Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


The House on the Borderlandのアニメーション。You Tubeより。
スポンサーサイト



 左の写真は、ドゥームメタル(Doom Metal)バンド「Electric Wizard」と「Reverend Bizarre」による2008年発売の12インチシングルのジャケット。僕はこのバンドをどちらも知らなかったのだけれど、ドゥームメタル界では結構知られているバンドのようだ。ドゥームメタルという音楽ジャンルは、ちょっと特殊なので耳慣れないかもしれない。どういう音楽かというのは、聞いてもらうのが早そう。まあ、ジャケットから、だいたいの想像がつくかもしれないけれど。要するに、地を這うような重々しいメタルで、スピードが遅く、単調で、トランス効果のある、メタリックでうねるようなファズギターが特徴というか。
 なんともすごいジャケットだけれど、このうち、「Electric Wizard」の曲のタイトルが「The House on the Borderland」ということで、ここで紹介。11分以上の長さの大曲。ドゥームメタルとしては、普通の長さかもしれないけれど。
 You Tubeで聞くことが出来るので、重々しい音楽が好きな方はどうぞ。↓

「The House on the Borderland」 Electric Wizard



(shigeyuki)


 しばらく更新していなかったので、広告が出てしまいました。
 なので、ちょっとした小ネタを更新します。

 動画投稿サイトYou Tubeに、「The House on the Borderland」の映画の予告編が出ていました。
 ロングバージョンは、こちら

 といっても、架空の映画の予告編なんですが(笑)。
 でも、面白いですね。イメージ的にも、僕としては悪くなかったです。
 こんなものがあるというだけで、ちょっと嬉しかったりしますね。
 You Tube には、他にも色々な架空の映画の予告編があって、なかなか楽しいです。

(shigeyuki)

a_1
 風邪をひいてしまって、今日は一日寝たり起きたり。
 それで、何となくホジスン関連のことをネットで色々とみていたりしました。
 ホジスンについては、日本のサイトでは殆ど参考になるようなサイトがないので、 海外のサイトを廻ることになります。
 いろいろと、面白いものがありますね。

 その中の一つが、「The House on the Borderland」をテーマにしたアルバム。
 記事の中の画像が、そのアルバムジャケットです。
 NOSTALGIAというグループ?のアルバムで、タイトルはずばり「The House on the Borderland」。Dead can danceを彷彿とさせるような、ヨーロピアンアンゴシック調のアンビエントミュージックのよう。
 下記から試聴できます。

http://www.nostalgia-project.com/catalog/index.html
  
 「The House on the Borderlan」の映画のサウンドトラックだと思って聞くと、面白そうですね。

 ※ところで、サイト名と紛らわしいので、ブログのタイトルを変えてみました。kaneさん、いかがでしょうか?

(shigeyuki)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。