Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"What is it?" I asked in an undertone, after a couple of moments' further ineffectual peering. "I can't see anything."

"H'sh!" he muttered, hoarsely, without looking in my direction. Then, all at once, with a quick little gasp, he sprang across the wheel-box, and stood beside me, trembling. His gaze appeared to follow the movements of something I could not see.

I must say that I was startled. His movement had shown such terror; and the way he stared to leeward made me think he saw something uncanny.

"What the deuce is up with you?" I asked, sharply. And then I remembered the Second Mate. I glanced forrard to where he lounged. His back was still towards us, and he had not seen Tammy. Then I turned to the boy.

"For goodness sake, get to looard before the Second sees you!" I said. "If you want to say anything, say it across the wheel-box. You've been dreaming."

Even as I spoke, the little beggar caught at my sleeve with one hand; and, pointing across to the log-reel with the other, screamed: "He's coming! He's coming--" At this instant, the Second Mate came running aft, singing out to know what was the matter. Then, suddenly, crouching under the rail near the log-reel, I saw something that looked like a man; but so hazy and unreal, that I could scarcely say I saw anything. Yet, like a flash, my thoughts ripped back to the silent figure I had seen in the flicker of the moonlight, a week earlier.

The Second Mate reached me, and I pointed, dumbly; and yet, as I did so, it was with the knowledge that he would not be able to see what I saw. (Queer, wasn't it?) And then, almost in a breath, I lost sight of the thing, and became aware that Tammy was hugging my knees.

The Second continued to stare at the log-reel for a brief instant; then he turned to me, with a sneer.

"Been asleep, the pair of you, I suppose!" Then, without waiting for my denial, he told Tammy to go to hell out of it and stop his noise, or he'd boot him off the poop.

After that, he walked forrard to the break of the poop, and lit his pipe, again--walking forrard and aft every few minutes, and eyeing me, at times, I thought, with a strange, half-doubtful, half-puzzled look.

Later, as soon as I was relieved, I hurried down to the 'prentice's berth. I was anxious to speak to Tammy. There were a dozen questions that worried me, and I was in doubt what I ought to do. I found him crouched on a sea-chest, his knees up to his chin, and his gaze fixed on the doorway, with a frightened stare. I put my head into the berth, and he gave a gasp; then he saw who it was, and his face relaxed something of its strained expression.

He said: "Come in," in a low voice, which he tried to steady; and I stepped over the wash-board, and sat down on a chest, facing him.

"What was it?" he asked; putting his feet down on to the deck, and leaning forward. "For God's sake, tell me what it was!"

His voice had risen, and I put up my hand to warn him.

"H'sh!" I said. "You'll wake the other fellows."

He repeated his question, but in a lower tone. I hesitated, before answering him. I felt, all at once, that it might be better to deny all knowledge--to say I hadn't seen anything unusual. I thought quickly, and made answer on the turn of the moment.

"What was what?" I said. "That's just the thing I've come to ask you. A pretty pair of fools you made of the two of us up on the poop just now, with your hysterical tomfoolery."

I concluded my remark in a tone of anger.

"I didn't!" he answered, in a passionate whisper. "You know I didn't. You know you saw it yourself. You pointed it out to the Second Mate. I saw you."

The little beggar was nearly crying between fear, and vexation at my assumed unbelief.

"Rot!" I replied. "You know jolly well you were sleeping in your time-keeping. You dreamed something and woke up suddenly. You were off your chump."

I was determined to reassure him, if possible; though, goodness! I wanted assurance myself. If he had known of that other thing, I had seen down on the maindeck, what then?

"I wasn't asleep, any more than you were," he said, bitterly. "And you know it. You're just fooling me. The ship's haunted."

"What!" I said, sharply.

"She's haunted," he said, again. "She's haunted."

"Who says so?" I inquired, in a tone of unbelief.

"I do! And you know it. Everybody knows it; but they don't more than half believe it . . . I didn't, until tonight."

"Damned rot!" I answered. "That's all a blooming old shellback's yarn. She's no more haunted than I am."

"It's not damned rot,' he replied, totally unconvinced. "And it's not an old shellback's yarn . . . Why won't you say you saw it?" he cried, growing almost tearfully excited, and raising his voice again.

I warned him not to wake the sleepers.

"Why won't you say that you saw it?" he repeated.

I got up from the chest, and went towards the door.

"You're a young idiot!" I said. "And I should advise you not to go gassing about like this, round the decks. Take my tip, and turn-in and get a sleep. You're talking dotty. Tomorrow you'll perhaps feel what an unholy ass you've made of yourself."

I stepped over the washboard, and left him. I believe he followed me to the door to say something further; but I was half-way forrard by then.

For the next couple of days, I avoided him as much as possible, taking care never to let him catch me alone. I was determined, if possible, to convince him that he had been mistaken in supposing that he had seen anything that night. Yet, after all, it was little enough use, as you will soon see. For, on the night of the second day, there was a further extraordinary development, that made denial on my part useless.


************************


 「どうした?」俺はしばらく遠くの方をじっと見つめていたが、やがて声を落として言った。「何も見えんぞ」
 タミーは俺も見ないで、しっ!としわがれた声を上げた。それとほとんど同時に、はっと息をもらして、舵輪のこっち側に跳ねるようにやって来ると、俺の横に立ってがたがた震えだしたんだ。あいつの視線は俺には見えない何かを追っているみたいだった。
 びっくりしたというしかないな。何かを恐がってるってことは、あいつの態度が物語っていたし、向こうを見る姿から、何か妙なものを見てるんだってことは察しが付いたからな。
 「いったいどうしたっていうんだ」と俺は鋭く言った。そこで、二等航海士がいることを思い出してね、奴さんがくつろいでる方に目を移すと、まだこっちに背を向けててタミーには気付いていない。それからタミーに向き直って、「たのむから、二航士に見つからん内に風下側に戻れ。何か言いたいんだったら舵輪の向こうから話せよ。夢でも見てたんだじゃないのか」
 そういったら、あの坊主は片方の手で俺の裾を掴んで、もう一方の手でログリールの向こうを指して叫びだしたんだ。「あいつが来る、あいつが来る!」って。すぐに二等航海士が、どうした、って怒鳴りながら走ってきた。そのときふと、ログリールの側の手摺りの下に、どことなく人の様な影が屈みこんでいるように見えたんだ。でもさ、あんまりぼんやりとしてたし、何か見たとは断言できないな。そうしてるとはっと思い出したんだよ、一週間前、揺れる月光の下で見た身動き一つしない影のことをさ。
 二等航海士が側に来ると、俺は黙ってそいつを指さした。ところが、奴さんにはあれが見えないらしいんだな。(おかしなことじゃないか、ええっ?)それから、一息する間もなく見失ってしまった。タミーが肘にしがみついているのに気付いた。二等航海士はちょっとの間、ログリールの方を見つめていたが、こっちに向きなおると、刺々しく「お前たち二人共寝ぼけてたんだ、と私は思うがね」と言うと、俺の言い訳も聞かないで、タミーに、とっとと持ち場に戻れ、つまらんことを言うのを止めないと船尾楼から蹴落とすぞ、なんていった。
 それから奴さん、ブレークの手摺りまで歩いていくと、またパイプに火を付け、何分かおきに前と後ろを行ったり来たりしながら、時折、俺を睨みつけてきた。疑い半分、困惑半分の奇妙な顔つきだったな。
 俺は当直が明けるとすぐに、見習いの船室へと急いだ。あいつと話しをしたかった。悩む理由はいくらもあったさ、おまけにどうしたものかと迷ってたんだ。あいつは衣類箱の上で膝を顎にくっつけて縮こまり、何かにおびえるように入口を睨みつけてた。俺が船室を覗きこんだら、あいつははっと息を飲んだが、入って来たのが誰だかわかると、こわばった顔つきがゆるんでいくのがわかった。そして、落ち着きを示そうといわんばかりに「どうぞ」と低い声で言った。俺は波切り板を越え、あいつと向き合うようにして衣類箱に腰を下ろした。
 「あれは何なんです」タミーは足を床におろし、身を乗り出していった。
 「お願いですから、あれが何なのか教えて下さい」あいつの声が高くなったんで、俺は手を揚げて制した。「しっ!他の奴らを起こしたいのか」
 (それから)あいつは同じことを繰り返したが、今度は低い声だった。俺は言葉を返そうとして、少しためらいを感じた。こいつには全てを話さないほうがいいんじゃないのかって思ったんだよ、何の妙なものも見てないとかなんとかいってさ。すばやく考えを巡らせ、答えを返した。
 「何が何だって、ちょうどこれから聞かせてもらおうと思ってたところだ。たった今、船尾楼の上でヒステリックな馬鹿げた身振りで俺達ふたりにしてみせた悪ふざけのことだ」怒ったような調子で言葉を切った。
 「そんなことはしてません!」囁くような声の中に激しい感情を込めて、タミーは答えた。「そんなことしてないってわかってるはずです。自分で見たでしょう、二等航海士に指さしたじゃないですか。ぼくは見たんですからね」俺のスッとぼけに恐れ苛立ち、今にも叫び出さんばかりだ。
 「下らん!おまえは計時係の真っ最中に居眠りぶっこいてたのをよくわかってるんだろう、何か夢を見てすぐに起きたんだ。気でも違ったのか」
 できるならあいつを安心させてやろうと思ってた。しかし、神よ!俺こそが自信を必要としていたんだ。もし、あいつが他のことを、俺がメイン・デッキで見た奴のようなことを知っていたとすれば、いったいどうだろう!
 「あなたほどもねぼけてなんかいませんでしたよ」あいつは苦々しげにいった。
 「あれのこと知ってるんでしょ、からかってるだけなんだ。この船は取り憑かれてるんだ」
 「何だと」
 「この船は取り憑かれてるんだ」そしてまた言った。「この船は呪われてるんだ」
 「誰がそんなことをいった」俺は少しだって信じていないっていうふうに尋ねた。
 「ぼくがです!あなたも知ってるんでしょう。みんな知ってますよ。だけど、その半分も信じちゃいない。・・・ぼくも今晩まではそうでしたがね」
 「くだらんたわごとだ!そんなもの老いぼれ水夫の噂話しさ。この船はな、俺ほども呪われちゃいねえよ」
 「くだらんたわごとなんかじゃないです」あいつは言い返した、全く納得してないようだった。「それに老いぼれ水夫の噂話でもありませんよ・・・どうしてあれを見たっていってくれないんです」と、涙も流さんばかりに興奮して声を張り上げた。俺は、寝ている奴らを起こさないよう制した。
 「どうしてあれを見たって言ってくれないんです」あいつは繰り返した。
 俺は衣類箱から立ち上がるとドアに向かった。
 「おまえは馬鹿なくそガキさ。一ついっといてやろう、もうデッキでさっきみたいにほらを吹いて回わらんことだ。俺の言う事はきいといたほうがいいぞ。そしてさっさと寝ろよ。おまえ、いうことが何か妙だぞ。明日になったら何てつまらない事をやったんだって思うだろうさ」
 そして、波切板を跨いでタミーのとこを後にした。あいつはまだ何かいおうとしてドアまで追ってきたみたいだったが、俺はもう、ずっと先へ行ってしまってた。
 それからの二日間、できるだけあいつを避け続け、一人きりで捕まらないように気をつけた。できるなら、あの夜、他の何かを見間違えたんだとかなんとかいって言い篭めてやろうと決めたんだ。だけど、すぐにわかるだろうが、そんなことほとんど意味がなかったよ。二日目の夜、俺の方をはねつけるような、もっととんでもない展開があったんだ。
スポンサーサイト
 今回紹介するのはホジスンが乗った船、エウテルペ号の船首像の写真です。同じものでより鮮明なものが先ごろ発表されたジェーン・フランクによる「The Wandering Soul」の表紙を飾っていますが、こちらの出典はTimes Weekly Edition1932年9月15日号です。
20070226001728.jpg

 モスコウィッツのホジスン評伝「The Posthumous Acceptance of William Hope Hodgson」によると、1932年3月にWeekly Timesへ8ドルで、また9月にはTimes Supplementへ3ドルで売られたということです。Weekly TimesとTimes Supplementと、ここでは異なった名で呼ばれていますが、両者は同じ新聞で、Times Weekly Editionのことです。
 さて、9月に売られたものは「Euterpe号の船首像」となっていて、これは今回紹介したものに間違いないと思われますが、3月のものに対しては「チップスという船匠が、波が甲板を洗う中、甲板材の隙間を直している」写真であったそうです。時期的には前回紹介した写真がこのときに売られたものと思われますが、内容はまったく食い違いを見せています。この頃の同誌を数か月分に渡って調べてみましたが、そのような写真を見つけることは出来ませんでした。ただ、前回紹介の写真も見ようによっては波が甲板を洗っているように見えなくもないのですが。ちなみにチップスとは船乗り言葉で船匠を意味し、特定の船匠のあだ名ではありません。

kane

II


The first ten days, aided by a fresh fair wind, took them well clear of the Channel, and Mrs. Tom Pemberton was beginning to find her sea legs. Then, on the thirteenth day out they ran into dirty weather. Hitherto, the Pampero had been lucky (for her), nothing special having occurred save that one of the men was laid up through the starboard fore crane line having given way under him, letting him down on deck with a run. Yet because the man was alive and no limbs broken, there was a general feeling that the old packet was on her good behavior.
Then, as I have said, they ran into bad weather and were hove to for three weary days under bare poles. On the morning of the fourth, the wind moderated sufficiently to allow of their setting the main top sail, storm foresail, and staysail, and running her off before the wind. During that day the weather grew steadily finer, the wind dropping and the sea going down; so that by evening they were bowling along before a comfortable six-knot breeze. Then, just before sunset, they had evidence once again that the Pampero was on her good behavior, and that there were other ships less lucky than she; for out of the red glare of sunset to starboard there floated to them the water-logged shell of a ship's lifeboat.
In passing, one of the men caught a glimpse of something crumpled up on a thwart, and sung out to the Mate who was in charge. He, having obtained permission from the Skipper, put the ship in irons and lowered a boat. Reaching the wrecked craft, it was discovered that the something on the thwart was the still living form of a seaman, exhausted and scarcely in his right mind. Evidently they had been only just in time; for hardly had they removed him to their own boat before the other, with a slow, oily roil, disappeared from sight.


*********************


2


 最初の十日間は爽やかな順風に恵まれて、チャンネル諸島が美しく見渡せた。トム・ペンバートン夫人も、船に慣れ始めている自分を感じていた。しかし、十三日目に天候は一変した。それまでは、《パンペロ》にしては幸運なことに、大したことも起こらなかった。唯一、一人の男が右舷の危険なクレーンのロープのせいで激しくデッキに引き倒され、寝込んでいたが、男は生きていたし、骨折さえしていなかったから、それはごく普通の事故にすぎず、この船に付きまとう呪いのせいなどではないように思えた。
 だが、今言ったように、天候が悪化してから三日間は、マストに帆を張ることもできず、立ち往生してしまった。四日目の朝になって、風は適度な強さにまで収まり、船を風に乗せるためのメイントップスル、ストームフォアスル、それにステイスルを張ることができた。その日のうちに天候は次第に回復した。風は収まり、海も穏やかになっていった。そして夕方までには、快適な六ノットの微風の下、順調な航海を取り戻すことが出来たのだった。さらに、日没を目前にした時、彼らは《パンペロ》がいかに優れた船であるか、その証拠を目にすることとなった。彼らほどの幸運に恵まれなかった船があったのだ。右舷方向に、赤光の夕陽を浴びて輝いていたのは、水浸しになった救命艇のシルエットだったのだ。
 そのうち、一人の男がふと、ボートの漕ぎ座の上に何かを皺くちゃにつくねたようなものがあることに気付き、大声で航海士に呼びかけた。航海士は、船長に許しを得て、船を止めて、ボートを下ろした。難破した救命艇に近づくにつれ、その漕ぎ座の上の物体は、疲れ果て、意識も朦朧としているが、まだ息のある船員であることが分かった。それは明らかに、間一髪というところだった。というのも、彼らがその男を苦労して自分達の船に移すと、もともと男が乗っていたボートは、ゆっくりと、油を散らしながら、波下へ消えていってしまったのだから。

(shigeyuki)


Tears had their due effect, and the next instant Tom was kneeling beside her, libelling himself heartily. Presently, after sundry passages, her nose-a little pink-came out from the depth of his handkerchief.
"I shall come with you!" The words were uttered with sufficient determination to warn him that there was real danger of her threat being put into execution, and Tom, who was not entirely free from the popular superstition regarding the Pampero, began to feel uneasy as she combated every objection which he put forward. It was all very well going to sea in her himself but to take his little girl, well-that was another thing. And so, like a sensible loving fellow, he fought every inch of the ground with her; the natural result being that at the end of an hour he retired shall we say "retreated"-to smoke a pipe in his den and meditate on the perversity of womankind in general and his own wife in particular.
And she-well, she went to her bedroom, and turned out all her pretty summer dresses, and for a time was quite happy. No doubt she was thinking of the tropics. Later, under Tom's somewhat disparaging guidance, she made selection among her more substantial frocks. And, in short, three weeks later saw her at sea in the haunted Pampero, along with her husband.

******************


 涙の効果は絶大だった。次の瞬間、トムは妻の側に跪き、心から自分を恥じた。それからいくつかの遣り取りの後、彼女の(可愛らしいピンク色の)鼻が、やっとトムのハンカチから姿を現した。
 「私もあなたと行くわ!」決意のこもった妻のその言葉に、トムは気を引き締めた。彼女の怯えたようなその声には、まさにこれから刑場に向かおうといったような響きがあったからだ。それに、トムにしても、《パンペロ》にまつわるいろいろな噂など端から気にも止めていない、というわけでもなかった。妻との遣り取りの中で、彼も彼女と同じくらい、だんだん不安になり始めていたのだ。自分だけが《パンペロ》に乗り込んで航海するのなら全く問題ない。だが、か弱い女性を連れてとなると……それはまた別の問題だった。それで、分別と愛情のある男性として、彼は妻と徹底的に討論したのだが、一時間の後、当然の結果だが、ついには彼は諦め─「匙を投げる」というやつだ─、書斎でパイプをくゆらしながら、世の女たちの不可解さ、とりわけ自分の妻の不可解さについて、思いを巡らせることとなった。
 そして妻は─そう、彼女はベッドルームにいそいそと行き、持っている可愛いサマードレスをみんな引っ張り出しては、しばし悦に入っていた。疑うべくもなく、彼女はトロピカルな熱帯を思い描いているのだ。その後で、トムのいくらかあきれたような眼差しのもと、しぶしぶもっと実用的な服を選ぶこととなった。三週間後、彼女は夫とともに、呪われた《パンペロ》に乗り込んで、海上にいた。


 kaneさんの試訳ばかりでは申し訳ないので、僕もちょっと短編の試訳をやってみようと思います。
 でも、正直、僕はあまり英語が得意ではないので、かなり適当です。翻案とまでは行かないと思いますが、読みやすさを優先し、相当の意訳をすると思うので、「いくらなんでもそれはないだろう」というところがあれば、ツッコミを入れていただくと嬉しいです(kaneさん、synaさん、ぺんぺんさん、どうかよろしく。。。)。
ぼちぼちやってゆきますね。
テキストは「The Collected Fiction of William Hope Hodgson」の第三集「The Ghost Pirates and Other Revenante of the Sea」より、「The Haunted Pampero」。



The Haunted Pampero


William Hope Hodgson


I


"HURRAH!" CRIED YOUNG TOM Pemberton as he threw open the door and came forward into the room where his newlywed wife was busily employed about some sewing, "they've given me a ship. What ho!" and he threw his peaked uniform cap down on the table with a bang.
"A ship, Tom?" said his wife, letting her sewing rest idly in her lap.
"The Pampero," said Tom proudly.
"What! The 'Haunted Pampero'?" cried his wife in a voice expressive of more dismay than elation.
"That's what a lot of fools call her," admitted Tom, unwilling to near a word against his new kingdom. "It's all a lot of rot! She's no more haunted than I am!"
"And you've accepted?" asked Mrs. Tom, anxiously, rising to her feet with a sudden movement which sent the contents of her lap to the floor.
"You bet I have!" replied Tom. "It's not a chance to be thrown away, to be Master of a vessel before I've jolly well reached twenty-five."
He went toward her, holding out his arms happily; but he stopped suddenly as he caught sight of the dismayed look upon her face.
"What's up, little girl?" he asked. "You don't look a bit pleased." His voice denoted that her lack of pleasure in his news hurt him.
"I'm not, Tom. Not a bit. She's a dreadful ship! All sorts of horrible things happen to her-"
"Rot!" interrupted Tom decisively. "What do you know about her anyway? She's one of the finest vessels in the company."
"Everybody knows," she said, with a note of tears in her voice.
"Oh. Tom. can't you get out of it?"
"Don't want to!" crossly.
"Why didn't you come and ask me before deciding?"
"Wasn't any time!" gruffly. "It was 'Yes' or 'No.'
"Oh, why didn't you say 'No'"
"Because I'm not a fool!" growing savage.
"I shall never be happy again," she said, sitting down abruptly and beginning to cry.


*******************

ホーンテッド・《パンペロ》


1


 「おい、やったぜ!」ヤング・トム・ペンバートンは叩きつけるようにしてドアを開き、部屋に入って来た。部屋の中では、結婚したばかりの彼の妻が縫い物に勤しんでいた。「船を任されたんだ。すげぇだろ!」それから彼は船員帽をテーブルの上に叩きつけた。
 「船ですって、トム?」彼の妻は繕う手を止め、膝の上に置いた。
 「《パンペロ》だ」トムは誇らしげに言った。
 「ええっ!『ホーンテッド・《パンペロ》』ですって?」妻は叫んだ。その声は、嬉しいというより、酷く動揺しているように響いた。
 「まあ、いろんな呼ばれ方をしているわな」とトムは認めたが、自分の『新しい王国』にケチを付けられたくなかった。「でもそれはみんな糞みたいなたわごとだ!もはやあの船を『呪われた』なんて呼ばせないさ!」
 「それで、あなたは引き受けたの?」妻は床に膝を立て、身を乗り出して、心配そうに訊いた。
 「勿論受けたさ!」トムは答えた。「逃すには惜しいチャンスだろ。二十五歳を前にして、大型船の船長だぜ」
 彼は妻の方に歩きながら、幸せそうに手を差し伸ばした。けれど妻の顔に浮かんでいる狼狽に気が付くと、ふと足を止めた。
 「どうしたんだ?」彼は訊いた。「君はちっとも嬉しくなさそうに見えるが?」トムは、自分の持ち込んだ知らせが彼女を喜ばせなかったということに、動揺していた。
 「嫌よ、トム。絶対に嫌。《パンペロ》は恐ろしい船だわ。あらゆる災厄があの船を襲うって……」
 「たわごとだよ!」トムは断固とした口調で彼女の言葉を遮った。「きみがあの船について、いったい何を知っている?あの船は会社の中でも最高の大型船なんだぜ」
 「そのくらい、知ってるわよ」彼女は涙声で言った。
 「ねえ、トム、その話をなかったことにできないかしら?」
 「馬鹿をいうなよ!」トムは不機嫌に言った。
 「どうして決める前に私に相談してくれなかったの?」
 「時間が無かったんだ!」トムはぶっきらぼうに言った。「『やる』か『やらない』か、だったんだ」
 「じゃあどうして『やらない』って言わなかったのよ」
 「俺は馬鹿じゃないからだ!」トムはそう言い放った。
 「ああ、私はもう二度と幸せになんてなれないわ」彼女は言った。それから崩折れて泣き始めた。
 

(shigeyuki)

ホジスンが写真を撮っていたというのは良く知られたことですが、どのような形であれ、その写真を眼にした人はかなりのマニアでしょう。今回紹介するのは、Times Weekly Edition 1932年3月3日号に掲載されたもので、キャプションには “AT SEA:The sailmaker at work on board the sailing-ship Euterpe during a voyage from Grasgow to  Dunedin,New Zealand, with a cargo of dynamite and other explosives”とあります。当時の積荷目録によると「648ケースのダイナマイトと2ケースのカーボナイト」が積まれていたということです。
Euterpe-1.jpg


kane
<原文>

2.WHAT TAMMY THE 'PRENTICE SAW

The next morning, in my watch below, I had a look at the places where that strange thing had come aboard, and left the ship; but I found nothing unusual, and no clue to help me to understand the mystery of the strange man.

For several days after that, all went quietly; though I prowled about the decks at night, trying to discover anything fresh that might tend to throw some light on the matter. I was careful to say nothing to any one about the thing I had seen. In any case, I felt sure I should only have been laughed at.

Several nights passed away in this manner, and I was no nearer to an understanding of the affair. And then, in the middle watch, something happened.

It was my wheel. Tammy, one of the first voyage 'prentices, was keeping time--walking up and down the lee side of the poop. The Second Mate was forrard, leaning over the break of the poop, smoking. The weather still continued fine, and the moon, though declining, was sufficiently powerful to make every detail about the poop, stand out distinctly. Three bells had gone, and I'll admit I was feeling sleepy. Indeed, I believe I must have dozed, for the old packet steered very easily, and there was precious little to do, beyond giving her an odd spoke now and again. And then, all at once, it seemed to me that I heard someone calling my name, softly. I could not be certain; and first I glanced forrard to where the Second stood, smoking, and from him, I looked into the binnacle. The ship's head was right on her course, and I felt easier. Then, suddenly, I heard it again. There was no doubt about it this time, and I glanced to leeward. There I saw Tammy reaching over the steering gear, his hand out, in the act of trying to touch my arm. I was about to ask him what the devil he wanted, when he held up his finger for silence, and pointed forrard along the lee side of the poop. In the dim light, his face showed palely, and he seemed much agitated. For a few seconds, I stared in the direction he indicated, but could see nothing.

*********************

2.見習い水夫、タミーが見たもの

 翌朝、非直の間に、あの奇妙な奴が現れた場所、そして消えた場所を見て回った。でも何もおかしなことは見あたらなかったし、あの不思議な人影の謎を解く手がかりもなかった。
 それから何日かは何事もなく過ぎていったが、俺は夜にデッキをうろつき、何かあの出来事に光を当ててくれるような新しい発見がないかと探して回った。見たもののことは誰にも言わないように気を付けてた。そんなこといったら、物笑いの種になるだけだからな。
 そんなふうにして何日かが過ぎていったが、一向にあれの正体には近づけないでいた。しかし、夜半直のときにちょっとしたことが起きた。
 そのとき俺は舵輪に付いていた。タミーっていう初乗りの見習いが船尾楼甲板の風下側を前後に行ったり来たりしながら時間を計っていて、前の方じゃ、二等航海士が手摺りにもたれてパイプをふかしてた。天気は相変わらず穏やかなままで、月は欠け始めちゃいたが、甲板の上をくっきり際だたせるほどには輝いていた。三点鐘が鳴ったとき、眠気を感じてたことは認めるよ。たしかにうとうととはしてたんだろうな、あのボロ船の操作は楽で、ときどきちょっとばかり舵輪を動かしてやるくらいで、ほとんど何もすることがなかったんでね。でもその時、突然誰かにそっと名を呼ばれたような気がしたんだ。よくわからなくてさ、最初に二等航海士がパイプをふかしている方に目をやり、それから羅針盤箱を覗きこんだが、船首がしっかり進路に乗っかってたんでほっと胸をなで下ろした。そしたら、いきなりまた聞こえたんだ。今度は間違いないと、風下側を見ると、タミーがこっちに来るのが目にとまった。俺の腕を掴もうとするかのように手をあげている。いったいなんだって聞こうとすると、静かにって指を口に当てて、船尾楼の風下側の前の方を指さすんだ。薄暗い中でも、あいつの顔は真っ青に見えた。かなり興奮している様子だった。俺はしばらくあいつが指した方向に目をやってみたが、何も見えやしなかった。


 エッセイ「文学と超自然的恐怖」の中の、ラヴクラフトによるホジスン評の続きです。

*******************

 『ナイト・ランド』(一九一二)は何十億年も先の、太陽さえ滅亡してしまった遠い未来の地球を舞台にくりひろげられる大長篇(五百三十八頁におよぶ)物語である。十七世紀の男性が未来の世界にいる自分の生まれ変わりの肉体の中へ入りこんで行く夢物語といった仕立ては、ちょっと物語の方法としてまずいし、それに嫌になるほど冗長で繰り返しが多く、わざとらしいめそめそした成傷性も作品を大きく損ねているうえ、『グレン・キャリグ』の時よりもなお奇怪で馬鹿げた古臭い言葉遣いをしようとしている点も重大な欠点となっている。
 『ナイト・ランド』にはこのように数多くの欠点があるけれども、それでもなお異様な想像力が発揮されている実に説得力のある小説となっている。漆黒の闇につつまれた荒涼たる惑星の情景や、人類の生存者が途方もなく巨大な観念的なピラミッドの中に封じこめられ、闇に潜むまったく未知の怪物に取り囲まれている様子は、決して読者の忘れ得ないところであろう。まったく人間とはかけ離れた想像だにつかぬ姿の怪物──ピラミッドの外の、人跡未踏の人間に見捨てられた闇の世界を俳御する怪物ども──の様子が、それとなく暗示的に、多少は明確に描かれているのである。一方、深い裂け目が走り小さな丘が広がる、火山活動はもう殆どおこらなくなってしまったこの夜の世界の光景は、作者の見事な描写力によって、肌にひしひしと伝わるくらい強い恐怖の色を帯びている。物語の中間くらいのところで、主人公がピラミッドを出て、何万年にも亘って人間が足を踏み入れていない死の世界へと探査に出る。どこまでつづくとも知れぬ暗闇を、毎日ゆっくりと進んで行く主人公の様子が克明に描かれているが、一種の宇宙的規模の疎外感、息もつかせぬ神秘感、そして怯えながらも抱いている期待感といったものは、匹敵する作品がないほど巧く表現されている。最後の四分の一ほどの部分は悲しげにだらだらと話がすすんで行くけれども、小説全体の素晴らしい迫力を損うほどのものではない。
 ホジスン氏最後の作品『幽霊狩人力ーナッキ』は何年も前に雑誌に発表したやや長めの短篇を数篇集めた作品集である。質は、他の作品の出来をはるかに下回っている。「絶対に信頼しうる探偵」型──デュパンやシャーロック・ホームズの子孫、あるいはアルジャナン・ブラックウッドのジョン・サイレンスの親戚といった感じ──のやや伝統的な月並みの人物を主人公に据えて、様々な事件や場面を展開させるのだが、専門的な「オカルティズム」のにおいが強く、そのため著しく作品が損われている。しかし、確かに鮮烈な力強さをもった作品も中にはあって、この作者独特の才能を垣間見させてくれている。

*********************

 以上が、このエッセイの中での、ラヴクラフトによるホジスンへの評価です。
さすがに、的確と言っていい評価ですね。
このエッセイは、読む価値のある、優れた怪奇小説への案内になっています。
これを読んでいると、荒俣氏らが、「世界幻想文学大系」や「妖精文庫」を編纂する際に参考にしたであろうもののひとつが、きっとこのエッセイだったんだろうなと、気が付きます。多分、ずっと若い頃にこのエッセイで紹介されている作家を、片っ端から読んでいったのでしょうね。

 左にアップした書影が、赤クロス装のものですね。(書影は、こちらから勝手に頂いてきました。クリックすると、大きなサイズでみることが出来ます)
 古書価だと、日本円で、40万円くらいのようです。
 ところで、さっきちょっと"Book FInder.com"で調べてみたのですが、ココを(いつまでリンクが有効か分かりませんが、母サイトで検索すると、また見つかるかもしれません)見ると、最後の二つがStanley Paul社から1909年に出たもののようですが、その下から二番目の方が、どうも緑クロスのもののようです。5×8インチのハードカバーで、一応、1909年刊ということになっています。残念ながら、書影がないので、よくわからないのですけれども。
 それにしても、27万5千と40万では値段が随分違いますね。kaneさんの言うように、後になって出た方が緑クロスだと考えるのが、理に叶っているのかもしれません。
 (※追記 やっぱり駄目みたいですね。Book Finder com.のトップから、"william hodgson"で検索して、そこから"The Ghost Pirates "を辿ってください。すると値段順に並んでいるので、その一番下の二冊を見てください。ただし、これも本が売れてしまったら、駄目になりますが……)

 そうそう、サイトのデザインを変えてみました。
 Enifさんの運営されているOpus-i.plusというブログ上で公開されていた「air」というテンプレートをお借りし、画像などをちょっといじりました。デザインが崩れにくく、綺麗なテンプレートが沢山あります。

(shigeyuki)


原書Ghost Piratesは1909年にStanley Paul社より出版されました。A5版ほどの大きさで、価格は6シリングでした。本文276ページに加え、12ページの広告がつけられていました。写真は出版情報誌 Publisher's Circular 1909年9月25日号に載ったStanley Paul社の新刊広告です。
1034b.jpg

装丁は赤クロス装のものと緑クロスのものとが知られています。表紙には表題と共に詩?“Strange as the Glimmer of the ghastly light That shines from some vast crest of wave at night”が載せられています。本を開くと本編の前に、シームの挿絵、献辞“To Mary Whalley” と詩“The World of Dreams”が、それからボーダーランド三部作に言及した序文、さらに詩 “The Hell O! O! Chaunty”が収録されています。Mary Whalley はホジスンの妹です。1911年頃には1シリングで廉価版が出版されたようです。Publisher's Circular誌3月4日号の新刊広告にはNEW SHILLING (NET) NOVELSとして再びGhost Piratesのタイトルが上がっています。詳しいことはわかりませんが緑クロスのものがこれかもしれません。他に、黒クロスで特別に装丁された特装版も存在します。

 埋もれていた作家ホジスンの再評価に大きく貢献したのが、Cthulhu神話で有名なH.P.ラヴクラフトです。もともとはラヴクラフトのファンだったオーガスト・ダーレスによって、主にラヴクラフトの本を出版するという目的のために設立された小さな出版社、「アーカムハウス」。ここから1946年に出版されたのが、『The House on the Borderland and other novels』。書影が、その本です。この本が、ホジスン再評価の先鞭となりました。
 収録作品は、『The Boats of the "Glen Carrig" 』、
『The House on the Borderland』、『The Ghost Pirates』、の、いわゆる「ボーダーランド三部作」に、問題作『The Night Land』を加えたもの。つまり、ホジスンの全長編を収録したものでした。
 ちなみに、現在の古書価は、300ドルほどのようです
 
 ホジスンの作品に、ラヴクラフトが言及しているエッセイがあります。

「定本ラヴクラフト全集」7-Ⅰ 国書刊行会刊

に収録されている「文学と超自然的恐怖」というエッセイがそれです。
そのエッセイのなかから、ホジスンについて述べている部分を抜粋して、載せてみたいと思います。
テキストは、上記の本の中から。翻訳は、植松靖夫さんです。

**************

 出来、不出来の波がややある文体の持ち主ではあるが、日常生活の表面下に潜む世界を力強く暗示的に表現しているのが、ウィリアム・ホープ・ホジスンで、この作家は今日、不当にもあまり知られていない。ごくありふれた感傷的な捉え方で、宇宙、宇宙と人間の関係、人間同士の関係を見てしまう嫌いがあるけれども、非現実的世界を真面目に扱った点では、ホジスン氏はひょっとするとアルジャナン・ブラックウッドに次ぐ作家かもしれない。さりげなくほのめかしながら、あるいは些細なことを詳しく描写しながら、名状しがたい醜怪な侵略者が身近に迫っていることを暗示したり、土地なり建物なりの描写を通して異様なただごとならぬムードを醸し出す技巧では、とてもホジスン氏をしのぐ者などいないだろう。
 『グレン・キャリグ号のボート』(一九〇七)は、沈没した船の生存者が様々な、敵意に満ちた事件や恐ろしい未知の島と遭遇する物語である。小説の初めの部分にみなぎっている脅威には誰もが圧倒されてしまうであろうが、ただし、終わりの方になると、ありきたりの冒険譚に堕してしまっている。十八世紀の文章を再現しようというつもりなのだろうが、その不正確な浪曼派まがいの試みのおかげで全体の効果が台無しになっている。とは言え、本当に海の事に関しては精通している作者の博学ぶりが随所にうかがわれていて、それが救いになっている。
 『異次元を覗く家』(ホジスン氏の最高傑作かもしれない)は、アイルランドの孤立した奇怪な屋敷にまつわる話で、別世界の様々な驚異的な力がその屋敷へ集中し、地の底より現われた忌わしい怪物の棲み家と化する。語り手の精神が、果てしない宇宙の彼方と、無限の時の中を彷徨し、太陽系の終末を目撃するという話は、この作品に文学としての独自の地位を与えている。さらに、自然の風景を描きながら、そこに得体のしれぬ恐怖が待ち伏せしていることをそれとなく示す作者の手腕はさすがである。平凡な感傷に少し染まったところさえなければ、第一級の作品である。
 『幽霊海賊船』(一九〇九)は右記二作と合わせた三部作の締めくくりを成す作品で、最後の航海に出た不運な幽霊船に取り愚き、ついには船を計り知れない運命の中へとひきずり込む恐ろしい海の魔物(人間に似たようなところもあるので、ひょっとすると昔の海賊の霊かもしれない)を説得力あふれる筆致で描いている。船乗りならではの知識を自由にあやつり、自然界に潜む戦傑を間接的にうかがわせる事件を巧みに選び出して描いたこの小説は、うらやましいくらい場面に盛り上がりを見せることが時々ある。

(shigeyuki)



 ホジスンの作品には、意外とパスティーシュが多いように思います。パスティーシュというのは、二次創作作品という意味で、ラヴクラフトのCthulhu神話などは、数もとても多く、その代表的な素材ですね。もちろん、ホジスンにはそれほどの数はないのですが、それでも、捜せば結構あります。ただし、「カーナッキ」、「異次元を覗く家」、「ナイトランド」、「夜の声」の四作品に、ほぼ集中しているようですが。
 ところで、パスティーシュが多いということは、作品が愛されているという証拠のような気もするので、これは歓迎すべき事実だという気がします。

 ここで紹介するのは、
 「ナイトランド---<冠毛>の一神話」
 という作品。
 作者は、グレッグ・ベア(Greg Bear)
 これは、「永劫」に始まる<道>というシリーズの外伝という位置付けの作品です。
 ちなみに、原題は「The way of all ghosts」。
 日本では、ハヤカワ文庫から出ているアンソロジー

 「SFの殿堂 遥かなる地平 ②」
 ロバート・シルヴァーバーグ編

 で読むことができます。

 この作品は、邦題からも分かるように、ホジスンの「ナイトランド」のパスティーシュです。とはいえ、その踏み込み方はパスティーシュの域を超えているかもしれません。何と言っても、「ナイトランド」の成立にまで言及しているのですから。
 この作品の元になっているアイデアは、そもそもベアの長編シリーズの核になっている、「道(The Way)」という巨大な構造物です。これは、直径が50キロメートル、長さは無限の人工宇宙だということですが、勉強不足ながら、僕は長編の方を読んでいないので、はっきりとしたことはいえないのですが、おそらく、人工的に作られた一種のワームホールのようなものだろうと思います。この「道」の中を通る事で、様々な宇宙へ移動できるというわけです。この小説中での「ナイトランド」の扱いは、この「道」から開かれた「ゲート」の向こうにある、平行宇宙の一つというものです。ただし、「ナイトランド」のある宇宙は、この宇宙とは余りにも違ったため、非合法に開いた「ゲート」は<病斑>となり、閉じる事もできず、それが両界の宇宙に致命的なダメージを与える危険性を持っています。<角面堡>は、その侵入を食い止めている砦として存在しています。
 この作品が、「ナイトランドクロニクル」の一つとして考えられることは、まずないでしょうが(このような強引な形では、ファンが黙っていないでしょうね)、ベアの、「<道>を使ってナイトランドの謎を説明してやろう」という意気込みが伝わってきて、この作品単体では多少難解なところもあるけれど、個人的には結構面白かった。「おお、『南西の監視者』だ」とか、結構楽しめました。

(shigeyuki)

NEVERMORE
(Without the usual apologies.)

William Hope Hodgson

Once upon a morning dreary, while I pondered weak and weary
O'er MSS unaccepted that were scattered round the floor-
While I pondered, nearly napping, suddenly there came a tapping,
As of someone gently rapping, rapping at my outer door;
'Tis a Dun, I muttered weakly, waiting hungry for my ore-
Only that, and nothing more.

Suddenly my soul grew stronger, and I stayed in bed no longer;
For a strange presentment whispered that the Post was at the door,
And that all that gentle tapping which had stirred me in my napping
Was the postman slowly dropping cheques by scores upon the floor.
And at the thought-loud cheering-rushed Ito my outer door-
MSS there-and nothing more.

Long I stood there peering, peering-all the evil in me leering;
And my back and heart were aching ere the pile was off the floor;
Then at last the quiet was broken, as I murmured forth in token
Of my lack of due elation, one bright adjective-and more,
These I whispered very gently, and there echoed back in awe
Just a cuss, and nothing more.

'Editors,' I muttered slowly, 'are you men or are you devils?
(Buy the MSS that are with you!) By that God we all adore,
Tell this soul with MSS laden, if within some dusty haven
I shall see my name engraven in your book wherein you score
Names of those who are "accepted"? Hasten now I do implore!'
Came a whisper-'Nevermore!'

For the Editors are sitting, still are sitting, grimly sitting,
On my tousled heaps of MSS piled beneath them on the floor;
And their eyes have all the seeming of a demon's that is dreaming,
Whilst their pens are ever streaming o'er 'REFUSALS' by the score;
And the thud of MSS falling through the slit in my front door
Shall cease thudding-nevermore!

*****************

ホジスンには、残念ながら、詩人としての才能はそれほど感じませんが、本人は詩作が結構好きだったらしく、相当数が残されています。
これはポーの影響があからさまな一編。
「The Wandering soul」 Tartarus Press刊 より。


 マタンゴには、東宝の映画ということで、ソフトビニール人形のフィギュアが存在します

また、三輪車に乗っているバージョンもあるようです

何だか、こんな隙間系の話題ばかりですね(苦笑)。
kaneさん、よい記事をひとつ、よろしくお願いします。。。

(shigeyuki)


 フランスでは、1984年のPLAYBOYのScience Fiction特集号にグレン・キャリッグが掲載されたようです。ただし、これが「グレン・キャリッグ」のフランス初紹介ではないようですが、珍しいので紹介します。
 この表紙の絵、面白いですね。
 グレン・キャリッグを読んでいたら、にやりとすると思います。

(shigeyuki)


 
 映画「マタンゴ」は、海外でもカルトな映画として、結構人気があるようだ。
 英語版Wikiにも、Matangoの項目がある。この英語版Wikiの中に、マタンゴのゲームがあるという記述があるが、僕はゲームには詳しくないので、ちょっと調べたものの、これはよくわからない。ただし、「聖剣伝説2」や「ドラゴンクエスト」など、幾つかのゲームの中に、マタンゴというキノコキャラが登場するようだ。
 画像は、イタリアの「マタンゴ」のポスター。
 何と言うか、すごいですね。

(shigeyuki)

<原文>


It was the same figure that I had just been attributing to my fancy. I will admit that I felt more than startled; I was quite a bit frightened. I was convinced now that it was no mere imaginary thing. It was a human figure. And yet, with the flicker of the moonlight and the shadows chasing over it, I was unable to say more than that. Then, as I stood there, irresolute and funky, I got the thought that someone was acting the goat; though for what reason or purpose, I never stopped to consider. I was glad of any suggestion that my common sense assured me was not impossible; and, for the moment, I felt quite relieved. That side to the question had not presented itself to me before. I began to pluck up courage. I accused myself of getting fanciful; otherwise I should have tumbled to it earlier. And then, funnily enough, in spite of all my reasoning, I was still afraid of going aft to discover who that was, standing on the lee side of the maindeck. Yet I felt that if I shirked it, I was only fit to be dumped overboard; and so I went, though not with any great speed, as you can imagine.

I had gone half the distance, and still the figure remained there, motionless and silent--the moonlight and the shadows playing over it with each roll of the ship. I think I tried to be surprised. If it were one of the fellows playing the fool, he must have heard me coming, and why didn't he scoot while he had the chance? And where could he have hidden himself, before? All these things, I asked myself, in a rush, with a queer mixture of doubt and belief; and, you know, in the meantime, I was drawing nearer. I had passed the house, and was not twelve paces distant; when, abruptly, the silent figure made three quick strides to the port rail, and climbed over it into the sea.

I rushed to the side, and stared over; but nothing met my gaze, except the shadow of the ship, sweeping over the moonlit sea.

How long I stared down blankly into the water, it would be impossible to say; certainly for a good minute. I felt blank--just horribly blank. It was such a beastly confirmation of the unnaturalness of the thing I had concluded to be only a sort of brain fancy. I seemed, for that little time, deprived, you know, of the power of coherent thought. I suppose I was dazed--mentally stunned, in a way.

As I have said, a minute or so must have gone, while I had been staring into the dark of the water under the ship's side. Then, I came suddenly to my ordinary self. The Second Mate was singing out: "Lee fore brace."

I went to the braces, like a chap in a dream.


*********************


一、大海から現れたもの (続き)

 それはついさっき、気のせいなんだと決めつけたばかりのものと同じ奴だった。驚いたどころじゃなかった。恐怖したよ。もう夢なんかじゃないってはっきりとわかった。そいつはまさに、人の形をしてたんだ。だが、月の光が煌き、影が浮き彫りになっているにも関わらず、それ以上のことはわからない。どうするべきかと、怯えながら突っ立っていたんだが、だんだん誰かの悪ふざけなんじゃないかなんて思えてきた。どんな理由や目的があるんだか、そんなこと知ったこっちゃないが、俺はそんな風に考え始めたんだ。常識的にありえないという確証は、有難かった。それで、とりあえず、すっかり気が楽になってた。そんなこと前には思い付きもしなかった。俺は勇気を奮い起こした。想像ばかり膨らませてゆく自分を責めた。そうでなきゃもっと前に気が付いているべきだったんだ。でもな、馬鹿みたいに聞こえるだろうが、そんなふうに理屈付けてみても、まだメイン・デッキの風上側に立っているのが誰なのか確かめに行くのが恐かったんだ。とはいっても、それを避けて通ろうってんだったら、俺にはただ海に蹴落とされるのがお似合いだなんて思ってね。だから俺は進んでいった。御想像の通り、とてもゆっくりとだがね。
 半分くらいは距離を詰めていたが、あいつはまだそこにいた。ぴくりともせず、押し黙ったまま・・・その真上を影と月の光が船の揺れに合わせて踊っていた。あいつを脅かしてやろうとしたんだと思う。もし、あれが誰かの悪ふざけなら、俺が来るのがわかったはずだろ、じゃ、なぜ逃げられる内に逃げなかったんだ、さっきまで、どこに逃げてたって言うんだ。こんなことを慌しく考えた。信じる気持ちと、疑う気持ちとが、ごちゃ混ぜになったような気分だったよ。そう、そうする間にも、俺はあいつとの距離を詰めていった。甲板室を通りすぎて、奴とは十歩も離れてなかった。突然、その影は三歩で左舷の手摺りを飛び越えて海の中に消えちまった。
 俺も駆け寄って海を覗き込んだ。だけども、月に照らされた海に浮かぶ船の影の他は何も目に入ってきやしなかった。
 いったいどれくらいぼんやりと海を見おろしていたのかわからないが、多分かなりの時間だったんだろう。何かあっけにとられてしまって、ひどく虚脱感を感じた。ただの錯覚と決め付けていたことが、<超自然的な>ことだったという、忌々しい確証を得てしまったからだ。そのわずかな時間、筋を通してものを考える力が奪われていたみたいだった。俺はぼうっとしてたと思う。心底、愕然としていたんだ。
 さっきもいったように、舷側の暗闇を見下ろしながら、何分も過ぎていたに違いない。ふと、現実に引き戻された。 「リー・フォア・ブレース!」二等航海士の声が聞こえたんだ。
 俺はブレースに向かった。夢うつつの水夫みたいにね。

************************

 ここまでが、第一章です。
 kaneさんから頂いた翻訳に、僕が少しだけ手を加えて載せてみましたが、改悪になっていなければと思います。
 本当は、訳注などもつけるべきなんでしょうね。
 反響を見ながら、以降は、不定期に掲載してゆくつもりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。