほどの苦難に順応していたから、いたいけな子供に比べたとしたら、狼も同然であった。言いたいことが、上手く説明できているだろうか?
 さて、《ナイトランド》についての話を続けることにしよう。先ほど話に出てきた《南の監視者》は異質の存在であり、《監視者》たちは、既に触れたものも含めて、他に四体存在する。一体は北西に、一体は南東に存在するが、これらについては既に話した。他の二体が沈鬱に蹲っているのは、南西と北東である。これら四体の監視者たちが暗闇の中から常にピラミッドに焦点を合わせているのだが、動くこともなければ、どんな音を立てることもない。だが私たちは、《監視者》たちが、忌まわしくも確かな知性を備えた、油断のならない生ける山であることを知っていた。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And, so to tell more about the South Watcher. A million years gone, as I have told, came it out from the blackness of the South, and grew steadily nearer through twenty thousand years; but so slow that in no one year could a man perceive that it had moved.
Yet it had movement, and had come thus far upon its road to the Redoubt, when the Glowing Dome rose out of the ground before it--growing slowly. And this had stayed the way of the Monster; so that through an eternity it had looked towards the Pyramid across the pale glare of the Dome, and seeming to have no power to advance nearer.
And because of this, much had been writ to prove that there were other forces than evil at work in the Night Lands, about the Last Redoubt. And this I have always thought to be wisely said; and, indeed, there to be no doubt to the matter, for there were many things in the time of which I have knowledge, which seemed to make clear that, even as the Forces of Darkness were loose upon the End of Man; so were there other Forces out to do battle with the Terror; though in ways most strange and unthought of by the human mind. And of this I shall have more to tell anon.
And here, before I go further with my telling, let me set out some of that knowledge which yet remains so clear within my mind and heart. Of the coming of these monstrosities and evil Forces, no man could say much with verity; for the evil of it began before the Histories of the Great Redoubt were shaped; aye, even before the sun had lost all power to light; though, it must not be a thing of certainty, that even at this far time the invisible, black heavens held no warmth for this world; but of this I have no room to tell; and must pass on to that of which I have a more certain knowledge.
The evil must surely have begun in the Days of the Darkening (which I might liken to a story which was believed doubtfully, much as we of this day believe the story of the Creation). A dim record there was of olden sciences (that are yet far off in our future) which, disturbing the unmeasurable Outward Powers, had allowed to pass the Barrier of Life some of those Monsters and Ab-human creatures, which are so wondrously cushioned from us at this normal present. And thus there had materialized, and in other cases developed, grotesque and horrible Creatures, which now beset the humans of this world. And where there was no power to take on material form, there had been allowed to certain dreadful Forces to have power to affect the life of the human spirit. And this growing very dreadful, and the world full of lawlessness and degeneracy, there had banded together the sound millions, and built the Last Redoubt; there in the twilight of the world--so it seems to us, and yet to them (bred at last to the peace of usage) as it were the Beginning; and this I can make no clearer; and none hath right to expect it; for my task is very great, and beyond the power of human skill.
And when the humans had built the great Pyramid, it had one thousand three hundred and twenty floors; and the thickness of each floor was according to the strength of its need. And the whole height of this pyramid exceeded seven miles, by near a mile, and above it was a tower from which the Watchmen looked (these being called the Monstruwacans). But where the Redoubt was built, I know not; save that I believe in a mighty valley, of which I may tell more in due time.
And when the Pyramid was built, the last millions, who were the Builders thereof, went within, and made themselves a great house and city of this Last Redoubt. And thus began the Second History of this world. And how shall I set it all down in these little pages! For my task, even as I see it, is too great for the power of a single life and a single pen. Yet, to it!
And, later, through hundreds and thousands of years, there grew up in the Outer Lands, beyond those which lay under the guard of the Redoubt, mighty and lost races of terrible creatures, half men and half beast, and evil and dreadful; and these made war upon the Redoubt; but were beaten off from that grim, metal mountain, with a vast slaughter. Yet, must there have been many such attacks, until the electric circle was put about the Pyramid, and lit from the Earth-Current. And the lowest half-mile of the Pyramid was sealed; and so at last there was a peace, and the beginnings of that Eternity of quiet watching for the day when the Earth-Current shall become exhausted.

****************


 《南の監視者》に関しては、さらに言うべきことがある。既に述べたように、百万年前に南の闇からやってきたこの監視者は、二万年ほどの時間をかけて、刻々と近づいてきた。だが、余りにもゆっくりであったから、一年の間にどれだけ移動したのか、誰にも分からなかった。
 だが《監視者》は確実に移動していたし、そいつの進む先の大地から《輝くドーム》が生まれた時には、既に《閣砦》へと通じる道の外れにまで、じわりじわりとした歩みで、やって来ていた。だが、これが怪物を道の上に足止めした。それからというもの、そいつはドームの青白い輝き越しにピラミッドをただ眺め続けているだけで、もはやそれ以上前進する力はなくなったかのように見えた。
 これを根拠として、《最後の閣砦》ラスト・リダウトを取り巻く《ナイトランド》の邪悪な存在とは異なった力が存在するのだと言われるようになった。私もこれは正しい意見だと常々考えていた。実際のところ、私にはその時代のものに対する知識が豊富だったし、さらには“暗黒の力”が人類の滅亡を引き起こしたことも明白だと思えたから、それは疑いがないように思えたのだ。そして別の“力”が生まれ、こうして“恐怖”と戦っている。しかしこれは人智に及ばないことだ。だから、それに関してはまたいずれ話すことにした方が良さそうだ。
 ここで話を進める前に、私の胸の裡にある確かな知識について、いくらかでも語っておこうと思う。これらの奇怪で邪悪な“力”がやってきた理由については、誰一人として真実を知っているわけではない。その邪悪は、大いなる《閣砦》の歴史の開闢以前に始まった。太陽が光を放つ力を失う以前のことである。とはいえ、それは確実なことではないし、暗い空が世界を温めるということのない、この闇に閉ざされた遥かな未来においては、なおさら確信を持てなくなる。だから私には何とも言えない。私はもっと確かな知識を伝えるべきなのだろう。
 その邪悪が“翳りゆく時代”に始まったことは確かである(私はその話を疑わしく思っていたが、それはこの現代の人々が創世の物語を信じているのと同じような感覚である)。いにしえの科学(我々にとっては遥かな未来であるが)に関する数少ない記録によると、《結界》アウドワード・パワーズを修復不可能な程に乱してしまったため、一部のこうした怪物や妖怪たちに、以前のような普通の状態であればほぼ完璧に緩衝壁として機能してくれていたはずの《生命保護層》バリアー・オブ・ライフを通過することを許してしまったと言うのだ。そうして実体化した怪物たちの一部は、グロテスクで恐ろしい“創造物”クリーチャーズへと進化を遂げ、今ではこの世界の人間たちを取り巻いているというわけだ。さらには、物質化する力を持たなかったものも、人間の魂に影響を及ぼす、確かに恐ろしい“力”を持っていた。こうして恐怖が広がり、世界には暴力と堕落が蔓延したため、健全な百万の人々が団結し、《最後の閣砦》ラスト・リダウトを建設したのだ。世界の黄昏の頃のことである――だがそれはこの時代の我々にとってであり、(ついに安寧を掴んだ)その時代の人々にとっては、いわば“始まりの時”であったのだ。この辺りのことは私にははっきりとは分からないが、誰も正確さを期待してなどいないだろう。私のやっていることは極めて難しく、人の能力を超えているからだ。
 人々が大ピラミッドを建設した時、そこには千三百二十のフロアがあった。各フロアは、十分な強度を保てるように設計されていた。ピラミッドの全体の高さは七マイルを遥かに越え、その上部の一マイルほどは、見張り役(モンストルワカンズと呼ばれている)が警戒に当たるための塔になっていた。《閣砦》が建設されたのがいったいどこの地であるのか、私は知らない。もっとも、私はそれが広大な谷間にあると信じていたが、そのことについてはいずれもっと詳しく語るつもりだ。
 ピラミッドの建設が終わると、建設に携わった最後の百万人がその中に立てこもり、自ら屋敷を建て、この《最後の閣砦》ラスト・リダウトの街を作り上げた。そしてこの世界の《第二期》が始まったのだ。いったいどうすればこの僅かなページの中に全てを書き記すことが出来るというのだろう!この仕事は、どう見ても、一人の人間の一本のペンには荷が重過ぎる。だが、やり遂げよう!
 それから先の幾星霜もの年月の中で、《閣砦》の庇護の外にある場所で生まれ育ったのは、強大だが種としての繋がりを失ってしまった半人半獣の、邪悪で醜悪な恐るべき生物であった。獣人たちは《閣砦》に攻撃を仕掛けてきた。だが堅固な金属の要塞の前に容赦なく打ち負かされ、死屍累々となった。しかしそうした攻撃は、ピラミッドの周りに《地流》アース・カレントから引いてきた電気のサークルを設置するまでは、度重なったに違いない。そしてピラミッドの裾部の半マイルを締め切った。そしてついに平和がやってきたが、それは《地流》の枯れ果てるその時をただ待つだけの、“永劫”の始まりでもあった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And so, searching the road with my gaze, I passed beyond this Silent One, and past the place where the road, sweeping vastly to the South-East, was lit a space, strangely, by the light from the Silver-fire Holes. And thus at last to where it swayed to the South of the Dark Palace, and thence Southward still, until it passed round to the Westward, beyond the mountain bulk of the Watching Thing in the South--the hugest monster in all the visible Night Lands. My spy-glass showed it to me with clearness--a living hill of watchfulness, known to us as The Watcher Of The South. It brooded there, squat and tremendous, hunched over the pale radiance of the Glowing Dome.
Much, I know, had been writ concerning this Odd, Vast Watcher; for it had grown out of the blackness of the South Unknown Lands a million years gone; and the steady growing nearness of it had been noted and set out at length by the men they called Monstruwacans; so that it was possible to search in our libraries, and learn of the very coming of this Beast in the olden-time.
And, while I mind me, there were even then, and always, men named Monstruwacans, whose duty it was to take heed of the great Forces, and to watch the Monsters and the Beasts that beset the great Pyramid, and measure and record, and have so full a knowledge of these same that, did one but sway an head in the darkness, the same matter was set down with particularness in the Records.

****************


 そして私は視線を道に沿って這わせ、《無言のやつら》の向こう、道の周りに広がる全景に目を遣ったが、南東に広がるその一帯は奇妙に仄明るく、それは《銀火の三穴》から漏れてくる明かりのせいだった。そして道に沿って南の《闇の宮殿》ダーク・パレスの支配下を抜けると、そのさらに南、西に向かって湾曲してゆく手前で、南を監視する怪物の巨体が、山の向こうに見えてくる――それは、《ナイトランド》の目に映る範囲の中では、最も巨大な怪物である。私の望遠鏡が、はっきりとその姿を見せてくれる――それは油断のならない生ける小山であり、《南の監視者》ウオッチング・シング・イン・ザ・サウスとして知られていた。そいつは《輝くドーム》グローイング・ドームの青白い光の上に覆い被さるように、その巨体の背を丸くして蹲っていた。
 この奇妙な大監視者に関しては、これまでに多くの書物が記されてきた。そいつは百万年前に《南の知られざる土地》サウス・アンノウン・ランズの闇から現れて成長してきた。そしてここまで安定した成長を続けてきたその様子は、《怪物警備官》モンストルワカンと呼ばれる人々によって詳細に記録されてきた。その記録は図書室で参照することが可能であり、さらには、いにしえの日々にこの怪物がやってきた様子を知ることも出来る。
 私の知る限り、その時はもちろんそうだが、常に、《怪物警備官》モンストルワカンと呼ばれる職務についた人々が、多大な努力をもって警戒に当たり、このピラミッドを取り巻く怪物やけだものたちを見張ってはその一部始終を記録しているのだが、彼らは変わらぬ状態というものを知り尽くしているから、何かが暗闇で頭を揺らしていたりすると、変わらぬことに添えて、そうした特別な出来事も同時に記録に書き残している。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
Yet, because I had heard the Laughter oft, I paid not over-long attention to my thoughts upon it; and when, in a little it died away into that Eastern Darkness, I turned my spy-glass upon the Giants' Pit, which lay to the South of the Giants' Kilns. And these same Kilns were tended by the giants, and the light of the Kilns was red and fitful, and threw wavering shadows and lights across the mouth of the pit; so that I saw giants crawling up out of the pit; but not properly seen, by reason of the dance of the shadows. And so, because ever there was so much to behold, I looked away, presently, to that which was plainer to be examined.
To the back of the Giants' Pit was a great, black Headland, that stood vast, between the Valley of The Hounds (where lived the monstrous Night Hounds) and the Giants. And the light of the Kilns struck the brow of this black Headland; so that, constantly, I saw things peer over the edge, coming forward a little into the light of the Kilns, and drawing back swiftly into the shadows.
And thus it had been ever, through the uncounted ages; so that the Headland was known as The Headland From Which Strange Things Peer; and thus was it marked in our maps and charts of that grim world.
And so I could go on ever; but that I fear to weary; and yet, whether I do weary, or not, I must tell of this country that I see, even now as I set my thoughts down, so plainly that my memory wanders in a hushed and secret fashion along its starkness, and amid its strange and dread habitants, so that it is but by an effort I realise me that my body is not there in this very moment that I write. And so to further tellings:
Before me ran the Road Where The Silent Ones Walk; and I searched it, as many a time in my earlier youth had I, with the spy-glass; for my heart was always stirred mightily by the sight of those Silent Ones.
And, presently, alone in all the miles of that night-grey road, I saw one in the field of my glass--a quiet, cloaked figure, moving along, shrouded, and looking neither to right nor left. And thus was it with these beings ever. It was told about in the Redoubt that they would harm no human, if but the human did keep a fair distance from them; but that it were wise never to come close upon one. And this I can well believe.


****************


 しかし私は、これまでにも何度もその笑い声を聞いてきたから、それほど長い時間そちらに気を取られはしなかった。その声が《東の暗闇》イースタン・ダークネスの中に溶け込んで消えてしまうと、すぐに望遠鏡を《巨人の穴》ジャイアンツ・ピットの方に回したが、それは《巨人の窯》ジャイアンツ・キルンスの南に穿たれていた。これらいくつもある窯は巨人たちによって見張られていたが、そこから出る光は赤く明滅し、ゆらめく影と光を穴の淵に投げかけていた。そのため、私の目には穴から這い上がってくる巨人たちの姿が見えた。しかし影がゆらゆらと躍るから、細部まで確認できるというわけではない。それで私は、他にも見るべきものが沢山あるのだからとそこから目を逸らし、もっと簡単に目に入ってくるものに注意を向けた。
 《巨人の穴》の向こうには、巨大な黒い段丘が《猟犬の谷》バレー・オブ・ザ・ハウンド(そこにはぞっとするような《夜の猟犬》ナイト・ハウンズ)が棲み付いている)と巨人たちとの間に聳え立っていた。そして窯の光がこの黒い崖線の上部に当たっていた。それで、私の目には絶え間なくその縁から身を乗り出してはこちらを伺っているものの姿が映ったが、そいつは窯の光の中にちょっと身を晒しては、すぐにまた影の中に身を隠すのだった。
 こうしたことは、計り知れないほどの年月にわたって繰り返されてきた。だからその段丘は《奇妙なものが覗く段丘》ヘッドランド・フロム・ウィッチ・ストレンジ・シングス・ピア として知られてきた。そしてまた、この恐ろしい世界の地図や図表にもそう記されていた。
 こんな調子で続けることは容易いが、飽きてしまいそうだ。だが、飽きようと飽きまいと、私は自分が目にしているこの国について語らなければならないし、こうして私の思考を書き付けながら、今なお、はっきりと私の記憶は静かで秘密めいたやり方で、その荒涼とした、奇妙で恐ろしい環境の中を中を彷徨っているのだから、こうして書いている今この瞬間に、自分の身体がそこに存在する訳ではないということを忘れてしまいそうになる。ともかく続きを語ろう。
 私の目の前には《無言のやつらの歩む道》が伸びている。私はそこを、今よりもずっと若い頃から何度も繰り返してきたように、望遠鏡を使って確かめた。私の心はいつでも、これら《無言のやつら》を見ると、激しくかき乱されるのだ。
 するとまもなく、夜陰に覆われた長い道の中にたった一人だけ、《無言のやつら》の姿を望遠鏡の中に捉えた――静かで、マントを纏った人影が、秘密めいた様子で、脇目も降らずに道に沿って進んで行く。いつもそんな感じだった。彼らからそれなりの距離をとってさえいれば人に危害を加えたりはしないと、《閣砦》の中では言われてはいた。だが、近づかない方が懸命だった。その点については、十分に確信できた。


"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。