Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 以前連載していた翻訳、「ホーンテッド・《パンペロ》」を、「The Borderland」の方に、まとめたものをアップしました。
 ただし、そちらはPDFファイルになっています。見るには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
 縦書きのほうがいいと、synaさんからの提案だったので、とりあえずできることはと、試しにやってみましたが、ブラウザ内で開けません(笑)。初めてだったんで、よくわからなかったんですね。でも、ちゃんと見ることはできるので、よかったらご覧ください。ちょっとだけ、手も入れてます。
スポンサーサイト
一九〇一年の国勢調査の折、ブラックバーンのヘンリー・ストリート十六番の家にいたのは母親リジー・サラ未亡人の他にウィリアム・ホープ、二人の妹、十七歳になった長女マリー・エリザベスと次女マリー・バーサ・アン十五歳であった。バーサの職業欄には電話交換手、そしてホープの項には体育学校代表と記されている。
 船を下りたホープが次に身の置き場に選んだのは、ほとんど自己流とはいえ、すでにかなりの経験を持っていたボディビルディングであった。この時期のボディビルは、現代のそれとは少し趣を異にする。この頃は重量挙げや健康のための鍛錬といった内容も含まれ、特に重量挙げはほとんど大道芸の一演目、エンターテイメントとしてもみられていたようで、ミュージックホールや見世物小屋などで盛んに演じられていた。重量挙げの選手というより力持ちとか鉄人などといった言葉の方がふさわしいくらいであろう。Iron Gameという単語がそれを如実に言い表していよう。かつて、浅黒く筋肉質の体といえば労働者階級のものとされていたのだが、十九世紀後期にはボディビルディングは階級の壁を越えて、イギリス各地にぞくぞくと教室が開かれていた。一九〇一年には一回目の全英コンテストが開かれている。主催は、ミュージックホール出身の体育家、ユージーン・サンドウ、そして審査員の中にはコナン・ドイルの名も見える。現代のウェイトトレーニングの基礎が出来上がったのもこの時期である。
一九〇〇年秋頃、ホジスンはブラックバーンのロイアル・シアターの隣にあるアイントワース・ストリート十三番地のビルの二階に「体育学校(School of Physical Culture)」を開いた。学校の開設に当たっては、叔父から資金援助を受けたようだ。設備はなかなか凝ったもので、千二百平方フィートの敷地に広く快適な教室、更衣室、シャワー室、ロビー、それに換気装置に加え、各部屋の電気照明というように、大都市の同種のものと比べても決して見劣りするものではなかった。この学校の売りは、設備だけではなく、現在ではごくありふれたファイルシステムにあった。どのようなレッスンが必要なのか判断できるように、生徒は入校時に学校認定の医師により、綿密な診断を受けると同時に専属写真家のフランク・バートンの手で写真(アマチュア写真家のホジスン自身でなく、外部の写真師を入れていることに注目されたい)を撮られた。そしてレッスンが進行していく過程で何度もチェックを受けるのである。
 レッスンは午後7時半と8時半の二クラスが開かれ、三ヶ月(十三週)間、週1レッスンで十シリング六ペンス、週二レッスンだと十七シリング六ペンスであった。都市部の商店が半ドンになる、土曜日の午後には十二レッスン当たり八シリング六ペンスで教室が開かれた。
生徒は地元の事務員たちだけでなく、警官を相手にしたクラスもあったし、YMCAに出向いてクラスを開くこともあった。生徒数は開校から十八カ月で、のべ三〇〇から三五〇人に上ったという。
下の写真はブラックバーンの地元紙に掲載された「体育学校」の広告です。

WHH.jpg


この項続く。
kane

"I think Baumoff was the most enthusiastic intelligent believer in Christ that it will be ever possible to produce. I learned that he was compiling and evolving a treatise of most extraordinary and convincing proofs in support of the more inexplicable things concerning the life and death of Christ. He was, when I became acquainted with him, concentrating his attention particularly upon endeavouring to show that the Darkness of the Cross, between the sixth and the ninth hours, was a very real thing, possessing a tremendous significance. He intended at one sweep to smash utterly all talk of a timely thunderstorm or any of the other more or less inefficient theories which have been brought forward from time to time to explain the occurrence away as being a thing of no particular significance.

****************

 「私はバウモフのことを、熱狂的でかつ”知性的な”イエス・キリストの信奉者だったとみなしている。彼は、イエスの行った奇跡を、実際にあったことだと考えていたのだ。彼はイエスの生と死について関心を持ち、その不可解な部分についての考察を行い、独創的な論文として発展させ、纏め上げていた。私が彼と親密になった頃、彼が特に精力を注いでいたことは、《十字架の闇》を覗うことだった。彼によると、第六時から第九時の間に起きた出来事は全て真実であり、重大な意味を持つ部分であるというのだ。(訳注:ルカによる福音書、23:44などを参照)彼は、物事はすべて偶発的なものであり、それはその時たまたま雷雨がやってきただけに過ぎないのだとか、例えばそのような言葉で片付けられてしまうような無味乾燥な考え方を、世の中から一掃してしまいたいと願っていた。


********************

 現在、別サイト「漂着の浜辺から」にちょっと集中しているため、翻訳が遅々としています。申し訳ありません。そちらが一段落したら、もっと頻繁に更新したいと思います。

"I know more about it, perhaps, than any man alive; for I was Baumoff's greatest friend, and when he died, I lost the best comrade a man ever had. I need make no secret about it to you chaps. I was 'on duty' in Berlin, and I was deputed to get in touch with Baumoff. The government had long had an eye on him; he was an Experimental Chemist, you know, and altogether too jolly clever to ignore. But there was no need to worry about him. I got to know him, and we became enormous friends; for I soon found that he would never turn his abilities towards any new war-contrivance; and so, you see, I was able to enjoy my friendship with him, with a comfy conscience ― a thing our chaps are not always able to do in their friendships. Oh, I tell you, it's a mean, sneaking, treacherous sort of business, ours; though it's necessary; just as some odd man, or other, has to be a hangsman. There's a number of unclean jobs to be done to keep the Social Machine running!

****************

 「私が知っているのは、それだけではない。おそらくは、この世界に生きている誰よりも、そのことについては知っているはずだ。なぜなら私はバウモフの一番の親友であったからだ。彼が死んでしまって、私はかけがえのない仲間を失ってしまった。隠し立ては止めておこう。私は、ベルリンで「働いていた」時、命を受けて、バウモフと接触を持った。政府は、長い間彼に目をつけていたのだ。彼は実験科学者であり、要するに、無視するには有能すぎたわけだ。だが、彼のことを警戒しなければならないような要素は、どこにもなかった。彼と知り合って我々は無二の親友になったが、すぐに私は、彼が決して自分の能力を、いかなる形であれ、戦争に役立てるつもりなどないことを知った。だからこそ私は彼との友情を、腹蔵なく楽しむことが出来たのだ。……我々のような者には、いつでも友情を育むことが許されているわけではないのだ。ああ、私が君に言いたいののは、我々は非情な世界に生きているということだ。だが、それは必要なことでもある。時には誰かを処刑台に送らなければならないこともあるのだ。社会の秩序を保つためには、奇麗事ばかりでは済まされないのだ!

Oh, I know the old donkey's way; and when he had once said that, we might just make up our minds never to get another word out of him on the matter as long as we lived. Yet, I was satisfied to notice that he seemed a bit restless, as if he were on the itch to shove in his oar; by which I guessed that the papers we were quoting had got things very badly muddled indeed, in some way or other, at least as regarded his friend Baumoff. Suddenly, he spoke:

"What unmitigated, wicked piffle!" said Stafford, quite warm. "I tell you it is wicked, this associating of Baumoff's name with war inventions and such horrors. He was the most intensely poetical and earnest follower of the Christ that I have ever met; and it is just the brutal Irony of Circumstance that has attempted to use one of the products of his genius for a purpose of Destruction. But you'll find they won't be able to use it, in spite of their having got hold of Baumoff's formula. As an explosive it is not practicable. It is, shall I say, too impartial; there is no way of controlling it.

****************

 私はじっくりと責めることにした。だから彼がそのことについてふと口にした時も、あえて彼からそれ以上の言葉を引き出そうとはせず、我々だけで白熱した議論を続けた。効果は覿面で、彼はそわそわとし始めた。まるで、オールを握っている手が痒いといった風だった。思うにそれは、我々が話題にしている新聞の記事が事実を酷く捻じ曲げていたからで、彼にしてみれば、何とか友人のバウモフの名誉を晴らしたかったのだろう。突然、彼は語り始めた。
 
 「くちさがない、酷い中傷だ!」とスタッフォードは熱く語った。「バウモフの名前を、戦争のための発明だとか、そうしたおぞましいものと結びつけて語られるのは不愉快だ。彼は私がこれまでに会った人物の中でも、最も情熱的な詩人であり、また、敬虔なクリスチャンだった。彼の優れた頭脳が、破壊を目的とした計画のために利用されようとしているとは、運命の皮肉としか言いようがない。だが、例え彼らがバウモフの理論を手にしたところで、それを使いこなす事など出来はしないだろう。あの爆弾は、実用性に欠けているのだ。それは明白だと断言できる。なぜなら、それを制御する方法がないのだから。
 以前に予告した、"Eloi Eloi Lama Sabachthani"の翻訳を開始します。
 聖書の知識が必要なので、ちょっと難しいのですが、(前にも増して)ちょっとづつやってゆきますね。
 テキストは、書籍になっているものを持っていないので、オンラインノベルから翻訳しました。以下がそのリンクです。
 Eloi Eloi Lama Sabachthani
 遅々として進まないから、先が気になって仕方ないという方は、そちらをご覧下さい。
 そして、間違っている部分があれば、ご教授いただけると、ありがたいです。


Eloi Eloi Lama Sabachthani


by William Hope Hodgson


Dally, Whitlaw and I were discussing the recent stupendous explosion which had occurred in the vicinity of Berlin. We were marvelling concerning the extraordinary period of darkness that had followed, and which had aroused so much newspaper comment, with theories galore.

The papers had got hold of the fact that the War Authorities had been experimenting with a new explosive, invented by a certain chemist, named Baumoff, and they referred to it constantly as "The New Baumoff Explosive".

We were in the Club, and the fourth man at our table was John Stafford, who was professionally a medical man, but privately in the Intelligence Department. Once or twice, as we talked, I had glanced at Stafford, wishing to fire a question at him; for he had been acquainted with Baumoff. But I managed to hold my tongue; for I knew that if I asked out pointblank, Stafford (who's a good sort, but a bit of an ass as regards his almost ponderous code-of-silence) would be just as like as not to say that it was a subject upon which he felt he was not entitled to speak.

****************

エリ・エリ・レマ・サバクタニ 
(神よ、なぜ我を見捨て給うか)

ウィリアム・ホープ・ホジスン 著

shigeyuki 訳


(初訳)

 ダリーとホワイトロウ、それに私は、最近ベルリンの近郊で起きた途方もない爆発のことについて議論を交わしていた。我々は皆、暗黒の拡散と収縮という異様な出来事に驚嘆し、関心を持っていた。新聞でも、豊富な学説と共に、活発に意見が交わされていた。
 新聞は、長い間軍部によって新しい爆弾の実験が繰り返されていたが、バウムオフという名前の優れた科学者によってついにそれは開発され、《二ユー・バウムオフ爆弾》と通称されているという事実を掴んでいた。
 我々はクラブにいたのだが、もう一人同席していた男がいて、名前をジョン・スタッフォードといった。彼は専門医だが、裏側では諜報機関にも所属していた。私は、一言二言スタッフォードと言葉を交わしつつ、彼の様子を伺っていた。私は彼に質問を浴びせ掛けたくて仕方がなかった。というのは、彼はバウムオフと面識があったからだ。だが、私は辛うじて自分を押し止めていた。もし私が露骨にそんな質問をしようものなら、スタッフォードは(素晴らしい資質ではあるが、いささか頑固に過ぎる沈黙の掟によって)しっかりと口を閉ざし、おそらくは何一つ言おうとはしないであろうことが分かっていたからだ。

(改訳)

 ダリーとホイットロー、それに私は、最近ベルリンの近郊で起こった途方もない爆発のことについて議論を交わしていた。我々は皆、暗黒の拡散と収縮という異様な出来事に驚嘆し、関心を持っていた。新聞でも、豊富な学説と共に、活発に意見が交わされていた。
 新聞は、バウモフという名前の優れた科学者によって発明された新しい爆薬の実験が軍部によって繰り返されており、その爆薬が《ニュー・バウモフ爆薬》と通称されているという事実を掴んでいた。
 我々はクラブにいたのだが、もう一人同席していた男がいて、名前をジョン・スタッフォードといった。彼は、表向きは医者という肩書きだが、裏側では諜報機関に所属していた。議論の最中、私はスタフォードから話を聞きたくて、ちらちらと彼の方に目をやった。というのは、彼はバウモフと面識があったからだ。だが、私は辛うじて自分を押し止めていた。もし私が露骨にそんな質問をしようものなら、スタッフォードは(素晴らしい資質ではあるが、いささか頑固に過ぎる沈黙の掟によって)しっかりと口を閉ざし、おそらくは何一つ言おうとはしないであろうことが分かっていたからだ。

(shigeyuki)

 蛇足のようなものですが、ホジスンの作品を明治44年に翻訳紹介した阿武天風氏について、少しだけ。

阿武天風という人のことについては、こちらのサイトでとても詳しく紹介されています。押川春浪を継いで「冒険世界」の主筆を務めた人物であるということ。虎髯大尉は、彼の別名です。
 以前、僕の別ブログで紹介した横田順彌氏の作品「水晶の涙」にも、登場人物の一人として出てきます。今では忘れられている作家ですが、明治期の重要な大衆作家の一人といっていいでしょうね。
20070401183555.jpg


出典はPremier Magazine 1919年3月号。イラストレーターはWarne。

kane
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。