Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京創元社から、「夜の声」が復刊しましたね。

夜の声」 W.H.ホジスン著 井辻朱美訳
創元推理文庫 東京創元社刊


久々の復刊です。
表紙カバーが変わったようですね。
井辻さんの訳はとても読みやすいし、収録作品も『ベスト版』と言っていい内容なので、ホジスン流海洋怪奇小説入門の一冊としてお勧めです。

(shigeyuki)

スポンサーサイト

<原文>


THE MAN UP THE MAIN


It occurred in the first watch, just after six bells. I was forrard, sitting on the fore-hatch. No one was about the maindeck. The night was exceedingly fine; and the wind had dropped away almost to nothing, so that the ship was very quiet.


Suddenly, I heard the Second Mate's voice--


"In the main-rigging, there! Who's that going aloft?"


I sat up on the hatch, and listened. There succeeded an intense silence. Then the Second's voice came again. He was evidently getting wild.


"Do you damn well hear me? What the hell are you doing up there? Come down!"


I rose to my feet, and walked up to wind'ard. From there, I could see the break of the poop. The Second Mate was standing by the starboard ladder. He appeared to be looking up at something that was hidden from me by the topsails. As I stared, he broke out again:


"Hell and damnation, you blasted sojer, come down when I tell you!"


He stamped on the poop, and repeated his order, savagely. But there was no answer. I started to walk aft. What had happened? Who had gone aloft? Who would be fool enough to go, without being told? And then, all at once, a thought came to me. The figure Tammy and I had seen. Had the Second Mate seen something--someone? I hurried on, and then stopped, suddenly. In the same moment there came the shrill blast of the Second's whistle; he was whistling for the watch, and I turned and ran to the fo'cas'le to rouse them out. Another minute, and I was hurrying aft with them to see what was wanted.


His voice met us half-way:


"Up the main some of you, smartly now, and find out who that damned fool is up there. See what mischief he's up to."


"i, i, Sir," several of the men sung out, and a couple jumped into the weather rigging. I joined them, and the rest were proceeding to follow; but the Second shouted for some to go up to leeward--in case the fellow tried to get down that side.


As I followed the other two aloft, I heard the Second Mate tell Tammy, whose time-keeping it was, to get down on to the maindeck with the other 'prentice, and keep an eye on the fore and aft stays.


"He may try down one of them if he's cornered," I heard him explain. "If you see anything, just sing out for me, right away."


Tammy hesitated.


"Well?" said the Second Mate, sharply.


"Nothing, Sir," said Tammy, and went down on to the maindeck.


The first man to wind'ard had reached the futtock shrouds; his head was above the top, and he was taking a preliminary look, before venturing higher.


"See anythin', Jock?" asked Plummer, the man next above me.


"Na'!" said Jock, tersely, and climbed over the top, and so disappeared from my sight.


The fellow ahead of me, followed. He reached the futtock rigging, and stopped to expectorate. I was close at his heels, and he looked down to me.


"What's up, anyway?" he said. "What's 'e seen? 'oo're we chasin' after?"


I said I didn't know, and he swung up into the topmast rigging. I followed on. The chaps on the lee side were about level with us. Under the foot of the topsail, I could see Tammy and the other 'prentice down on the maindeck, looking upwards.



 


三、マストの上の男  


 


 初夜直の六点鐘の直後のことだ。俺は前部ハッチの船首の方に座っていた。メイン・デッキには誰もいなかった。あの夜はとてもいい天気でさ、風もはほとんど無風って位にまで落ちてしまって、船はとても静かだったな。


  突然、二等航海士の声がきこえてきたんだ。


 「おおい、メイン・リギングの奴!だれだ、そこを登ってるのは!」


 俺は背筋をピンと伸ばして、耳を澄ました。あたりは張りつめたような沈黙が支配している。少しすると、また二等航海士の声が聞こえてきた。あからさまに荒っぽくなってた。


 「きさま、俺のいうことが聞こえんのか!そんなとこで何をしようってんだ。さっさと降りてこい!」


 俺は立ち上がり、風上側へと歩いていった。そこからなら船尾楼のブレークが見えるんだ。二等航海士は右舷の昇降梯子の側に立ってて、何かを見上げているみたいだったが、それがなんだかはトップスルに隠れて見えなかった。俺が見ている間にも、また声を張り上げた。


 「このくそこんちくしょうめ、俺がいったらさっさと降りんか」と、船尾楼の上で足を踏みならし、荒々しく命令を繰り返した。けれども何の返事もない。俺は船尾に向かって歩き始めた。いったい何が起きているのか、誰が登っているというのか、一言もいわずに上へいくなんて馬鹿をやっているのは誰なんだ。そのときふいに思いだしたことがある、あの影、俺とタミーが見た奴のことだ。二等航海士は誰かを、いや何かを見たというんだろうか。俺は駆出したが、すぐに立ち止まった。ほとんど同時に二等航海士の号笛の鋭い音がきこえたんだ。当直を呼ぶ笛だ。俺は踵を返し、船首楼へ仲間を起こしに走った。それから連中と一緒に命令を受けに船尾へ急いだ。半分ほどいった所で二等航海士の声がきこえてきた。


 「何人か今すぐメインへ登れ、上にいる馬鹿が誰なのか、そいつが何をやってるのか見てこい!」


 何人かが「アイ、アイ、サー」と答え、二人が風上側の索具に飛びついた。俺もそいつらと一緒に登っていった。残りの奴らもついて来ようとしたんだが、二等航海士は何人か、風下側から登るように命じた。野郎がそっち側から下りてこようとしたときのためってわけだ。


 先に登って行った二人の後を追ってると、二等航海士が、計時係をやっていたタミーに、もう一人の見習いとメイン・デッキに下りて前後の支索を見張るようにいってるのが聞こえてきた。二人に説明していた。


 「追いつめられて、そっちから降りてくるかもしれんからな。何か見えたらすぐに私を呼ぶんだぞ」            


 タミーがためらっていると二等航海士が、どうした、と鋭くいった。


 「何でもありません、サー」あいつは答えてメイン・デッキへと下りていった。


 風上側の先頭を登っていた奴はファトック・シュラウドまで登りきっていた。そいつは頭がトップの上に出ると、さらに先に進む前に辺りを見回した。     


 「ジョックよ、何んか見えっか」その次に俺の上を行っていたプラマーがいった。 「何もいねえ!」ジョックはきびきびと答えて、トップを乗り越えて視界から消えてしまった。


 俺の真上を行っていた奴が続いた。そいつはファトック・リギンに取り付くと、唾を吐こうと動きを止めた。俺がすぐ足元に追いつくと、俺の方を見おろしていった。 「ともかくよ、いってえ何が起きてんだ、野郎は何を見たてんだ。俺らはいってえ誰を追いかけてんだ」


 俺が、知るもんかよ、と答えると、あいつはトップ・マスト・リギンにひらりと飛びついた。俺も後に続いた。風下側の連中も同じ位の高さにいる。トップスルの下縁のずっと下のメイン・デッキに、タミーともう一人の見習いがこっちを見上げてるのが見えた。



 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。