Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 このような漫画も、あるようです。
 主人公が女性のようだし、ほとんど関係なさそうですが。。
 英語でさえないので、よくわからないです。
 ↓のアドレスから詳細はどうぞ。

http://www.bries.be/artistsvandewiele.html

(shigeyuki)

スポンサーサイト
ホジスンの著作活動は1902年にボディビルの記事を書いたことに始まると言われているが、1905年から1906年にかけてのCoulson Kernahan 宛書簡によると処女作が雑誌に載るまでに四百回以上も出版社から突き返されたという。彼が物を書き始めたのは船を下りた世紀の変わり目にまで遡るといっていいだろう。
C.L.とイニシャルのみある作家の作品にThe Raft( Sketchy Bits No.543 1905 p14-15)というのがある。筋立ては、嵐で船を失い筏に乗り移った四人の男たちが、サルガッソー海へ迷い込み、大タコの襲撃を受け仲間を失いながらも、他船の助けを借りて脱出に成功する、といったものだったが、ホジスンは1905年11月17日のCoulson Kernahan宛ての手紙の中で、自分の“Weed Story” からアイディアを得たのだといっている。
なかなか作品が売れない中でのホジスンの苛立ちが思われる。
1906年頃からThe Authorという雑誌にホジスンの書いた記事が載り始める。これはSociety of Authors Inc.という団体の会報で、初代の会長はテニソンで、多くの著名な作家が名を連ねている。ホジスンはこの団体を通じてウェルズなどいく人もの作家と親交を持ち、作家としての姿勢を教えられたようだ。その頃授かった教えの中に版権に関するものもあったのかもしれない。ホジスンの作品の中に著作権版が現れるのはこの後のことだ。次に彼の著作で著作権版と思われるものをあげる。私の調べがついていないだけで、まだ他にもあるかもしれない。
1.The Ghost Pirates, a Chaunty, and another story  
(Paul R.Reynolds, New York 1909)
2.Carnacki, the Ghost Finder, and a poem 
(London, 出版社不明 1910) (Paul R.Reynolds, New York 1910)
3.Poems and The Dream of X
(A.P.Watt & Son, London 1912) (Harold Paget, New York 1912)
4.Cargunka and Poems and Anecdotes  
(A.P.Watt & Son, London 1914) (R.H.Paget, New York 1914)
ここにあるHarold Paget、A.P.Watt & Sonはそれぞれアメリカとイギリスの著名な出版エージェントで、A.P.Watt はドイルやハッガードも顧客だった。Carnackにはシリーズ4編が、Cargunkaには10編ほどの短編のプロットが並べられている。これに1909年から彼の著作活動の終わり頃までの作品がだいたい網羅されていることがわかる。自分の言いたいことに沿うように事実を書き並べてしまったが、ホジスンが意外なほど版権を気にしていたのが分かってもらえるだろうか。
というわけで、shigeyukiさま、アメリカの市場を重視していたというより、版権を気にしていたというのが真相では。
ディスコスと草刈り機が重なるのかわたしだけでしょうか。

kane

 ホジスンの作品の中では、「カーナッキ」がやはりキャラクターとして確立されているから、様々な媒体に──時には名前だけ拝借という形で──使用される頻度が高いようだ。
 ここに画像を紹介したのは、そうした「名前だけ拝借」のパターンのゲーム。
 カーナッキは、以前RPGになったこともあるようだが、こちらは純然たる、「バッタもん」。
 ゲーム名は「Go to Hell」。モバイル用のゲームのようだ。説明を見ると、どうやらTom Carnackiというゴーストハンターが、ゾンビを倒して行くという、横スクロールのアクションゲームのようだ。まあ、間違いなくホジスンの「カーナッキ」にインスパイアされたものでしょうね。
 下記のサイトから、ダウンロードができるようだ。

http://www.mauj.com/games/games2.php?cid=670&catid=


a_1
 風邪をひいてしまって、今日は一日寝たり起きたり。
 それで、何となくホジスン関連のことをネットで色々とみていたりしました。
 ホジスンについては、日本のサイトでは殆ど参考になるようなサイトがないので、 海外のサイトを廻ることになります。
 いろいろと、面白いものがありますね。

 その中の一つが、「The House on the Borderland」をテーマにしたアルバム。
 記事の中の画像が、そのアルバムジャケットです。
 NOSTALGIAというグループ?のアルバムで、タイトルはずばり「The House on the Borderland」。Dead can danceを彷彿とさせるような、ヨーロピアンアンゴシック調のアンビエントミュージックのよう。
 下記から試聴できます。

http://www.nostalgia-project.com/catalog/index.html
  
 「The House on the Borderlan」の映画のサウンドトラックだと思って聞くと、面白そうですね。

 ※ところで、サイト名と紛らわしいので、ブログのタイトルを変えてみました。kaneさん、いかがでしょうか?

(shigeyuki)

<原文>


 For the first couple of weeks out, nothing unusual happened, and the wind still held fair. I began to feel that I had been rather lucky, after all, in the packet into which I had been shunted. Most of the other fellows gave her a good name, and there was a pretty general opinion growing among the crowd, that it was all a silly yarn about her being haunted. And then, just when I was settling down to things, something happened that opened my eyes no end.

It was in the eight to twelve watch, and I was sitting on the steps, on the starboard side, leading up to the fo'cas'le head. The night was fine and there was a splendid moon. Away aft, I heard the timekeeper strike four bells, and the look-out, an old fellow named Jaskett, answered him. As he let go the bell lanyard, he caught sight of me, where I sat quietly, smoking. He leant over the rail, and looked down at me.

"That you, Jessop?" he asked.

"I believe it is," I replied.

"We'd 'ave our gran'mothers an' all the rest of our petticoated relash'ns comin' to sea, if 'twere always like this," he remarked, reflectively--indicating, with a sweep of his pipe and hand, the calmness of the sea and sky.

I saw no reason for denying that, and he continued:

"If this ole packet is 'aunted, as some on 'em seems to think, well all as I can say is, let me 'ave the luck to tumble across another of the same sort. Good grub, an' duff fer Sundays, an' a decent crowd of 'em aft, an' everythin' comfertable like, so as yer can feel yer knows where yer are. As fer 'er bein' 'aunted, that's all 'ellish nonsense. I've comed 'cross lots of 'em before as was said to be 'aunted, an' so some on 'em was; but 'twasn' t with ghostesses. One packet I was in, they was that bad yer couldn't sleep a wink in yer watch below, until yer'd 'ad every stitch out yer bunk an' 'ad a reg'lar 'unt. Sometimes--" At that moment, the relief, one of the ordinary seamen, went up the other ladder on to the fo'cas'le head, and the old chap turned to ask him "Why the 'ell" he'd not relieved him a bit smarter. The ordinary made some reply; but what it was, I did not catch; for, abruptly, away aft, my rather sleepy gaze had lighted on something altogether extraordinary and outrageous. It was nothing less than the form of a man stepping inboard over the starboard rail, a little abaft the main rigging. I stood up, and caught at the handrail, and stared.

Behind me, someone spoke. It was the look-out, who had come down off the fo'cas'le head, on his way aft to report the name of his relief to the second mate.

"What is it, mate?" he asked, curiously, seeing my intent attitude.

The thing, whatever it was, had disappeared into the shadows on the lee side of the deck.

"Nothing!" I replied, shortly; for I was too bewildered then, at what my eyes had just shown me, to say any more. I wanted to think.

The old shellback glanced at me; but only muttered something, and went on his way aft.

For a minute, perhaps, I stood there, watching; but could see nothing. Then I walked slowly aft, as far as the after end of the deck house. From there, I could see most of the main deck; but nothing showed, except, of course, the moving shadows of the ropes and spars and sails, as they swung to and fro in the moonlight.

The old chap who had just come off the look-out, had returned forrard again, and I was alone on that part of the deck. And then, all at once, as I stood peering into the shadows to leeward, I remembered what Williams had said about there being too many "shadders." I had been puzzled to understand his real meaning, then. I had no difficulty now. There were too many shadows. Yet, shadows or no shadows, I realised that for my own peace of mind, I must settle, once and for all, whether the thing I had seemed to see stepping aboard out of the ocean, had been a reality, or simply a phantom, as you might say, of my imagination. My reason said it was nothing more than imagination, a rapid dream--I must have dozed; but something deeper than reason told me that this was not so. I put it to the test, and went straight in amongst the shadows--There was nothing.

I grew bolder. My common sense told me I must have fancied it all. I walked over to the mainmast, and looked behind the pinrail that partly surrounded it, and down into the shadow of the pumps; but here again was nothing. Then I went in under the break of the poop. It was darker under there than out on deck. I looked up both sides of the deck, and saw that they were bare of anything such as I looked for. The assurance was comforting. I glanced at the poop ladders, and remembered that nothing could have gone up there, without the Second Mate or the Time-keeper seeing it. Then I leant my back up against the bulkshead, and thought the whole matter over, rapidly, sucking at my pipe, and keeping my glance about the deck. I concluded my think, and said "No!" out loud. Then something occurred to me, and I said "Unless--" and went over to the starboard bulwarks, and looked over and down into the sea; but there was nothing but sea; and so I turned and made my way forrard. My common sense had triumphed, and I was convinced that my imagination had been playing tricks with me.

I reached the door on the portside, leading into the fo'cas'le, and was about to enter, when something made me look behind. As I did so, I had a shaker. Away aft, a dim, shadowy form stood in the wake of a swaying belt of moonlight, that swept the deck a bit abaft the main-mast.

*****************

 最初の二週間が過ぎても、おかしなことなんか何も起きなかった。風も順調なままだったしな。すごく嫌だった船が、まったくのところ、こいつに乗れてついてたんじゃないか、とさえ思えてきた。他の奴らもいい噂を立てるようになって、この船が呪われてるなんてのは、ばかげたたわごとだってのがそいつらの統一見解ってことになってた。だが、ようやく気分も落ち着いてきた頃になって、目の玉をひん剥くようなことが起こったんだ。
 八時から十二時の当直のときのことだ、俺は右舷の船首楼甲板へ上がる梯子に座っていた。あの夜は満月で、すごくいい天気だったな。船尾の方で計時係が四点鐘を打ち、見張りについてたジャスケットっていう老水夫がそれに答えた。鐘を打つときに、俺が静かにパイプをくゆらしている姿が見えたんだろう。あいつは手摺りから身を乗り出し、俺の方を見下ろして、言った。
  「そこにおんのはジェソップかな」
  「そのようだな」俺は答えた。      
  「いっつもこげえ天気が良かったら、うちの婆さんでん娘っ子でん海に連れ出せるんじゃけどな」なんていって、パイプを持った手を一振りして穏やかな海と澄みきった空を指した。その意見に文句はなかったよ。老水夫は続けた。
  「もし、みんながいうごと、このぼろ船が取り憑かれっちょるちゅうんだったら、そげなもんに会ってみてえもんじゃな。考えちみない、いい飯、日曜日の堅プディング、船尾楼にはふさわしい奴ら、それに、心地よう思えること全部、そうすりゃ御自分がどこにおるのかわかりなさるじゃろうよ。この娘が呪われちゅうなんざ、くだらねえ戯事さな。今まで呪われちょるちゅう船にゃ何度も乗ってきたがよ、そこの奴らは憑かれちょったな、けどよ、幽霊なんぞたぁ御対面できなんだな。前に乗ったある船なんざ、非直になっても一睡もできんごとひどかったぜ。服もシーツも全部、寝棚からおっぽり出して、いつもの狩りば済まさんとな。時々・・・」  そのとき、オーディナリーのひとりが交替に、船首楼へ続く別の梯子を登ってきた。老水夫は振り返るとそいつに『いったい何で』もうちっと早く交替できんかの、といって、それにオーディナリーが何か答えたが俺の耳には入らなかった。寝ぼけ眼ではあったが、船尾のほうに何かとんでもないものがいるのが目が留まったんだ。そいつは人の形をしていて、右舷メインリギングの少し船尾寄りの手摺りを乗り越えて来たとしか見えなかった。俺は立ち上がり、手摺りを掴んで、じっと目を凝らした。
 後ろで誰かが口を開いた。そいつは二等航海士に交替した奴の名前を報告するため、船首楼甲板を下りてきた見張りだった。
 「相棒よ、ありゃ何だい」男は俺の真剣な様子を見て、興味深げに尋ねた。
 何だったにせよ、そいつはデッキの風下側の闇の中へと消えてしまっていた。
 俺はただ「なんでもない」と、そっけなく答えた。というのも、たった今見た物にあんまりびっくりしていて、他の言葉を思い付かなかったからだ。ちょっと考える時間が欲しかった。
 老水夫が俺を一瞥したが、何かぼそぼそと呟いただけで、船尾に行ってしまった。
 たぶん一分間も、そこに突っ立って見つめてたんだろう。でも何も見えなかった。それからゆっくりと船尾の方へ甲板室の後ろまで歩いていった。そこからならメイン・デッキの大部分が見渡せるんだが、何もなかった。当然ながら、月光に照らされて揺れ動く索具とか円材とか帆の影は別だがね。
 見張りを交替したばかりの老水夫が前に戻っていったんで、デッキのその辺には俺一人きりになってしまった。立ったまま風下側の闇の中に目をやったとたん、ふと、ウィリアムスが〈かんげ〉がたくさんあるんだ、といってたことを思い出した。それまであいつの言葉の真意がわからなくてさ。でも、そのときはっきりとわかったよ。そこにはたくさんの影があったんだからな。
 まあ、影があろうがなかろうが心の平静のためにも、こいつばかりははっきりさせとかなきゃならないって気が付いたんだ。あの海から乗り込んできたように見えた奴が本当にいるのか、それとも、たぶんあんたたちが考えてるように、単に俺の想像力が生んだ幻なのかさ。俺の理性は、そんなもの幻以外にありえないじゃないかと言う。ほんの一瞬、夢でも見ていたのさ・・・きっと俺はウトウトしてたんだと。でもさ、理性なんかよりももっと深いものが言うんだ、そんなもんじゃないってね。それで、試してみることにした。まっすぐ影の中に踏み込んでいった・・・でも、そこには何もいなかった。
 どんどん大胆になっていった。常識的に考えて、俺は幻を見ていただけに違いないんだ。俺はメイン・マストまで歩いていって、それをコの字に囲っているピンレールの後ろを覗いてみた。揚水器の闇も覗いてみた。そこにも何もいなかった。そして船尾楼のブレークの下に行ってみた。そこはデッキよりももっと暗かったな。デッキの両側を見上げたが、すぐに探しているようなものは何もないと思った。この確信ははっきりしてきた。船尾楼の梯子をちらと目をやって、どんなものもそこは登ってなんかいけやしないことを思い出したのさ。行けばきっと二等航海士か計時係が見るはずだからな。俺は隔壁にもたれ、デッキから目を離さずにパイプをふかしながら、それまで起こったこと全てに、素早く考えを巡らせた。それで、自分なりの結論を出した。「気のせいだ!」俺は大きな声で呟いた。だが、その時ふと思い浮かんだことがあって 「いや、待てよ……」と続けた。俺は右舷の舷檣から海を覗き込んだが、海面の他には何も見えなかった。それで、俺は踵を返し、船首へと歩いていった。常識の勝ちだな。どうやら俺は自分の空想に一杯食わされたらしい。そう確信してたよ。
 船首楼に通じる左舷のドアまで行き着いて、中に入ろうとしたんだが、何かが振り返らせたんだ。そうしたらどうだ、身震いしたよ。船尾の方にぼんやりとした影のような物が、メイン・マストの少し後ろ、デッキを掃いてゆく月の光の軌跡の中に立っていたんだからな。
 以前、「漂着の浜辺から」に掲載していた「The GhostPirates」の翻訳「幽霊海賊」は、場所を替えて、こちらで連載することにしました。以前のサイトはこちら。
 これはkaneさんが翻訳したもので、少しだけshigeyukiが手を入れています。以前とは違い、共同管理しているサイトなので、双方から手を入れやすいのがいいですね。

*****************
<原文>

The Ghost Pirates
William Hope Hodgson


1.The Figure Out of The Sea


He began without any circumlocution.
* * *

I joined the Mortzestus in 'Frisco. I heard before I signed on, that there were some funny yarns floating round about her; but I was pretty nearly on the beach, and too jolly anxious to get away, to worry about trifles. Besides, by all accounts, she was right enough so far as grub and treatment went. When I asked fellows to give it a name, they generally could not. All they could tell me, was that she was unlucky, and made thundering long passages, and had no more than a fair share of dirty weather. Also, that she had twice had the sticks blown out of her, and her cargo shifted. Besides all these, a heap of other things that might happen to any packet, and would not be comfortable to run into. Still, they were the ordinary things, and I was willing enough to risk thern, to get home. All the same, if I had been given the chance, I should have shipped in some other vessel as a matter of preference.

When I took my bag down, I found that they had signed on the rest of the crowd. You see, the "home lot" cleared out when they got into 'Frisco, that is, all except one young fellow, a cockney, who had stuck by the ship in port. He told me afterwards, when I got to know him, that he intended to draw a pay-day out of her, whether any one else did, or not.

The first night I was in her, I found that it was common talk among the other fellows, that there was something queer about the ship. They spoke of her as if it were an accepted fact that she was haunted; yet they all treated the matter as a joke; all, that is, except the young cockney--Williams--who, instead of laughing at their jests on the subject, seemed to take the whole matter seriously.

This made me rather curious. I began to wonder whether there was, after all, some truth underlying the vague stories I had heard; and I took the first opportunity to ask him whether he had any reasons for believing that there was anything in the yarns about the ship.

At first he was inclined to be a bit offish; but, presently, he came round, and told me that he did not know of any particular incident which could be called unusual in the sense in which I meant. Yet that, at the same time, there were lots of little things which, if you put them together, made you think a bit. For instance, she always made such long passages and had so much dirty weather--nothing but that and calms and head winds. Then, other things happened; sails that he knew, himself, had been properly stowed, were always blowing adrift at night. And then he said a thing that surprised me.

"There's too many bloomin' shadders about this 'ere packet; they gets onter yer nerves like nothin' as ever I seen before in me nat'ral."

He blurted it all out in a heap, and I turned round and looked at him.

"Too many shadows!" I said. "What on earth do you mean?" But he refused to explain himself or tell me anything further--just shook his head, stupidly, when I questioned him. He seemed to have taken a sudden, sulky fit. I felt certain that he was acting dense, purposely. I believe the truth of the matter is that he was, in a way, ashamed of having let himself go like he had, in speaking out his thoughts about "shadders." That type of man may think things at times; but he doesn't often put them into words. Anyhow, I saw it was no use asking any further questions; so I let the matter drop there. Yet, for several days afterwards, I caught myself wondering, at times, what the fellow had meant by "shadders."

We left 'Frisco next day, with a fine, fair wind, that seemed a bit like putting the stopper on the yarns I had heard about the ship's ill luck. And yet--
* * *

He hesitated a moment, and then went on again.

*****************

幽霊海賊

ウィリアム・ホープ・ホジスン
      
   
      
 一、大海から現れたもの

 男は単刀直入に話し始めた。
  「俺はフリスコでモーツェスタス号に乗り組んだんだ。あの船にはおかしな噂がつきまとってるってことは、契約する前からも聞いちゃいたよ。でもさ、ずいぶん長いこと船にあぶれちまってたんで、さっさと海に出たくてさ、そんなつまらないことなんか気にもならなかったんだ。おまけに誰に聞いても、飯とか待遇とかはなかなかだってことだったしね。それで、いい船なのかいって聞いてみると、大抵の奴は何も言わなかったな。そいつらが話してくれたのは、あいつは縁起が悪りぃ、長い航海にゃ嵐を呼ぶ、分け前以上の荒天に遭う、なんてことばかりでね。おまけに、二度も帆柱をへし折られて、積荷まで動いちまったんだそうだ。この他にも、どの船にも起こるようなことだが、喜んで会いたいとは思えないようなことが山ほどあるっていうんだな。まあ、こんな話はどうってことはないし、寝床のためにはやばいことなんか承知の上さ。とはいっても、もしどれでも好きに選べるんだったら、他の船に乗るべきだったんだろうな。
 船に荷物を持って行ってみると、船の奴らは、残りの水夫の分の契約書も集めてしまってた。さて、『寝床』はフリスコに着いたとたんに空になっちまったんだが、一人だけ例外がいてさ、そいつは若いコクニーで、港で一人船に居残ってたんだ。後でそいつと仲良くなってから聞いたんだが、他の奴らがどうしようと給料は船を下りてから貰うんだ、なんていうんだ。
 船での最初の夜には、この船に何かおかしなことがあるってことは、他の奴らの間でも知れた話だってことがわかった。何かに取り憑かれてるってのが、さも当然だというように話すんだぜ。まあ、こいつらは冗談で片付けてはいたがね。皆そんな調子だったんだが、ただ、若いコクニーは・・・ウィリアムスっていうんだ・・・笑って冗談で済ます、なんてことはなくって、全部を本気でとってたようだったな。
 これにはちょっと好奇心をかき立てられてさ、それまで聞いてきたような曖昧な話の裏に少しは事実があるんじゃないかって考えるようになったんだ。そのうち機会があってね、ウィリアムスに、なぜ船の噂を信じるんだ、何か理由があるのかって聞いてみたんだよ。
 あいつ、最初はちょっとよそよそしくしてたんだが、そのうち気を変えて話してくれた。あんたが思っているような普通の意味では、おかしなことなんてとりたてて知らない。けれども、少々考えさせられるようなことは、たくさんある。まあ、あんたらがそれもおかしなことの内にひっくるめるならばだがな、とね。
 例えば、この船はいつもえらく長い航海に出るんだが、その度にひどい嵐に何回も遭うっていうんだ。それだけじゃなくってさ、べた凪とか向い風とかにもよく遭うらしい。それから、他にはこんなこともある。帆がきっちりとたたんであるのを自分の目で確かめたのに、真夜中になるといつもひらひらはためいてるんだと。その時、あいつが言った一言には、驚かされたね。
  「こん船にゃ、すげえいっぱい〈かんげ〉があってね、こいつがうるさいくらいに神経に触ってくるんじゃけんね。これまでないっていう位にな」
 あいつが一気に口に出してしまうと、俺は辺りを見回していった。
  「影がいっぱいだって、いったいどういうことだよ」そう聞いてみると、あいつは自分から説明するのが嫌だったのか、それ以上言うのが嫌だったのか、馬鹿みたいに頭を振っただけで、急にむっつりと不機嫌になったように見えた。
 わざとそんな真似をやってるってのがはっきりわかったな。事の真相はたぶん、〈かんげ〉のことをしゃべったとき、あんなふうに振舞ってしまったのが恥ずかしかったってとこじゃないかな。あの手の連中は時々、あれこれと想像をたくましくするもんだが、あいつはめったにそんなことを口に出して言ったりはしなかったよ。どっちにしろ、これ以上尋ねてもしょうがないと思って、このことは置いとくことにしたんだ。でもそれからしばらくの間、俺の頭の中には、あいつの言う〈かんげ〉というものがどういうものなのか、ずっとひっかかっていた。
 すばらしい天気と順風を享受して、俺たちは翌日フリスコを発った。おかげで聞かされていた船の奇妙な噂のことなんかどこかへ吹き飛んでしまったみたいだった。それから・・・

 男は一瞬躊躇したが、すぐに話を続けた。 

 昨日の記事でバロウズの名前を出したが、実は一つ、僕には「もしかしたら」ということがある。想像の粋を出ないから、問題提議程度に考えてもらっていい。
 僕は、「ナイトランド」が出版されたのは、バロウズの「火星のプリンセス」の成功が何らかの導線になっているのではないかという気がしている。その証拠というにはあまりに乏しいのかもしれないが、「ナイトランド」をほぼ十分の一にした「The Dream of X」が、アメリカで出版されたということがある。
 当時は、ウェルズやヴェルヌらの後を継ぐ作家が待望されていた。結果として、バロウズが一歩先んじて踏み出し、パルプマガジンのブームを演出するのだが、ホジスンもその中に名乗りをあげようとしていたのではないかと、僕は考えているのだ。もともとホジスンは、主に生活のために、作品が売れることを真摯に考えていた。だから、マーケットとしてのアメリカを重視し、「The Dream of X」を著作権版として出版したのではないか。そう考えると、この作品がひたすらロマンスに徹しているのも、頷ける気がする。
 kaneさん、どう思いますか?

 それはそうとして、「ナイトランド」には、他の同時代の作品には無い「ユニークさ」があると思う。
 それは、携帯できる食品(サプリメント?)と水、それに、特殊な武器の発明(ディスコス)だ。今でこそファンタジーでは普通になったこうした小道具は、僕の知っている限り、「ナイトランド」以前には見られないのではないか。この点で、ホジスンは明らかにそれ以前の作家と比べて、ユニークだと思う。

(shigeyuki)

 ホジスンの「ナイトランド」を思うとき、いつも考えるのは、「惜しい作品」だということだ。これほど明確に、「傑作になりそこなった偉大な作品」という評価が下される作品は、めったにないと思う。
 
 「ナイトランド」が出版されたのは、1912年。出版はされたものの、殆ど黙殺された。その前年の1911年には、E.R.バローズの歴史的作品「火星のプリンセス」が発表されているが、こちらは後にまで大きな影響を与え続けている。
 僕は思うのだが、もし「ナイトランド」がもっとはっきりと物語としての体裁を整えていたら、この評価は逆転した可能性があるのではないか。「ナイトランド」は、明らかにヒロイックファンタジーの先駆けであるし、世界を描くことに対する執念は、同時代の誰よりも勝っているからだ。

 一読してわかるように、「ナイトランド」の後半は、本当に読むに耐えない。人に勧めるのも二の足を踏む作品だというのは、ホジスンファンである僕でさえ認めざるを得ないのだ。大抵の人は、馬鹿馬鹿しくなって、投げ出すだろうことは目に見えている。
 だが、翻って考えてみれば、この当時、これほど「冷え冷えとした空想世界」を創造できた人が他にいただろうか。「タイムマシン」でさえ、未来人とはコミュニケートできた。だが、「ナイトランド」では外界の存在は全く異質のものであり、人智の理解の及ぶものではないものとして描かれている。それが余りにも徹底しているから、主人公たちの這い入る隙はなく、結果として、ただ二人だけでいちゃついているだけの小説にならざるを得なかった(もちろん、これほどしつこく書く必要はどこにもなかったわけだが)。
 もし、この小説がもう一歩進んで、主人公が「ナイトランド」成立の謎を解こうとするというストーリーになっていれば、この小説はまた全く違った評価になっていただろう。これほど魅力的なオブジェクトを幾つも配置した小説も、珍しかったはずだ。そうしたものを上手く生かすことができていたとしたら、もしかしたら「奇書」という評価ではなく、SF小説史上に、バロウズと並んで、ひときわ明るく輝く古典となったかもしれない。

(shigeyuki)

はじめまして。管理人その2のkaneです。shigeyuki氏に誘われてブログ初体験ですが、どうぞよろしくお願いします。
マタンゴの初出は「笑いの泉」1963年 8月号 p228-247で、三井永一によるイラストが4点入っています。漫画版が同年9月ですから実に早い(現在ではそれほどではありませんが)漫画化です。
小説のマタンゴはその後少なくとも二度再録されています。

1.怪獣総進撃  怪獣小説全集1 出版芸術社1993
3.怪獣文学大全 東雅夫編 河出文庫 河出書房 1998

マタンゴは「夜の声」とは「人に寄生する幻覚性のキノコ」「無人島」といったキーワードしか共通するところがありませんが、ホジスン作品の映画化という点では重要な作品ですね。少なくとも私は好きな作品です。


 東宝の映画として封切られ、今なおカルトな人気を維持している本多猪四郎監督の作品「マタンゴ」。
 この映画のコミカライズを、石森章太郎さんが描いている。
 
 初出は、「少年」 1963年9月号。18ページ。「まんが祭り第一会場」として、掲載された。
 
 内容的には、映画をもとにしたダイジェスト版といった印象。どこにも原作者としてホジスンの名前はなく、「原案」として、星新一氏と福島正実氏の名前がある。

 この作品は、角川ホラー文庫の一冊、「歯車~石ノ森章太郎プレミアムコレクション」の中に収録されている。
c_2
 この、ダレースの手がどれだけ入っているかが、大問題なのだ。
 もし、この作品の大半がホジスンの手によるものであれば、ホジスンは「ナイトランドクロニクル」を意図していたということになる。豚の妖怪は明らかに「異次元を覗く家」のそれと同じだし、作品の最後でカーナッキの口を借りていろいろと述べられているところは、「ナイトランド」の成立と結びつく。
 けれども、もし、この作品の大半がダレースの筆によるものだったとしたら?
 その場合、ダレースの意図は明白だと思える。
 ダレースは、ホジスンの作品を体系付けることによって、ホジスンをクトゥルー神話の「預言者」の一人にしたかったのだろう。
 だが、実際のところは、ホジスンとダレースにしかわからない。分かっているのは、この作品が、「カーナッキ」の作品中、最も完成度の高いコズミック・ホラーになっているということだけだ。
 この作品がホジスンの手によるものであったら、素直に嬉しいが、もしこれが仮にダレースによるものであったとしたら、元の「The Hog」は、一体どんなものであったと想像できるだろう。
 もしかしたら、「The Ghost Pirates」に対する「The Phantom Ship」のように、「異次元を覗く家」に対する後日譚のようなものとして、起草されたものだったのかもしれない。
 "Carnacki the Chost-Finder"が初めて出版されたのは、1913年のことで、出版社はEveleigh Nash。
 実は、このときに収録されていた作品は、前半の6作品、つまりThe Thing Invisible, The Gateway of the Monster, The House Among the Laurels, The Whistling Room, The Searcher fo the End House, The Horse of the Invisibleのみだった。
 しかし、現在一般に流布している版は、1947年にオーガスト・ダレースの尽力によって出版されたMycroft & Moran社のものを基にしている。その時追加された作品が、後半の3作品で、つまりThe Haunted Jarvee, The Find, The Hogである。
 ホジスンを研究していた、故サム・モスコヴィッツは、この三つの作品は、やや問題があると言う。
 まずThe Haunted Jarveeだが、この作品は1918年のホジスンの死後、雑誌「The Premier Magazine」の編集者の要望にこたえて、ホジスン夫人が残された原稿の中から拾い上げたものだが、実際に日の目を見たのは、1929年のことだった。
 残る二作のうち、The Hogは、1947年にWeird Talesに掲載されたのが最初で、The Findに関しては、単行本化の際、初めて世に出た。
 モスコヴィッツによると、この三つの作品には、いずれもダレースによる大幅な加筆が加えられていると言う。
 The Findは、もともとは「The Dumpley Acrostics-An Incident In the Career of Sackwell Dank, Mental Analyst」というタイトルで1913年頃にホジスンが南フランスで執筆したもので、カーナッキものでさえなかったというのが、モスコヴィッツの意見だ。なるほど、たしかにこの作品は、明らかに毛色が違うから、その意見も頷ける。
 The Haunted Jarveeは、雑誌掲載時のものと単行本のものとでは、多少違うという。
 そして、The Hog。
 この作品に関しては、さらにあやふやになる。
 モスコヴィッツによれば、ホジスンの手紙などには「The Hog」と題された作品についての言及がみられることから、核となっている部分については間違いなくホジスンのものであろうと考えられるが、どの程度ダレースによる手が入っているのかはわからないようだ。

(この項、続く)


(shigeyuki)



 ホジスンの作品には、テキストに色々と問題のあるものが多いようだ。
 ホジスン自身が、作品を何とか売ろうとして何度も書き直してはあちらこちらに送付したせいで、様々なバージョンが出来てしまったというのが一つ。
 でも、それよりも問題なのは、ラヴクラフト一派によるホジスン再発見の際、もとの作品が散々に弄くられてしまったということがある。おかげで、どこまでが本当にホジスンの手によるものなのか分からない作品も、少なくない。

 ここで話題にするつもりなのは、「幽霊狩人カーナッキ」の最後を飾る「The Hog」。
 この翻訳には二種類あって、国書刊行会のドラキュラ叢書では、「妖豚」のタイトルで大瀧啓祐氏による邦訳が収録されており、角川から文庫化されたホラー文庫版では「外界の豚」のタイトルで、野村芳夫氏による邦訳となっている。
 
 「カーナッキ」の収録作品中、最も長く、最も濃密なこの作品は、一体、本当に全てがホジスンの手によるものなのだろうか。
 僕には、これは結構大きな問題だと思える。
 この作品は、明らかに、ホジスンの「異次元を覗く家」と「ナイトランド」を繋ぐ作品として存在していると思われるからだ。
 

(この項、続く)


(shigeyuki)

 
 先日、古書店の百円均一の棚で、

 「アトランティスの呪い」 C.A.スミス/著 
 榎林哲/文 
 ポプラ社文庫 <怪奇シリーズ> (初版:1985.7)

 を購入した。

 子供向きの新書版の文庫だから、翻訳というよりは超訳に近いのだが、子供向きのシリーズの一冊として、C.A.スミスが出版されていることに、素直に驚いた。ただし、「邦訳はこれでしか読めない」という作品がないので、特に貴重な本というわけでもない。
 ところで、このポプラ社の「怪奇シリーズ」は、なかなか愉しいラインナップになっている。
 アーサー・マッケンや、ブラックウッド、それにラヴクラフトなどが、きちんと一冊の分量を与えられて、刊行されている。

(shigeyuki)

 今日、コナン・ドイルのホームズ物の短篇集「シャーロック・ホームズの冒険」を読了しました。
 正確には再読ということになるのでしょうが、以前に読んだものは、ポプラ社から出ていた子供向きに易しく書かれたものだったので、初読と言っていいかもしれません。
 さすがに、推理小説としては賞味期限切れの感がありますが、ホームズというキャラクターは、やはり魅力的でした。

 ところで、わざわざそんなことをここに書いたのは、この本の中で、興味深い個所を見つけたから。
 それは、「五つのオレンジの種」と名付けられた短編の冒頭、以下の部分です。
 
 「……私は、その反対側に腰をおろして、クラーク・ラッセルの海洋小説の傑作に読みふけっていたが……」

 僕は「クラーク・ラッセル」という作家を知らなかったので、一体どんな作家だろうと、調べてみました。もしかしたら、ホジスンと何か繋がりがあるのかもしれないと、思ったからです。
 以下に、クラーク・ラッセル(William Clark Russell)について詳しく書かれたサイトをリンクしておきます。

http://www.enpitu.ne.jp/usr2/bin/day?id=27941&pg=20060416
http://www.sfsite.com/07a/fp131.htm

 上の方は日本のサイトです。
 下の方は海外のサイトですが、この中でラッセルの「The Frozen Pirate」を、「マリアット(Marryat)の『The Phantom Ship』とホジスンの海洋怪奇小説を繋ぐもの」として紹介しています。
 マリアットの作品は、以前にそのタイトルを見た時から興味があったのですが、そこからホジスンへと繋がる、もう一つのピースとなる作家を見つけたようです。

(shigeyuki)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。