Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"He said: 'Hush! I'm carrying the Cross.' And, do you know, the effect of those simple words, spoken in that new, toneless voice, in that atmosphere of almost unbearable tenseness, was so powerful that, suddenly, with eyes wide open, I saw Baumoff clear and vivid against that unnatural darkness, carrying a Cross. Not, as the picture is usually shown of the Christ, with it crooked over the shoulder; but with the Cross gripped just under the cross-piece in his arms, and the end trailing behind, along rocky ground. I saw even the pattern of the grain of the rough wood, where some of the bark had been ripped away; and under the trailing end there was a tussock of tough wire-grass, that had been uprooted by the lowing end, and dragged and ground along upon the rocks, between the end of the Cross and the rocky ground. I can see the thing now, as I speak. Its vividness was extraordinary; but it had come and gone like a flash, and I was sitting there in the darkness, mechanically counting the respirations; yet unaware that I counted.

"As I sat there, it came to me suddenly ― the whole entire marvel of the thing that Baumoff had achieved. I was sitting there in a darkness which was an actual reproduction of the miracle of the Darkness of the Cross. In short, Baumoff had, by producing in himself an abnormal condition, developed an Energy of Emotion that must have almost, in its effects, paralleled the Agony of the Cross. And in so doing, he had shown from an entirely new and wonderful point, the indisputable truth of the stupendous personality and the enormous spiritual force of the Christ. He had evolved and made practical to the average understanding a proof that would make to live again the reality of that wonder of the world ― CHRIST. And for all this, I had nothing but admiration of an almost stupefied kind.

"But, at this point, I felt that the experiment should stop. I had a strangely nervous craving for Baumoff to end it right there and then, and not to try to parallel the psychic conditions. I had, even then, by some queer aid of sub-conscious suggestion, a vague reaching-out-towards the danger of "monstrosity" being induced, instead of any actual knowledge gained.

"'Baumoff!' I said. 'Stop it.'"

"But he made no reply, and for some minutes there followed a silence, that was unbroken, save by his gasping breathing. Abruptly, Baumoff said, between his gasps: 'Woman ― behold ― thy ― son. ' He muttered this several times, in the same uncomfortably toneless voice in which he had spoken since the darkness became complete.

****************

 彼は言った。「静かにしてくれ!僕は《十字架》を運んでいるんだ」分かるだろうか、聞き慣れなぬ、抑揚を欠いた声で語られたそのシンプルな言葉は、ほとんど忍び難いほどの切実さを帯びており、その効果は絶大だった。大きく見開いた私の眼に、いきなり、十字架を運ぶバウモフの姿が、奇妙な闇を背景にして、はっきりと鮮やかに浮かび上がって見えた。それは絵画でよく知られているような、肩に十字架を引っ掛けるように担いでいるキリストの姿ではなかった。(訳注・1)背負うように横木の下から腕を廻して十字架を掴み、石だらけの地面を引き摺っているのだった。私にはさらに、木皮がめくれあがっている、粗雑な木材の木目の文様さえ見た。そしてその引き摺った跡の終点では雑草がひと塊りになっていたが、それは石だらけの地面の上を引き摺られている十字架が、その石の周りを擦ったり掘ったりして、剥ぎ取ったものだった。私はこうして話しをしながら、今でもその映像を見ることができる。その鮮烈さは、筆舌に尽くし難い体験だったのだ。だがそれはまるで閃光のように一瞬で過ぎ去った。気が付くと、暗闇の中に座って、機械的に呼吸を数えている自分がいた。
 それは突然、じっと座っていた私を襲ったのだ。……全ての驚異は、バウモフによって為されたことであった。私は《十字架の闇》の奇跡が現実に再現されつつある闇の中で座っていた。簡単に言えば、バウモフは彼自身を異常な状態に置くことによって《感情のエネルギー》を限界まで高めたわけだが、それは《十字架の苦しみ》をなぞるという方法によって行われたのだ。そしてそのことによって彼が示した、全く斬新で驚異的な点は、キリストが並外れた個性と底知れない霊的な力を持っていたという、疑う余地もない事実であった。彼は、キリストの驚異の世界をふたたび《リアリティ》のもとに蘇らせて、一般的に受け入れられていることが現実的なことであると証明したのだ。この点において、私はほとんど手放しの賞賛を彼に送る。
 だが、ここにおいて、私はこの実験は中止すべきだと感じた。私はバウモフに対し、こうしたことはすぐに終りにして、もう霊的な状態を重ね合わせるというようなことに挑戦するのは止めて欲しいという、奇妙なほど切迫した欲求を持ったのだ。私はその時、現実的な知識を得るつもりで恐るべき《怪異》の発生に手を伸ばしつつあるのだという漠然とした思いを抱いたのだが、その奇妙な感覚は無意識が囁きかけてくることであった。
 「バウモフ!」私は言った。「もう止そう」
 だが彼は答えなかった。聞こえてくるのは彼の喘ぐような息遣いだけで、そのまま数分間沈黙が続いた。突然、バウモフは喘ぐ声の合間に、こう言った。「女……見詰めている……その……息子を」彼はそれを数回、闇が完全に辺りを覆って以来彼が使っている、抑揚のない、気味の悪い声で呟いた。

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


*********************

訳注・1 リンク先は、エル・グレコの絵。多分、こんな感じでしょうね。
スポンサーサイト

"It was in the succeeding silence, that I had the first realisation that I was vaguely afraid; but the feeling was too indefinite and unfounded, and I might say subconscious, for me to face it out. Three minutes passed, whilst I counted the almost desperate respirations that came to me through the darkness. Then Baumoff began to speak again, and still in that peculiarly altering voice:

"'By Thy Agony and Bloody Sweat,' he muttered. Twice he repeated this. It was plain indeed that he had fixed his whole attention with tremendous intensity, in his abnormal state, upon the death scene.

"The effect upon me of his intensity was interesting and in some ways extraordinary. As well as I could, I analysed my sensations and emotions and general state of mind, and realised that Baumoff was producing an effect upon me that was almost hypnotic.

"Once, partly because I wished to get my level by the aid of a normal remark, and also because I was suddenly newly anxious by a change in the breathsounds, I asked Baumoff how he was. My voice going with a peculiar and really uncomfortable blankness through that impenetrable blackness of opacity.

****************

 静寂が広がるにつれ、私は自分が漠然とした不安を感じていることを悟った。だがそれは余りにも曖昧で、拠り所のない感覚だった。潜在意識下でそう感じているのだと私は思った。三分が過ぎた。その間私は彼の呼吸を数え続けていたが、闇の向こうから私に届く彼の息遣いは、殆ど末期のようになっていた。その時、バウモフが再び話し始めた。彼の声は、相変わらず奇妙に変化したままだった。
 「汝の苦悩と血の汗をもって」と彼は呟いた。二度、彼は同じ言葉を繰り返した。彼はその異常な状態の中で、憑かれたようになって、主のの死のシーンに重ね合わせようと、全ての神経を注いでいたのだ。
 彼の憑かれたような姿は私を魅きつけたが、それはある意味で異常なことだった。それで私は、できる限り自分の知覚と感情それに精神状態を分析した。そうして得た結論は、バウモフは私に、半ば催眠状態に陥らせるような効果をもたらしているのだということだった。
 それは、一つには私が通常の認知力の範囲に留まりたいと願っていたにも関わらず、突然の声音の変化によって新たに気がかりなことが増え、バウモフが大丈夫かどうかが心配になったせいであった。私の声は、底知れない澱んだ暗さの中で、特異な、とても不安定な陥穽のようであった。

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


***************

 グレー部は、多分聖書に出てくる言葉と関係があるのだと思いますが、調査不足のため、よくわかりません。
 このところ、ずっと翻訳のアップばかりだったので、たまには別の話題を。

 ホジスンの《ボーダーランド三部作》の第一作目、The Boats of the ”Glen Carrig”が、なんとポッドキャストで聞けます。もちろん、無料です。

The Boats of the Glen Carrig

 なかなか雰囲気のあるものですね。
 いろいろなものがあるものです。

(shigeyuki)


"'My God!' I heard Baumoff whispering in the half-darkness, as if to himself, 'how did Christ bear the nails!'

"I stared across at him, with an infinite discomfort, and an irritated pity troubling me; but I knew it was no use to remonstrate now. I saw him vaguely distorted through the wavering tremble of the atmosphere. It was somewhat as if I looked at him through convolutions of heated air; only there were marvellous waves of blue-blackness making gaps in my sight. Once I saw his face clearly, full of an infinite pain, that was somehow, seemingly, more spiritual than physical, and dominating everything was an expression of enormous resolution and concentration, making the livid, sweat-damp, agonized face somehow heroic and splendid.

"And then, drenching the room with waves and splashes of opaqueness, the vibration of his abnormally stimulated agony finally broke up the vibration of Light. My last, swift glance round, showed me, as it seemed, the invisible aether boiling and eddying in a tremendous fashion; and, abruptly, the flame of the lamp was lost in an extraordinary swirling patch of light, that marked its position for several moments, shimmering and deadening, shimmering and deadening; until, abruptly, I saw neither that glimmering patch of light, nor anything else. I was suddenly lost in a black opaqueness of night, through which came the fierce, painful breathing of Baumoff.

"A full minute passed; but so slowly that, if I had not been counting Baumoff's respirations, I should have said that it was five. Then Baumoff spoke suddenly, in a voice that was, somehow, curiously changed ― a certain toneless note in it:

"'My God!' he said, from out of the darkness, 'what must Christ have suffered!'

****************

 「神よ!」私はバウモフが浅闇の中で、まるで自分自身に言い聞かせるかのように、呟くのを聞いた。「釘に打たれたキリスト様の苦痛が分かります!」
 私は彼をのことを、計り知れないほどの不安を持って見詰めた。灼けつくような哀れみが私を襲った。だが、私にはもはや何もできることはなかった。私は揺らめく大気の向こうに、ぼんやりと歪んだ彼を見た。それは、熱風の生み出す陽炎を通して彼を見詰めているかのようにも思えた。ただ、青黒い奇妙な波が途切れる時だけ、私の視界は保たれた。一度、はっきりと彼の顔を見た。その顔には計り知れない苦痛が覗えたが、どういうわけか、その苦しみは物理的なものというよりはむしろ精神的なもののように感じられた。大いなる決意と集中力を持って苦痛を制御している、鉛色をして汗に湿った彼の苦痛の表情には、どこか英雄的で高貴なものがあった。
 それからまもなく、不透明さが波や飛沫となって部屋を侵して行った。彼の極度の苦痛が生み出した波動が、ついに《光の波動》を無効化してしまったのだ。最後に部屋の中をざっと見渡した時、私には、あたかも眼に見えないエーテルが沸き立ち、断末魔のような渦を描いているかのように思えた。そして、不意に、ランプの炎がちかちかと激しく瞬きながら光を失った。それから暫くの間、その場所では、光が束の間ゆらめいてはふっと消え、またゆらめいては消えということを繰り返していたが、ついには息絶えたように、明滅する灯りだけではなく、あらゆるものが見えなくなってしまった。私は、バウモフの苦しげな荒い息遣いだけが聞こえてくる、漆黒の夜の闇の中に投げ込まれてしまっていた。
 たっぷり一分が過ぎた。だがもし私がバウモフの呼吸を数えていなかったら、きっと五分は経ったと思ったに違いない。それほど長く感じた。バウモフの声がした。だがその声は、どういうわけだか、抑揚を欠いたような、奇妙な調子に変わっていた。
 「神よ!」と彼は暗闇の向こうから言った。「キリスト様はどれほど苦しかっただろう!」

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



"Baurnoff began to speak again, getting his words out between gasps. 'Th' ― this dodge of mine gets the ― pain into the ― the ― right place. Right association of ― of ideas ― emotions ― for ― best ― results. You follow me? Parallelising things ― as ― much as ― possible. Fixing whole attention ― on the ― the death scene ― '

"He gasped painfully for a few moments. 'We demonstrate truth of ― of The Darkening; but ― but there's psychic effect to be ― looked for, through ― results of parallelisation of ― conditions. May have extraordinary simulation of ― the actual thing. Keep note. Keep note.' Then, suddenly, with a clear, spasmodic burst: 'My God, Stafford, keep note of everything. Something's going to happen. Something ― wonderful ― Promise not ― to bother me. I know ― what I'm doing.'

"Baurnoff ceased speaking, with a gasp, and there was only the labour of his breathing in the quietness of the room. As I stared at him, halting from a dozen things I needed to say, I realised suddenly that I could no longer see him quite plainly; a sort of wavering in the atmosphere, between us, made him seem momentarily unreal. The whole room had darkened perceptibly in the last thirty seconds; and as I stared around, I realised that there was a constant invisible swirl in the fast-deepening, extraordinary blue gloom that seemed now to permeate everything. When I looked at the lamp, alternate flashings of light and blue ― darkness followed each other with an amazing swiftness.

****************

 バモウフは再び話し始めたが、言葉は途切れがちだった。
 「こ……こうして自分を偽る事が……痛みを……正しい場所に……導くんだ。正しい知識と……感情が……最高の……結果を……生むんだ。僕の言うことが分かるか?再現するんだ……できる……限り……。全ての意識を……その死の……シーンに合わせるんだ……」
 彼はしばし痛みに喘いだ。「我々は《闇》の真実を……証明するのだ。だが……だがそこには、霊的な要素が存在するということが……条件を……同じにした結果……分かった。《現実のこと》としては、常軌を逸したシュミレーションかもしれないが。記録を頼む。書き留めておいてくれ」その時だった。突然、はっきりと、痙攣するように視界が揺れた。「おお、スタッフォード、記録を続けてくれ。何かが起こる。何か……驚異的なことが……。恐れは……ない。僕は自分が何をやっているのか……わかっているのだから」
 バウモフは喘ぎ、話すのを止めた。静かな部屋の中に、彼の苦しげな息遣いだけが響いていた。私は彼を見詰め、何か言うべき言葉を探していたが、ふと気付いた。彼の姿は、もはやはっきりとした輪郭を持っていなかった。我々を隔てている大気には、何か揺らめくものが介在し、それが彼を一時的に幻のように見せていたのだ。部屋の中全体が、次の続く三〇秒のうちに、はっきりと分かるほどに暗くなった。私は辺りを見渡した。そして、不可視性の渦が一定の速さで急速に深化しており、異様な青い闇が今や部屋の中に充満しているのを知った。ランプを見ると、その光は明るくなったり青暗くなったり、驚くべき速さで明滅していた。

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



"'I wish you wouldn't, Baumoff!' I said.

"'Don't ― be ― silly!' he managed to say. But the two latter words were more groans than words; for between each, he had thrust home right to the heads in the palms of his hands the two remaining steel spikes. He gripped his hands shut, with a sort of spasm of savage determination, and I saw the point of one of the spikes break through the back of his hand, between the extensor tendons of the second and third fingers. A drop of blood beaded the point of the spike. I looked at Baumoff's face; and he looked back steadily at me.

"'No interference,' he managed to ejaculate. 'I've not gone through all this for nothing. I know ― what ― I'm doing. Look ― it's coming. Take note ― everything!'

"He relapsed into silence, except for his painful gasping. I realised that I must give way, and I stared round the room, with a peculiar commingling of an almost nervous discomfort and a stirring of very real and sober curiosity.

"'Oh,' said Baumoff, after a moment's silence, 'something's going to happen. I can tell. Oh, wait ― till I ― I have my ― big demonstration. I'll show that brute Hautch."

"I nodded; but I doubt that he saw me; for his eyes had a distinctly in-turned look, the iris was rather relaxed. I glanced away round the room again; there was a distinct occasional breaking up of the light-rays from the lamp, giving a coming-and-going effect.

"The atmosphere of the room was also quite plainly darker ― heavy, with an extraordinary sense of gloom. The bluish tint was unmistakably more in evidence; but there was, as yet, none of that opacity which we had experienced before, upon simple combustion, except for the occasional, vague coming-and-going of the lamp-light.

****************

 「止めたほうがいい、バウモフ」私は言った。
 「馬鹿な……ことを……言うな!」彼は必死にそう言った。だがそれは言葉というより、半ば呻きに近かった。というのも、彼はそう言いながら両手の手のひらに、残った二つの鋼のスパイクを深く突き刺していたのだ。それから彼は思い切ったように、痛みに耐えるように震えながら、手を握り締めた。私はスパイクの針の中の一つが、中指と薬指の伸筋腱の間を通って、手の甲まで貫いたのを目にした。血の雫が、スパイクの先から滴った。私はバウモフの顔を見た。彼はしっかりと私を見詰めていた。
 「なんでもないさ」と彼は叫んだ。「僕は意味のないことをやっているわけじゃないんだ。僕は自分が何をやっているのか理解している。見てろ……今にくるぞ。ちゃんと記録しておいてくれよ……完璧に!」
 彼は黙り込んだ。聞こえてくるのはただ彼の苦しそうな喘ぎ声だけだった。私は付いて行くしかないと思った。それで私は、過敏ともいえるほどの不安と、現実的で冷徹な探究心の入り混じった気持ちで、部屋を見渡した。
 「ああ」とバウムオフはしばしの沈黙のあと言った。「何かが起こる。僕には分かる。ああ、待ってくれ……僕が……僕の大事な仮説が……実証されるまで。僕が魔の戸口を開いて見せてやる
 私は頷いた。だが、彼が私を見ているのかは疑わしかった。彼の視線は焦点を結ばず、虹彩が開いていた。私は再び部屋の中を見渡した。部屋の中では、ランプからの光線が時々ふと途切れ、それが光が行ったり来たりして揺れるような効果を生み出していた。
 部屋を覆う空気が、息のつまるような異様な感覚とともに、再びはっきりと暗く──重くなった。青みがかった色合いが、さらに濃くなった。だが、今のところはまだ私たちが先ほど経験したほどの暗さではなく、ふとした時を除いては、ぼんやりとしたランプの光が、揺れるような強弱をつけながら部屋を照らしているだけだった。

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



************************

 グレーの部分の意味がよくわかりません。正確には、Hautchの意味がわからないのですが。hatchかな、と思い、こう訳してみましたが、どうでしょうか?
<原文>
"What is it?" I asked in an undertone, after a couple of moments' further ineffectual peering. "I can't see anything."
"H'sh!" he muttered, hoarsely, without looking in my direction. Then, all at once, with a quick little gasp, he sprang across the wheel-box, and stood beside me, trembling. His gaze appeared to follow the movements of something I could not see.
I must say that I was startled. His movement had shown such terror; and the way he stared to leeward made me think he saw something uncanny.
"What the deuce is up with you?" I asked, sharply. And then I remembered the Second Mate. I glanced forrard to where he lounged. His back was still towards us, and he had not seen Tammy. Then I turned to the boy.
"For goodness sake, get to looard before the Second sees you!" I said. "If you want to say anything, say it across the wheel-box. You've been dreaming."
Even as I spoke, the little beggar caught at my sleeve with one hand; and, pointing across to the log-reel with the other, screamed: "He's coming! He's coming--" At this instant, the Second Mate came running aft, singing out to know what was the matter. Then, suddenly, crouching under the rail near the log-reel, I saw something that looked like a man; but so hazy and unreal, that I could scarcely say I saw anything. Yet, like a flash, my thoughts ripped back to the silent figure I had seen in the flicker of the moonlight, a week earlier.
The Second Mate reached me, and I pointed, dumbly; and yet, as I did so, it was with the knowledge that he would not be able to see what I saw. (Queer, wasn't it?) And then, almost in a breath, I lost sight of the thing, and became aware that Tammy was hugging my knees.
The Second continued to stare at the log-reel for a brief instant; then he turned to me, with a sneer.
"Been asleep, the pair of you, I suppose!" Then, without waiting for my denial, he told Tammy to go to hell out of it and stop his noise, or he'd boot him off the poop.
After that, he walked forrard to the break of the poop, and lit his pipe, again--walking forrard and aft every few minutes, and eyeing me, at times, I thought, with a strange, half-doubtful, half-puzzled look.


それからまた、ちょっとばかり甲斐のない一瞥をくれてから、「どうした。何も見えんぞ」と声を落として言った。
タミーは俺のことも見ないで、しっ!としわがれた声を上げた。それとほとんど同時に、はっと息をもらして、舵輪のこっち側に跳ねるようにやって来ると、横に立ってがたがた震えだした。あいつの視線は俺には見えない何かを追っているみたいだった。
びっくりしたというしかないな。何かを恐がってるってことは、あいつの態度が物語っていたし、向こうを見る姿から、何かを見てるんだってことは察しが付いたからな。
「いったいどうした」俺は鋭くいった。そこで、二等航海士がいることを思い出してね、奴さんがくつろいでる方に目を移すと、まだこっちに背を向けててタミーには気付いていない。それからタミーに向き直って、「たのむから、二航士に見つからん内に風下側に戻れ。何か言いたいんだったら舵輪の向こうから話せよ。夢でも見てたんじゃないのか」
そういったらあの坊主、片手で俺の裾を掴んで、もう一方の手でログリールの向こうを指して叫びだした。「あいつが来る、あいつが来る!」って。すぐに二等航海士が、どうした、って怒鳴りながら走ってきた。そのときふと、ログリールの側の手摺りの下に、どことなく人の様な影が屈みこんでいるように見えたんだ。でもさ、あんまりぼんやりとしてたし、何か見たとは断言できないな。そうしてるとはっと思い出したんだよ、一週間前、揺れる月光の下で見た身動き一つしない影のことをさ。
 二等航海士が側に来ると、俺は黙ってそいつを指さした。ところが、奴さんにはあれが見えないらしいんだな。(おかしなことじゃないか、ええっ?)それから、一息する間もなく見失ってしまった。タミーが肘にしがみついているのに気付いた。二等航海士はちょっとの間、ログリールの方を見つめていたが、こっちに向きなおるって、刺々しく、「お前たち二人共寝ぼけてたんだ、と私は思うがね」というと、俺の言い訳も聞かないで、タミーに、とっとと持ち場に戻れ、たわごとを止めないと船尾楼から蹴落とすぞ、なんていった。
 それから船尾楼の船主側の手摺りまで歩いていくと、またパイプに火を付け、何分かおきに前と後ろを行ったり来たりしながら、時折、俺を睨みつけてきた。疑い半分、困惑半分の奇妙な顔つきだったな。


kane




"'My dear chap!' he said, observing my upsetness. 'Do be sensible. I know exactly what I'm doing. There simply must be distress, and the readiest way to reach that condition is through physical pain.' His speech had becomes a series of spasmodic words, between gasps, and sweat lay in great clear drops upon his lip and forehead. He slipped off his belt and proceeded to buckle it round both the back of his chair and his waist; as if he expected to need some support from falling.

"'It's wicked!' I said. Baumoff made an attempt to shrug his heaving shoulders, that was, in its way, one of the most piteous things that I have seen, in its sudden laying bare of the agony that the man was making so little of.

"He was now cleaning the palms of his hands with a little sponge, which he dipped from time to time in a cup of solution. I knew what he was going to do, and suddenly he jerked out, with a painful attempt to grin, an explanation of his bandaged finger. He had held his finger in the flame of the spirit lamp, during his previous experiment; but now, as he made clear in gaspingly uttered words, he wished to simulate as far as possible the actual conditions of the great scene that he had so much in mind. He made it so clear to me that we might expect to experience something very extraordinary, that I was conscious of a sense of almost superstitious nervousness.

****************

 「おお、わが友よ!」彼は私の狼狽した様子を観察しつつ、言った。「落ち着けよ。僕は自分が何をやっているのか、完璧に理解しているんだから。こうしたことは単純に必要な苦痛だ。物理的な痛みを利用するのが、条件を整える一番手っ取り早い方法なんだ」彼の言葉は、苦しげな息遣いの間に挟み込まれた断続的な単語の羅列のようになり、額や唇の上の辺りに大粒の汗が透明な玉となって浮かんだ。彼はベルトを素早く外して、自分の胴と椅子の背とを纏めて縛り付け、バックルで留めた。それはまるで椅子から落ちるのを予期して、防ごうとしているかのようだった。
 「酷い有様だ!」と私は言った。バウモフは肩をすくめようとしたが、男性が突然の苦痛をこれほどまでに剥き出しにしているその様子は、私がこれまで見た中でも最も哀れを誘う姿の一つだった。
 今度は、彼は両方の手のひらを、カップに入った溶液に漬した小さなスポンジで拭いた。私には彼が何をするつもりなのか分かっていた。突然、彼は苦しそうな表情のままにやりと微笑んで、指になぜ包帯をしているのか、その説明を始めた。それは、彼が以前行った実験の際に、指がアルコールランプの炎に触れてしまったせいであった。だが今、彼があえぎながらもはっきりと語りかけてくることは、彼の心の中に浮かぶあの偉大な場面にできる限り近い状態をシュミレートしたいのだということだった。彼が指し示したことは、我々がとても神秘的な体験を待ち望んでいるのだということであり、私にはそれがほとんど起こり得ざるものを待つ緊張感のように感じられた。

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



"I glanced swiftly round the room. It was as he had said. I perceived it now. There appeared to be an extraordinary quality of gloom growing in the atmosphere of the room. A kind of bluish gloom, vague, and scarcely, as yet, affecting the transparency of the atmosphere to light.

"Suddenly, Baumoff did something that rather sickened me. He drew his wrist away from me, and reached out to a small metal box, such as one sterilizes a hypodermic in. He opened the box, and took out four rather curious looking drawing-pins, I might call them, only they had spikes of steel fully an inch long, whilst all around the rim of the heads (which were also of steel) there projected downward, parallel with the central spike, a number of shorter spikes, maybe an eighth of an inch long.

"He kicked off his pumps; then stooped and slipped his socks off, and I saw that he was wearing a pair of linen inner-socks.

"'Antiseptic!' he said, glancing at me. 'Got my feet ready before you came. No use running unnecessary risks.' He gasped as he spoke. Then he took one of the curious little steel spikes.

"'I've sterilized them,' he said; and therewith, with deliberation, he pressed it in up to the head into his foot between the second and third branches of the dorsal artery.

"'For God's sake, what are you doing!' I said, half rising from my chair.

"'Sit down!' he said, in a grim sort of voice. 'I can't have any interference. I want you simply to observe; keep note of everything. You ought to thank me for the chance, instead of worrying me, when you know I shall go my own way all the time.'

"As he spoke, he had pressed in the second of the steel spikes up to the hilt in his left instep, taking the same precaution to avoid the arteries. Not a groan had come from him; only his face betrayed the effect of this additional distress.

****************

  私は部屋の中をさっと見渡した。彼の言う通りだった。私はすぐにそのことに気付いた。異様な性質の影が現れ、部屋の中を侵食しつつあった。その影は微かに青みを帯びており、蒙昧としていたが、まだかろうじて透光性を保っていた。 
 突然、バウモフは私を不安にさせる行動をとった。彼は手を私から離して、小さな金属製の箱に伸ばした。皮下注射器を殺菌する箱のようなものである。彼はその箱を開き、中から画鋲のような形をした奇妙なものを四つ取り出した。それは一インチほどの長さの鋼の釘が、やはり鋼で出来た頭の部分から下方に向かって突き出たスパイクで、その中央の釘の周りにはそれよりもやや短い八分の一インチほどの釘が数本並んでいてた。
 彼は靴を脱ぎ棄てた。それから屈んで靴下も脱いだが、その時、私は彼がリンネルのインナーソックスを履いているのを見た。
 「消毒剤だよ!」彼は私を一瞥して言った。「君が来る前に、足の準備をしておいたんだ。余計なリスクを負う必要はないからね」彼は息を切らしながら言った。それから彼は奇妙な鋼のスパイクの一つを手にした。
 「これは皆、殺菌済みだ」彼は言った。それから、熟考した上で、彼はそれの頭を上にして、足背動脈の二番目と三番目の分岐点の間に押し当てた。
 「おい、何をするつもりなんだ!」私は半ば椅子から飛び上がりそうになった。
 「座れよ!」彼はぞっとするような声で言った。「干渉は止めてくれ。僕はただ単に君に観察していて欲しいだけなんだ。ちゃんと全て、記録しろよ。君は僕に感謝すべきなんだ。心配している場合じゃない。すべて順調に進んでいるから」
 彼は話しながら、二つ目の鋼製スパイクを左の足の甲に、やはり動脈を避けるように用心しながら、押し込んだ。呻き声ひとつ立てなかった。ただ、苦痛にちょっと顔をしかめただけだった。


"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


"I nodded, and drew out my watch. I had noticed that his respirations were increasing; and I found his pulse running evenly and strongly at 105. Three minutes later, it had risen to 175, and his respirations to 41. In a further three minutes, I took his pulse again, and found it running at 203, but with the rhythm regular. His respirations were then 49. He had, as I knew, excellent lungs, and his heart was sound. His lungs, I may say, were of exceptional capacity, and there was at this stage no marked dyspnoea. Three minutes later I found the pulse to be 227, and the respiration 54.

"'You've plenty of red corpuscles, Baumoff!' I said. 'But I hope you're not going to overdo things.'

"He nodded at me, and smiled; but said nothing. Three minutes later, when I took the last pulse, it was 233, and the two sides of the heart were sending out unequal quantities of blood, with an irregular rhythm. The respiration had risen to 67 and was becoming shallow and ineffectual, and dyspnoea was becoming very marked. The small amount of arterial blood leaving the left side of the heart betrayed itself in the curious bluish and white tinge of the face.

"'Baumoff!' I said, and began to remonstrate; but he checked me, with a queerly invincible gesture.

"'It's all right!' he said, breathlessly, with a little note of impatience. 'I know what I'm doing all the time. You must remember I took the same degree as you in medicine.'

"It was quite true. I remembered then that he had taken his M.D. in London; and this in addition to half a dozen other degrees in different branches of the sciences in his own country. And then, even as the memory reassured me that he was not acting in ignorance of the possible danger, he called out in a curious, breathless voice:

"'The Darkness! It's beginning. Take note of every single thing. Don't bother about me. I'm all right!'

****************

 私は頷き、懐中時計を取り出した。私は彼の呼吸が荒くなってゆくことに気がついた。彼の脈拍は規則正しく増え続け、一〇五回に達した。三分後には、脈拍は一七五回にまで達し、呼吸は四一回になった。さらに三分後、私が再び彼の脈を測ったところ、二〇三回を記録したが、そのリズムは一定で、乱れていなかった。呼吸は四九回であった。彼は強靭な肺と心臓を持っているようだった。並外れた肺活量であり、呼吸困難とは無縁のようだった。三分後、彼の脈拍は二二七回で、呼吸数は五四回にまでなった。
 「すごい赤血球を持ってるな、バウモフ!」と私は言った。「だが、やりすぎるな」
 彼は頷き、微笑んだ。だが、何も言わなかった。さらに三分が経過し、私が最後に測った脈拍は二二三回で、 心臓の左右で血液の流れが不均衡となり、不整脈を起こしていた。呼吸は六七回に上昇し、浅く苦しそうで、呼吸困難であることが明らかであった。心臓の左側から出て動脈を流れる血液はほんの僅かでほとんど機能していないため、奇妙な赤みと青白さの混ざった顔色をしていた。
 「バウモフ!」私は言った。そして中止させようとした。だが彼は私をちらりと見て、妙に自信たっぷりな仕草をした。
 「大丈夫だ!」と彼は息を切らせながら、少し苛立った調子で言った。「僕は自分が何をしてるか完璧に理解している。僕が君に負けないくらい医学には精通していることを忘れないでくれ」
 それは本当だった。私は彼が医師の資格をロンドンで取得していたのを思い出した。加えて彼は故国で、科学の分野に於いて、五指に余る異なった学位を取得していたのだ。それで私は、彼が起こり得る危険に頭が回っていないというわけではないのだと思い安心したのだが、その時、彼が息を切らせながら、好奇に満ちた声で叫んだ。
 「闇だ!始まったぞ。全て漏らさずに書き留めておいてくれ。僕のことは心配いらない。僕は平気だから!」


"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



***************

 関係ない話ではありますが、googleで検索しても、このブログは全く上位には出てきませんね。ウィリアム・ホープ・ホジスンという名前が、(特に僕の)記事の中にあまり出てこないせいかもしれないですね。これまではあまり気にしていなかったのですが、さすがにこれでは淋しいので、ちょっと考えないといけないかもしれないですね。


"'Now!' he said, and lifting it, he drank the stuff. 'We will give it thirty-five minutes,' he continued; 'then, as carbonization proceeds, you will find my pulse will increase, as also the respiration, and presently there will come the darkness again, in the subtlest, strangest fashion; but accompanied now by certain physical and psychic phenomena, which will be owing to the fact that the vibrations it will throw off, will be blent into what I might call the emotional-vibrations, which I shall give off in my distress. These will be enormously intensified, and you will possibly experience an extraordinarily interesting demonstration of the soundness of my more theoretical reasonings. I tested it by myself last week' (He waved a bandaged finger at me), 'and I read a paper to the Club on the results. They are very enthusiastic, and have promised their co-operation in the big demonstration I intend to give on next Good Friday ― that's seven weeks off, to-day.'

"He had ceased smoking; but continued to talk quietly in this fashion for the next thirty-five minutes. The Club to which he had referred was a peculiar association of men, banded together under the presidentship of Baumoff himself, and having for their appellation the title of ― so well as I can translate it ― 'The Believers And Provers Of Christ'. If I may say so, without any thought of irreverence, they were, many of them, men fanatically crazed to uphold the Christ. You will agree later, I think, that I have not used an incorrect term, in describing the bulk of the members of this extraordinary club, which was, in its way, well worthy of one of the religio-maniacal extrudences which have been forced into temporary being by certain of the more religiously-emotional minded of our cousins across the water.

"Baumoff looked at the clock; then held out his wrist to me. 'Take my pulse,' he said, 'it's rising fast. Interesting data, you know.'

****************

 「では!」彼はそれを持ち上げ、飲み干した。「三十五分ほどかかる」と彼は続けた。「炭化が進むにつれて、僕の脈拍は速くなり、呼吸も荒くなるだろう。それから再び闇がやってくるだろうが、それは微妙で、奇妙なものになる。というのは、さっきの純粋に物理的な現象に、心霊現象的なものが伴うからだ。僕がこれから苦痛によって生み出そうと考えているものを、僕は感情の波動と呼んでいるのだが、そこにいわゆる波動が介入する。おそらくそれは強大なものになるだろう。君は僕の理論の正しさを、とても興味深い形で体験することができると思う。僕はそれを先週自分でテストしてみたが(彼は包帯をした指を私に見せた)、その結果の研究発表はクラブに向けてやった。彼らはとても興味を持ってくれたよ。それで彼らは、今日から七週間後の次の聖金曜日(キリストの受難記念日)に私が大きなデモンストレーションをする際に、協力をしてくれると約束してくれたよ」
 彼は煙草を吸うのを止めたが、続く三十五分間、このような調子のままで穏やかに語りつづけた。彼が言及したそのクラブは、バウモフ自身の主催の下に集った男性たちによる特異な団体で、その呼称を《キリストの信奉者と証明者》と言った。その名称は、言い得て妙である。決して不敬な言い方をしたい訳ではないのだが、言わせてもらえるなら、彼らは、いや彼らの大半は、キリストの狂信者と言ってよかった。そのうち皆も、私が間違った言葉を使っていないと納得してくれると思う。この特殊なクラブの会員の大勢の述べるところによると、彼らは独自の宗教的狂気に価値を置いており、一時的に宗教的熱狂で高揚すると、同胞たちがこぞって水の中に進み出ることもあるという。
 
 バウモフは時計を見た。それから私に手首を差し出した。「脈を取ってくれ」と彼は言った。「脈が速くなりつつある。興味深いデータじゃないか」


"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



***********************

 文中のグレーになっている部分が、ちょっと難しくて、どうも上手く訳せません。考えた末、無理矢理訳しましたが(それは、ここに限らないんですが 笑)、うーん、どうでしょうか?どなたか助け舟を出して下さると嬉しいのですが。。。

"'Oh, but I've something much finer to show you,' he said. 'The real thing. Wait another minute. The darkness is going. See! You can see the light from the lamp now quite plainly. It looks as if it were submerged in a boil of waters, doesn't it? that are growing clearer and clearer and quieter and quieter all the time.'

"It was as he said; and we watched the lamp, silently, until all signs of the disturbance of the light-carrying medium had ceased. Then Baumoff faced me once more.

"'Now,' he said. 'You've seen the somewhat casual effects of just crude combustion of that stuff of mine. I'm going to show you the effects of combusting it in the human furnace, that is, in my own body; and then, you'll see one of the great wonders of Christ's death reproduced on a miniature scale.'

"He went across to the mantelpiece, and returned with a small, 120 minim glass and another of the tiny, corked test-tubes, containing a single grey-white grain of his chemical substance. He uncorked the test-tube, and shook the grain of substance into the minim glass, and then, with a glass stirring-rod, crushed it up in the bottom of the glass, adding water, drop by drop as he did so, until there were sixty minims in the glass.

****************

 「ああ。でも、実はもっと凄いものを見せる準備があるんだ」と彼は言った。「それが本番だよ。でもちょっと待ってくれ。闇がすぐに消えるから。見てみなよ!ランプの光がすっかり元に戻るから。まるで沸騰した水の底に灯りがあるみたいだろう?それがだんだんと揺らめくのをやめて、はっきりとしてゆくよ」
 彼の言う通りだった。我々は光を撹乱する媒介物の効力が消えるまで、黙ってランプを見詰めていた。やがて、バウモフの姿が再び現れた。
 「さあ」と彼は言った。「これで君は、僕の作った物質を単純に燃焼させることによって生じる、その威力の一部については知ったわけだ。次に、僕は君にこれを人の体の中で燃焼させたときの効力について見せたいと思う。僕の身体を使ってだ。その時、君はおそらく、キリストの死にまつわる奇跡のうちの一つが、小さな規模ではあるが再現されるのを目にすることになるだろう」
 彼はマントルピースの方へ向かい、120ミニムの小さなミニムグラスと、かの灰白色の化学物質がひと欠片入ったコルクの栓をした試験管を手にして戻ってきた。そして試験管の栓を外し、中の物質をミニムグラスの中に入れ、それから撹拌棒を使ってそれをグラスの底で砕き、水を60ミニムになるまで少づつ加えていった。


"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



"His voice explained then, that he had produced, through the medium of chemistry, an exaggerated effect which simulated, to some extent, the disturbance in the Æther produced by waves thrown off by any person during an emotional crisis or agony. The waves, or vibrations, sent out by his experiment produced only a partial simulation of the effect he wished to show me ― merely the temporary interruption of the Vibration of Light, with the resulting darkness in which we both now sat.

"'That stuff,' said Baumoff, 'would be a tremendous explosive, under certain conditions.'

I heard him puffing at his pipe, as he spoke, but instead of the glow of the pipe shining out visible and red, there was only a faint glare that wavered and disappeared in the most extraordinary fashion.

"'My Goodness!' I said, 'when's this going away?' And I stared across the room to where the big kerosene lamp showed only as a faintly glimmering patch in the gloom; a vague light that shivered and flashed oddly, as though I saw it through an immense gloomy depth of dark and disturbed water.

" It's all right,' Baumoff's voice said from out of the darkness. 'It's going now; in five minutes the disturbance will have quieted, and the waves of light will flow off evenly from the lamp in their normal fashion. But, whilst we're waiting, isn't it immense, eh?'

"'Yes,' I said. 'It's wonderful; but it's rather unearthly, you know.'

****************

 すると、闇の向こうから彼の声がした。彼は次のように説明した。科学的な媒体物を使い、人が危機にされされたり苦痛を感じたりする時の感情の波動によって引き起こされるエーテルの混乱を、はっきりと実感できるように、幾らか拡大してシュミレートしたのだと。だが、この波、あるいは波動は、彼が私に示すためだけに行った限定的な実験によって引き起こされたものにすぎなかった。それはただ《光の波動》の一時的な中断でしかなく、だからそうして座っている我々を取り巻いている闇を生み出しただけに留まったのだった。
 「この物質は」とバウモフは言った。「しかるべき条件下では、恐ろしい爆発物となりうるだろう」
 私は彼が話をしながらパイプをふかす音を聞いていたが、パイプの火種が赤く燃える代わりに、揺らめいては奇妙な感じに消える、弱々しい光があるだけだった。
 「おい!」と私は言った。「この状態はいつになったら終わるんだ?」私は部屋の向こう側の大きな石油ランプがある辺りを眺めたが、そこにはただ暗がりの中で微かにちらちらと光っている、灯りの断片があるだけだった。ぼんやりとした光は、震え、奇妙に明滅していた。あたかもそれは、昏くゆらめく深い水の向こうにあるかのようだった。
 「大丈夫だ」闇の向こうからバウモフの声がした。「すぐに終わるさ。五分ほどで収まる。そしたら光の波は普通に流れるようになり、ランプからの光も元に戻るさ。だが、こうして待っている時間が長く感じるだろう?」
 「そうだな」と私は言った。「驚いたよ。だが、何とも気味が悪いものだな」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。