Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And the men-servants asked what should be done with the foot-pads; seeing that they were now recovering. But, indeed, I left the matter, along with some silver, to the servants; and very sound justice they dealt out to the men; for I heard their cries a good while after we had gone away.
Now, when we were come up to the Hall, my cousin must take me in to her Guardian, Sir Alfred Jarles, an old man and venerable that I knew a little in passing and because our estates abounded. And she praised me to my face, yet quaintly-wise; and the old man, her Guardian thanked me most honourably and with a nice courtesy; so that I was a welcome house-friend from that time onward.
And I stayed all that evening, and dined, and afterward went out again into the home-grounds with the Lady Mirdath; and she more friendly to me than ever any woman had been; and seemed to me as that she had known me always. And, truly, I had the same feeling in my heart towards her; for it was, somehow, as though we knew each the way and turn of the other, and had a constant delight to find this thing and that thing to be in common; but no surprise; save that so pleasant a truth had so natural a discovery.

****************


 下男たちは、意識を取り戻しつつある暴漢たちをどうしましょうかと聞いてきた。だが私は下男たちに銀貨を渡して、後の処置を任せた。彼らは暴漢らを十分に懲らしめたと見える。何故なら、私たちがその場を後しにてからも随分と長い間、男たちの悲鳴が聞こえていたのだから。
 そうして私たちがホールに到着すると、従妹は私を後見人の元に連れて行った。後見人のアルフレッド・ジャールズ卿は、老齢の、尊敬に値する人物で、我々の地所のかなりの部分が互いに接していたことから、私とは過去に多少の面識はあった。彼女は私に向き合い、いささか大げさに誉めそやした。それに答え、老後見人は私に対して、礼節を尽くした、丁寧な感謝の言葉を述べてくれた。このことがあってから、私は賓客として歓迎されるようになったのだった。
 私はその宵をそこで過ごし、晩餐をご馳走になった。そして食事の後はミルダス嬢と共に再び庭に出た。彼女は、これまでに出会ったどんな女性よりも親しみを込めて私に接してくれた。それはまるで、彼女が私のことをずっと昔から知っているかのように思えるほどだった。だが実を言うと、私も彼女に対して同じような印象を持ったのだ。というのは、説明することが難しいのだが、まるで私たち二人は共に相手の性癖だとか嗜好だとかを知っていたかのようで、互いの中に通じるものを見つけ出し、確認し合うことに悦びを感じていたのだから。だが、そのことに驚きはしなかった。真実がごく自然に紐解かれてゆくこと、それがこれほど心地よいのだという驚きを除いては。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト
 
But the three men gave out no word of reply; but ran in at me; and I saw somewhat of the gleam of knives; and at that, I moved very glad and brisk to the attack; and behind me there went shrill and sweet, the call of a silver whistle; for the Maid was whistling for her dogs; and maybe the call was also a signal to the men-servants of her house.
Yet, truly, there was no use in help that was yet to come; for the need did be then and instant; and I nowise loath to use my strength before my sweet cousin. And I stepped forward, briskly, as I have told; and the end of my staff I drove into the body of the left-ward man, so that he dropped like a dead man. And I hit very sharply at the head of another, and surely crackt it for him; for he made instantly upon the earth; but the third man I met with my fist, and neither had he any great need of a second blow; but went instant to join his companions, and the fight thus to have ended before it was even proper begun, and I laughing a little with a proper pride, to know the bewilderment that I perceived in the way that the Lady Mirdath, my cousin, stood and regarded me through the dusk of the hushed even.
But, indeed, there was no time left to us, before there came bounding up, three great boar-hounds, that had been loosed to her whistle; and she had some ado to keep the brutes off me; and I then to beat them off the men upon the earth, lest they maul them as they lay. And directly, there was a noise of men shouting, and the light of lanthorns in the night, and the footmen of the house to come running with lanthorns and cudgels; and knew not whether to deal with me, or not, in the first moment, even as the dogs; but when they saw the men upon the ground, and learned my name and saw me proper, they kept well their distance and had no lack of respect; but, indeed, my sweet cousin to have the most of any; only that she showed no intent to keep distance of me; but to have a new and deeper feeling of kinship than she at first had shown.

****************


 だが三人の男たちは聞く耳を持たず、こちらに走り寄って来た。ナイフの閃きのようなものを目にした私は、少し考えたものの、望むところだとばかり、その襲撃を受けて立とうと決めた。すると背後からは銀の笛の音が、甘く甲高く響いた。少女が犬を呼んだのだが、それは同時に屋敷の使用人を呼ぶ合図でもあったのだろう。
 しかし、実際のところ、まだやっても来ない助けを待っていても意味がなかった。助けが必要なのは今この瞬間なのだ。私は美しい従妹の前で自分の力を披露することを躊躇わなかった。先ほどの忠告通り、私は前にさっと踏み込んだ。そして持っていた杖の尻を左側の男の身体に突き入れると、そいつは木偶のように倒れた。それから私は極めて鮮やかにもう一人の男の頭を打ち付けたが、その一打はどうやら頭骨を割ったようで、男はすぐに地面に転がった。三人目の男には拳で迎え撃ったが、二発目の止めを繰り出す必要もなく、すぐに仲間たちと同じ運命を辿った。こうして戦いは始まる前からあっけなく終わってしまい、私は誇らしげに鼻で笑ったが、静けさを取り戻した黄昏の中に佇んでいる従妹のミルダス嬢が感服の眼差しでこちらを見詰めていることに気付くと、決まり悪さを感じた。
 けれど、その直後に、彼女の笛の音で解き放たれた三匹の大きなボア・バウンド(注・現在ではグレート・デーンと呼ばれている)が飛びかかってきた。彼女は犬たちを私から引き離すのに苦労したし、私の方といえば、犬たちが大地に横たわっている男たちを酷く傷つけないように追い払おうとした。それから間もなく、男たちの呼び騒ぐ声が聞こえ、夜の闇の中にランタンの光が見えた。それからランタンと棍棒を手にした屋敷の下男たちが駆けてきた。犬たちと同じく、最初は私に対してどう対処すべきなのか戸惑っていたが、横たわっている男たち目にし、また私の名前と顔をはっきりと確認すると、しかるべき敬意を持った態度で私に接するようになった。しかし、私の美しい従妹はそれ以上だった。彼女は私から離れようとしなかったばかりか、最初私に対して彼女が見せていた親愛の情が新しい段階に入り、深化したかのようだった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And I came up through the gap in the hedge and stood beside her; and tall she had seemed to me, when I looked up at her; and tall she was, in truth; but indeed I was a great head taller. And she invited me then to walk with her to the house, that I meet her Guardian and give word to my sorrow that I had so long neglected to make call upon them; and truly her eyes to shine with mischief and delight, as she named me so for my amissness.
But, indeed, she grew sober in a moment, and she set up her finger to me to hush, as that she heard somewhat in the wood that lay all the way upon our right. And, indeed, something I heard too; for there was surely a rustling of the leaves, and anon a dead twig crackt with a sound clear and sharp in the stillness.
And immediately there came three men running out of the wood at me; and I called to them sharply to keep off or beware of harm; and I put the maid to my back with my left hand, and had my oak staff ready for my use.

****************


 それで私は生垣の抜け道を通り抜けて上って行き、彼女の傍らに並んだ。見上げていた時から背の高い女性だとは思っていたが、実際にその通りであった。しかし私は彼女よりも頭ひとつ分高かった。彼女は、自分と一緒に家に行って後見人に会って、こんなに長いあいだ沙汰無くしていたお詫びを申し上げましょうと、私を屋敷に招待してくれた。私の不義理を指摘しながらも、彼女の瞳は悪戯っぽさと嬉しさを宿して、本当に輝いて見えた。
 だがその直後、彼女はさっと神妙な顔になって指で私を制し、黙るように促した。彼女は何か物音を、右手に広がっている森の中に聞きつけたのだ。そして実際、私も何か物音を耳にした。葉の擦れ合う音がして、それから枯れた小枝の折れる音が、確かに鋭くはっきりと、静寂の中に響いた。
 次の瞬間、三人の男が森の中から飛び出し、こちら目がけて駆けてきた。それで私は彼らに向かって、近くに寄るんじゃない、さもなくば痛い目に会うことになるぞと鋭く言い放った。同時に私は少女を左手で後ろに庇い、持っていた樫の杖を構えた。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
Yet, until that time, I had never met her; for I had been so oft and long abroad; and so much given to my Studies and my Exercises when at home, that I had no further Knowledge of her than Rumour gave to me odd time; and for the rest, I was well content; for as I have given hint, my books held me, and likewise my Exercises; for I was always an athlete, and never met the man so quick or so strong as I did be; save in some fiction of a tale or in the mouth of a boaster.
Now, I stood instantly with my hat in my hand; and answered her gentle bantering so well as I might, the while that I peered intent and wondering at her through the gloom; for truly Rumour had told no tale to equal the beauty of this strange maid; who now stood jesting with so sweet a spirit, and claiming kinship of Cousinhood with me, as was truth, now that I did wake to think.
And, truly, she made no ado; but named me frank by my lad's name, and gave laughter and right to me to name her Mirdath, and nothing less or more--at that time. And she bid me then to come up through the hedge, and make use of a gap that was her own especial secret, as she confessed, when she took odd leave with her maid to some country frolic, drest as village maids; but not to deceive many, as I dare believe.

****************


 しかしこの時まで私は彼女と会ったことがなかった。というのも、私は長期間に渡って外国で過ごすことが多かったし、自宅にいる時には主に勉学と鍛錬に時間を割いていたからで、彼女についての知識は、時折耳にする噂以上のものを持っていなかったのだ。しかし、その点については、私は特に気に留めたこともなかった。先ほども言ったように、私は書物の虜になっていたし、身体の鍛錬にも余念がなかったのだ。私は常にアスリートをもって自らを任じており、物語や大風呂敷の法螺話の中以外では、自分と同じほど屈強な人間にも、あるいは素早い人間にも、これまでに出会った試しがなかった。
 私はすぐに帽子を手にして姿勢を正し、出来る限り上品な物腰で応答したのだが、その間にも薄暗がりの向こうに垣間見える彼女の姿を、嘆息しつつじっと見詰めていた。この初対面の少女の美しさは、噂に違わぬものだった。それから彼女は気さくに立ち話を始めたが、実を言えば、私は自分たちが従兄妹同士だと告げられて初めて、ようやく我に返るという有様だった。
 そう、実際のところ彼女は全く気の置けない態度だった。私を子供の頃の愛称で気さくに呼び、笑いかけ、自分をミルダスだと名乗った。だがそれだけだった─その時は。それから彼女は私に、生け垣を超えてこちらに上がって来るなら、自分しか知らない秘密の抜け穴があるからそこを使うといいと教えてくれた。彼女の告白するところによると、村でお祭りがある時には、召使と一緒に村娘の格好をしてこっそりと忍んでゆくことがあるのだというが、しかしそれで多くの人の目を欺けると考えるのは、厚かましいというものだろう。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
1. MIRDATH THE BEAUTIFUL

 
"And I cannot touch her face
And I cannot touch her hair,
And I kneel to empty shadows--
Just memories of her grace;
And her voice sings in the winds
And in the sobs of dawn
And among the flowers at night
And from the brooks at sunrise
And from the sea at sunset,
And I answer with vain callings . . ."


It was the Joy of the Sunset that brought us to speech. I was gone a long way from my house, walking lonely-wise, and stopping often that I view the piling upward of the Battlements of Evening, and to feel the dear and strange gathering of the Dusk come over all the world about me.

The last time that I paused, I was truly lost in a solemn joy of the Glory of the Coming Night; and maybe I laughed a little in my throat, standing there alone in the midst of the Dusk upon the World. And, lo! my content was answered out of the trees that bounded the country road upon my right; and it was so as that some one had said: "And thou also!" in glad understanding, that I laughed again a little in my throat; as though I had only a half-believing that any true human did answer my laugh; but rather some sweet Delusion or Spirit that was tuned to my mood.

But she spoke and called me by my name; and when I had gone to the side of the road, that I should see her somewhat, and discover whether I knew her, I saw that she was surely that lady, who for her beauty was known through all of that sweet County of Kent as Lady Mirdath the Beautiful; and a near neighbour to me; for the Estates of her Guardian abounded upon mine.




****************


1. 麗しきミルダス


"その頬に触れることもできず
その髪を撫でることも叶わず
ただわたしは虚ろな面影に跪く─
それは貴女のたおやかな記憶……
貴女の声が風の中に谺する
暁のざわめきの中に
夜に咲く花々の間に
夜明けの小川から
夕焼けの海原から
そして私は虚しく呼びかけを返す……"


 優しい夕焼けが、私たちが言葉を交わすきっかけを演出してくれた。私は家から遠く離れ、一人散策の途にあったのだが、時折足を止めては宵闇の胸壁が築き上げられてゆくさまを眺め、自分の周りの世界全てを黄昏が覆い尽くしてゆく様子を、愛おしくも、また不思議にも感じていた。
 最後に休息をとった時、私は《夜の訪れの神秘》に荘厳な悦びを感じ、完全に無我の中に入り込んでしまった。そうして世界を覆う黄昏の中心にたった一人佇んで、おそらくは小さな忍び笑いを漏らしたようだった。すると何ということだろう、右手の田舎道に沿った木立から、私の悦びに答えるものがあった。それはまるで誰かが「貴方にも分かるのですね!」と共感の言葉を返してくれたかのようだった。私はまた喉の奥で少し笑い声を出してみた。というのも、自分の笑い声に答えてきたものが本当に人間であったのかどうか半信半疑だったからで、あるいはただの甘い妄想か、さもなくば私の気分に浮かれて現れた精霊だったのかもしれないと思ったからだった。
 だが彼女は声を出して私の名前を呼んだ。ちらりとでも彼女の姿を見ることができれば知った顔なのかどうか確かめられると思い、道の際に向かったが、そうして分かったことは、彼女はその美しさゆえに《麗しきミルダス》として、のどけきケント州中にあまねく知れ渡っている令嬢その人であった。そしてまた彼女は私の隣人であった。彼女の後見人の地所が私の地所と接していたのだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 「ナイトランド」の翻訳をしてみることにした。
 余りに長いし、難しそうだし、だいたい荒俣宏氏の名訳があるので、いまさらとも思えるが、やはり一番好きな作品でもあるし、また完訳版もないことだし、挑戦してみるのも英語の勉強になっていいかもしれない。そう思った。何年かかるか分からないけれども、ぽつぽつと、暇なときに。そんな感じで。

*****************


The Night Land


by William Hope Hodgson

 
The Dreams that are only Dreams

 
"This to be Love, that your spirit to live in a natural holiness with the Beloved, and your bodies to be a sweet and natural delight that shall be never lost of a lovely mystery. . . . And shame to be unborn, and all things to go wholesome and proper, out of an utter greatness of understanding; and the Man to be an Hero and a Child before the Woman; and the Woman to be an Holy Light of the Spirit and an Utter Companion and in the same time a glad Possession unto the Man. . . . And this doth be Human Love. . . ."

". . . for this to be the especial glory of Love, that it doth make unto all Sweetness and Greatness, and doth be a fire burning all Littleness; so that did all in this world to have met The Beloved, then did Wantonness be dead, and there to grow Gladness and Charity, dancing in the years."

****************

ナイトランド 


ウィリアム・ホープ・ホジスン 著

shigeyuki 訳


儚き夢想


「魂が《真実の恋人》と共に素直な敬虔さの中で生きること、そして肉体が麗しい神秘を失わず甘く素直な喜びとともにあること、それが愛するということだ……そこでは羞恥の心は生まれず、互いに深く理解し合い、全てが健全で、そう在るべきように在る。男は女の前では英雄にも子供にもなる。そして女は魂の神聖なる光であり、完璧な伴侶であり、そして同時に、男にとっての輝かしい宝物でもある……これが人の愛というものなのだ……」

「……それが愛の荘厳なる輝きであり、あらゆる優美さと偉大さを育む。そして浅ましき心をを焼き尽くす。この世界の全ての人々が《真実の恋人》に出会うことができたなら、悪しき心は死に絶え、悦びと慈愛の日々に包まれることだろう」


"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。