Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

As I have said, there was a lot of talk, among the crowd of us forrard, about Tom's strange accident. None of the men knew that Williams and I had seen it happen. Stubbins gave it as his opinion that Tom had been sleepy, and missed the foot-rope. Tom, of course, would not have this by any means. Yet, he had no one to appeal to; for, at that time, he was just as ignorant as the rest, that we had seen the sail flap up over the yard.

Stubbins insisted that it stood to reason it couldn't be the wind. There wasn't any, he said; and the rest of the men agreed with him.

"Well," I said, "I don't know about all that. I'm a bit inclined to think Tom's yarn is the truth."

"How do you make that hout?" Stubbins asked, unbelievingly. "There haint nothin' like enough wind."

"What about the place on his forehead?" I inquired, in turn. "How are you going to explain that?"

"I 'spect he knocked himself there when he slipped," he answered.

"Likely 'nuff," agreed old Jaskett, who was sitting smoking on a chest near by.

"Well, you're both a damn long way out of it!" Tom chipped in, pretty warm. "I wasn't asleep; an' the sail did bloomin' well hit me."

"Don't you be impertinent, young feller," said Jaskett.


 五、ウィリアムスの最後

  さっきも言ったが、トムの不思議な事故のことは俺たち、前の連中の間じゃ結構な話題になったんだ。けれども、それが起こるとこをウィリアムスと俺が見てたのを知ってる奴は誰もいなかった。スタビンスの説によると、トムは居眠りこいて足場綱を踏み外したんだろうってことだった。もちろん、トムにはどうしてもこんな話は受け入れがたいものだった。とはいっても、あいつには訴えかける相手がいなかったんだな。その時には、他の奴らと同じく、あいつも知らなかったんだ、俺たちが、帆が帆桁の上まで膨れ上がるのを見てたってことをさ。

  スタビンスが主張するのも風が吹いてなかったってのが理由だった。風なんぞちっとも吹いちゃおらんかったぞ、とスタビンスがいうと他の奴らもそれにうなずいた。

 「それでと、良くはわからんが、俺にはトムのたわごとも少しは本当なんじゃないかって気がしてきたんだけどな」俺はいった。

 「なんでそんことが言えるんだよ」スタビンスがひどく疑わしそうに言った。「あんときゃ、それほどの風なんぞ吹いちゃおらんかったんだぜ」

 「じゃ、あいつの額にあるのは何なんだよ」俺はいい返した。「こいつをどう説明するってんだ」

 「足を踏み外した拍子に頭をぶつけちまったのさ」

 「そげなとこだろうさ」そばの衣装箱に座ってパイプをふかしていた老ジャスケットが言った。

 「なにいってんだい、二人とも全然離れた所におったんじゃねえか」トムが熱くなって割りこんできた。「俺ゃ眠ってなんかいなかったぜ、あのど腐れ帆がおもいっきりぶつかってきやがったんだ」

 「おい、坊主、生意気言うもんじゃねえぞ」と、ジャスケット。

 

 

(つづく)

 

kane

 

スポンサーサイト

The Second Mate said nothing, and I glanced at him, curiously. Was he beginning to see, I wondered, how useless it was to try to find any sensible explanation of the affair? Had he begun at last to couple it with that peculiar business of the man up the main? I am inclined now to think that this was so; for, after staring a few moments at Tom, in a doubtful sort of way, he went out of the fo'cas'le, saying that he would inquire further into the matter in the morning. Yet, when the morning came, he did no such thing. As for his reporting the affair to the Skipper, I much doubt it. Even did he, it must have been in a very casual way; for we heard nothing more about it; though, of course, we talked it over pretty thoroughly among ourselves.

With regard to the Second Mate, even now I am rather puzzled by his attitude to us aloft. Sometimes I have thought that he must have suspected us of trying to play off some trick on him--perhaps, at the time, he still half suspected one of us of being in some way connected with the other business. Or, again, he may have been trying to fight against the conviction that was being forced upon him, that there was really something impossible and beastly about the old packet. Of course, these are only suppositions.

And then, close upon this, there were further developments.

 


 

二等航海士は何もいわなかった。俺は奴さんをまじまじと見つめた。この人はこの事件にまっとうな説明を付けようなんてことが、どんなに無駄なことかわかってきたんだろうか。ようやくメインを登っていた妙な奴と結び付けて考え始めたんだろうか。今じゃその通りだったんだと思ってる。ちょっとの間、怪訝そうにトムを見つめると、朝になったらもっと話をきくからな、と言い残して船首楼を出ていった。でも朝になっても、そんなことはしなかったはずだな。船長に報告したかどうかだって怪しいもんだ。たとえ話したとしても、たぶん、とても何気ない風を装って、ってとこだったはずだ。俺たちの方にはそれ以上のことは伝わって来なかったからな。もっとも俺たちの仲間内じゃ徹底的に議論されたんだけどな。

二等航海士についていえば、上での俺たちに対する扱いには、今だに理解に苦しむんだ。時々思うんだが、きっと俺たちが一杯食わせた、なんて疑ってたんだろうな。そのときになってもまだ、俺かウィリアムスのどっちかが、他のことにも何かの形で関わっていたとか、半ば疑いの目で見てたんだ。それとも、ねじ伏せていた確信―つまり、あのぼろ船に何か奇怪で、恐ろしいものが本当にあるっていうこと―と真っ向からやりあってやろうとしていたのかもしれない。もちろん、こんなの全部、想像にすぎないんだけどな。

 それからすぐ、また事件が起こった。

                                                         つづく

kane

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。