Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
小ネタです。

「you tube」に、ホジスンファンの投稿を見つけました。

william hope hodgson

スポンサーサイト

今回は後期作品を紹介する。 Carnacki, the Ghost Finder (Mycroft and Moran 1947) 以降の作品集にはこれら9作品が収録されているが、そのほとんどがMycroft and Moran版を参考にしている。

後期作品は全てホジスンの戦死後の発表となっている。また、前期作に比べてオカルト的な要素が強くなっているのも特徴の一つといえるだろう。恐らくさまざまな雑誌に向けて売込みがはかられたのだろうが、作品としてのとっつきにくさが売り込みの失敗につながったのかもしれない。

7.The Haunted JARVEE

Primier Magazine Mar.1929 p539-548

The story of a terrible voyage on a haunted windjammer, recounted by Carnacki, a professional ghosttracker.と副題にある。 Ellis Silasによるイラストが一点付されている。出版年が1929年ということで、ホジスンの版権を譲り受けたベッシイ・ホジスン未亡人の売り込みによるものだろう。

The Hog

Weird Tales 39(9) Jan.1947 p6-28

イラストが売りのパルプ雑誌であるが、この作品に関してはイラストは付されていない。

9.The Find

カーナッキ物の中でも、雑誌に掲載されたことがない上、超自然的要素のない全くの異色作であるが、原稿を所有していたモスコウィッツによると、元々は別作品として書かれたもので、The Dumpley Acrostics-An Incident In the Career of Sackwell Dank, Mental Analystというタイトルで、ホジスンが南フランスにいた1913年頃の作品だという。やはり著作権版である“Cargunka and Poems and Anecdotes (A.P.Watt & Son 1914) も著作権版Carnackiと同じく様々な作品を連続させたものだが、その一部に“The Find”が入っている。

 

の両作品はMycroft and Moran版が出る頃まではHC・コーニッグの所有にあったという。この人についてはまた機会を改めて紹介することにしよう。さて、「The Hog」はシリーズ随一の問題作であるが、この作品について知ることは、実はあまりない。1918年ごろから売り込みの記録があるらしいのだが、ことごとく失敗に終わっている。

Weird Talesへはダーレスかコーニッグが売り込んだようだ。ファンとして時々思うのだが、これらの元の原稿はどこへ行ったのだろう。今でもアーカムハウス社の倉庫かどこかに眠っているのだろうか。世界の誰も追跡調査をしていないところから考えると本当に行方不明なのだろう。

kane

 現在、母サイト「The Borderland」に、あちこち手を入れている最中です。
 毎日のように、試行錯誤しながら、ちょっとずつあちこちをいじっています。
 長く更新もしていない母サイト「The Borderland」、少し手を入れました。
 突貫工事で作ったままだったので(笑)。
 まだかなりとっ散らかったままですが、これから、少しづつでも、時間を見つけて手をいれてゆこうと思います。

 ところで、kaneさん、ここに投稿されている記事を、できればそちらの方にも転載したいと思うのですが、宜しいでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。