Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
To the right of the Red Pit there lay a long, sinuous glare, which I knew as the Vale of Red Fire, and beyond that for many dreary miles the blackness of the Night Land; across which came the coldness of the light from the Plain of Blue Fire.
And then, on the very borders of the Unknown Lands, there lay a range of low volcanoes, which lit up, far away in the outer darkness, the Black Hills, where shone the Seven Lights, which neither twinkled nor moved nor faltered through Eternity; and of which even the great spy-glass could make no understanding; nor had any adventurer from the Pyramid ever come back to tell us aught of them. And here let me say, that down in the Great Library of the Redoubt, were the histories of all those, with their discoveries, who had ventured out into the monstrousness of the Night Land, risking not the life only, but the spirit of life.

****************


 《赤い窪》レッド・ピットの右手には《赤い火の谷》ベール・オブ・レッド・ファイアと呼ばれる長く曲がりくねった火照りの道が横たわっており、その向こう側には《ナイトランド》の漆黒の闇が不気味に何マイルにも渡って続いていた。そしてその闇の中には《青い火の原》プレイン・オブ・ブルー・ファイアが横たわり、冷たい光を放っていた。
 そして《未知の領域》アンノウン・ランドの辺境そのものに、低い火山が幾つも連なって火を噴いており、そのさらに彼方の闇の中には《黒の丘陵》ブラック・ヒルズが、永遠に揺らぎも瞬きもしない《七光》セブン・ライツを輝かせている。その辺りになると、この巨大な望遠鏡でさえはっきとは伺えない。さらに言えば、このピラミッドから冒険の旅に出て、何らかの情報を持ち帰った者もいない。ここで言っておくが、《閣砦中央図書館》グレート・ライブラリー・オブ・ザ・リダウトの奥深くには、生命ばかりか魂までもを賭して《ナイトランド》の恐るべき領域へ冒険に出かけた人々の歴史が、彼らの持ち帰った様々な発見と共に所蔵されている。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト
 
And now, to go back from my digression, it was, as I have said, I had amazement at perceiving, in memory, the unknowable sunshine and splendour of this age breaking so clear through my hitherto most vague and hazy visions; so that the ignorance of Æsworpth was shouted to me by the things which now I knew.
And from that time, onward, for a little space, I was stunned with all that I knew and guessed and felt; and all of a long while the hunger grew for that one I had lost in the early days--she who had sung to me in those faery days of light, that had been in verity. And the especial thoughts of that age looked back with a keen, regretful wonder into the gulf of forgetfulness.
But, presently, I turned from the haze and pain of my dream-memories, once more to the inconceivable mystery of the Night Land, which I viewed through the great embrasure. For on none did it ever come with weariness to look out upon all the hideous mysteries; so that old and young watched, from early years to death, the black monstrosity of the Night Land, which this our last refuge of humanity held at bay.

****************


 随分と横道に逸れたが、そうして記憶を手に入れたことによって、決して知りえないはずの太陽の輝きやこの時代の明るさといった、これまではもっと漠然とした曖昧な想像の賜物でしかなかったものが、はっきりとした形を取って知覚されたということに私は驚かされた。だからこうして知識を手に入れた今となっては、アエスワープスは真実を知らなかったのだと私には思えたのだった。
 この時から暫くの間に私が知ったこと、考えたこと、感じたことの全てが想像を絶していた。そして時間が経つにつれ、かつての日々で失った女性――かつて確かに存在した光溢れる夢のような日々に私のために歌を歌ってくれた女性――への思慕が、狂おしいほどに増幅して行った。そして未来の私はしみじみと、忘却の淵に沈んだかつての素晴らしい世界に思いを馳せたのだった。
 やがて私は霧がかった夢の記憶の疼きから自分を取り戻し、今一度巨大な銃眼を通じて、《ナイトランド》の想像を絶する奇妙な光景を眺めた。そこに広がるぞっとするような神秘の光景を眺めて、退屈を感じるような人間はかつて一人もいなかったに違いない。だからこそ老いも若きも、物心がついてから死を迎えるその時まで、我ら人間を匿ってくれる最後の砦から《ナイトランド》の漆黒の世界を眺めて来たのだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And here I must make it clear to all that, even as I waked from this Age, suddenly into that life, so must I--that youth there in the embrasure--have awakened then to the knowledge of this far-back life of ours--seeming to him a vision of the very beginnings of eternity, in the dawn of the world. Oh! I do but dread I make it not sufficient clear that I and he were both I--the same soul. He of that far date seeing vaguely the life that was (that I do now live in this present Age); and I of this time beholding the life that I yet shall live. How utterly strange!
And yet, I do not know that I speak holy truth to say that I, in that future time, had no knowledge of this life and Age, before that awakening; for I woke to find that I was one who stood apart from the other youths, in that I had a dim knowledge--visionary, as it were, of the past, which confounded, whilst yet it angered, those who were the men of learning of that age; though of this matter, more anon. But this I do know, that from that time, onwards, my knowledge and assuredness of the Past was tenfold; for this my memory of that life told me.
And so to further my telling. Yet before I pass onwards, one other thing is there of which I shall speak--In the moment in which I waked out of that youthfulness, into the assured awaredness of this our Age, in that moment the hunger of this my love flew to me across the ages; so that what had been but a memory-dream, grew to the pain of Reality, and I knew suddenly that I lacked; and from that time onwards, I went, listening, as even now my life is spent.
And so it was that I (fresh-born in that future time) hungered strangely for My Beautiful One with all the strength of that new life, knowing that she had been mine, and might live again, even as I. And so, as I have said, I hungered, and found that I listened.

****************


 ここではっきりとさせておかなければならないことは、私はこの“現代”から目が覚めて、“未来の生”に突然滑り込んだということで、だからこそ(銃眼に立っている“未来”の若者である)私は、遥か昔の私たちが生きていた世界についての知識を覚醒した時には既に持っていたのであり、世界の黄昏の時代にいる未来の私にとって、それは永遠の始まりの光景に思えたのだ。ああ、努力はしているつもりだが、現在の私と未来の私がどちらも同じ“私”であること――同じ魂を持っていることを、上手く説明できているだろうか。未来に存在する彼には過去(私が今現在生きている時代である)の生が漠然と見えている。そしてこの時代の私は、まだ存在していない人生を眺めているのだ。何と奇妙なことだろう!
 もっとも、こうして神聖な真実を語っている私だが、未来の時代の私が覚醒する以前に“現代”の生活や時代のついて知識を持たなかったかったのかどうかは分からない。というのは、私が目覚めて気付いたのは、私が他の若者たちからは浮いた存在であるということを知ったからで、その時には私は過去の微かな知識を、いわば空想のような混沌とした形で、持っていて、それがその時代の学識を身につけた人々を怒らせたのかもしれなかった。だが、そのような話はまた後にしよう。ただこのことから分かったのは、覚醒の時以前からの“過去”に関する確信と知識が十倍になったということだ。ここでの私の人生の記憶が加わったのだから。
 それでは話を続けよう。だが、その前にもう一つだけ言っておくべきことがある――そうして私が若々しさを失った姿で目覚め、この“現代”にいるのだと気がついた瞬間に、この私の愛の渇きが時を越えてあの時代の私にも届いた。それは単なる夢の記憶ではなく、痛みを伴った“現実”としてであり、それ故に私は自分が“失ったもの”について、今にも人生の幕を下ろそうとしているかのような前世の自分の様子を覗い、耳を欹てたことによって、突如知ることとなったのだ。
 そのことがあって、(新たな肉体を得た未来の)私は、その新たな人生においても我が愛しき妻への激しい渇望を感じ、彼女がかつて自分と共に過ごしていたことを知っているだけに、再び共に暮らしたいと思った。それで、既に言ったように、私は希求しつつ、耳を欹てていたのだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
As I have said, in my earliest memory, I mind that I stood in an embrasure, high up in the side of the Pyramid, and looked outwards through a queer spy-glass to the North-West. Aye, full of youth and with an adventurous and yet half-fearful heart.
And in my brain was, as I have told, the knowledge that had come to me in all the years of my life in the Redoubt; and yet until that moment, this Man of this Present Time had no knowledge of that future existence; and now I stood and had suddenly the knowledge of a life already spent in that strange land, and deeper within me the misty knowings of this our present Age, and, maybe, also of some others.
To the North-West I looked through the queer spy-glass, and saw a landscape that I had looked upon and pored upon through all the years of that life, so that I knew how to name this thing and that thing, and give the very distances of each and every one from the "Centre-Point" of the Pyramid, which was that which had neither length nor breadth, and was made of polished metal in the Room of Mathematics, where I went daily to my studies.
To the North-West I looked, and in the wide field of my glass, saw plain the bright glare of the fire from the Red Pit, shine upwards against the underside of the vast chin of the North-West Watcher--The Watching Thing of the North-West. . . . "That which hath Watched from the Beginning, and until the opening of the Gateway of Eternity" came into my thoughts, as I looked through the glass . . . the words of Æsworpth, the Ancient Poet (though incredibly future to this our time). And suddenly they seemed at fault; for I looked deep down into my being, and saw, as dreams are seen, the sunlight and splendour of this our Present Age. And I was amazed.

****************


 既に語ったように、最初の記憶の中で、私はピラミッドの上部にある銃眼に立ち、奇妙な望遠鏡を通じて北西の方向を覗き見ていた。そう、溢れるほどの冒険心を備えた若さと、それに半ば慄く気持ちを胸にして。
 私の頭の中は、既に述べたように、《閣砦》リダウトで育ったこれまでの日々の知識で満たされていた。そしてその瞬間までは、この“今の時を生きる人間”である私には、未来の生活についての知識などなかった。だがそうして佇んでいた私に、突然、その奇妙な場所で過ごした日々の記憶と、自分の深い場所に潜在している前世の記憶、それに恐らくはさらに多くの潜在的な記憶が一度に蘇ったのだ。
 不思議な望遠鏡を通じて北西の方角を見ると、そこに広がるのは、この世に生を受けて以来の年月を通じて子細に眺め暮らしてきた光景で、私はそこに存在しているものたちも、それらの名前がどうして名づけられたのかも知っていたし、さらにはそれらの一つ一つが、私が日々の研究のために訪れる《数学の間》にある、長さも幅もない磨かれた金属で作られたピラミッドの《中心点》センター・ポイントからどれだけ離れているかも知っていた。
 北西の方角を眺める時、望遠鏡の広い視野の中に映るのは、《赤い窪》レッド・ピットの中で燃えている炎のゆらゆらと揺らめく火照りが、《北西の監視者》ノースウェスト・ウォッチャー――北西を監視するもの――の巨大な顎を下から照らし出している、平原の光景だった……『創世の時から監視を続けるその者は、“永遠の門”が開く時までその役をやめない』という言葉が、望遠鏡を通じて眺めていた私の脳裏に浮かんだが、それは“古代”詩人アエスワープス(私たちから見れば、信じられないほど未来の人物である)の言葉だった。しかし、突然その言葉が間違っているのではないかと思えてきた。というのは、私は自分の中深くに降りて行って、夢を見るかのように、この“現代”の太陽の輝きや光溢れる世界を見たからだった。それで、私は驚かされたのだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
In my earliest knowledge of that place, I was a youth, seventeen years grown, and my memory tells me that when first I waked, or came, as it might be said, to myself, in that Future, I stood in one of the embrasures of the Last Redoubt--that great Pyramid of grey metal which held the last millions of this world from the Powers of the Slayers.
And so full am I of the knowledge of that Place, that scarce can I believe that none here know; and because I have such difficulty, it may be that I speak over familiarly of those things of which I know; and heed not to explain much that it is needful that I should explain to those who must read here, in this our present day. For there, as I stood and looked out, I was less the man of years of this age, than the youth of that, with the natural knowledge of that life which I had gathered by living all my seventeen years of life there; though, until that my first vision, I (of this Age) knew not of that other and Future Existence; yet woke to it so naturally as may a man wake here in his bed to the shining of the morning sun, and know it by name, and the meaning of aught else. And yet, as I stood there in the vast embrasure, I had also a knowledge, or memory, of this present life of ours, deep down within me; but touched with a halo of dreams, and yet with a conscious longing for One, known even there in a half memory as Mirdath.

****************


 その場所で私が最初に得た知識は、自分が十七歳の若者であるということだった。そして最初に目覚めた時、あるいは《未来》で我に返ったというべきかもしれないが、私は《最後の閣砦》ラスト・リダウト――この世界の最後の百万人を《殺戮者》スレーヤー》の驚異から守っている、灰色の金属で出来た巨大なピラミッド――の銃眼の一つの中に立っていたのを覚えている。
 あの《場所》について私が得た知識の全てを、そこを知らない人々にそっくりと伝えることが出来るとは思わない。それに私が、自分の知っていることを当然のこととして語ってしまうかもしれないという問題もある。だから、私はこれを現代の人々が読まなければならないのだと心に留める必要があるだろう。その場所で、佇みながら辺りを見渡していた私は、“この”時代の人間であるというよりはむしろ、“あの”場所で十七年間の人生を生きてきて、そこでの人生についての自然な知識が身に付いた“あの”時代の若者であったのだから。もちろん最初の幻視の時までは、(この現在の)私は、そうしたことも《未来の生》のことなども知らなかった。他の人々と同じように朝の太陽が輝き始めるとベッドから起き出すのが当然だと思っていたし、太陽という名称も知っていたから、それが特別なことだとは思っていなかった。だが、その場所で巨大な銃眼の中に立った私の方は、その時自分の中に深く降りていって、私たちの前世の知識、あるいは記憶を探り当てたのだ。そして夢のような光輪に触れ、さらにはある人に対する切望、つまりミルダスに対する記憶の断片も知ったのだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And some shall read and say that this thing was not, and some shall dispute with them; but to them all I say naught, save "Read!" And having read that which I set down, then shall one and all have looked towards Eternity with me--unto its very portals. And so to my telling:

To me, in this last time of my visions, of which I would tell, it was not as if I dreamed; but, as it were, that I waked there into the dark, in the future of this world. And the sun had died; and for me thus newly waked into that Future, to look back upon this, our Present Age, was to look back into dreams that my soul knew to be of reality; but which to those newly-seeing eyes of mine, appeared but as a far vision, strangely hallowed with peacefulness and light.
Always, it seemed to me when I awaked into the Future, into the Everlasting Night that lapped this world, that I saw near to me, and girdling me all about, a blurred greyness. And presently this, the greyness, would clear and fade from about me, even as a dusky cloud, and I would look out upon a world of darkness, lit here and there with strange sights. And with my waking into that Future, I waked not to ignorance; but to a full knowledge of those things which lit the Night Land; even as a man wakes from sleep each morning, and knows immediately he wakes, the names and knowledge of the Time which has bred him, and in which he lives. And the same while, a knowledge I had, as it were sub-conscious, of this Present--this early life, which now I live so utterly alone.

****************


 この物語を読んで、こんなことはありえないという人はいるだろうし、違った意見を持つ人もいることだろう。だが、私にはただ「読んで欲しい!」としか言えない。そしてここに書き記したものを読み進みながら、私とともに《永劫》を――その扉の向こうを、覗き見て欲しい。それでは、語り始めよう。
 
 私にとって、これから語ろうとしている終末の光景は、“夢を見ている”という感じではなかった。それはいわば、“この世界の未来”に、暗闇の中で“目が醒めた”という感じだった。そこでは太陽は終末を迎えていた。後で思い返してみると、《未来》で新たに目を醒ました時には、私にとってこの《現在》というものは、自分の魂がリアリティを持って知っている夢の記憶を辿っているかのようだった。しかし、そうした新たな獲得した目で見ると、現在のことは、穏やかさと光に包まれて不思議な神聖さを纏った、遠い幻のようだった。
 私が《未来》で、世界を包み込む《永遠の夜》の中で目を醒ました時には、いつも近くに私を取り巻くぼんやりとした灰色の輪のような靄が見えるように思えた。だがやがてその灰色の靄は薄れ、薄暗い雲のように私の周りから消え去り、私は闇の世界のあちらこちらで光を発するものがある、奇妙な光景を見渡しているのだった。《未来》で目を醒ました時、私は何も分からないという状態ではなかった。《ナイトランド》で光を灯している様々なものたちについての知識は十分に持っていたのだ。人が毎朝眠りから醒めた時には、自分の名前や、これまでの生きてきた時間についての知識を持っているように。そして同時に、私がたった一人で孤独に生活をしているこの《現在》――この前世についての知識も、二次的な意識として持ち合わせていた。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
II
THE LAST REDOUBT

Since Mirdath, My Beautiful One, died and left me lonely in this world, I have suffered an anguish, and an utter and dreadful pain of longing, such as truly no words shall ever tell; for, in truth, I that had all the world through her sweet love and companionship, and knew all the joy and gladness of Life, have known such lonesome misery as doth stun me to think upon.
Yet am I to my pen again; for of late a wondrous hope has grown in me, in that I have, at night in my sleep, waked into the future of this world, and seen strange things and utter marvels, and known once more the gladness of life; for I have learned the promise of the future, and have visited in my dreams those places where in the womb of Time, she and I shall come together, and part, and again come together--breaking asunder most drearly in pain, and again reuniting after strange ages, in a glad and mighty wonder.
And this is the utter strange story of that which I have seen, and which, truly, I must set out, if the task be not too great; so that, in the setting out thereof, I may gain a little ease of the heart; and likewise, mayhap, give ease of hope to some other poor human, that doth suffer, even as I have suffered so dreadful with longing for Mine Own that is dead.

****************


Ⅱ. 《最後の閣砦》ラスト・リダウト
 
 私の愛しき妻ミルダスが死んで、たった一人でこの世に取り残されてからというもの、私が味わった苦悶や、彼女を求める絶望的な気持ちは、とても言葉には出来ない。実際のところ、私にとって彼女との甘い愛と交流こそが世界の全てであり、命の悦びや愉しさを感じさせてくれるものであったからだ。だからそうした孤独の寂しさに、私は心底打ちひしがれてしまったのだ。
 だが私は再びペンを取ろうと思う。なぜなら、最近になって私の中に驚くべき希望が芽生えたからだ。夜になって眠りに就くと、私は未来の世界で目を醒まし、不思議な事物や圧倒されるような驚異を目にした。そして生きることの喜びを今一度知ったのだ。そう、私は未来が約束されていると知った。夢の中で、《時》の子宮の中に存在する場所を訪れたのだ。彼女と私は結ばれ、離れ離れになり、そしてまた巡り合う運命にある……耐え難い苦しみを味わいながら引き裂かれ、そして見知らぬ時代を経て、また喜びと驚きの中で再会するのだ。
 これは私が目にした、本当に奇妙な物語である。私の手には負えないかもしれないが、それでも語らなければならない。それは、語ることによって私の心が慰められるかもしれないからだが、さらに言えば、妻の死によって悲痛な思いに苛まれている私と同じような思いをしている、他の不幸な人々への慰めとなるかもしれないと思うからだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And the hands of my wife lay very still and white; but presently they began to move softly and weakly, searching for somewhat; and I put out my great hands to her, and took her hands with an utter care; and so a little time passed.
Then her eyes opened, quiet and grey, and a little dazed seeming; and she rolled her head on the pillow and saw me; and the pain of forgetfulness went out of her eyes, and she looked at me with a look that grew in strength, unto a sweetness of tenderness and full understanding.
And I bent a little to her; and her eyes told me to take her into mine arms for those last minutes. Then I went very gentle upon the bed, and lifted her with an utter and tender care, so that she lay suddenly strangely restful against my breast; for Love gave me skill to hold her, and Love gave My Beautiful One a sweetness of ease in that little time that was left to us.
And so we twain were together; and Love seemed that it had made a truce with Death in the air about us, that we be undisturbed; for there came a drowse of rest even upon my tense heart, that had known nothing but a dreadful pain through the weary hours.
And I whispered my love silently to My Beautiful One, and her eyes answered; and the strangely beautiful and terrible moments passed by into the hush of eternity.
And suddenly, Mirdath My Beautiful One, spoke,--whispering something. And I stooped gently to hark; and Mine Own spoke again; and lo! it was to call me by the olden Love Name that had been mine through all the utter lovely months of our togetherness.
And I began again to tell her of my love, that should pass beyond death; and lo! in that one moment of time, the light went out of her eyes; and My Beautiful One lay dead in mine arms . . . My Beautiful One. . . .

****************


 妻の手はとても白く、じっと動かなかった。だがしばらくするとまた力なく緩やかに動き始め、何かを探ろうとした。私は自分の手を彼女の方に伸ばし、そっとその手を取った。そしてしばらくはそのままじっとしていた。
 ふと彼女の目が開いたが、その穏やかで灰色の眼差しは、少し虚ろに見えた。それから彼女は枕の上で頭を少し動かして、私を見た。すると私を見詰める彼女の瞳からはぼんやりとした様子が消え、思いやりに満ちた、慈愛に満ちた眼差しを次第に取り戻していった。
 私は彼女の顔を覗き込んだ。すると彼女の瞳が、最後の瞬間を私の腕の中で迎えたいと語っていた。それで私はベッドの上にそっと滑り込んで、彼女の身体を注意深くそっと抱き上げた。すると彼女は驚くほど安心しきった様子で、ぐったりと私の胸に身体を預けてきた。彼女の身体を支えきれたのは、愛の力だった。そして愛は、私たちが離れ離れになる前のその僅かな時間に、妻に甘いやすらぎを与えてくれたのだ。
 私たちは二人で一つだった。そして愛は、死神を私たちの間際で引き留め、誰にも邪魔されない二人だけの時間を与えてくれた。辛く長い時間を通じて、引き裂かれるような想いばかりを感じ続けていた私の張り詰めた心にも、安らいだ微睡が訪れた。
 私が妻に愛の言葉を静かに囁きかけると、彼女の瞳がそれに答えてくれた。奇妙に美しく、そして恐ろしいひとときが、永遠の静寂の中で過ぎていった。
 そして突然、私の愛しい妻が、口を開き、何かを囁いた。私はそっと首を傾け、耳を欹てた。すると彼女はまた口を開いた。ああ!それは共に過ごした愛の日々の中で彼女が私をそう呼んでいた、懐かしい呼称であった。
 そしてまた私は彼女に愛の言葉を囁いた。それが死を遠ざけてくれるとでもいうかのように。ああ、だが次の瞬間、彼女の瞳から光が消えた。私の愛しい妻は、私の腕の中で息を引き取った……私の愛しい妻……

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
* * *

Mirdath, My Beautiful One, lay dying, and I had no power to hold Death backward from such dread intent. In another room, I heard the little wail of the child; and the wail of the child waked my wife back into this life, so that her hands fluttered white and desperately needful upon the coverlid.
I kneeled beside My Beautiful One, and reached out and took her hands very gentle into mine; but still they fluttered so needful; and she looked at me, dumbly; but her eyes beseeching.
Then I went out of the room, and called gently to the Nurse; and the Nurse brought in the child, wrapped very softly in a long, white robe. And I saw the eyes of My Beautiful One grow clearer with a strange, lovely light; and I beckoned to the Nurse to bring the babe near.
My wife moved her hands very weakly upon the coverlid, and I knew that she craved to touch her child; and I signed to the Nurse, and took my child in mine arms; and the Nurse went out from the room, and so we three were alone together.
Then I sat very gentle upon the bed; and I held the babe near to My Beautiful One, so that the wee cheek of the babe touched the white cheek of my dying wife; but the weight of the child I kept off from her.
And presently, I knew that Mirdath, My Wife, strove dumbly to reach for the hands of the babe; and I turned the child more towards her, and slipped the hands of the child into the weak hands of My Beautiful One. And I held the babe above my wife, with an utter care; so that the eyes of my dying One, looked into the young eyes of the child. And presently, in but a few moments of time; though it had been someways an eternity, My Beautiful One closed her eyes and lay very quiet. And I took away the child to the Nurse, who stood beyond the door. And I closed the door, and came back to Mine Own, that we have those last instants alone together.

****************


* * *
 
 ミルダス、私の美しい妻は、死の床にあった。私には死神を引き止めておくだけの力はなかった。隣の部屋から、子供の泣く声が微かに聞こえた。妻はその声に意識を取り戻し、白い手をベッドカバーの上で探るように震わせた。
 私はミルダスの傍らに跪き、優しくその手を取り、私の方に引き寄せた。しかし何かを求めるような手の震えは止まらなかった。そして彼女は私を無言で見詰めた。その眼差しは、何かを訴えかけていた。
 私は部屋を出て、静かに看護婦を呼んだ。看護婦は、白いローブに柔らかく包んだ赤ちゃんを連れてやってきた。すると愛しい妻の瞳が明るい光を宿し、澄み渡った。私は看護婦に、赤ちゃんを側に連れてきてくれるように手招きした。
 妻は手をベッドカバーの上で弱々しく動かした。私は妻が子供に触れたがっているのだと思った。それで私は看護婦に合図し、子供を自分の手に受け取った。看護婦が部屋から出てゆくと、私たちは三人だけになった。
 私は静かにベッドに腰を掛けた。そして赤ん坊を妻の側に寄せて、そのちっぽけな頬を死に行く妻の真っ白な頬に触れさせた。しかし子供の重みは妻の負担にならないように気を配った。
 するとすぐに、私の妻であるミルダスが、無言のまま赤ん坊に手を伸ばそうと懸命になっているのに気がついた。それで私は子供をさらに彼女の方へ寄せて、赤ん坊の手を妻の弱々しい手に握らせてやった。そして細心の注意を払い、妻に寄りかかる赤ん坊を支えた。すると死に行く妻の瞳が赤ん坊の無垢な瞳の中を覗き込んだ。それはほんの僅かな時間のことだったが、まるで永遠のようにも思えた。やがて妻は目を閉じ、静かに横たわった。それで私は子供をドアの向こうに立っていた看護婦に預けた。そしてドアを閉め、二人きりで残り僅かな時間を過ごすために、妻の傍らに戻った。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And this I did so well as I might, despite that she would have me stop. And afterwards, I took her into mine arms, and ran very fierce all the long and weary way to the Hall, and with hot skewers I burned the wounds; so that when the doctor came, he to say I have saved her by my care, if indeed she to be saved. But, truly, she had saved me in any wise, as you shall think; so that I could never be done of honour to her.
And she very pale; but yet to laugh at my fears, and to say that she soon to have her health, and the wounds healed very speedy; but, indeed, it was a long and bitter time before they were proper healed, and she so well as ever. Yet, in time, so it was; and an utter weight off my heart.
And when Mirdath was grown full strong again, we set our wedding day. And well do I mind how she stood there in her bridal dress, on that day, so slender and lovely as may Love have stood in the Dawn of Life; and the beauty of her eyes that had such sober sweetness in them, despite the dear mischief of her nature; and the way of her little feet, and the loveliness of her hair; and the dainty rogue-grace of her movements; and her mouth an enticement, as that a child and a woman smiled out of the one face. And this to be no more than but an hint of the loveliness of My Beautiful One.
And so we were married.


****************


 作業は出来る限り手際よくやったが、彼女は私を止めようとした。全てを終えた後、私は彼女を両手で抱き上げて、うんざりするほど遠い玄関までの道を精一杯の速さで駆けてゆくと、熱した焼き串を傷を焼いた。医者がやって来たとき、彼は私に、彼女の命が助かったとしたら、それはあなたの処置がよかったからだと言った。しかし、そもそも彼女が私をその賢さで救ってくれたのだから、誉を受ける資格は私にはなかった。
 彼女はとても青ざめていた。しかし心配そうにしている私に向かって笑いかけ、すぐによくなるわ、と言った。実際、傷はすぐに治ったが、完全に回復して以前のようになるまでには長く辛い時間が必要だった。
 ミルダスがまた以前の元気を取り戻した時、私たちは婚礼の日を決めた。その日、ブライダル・ドレスを身に纏った彼女の佇む姿を、私ははっきりと覚えている。ほっそりと愛らしくて、まるで《生命の夜明け》に佇む女神のようだった。美しい彼女の瞳は甘く澄んで、悪戯ばかりしているとは思えないほどだった。それから彼女のゆっくりとした歩みと、愛らしい髪。上品でしなやかな身のこなし。魅力的な唇には、少女と大人の女性の微笑みが同居していた。だがそうした言葉の全ては、我が麗しの女の魅力を垣間見せることしか出来はしないのだ。
 そうして私たちは結婚した。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And each day and all day after this Gladness, Mirdath and I could never be apart; but must go a-wander always together, here and there, in an unending joy of our togetherness.
And in a thousand things were we at one in delight; for we had both of us that nature which doth love the blue of eternity which gathers beyond the wings of the sunset; and the invisible sound of the starlight falling upon the world; and the quiet of grey evenings when the Towers of Sleep are builded unto the mystery of the Dusk; and the solemn green of strange pastures in the moonlight; and the speech of the sycamore unto the beech; and the slow way of the sea when it doth mood; and the soft rustling of the night clouds. And likewise had we eyes to see the Dancer of the Sunset, casting her mighty robes so strange; and ears to know that there shakes a silent thunder over the Face of Dawn; and much else that we knew and saw and understood together in our utter joy.
Now, there happened to us about this time a certain adventure that came near to cause the death of Mirdath the Beautiful; for one day as we wandered, as ever, like two children in our contentment, I made remark to Mirdath that there went only two of the great boar-hounds with us; and she then told me that the third was to the kennels, being sick.
Yet, scarce had she told me so much; ere she cried out something and pointed; and lo! I saw that the third hound came towards us, at a run, yet very strange-seeming in his going. And in a moment, Mirdath cried out that the hound was mad; and truly, I saw then that the brute slavered as he came running.
And in a moment he was upon us, and made never a sound; but leaped at me in one instant of time; all before I had any thought of such intent. But surely, My Beautiful One had a dreadful love for me, for she cast herself at the dog, to save me, calling to the other hounds. And she was bitten in a moment by the brute, as she strove to hold him off from me. But I to have him instant by the neck and the body, and brake him, so that he died at once; and I cast him to the earth, and gave help to Mirdath, that I draw the poison from the wounds.

****************


 この素晴らしい日の後には、ミルダスと私は決して離れはしなかった。何処へ行くのも常に寄り添い合って、共にいることの尽きることのない喜びを味わった。
 私たちが喜びの中で一つになれたのは、千に一つのことだった。私たちは共に、夕焼けの翼の向こうに広がる永遠の青空を愛するものたちであった。そしてまた、世界に降り注ぐ星明かりの音を、《眠りの塔》が黄昏の神秘の中に聳え立つ静かな灰色の宵を、月明かりの中に粛々と広がる緑なす牧草地を、楓とブナが囁きあうのを、憂いに沈んだ時の海の緩やかなうねりを、夜空の雲が立てる優しい音を、愛するものたちであった。また、私たちは共に《夕陽の踊子》と、彼女の纏う奇妙な衣装を目にした。そして《暁の顔》の上に響く静かな雷鳴を聞いた。その他にも様々なことを、私たちは共に見たり、知ったり、理解したりしたのだった。
 この頃、《麗しきミルダス》の死を招いた原因となったのかもしれない、とある事件が起こった。ある日、いつものように私たちは満ち足りた子供のようにそぞろ歩きをしていたのだが、ふと私は、ミルダスが二匹だけしかボア・ハウンドを連れていないことに気が付いた。すると彼女は私に、もう一匹は病気で犬舎にいるのよ、と言った。
 しかし彼女の言葉は不意に断ち切られた。彼女が指を指し、何かを叫んだのだ。ハッとした私の目に映ったのは、三匹目の犬がこちらに向かって走ってくる姿だったが、その行動がなんとも異様だった。するとすぐにミルダスが、あの犬は狂っているわ、と悲鳴を上げた。実際私の目には、犬がまるで野獣のように涎を垂らしながら走ってくる様子が見えた。
 すぐに犬は私たちに追いつき、それまで聞いたこともないような唸り声を上げた。そして間髪入れず私に飛び掛った。考える暇もないほど、全てはとっさの出来事だった。だが私の麗しき人は、心の底から愛している私を守ろうと自ら獣の前に身体を投げ出し、他の犬たちを呼んだ。次の瞬間、彼女はその獣の毒牙にかかったが、それでも獣を私から引き離しておこうと必死だった。私は慌てて獣の首と胴体を抱え込み、二つにへし折って、一息に絶命させた。それから私は犬を地面に放り出すと、ミルダスを抱き上げ、傷口から毒を吸い出した。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And in the end, the Lady of the Embroidering looked up sudden into my face; and I then to see somewhat of the mischief in a moment; for she had the face of the man of the Court suit, that had been lover to Mirdath.
And the Lady Mirdath then to explain to me how that Mistress Alison (which was her name) was a dear and bosom friend, and she it was that had been drest in the Court suit to play a prank for a wager with a certain young man who would be lover to her, an he might. And I then to come along, and so speedy to offence that truly I never saw her face plain, because that I was so utter jealous. And so the Lady Mirdath had been more justly in anger than I supposed, because that I had put hands upon her friend, as I have told.
And this to be all of it, save that they had planned to punish me, and had met every evening at the gap, to play at lovers, perchance I should pass, so that I should have greater cause for my jealousy, and truly they to have a good revenge upon me; for I had suffered very great a long while because of it.
Yet, as you do mind, when I came upon them, the Lady Mirdath had a half-regret, that was very natural, because even then she was in love of me, as I of her; and because of this, she drew away, as you shall remember, being--as she confessed--suddenly and strangely troubled and to want me; but afterwards as much set again to my punishment, because that I bowed so cold and went away. And indeed well I might.
Yet, truly, all was safe ended now, and I utter thankful and with a mad delight in the heart; so that I caught up Mirdath, and we danced very slow and stately around the great hall, the while that Mistress Alison whistled us a tune with her mouth, which she could very clever, as many another thing, I wot.

****************


 ミルダス嬢が私に明かしてくれたことによると、ミストレス・アリソン(それが彼女の名前だ)は彼女の大切な親友であり、彼女は法服を身に着けて、まるで彼女の恋人の青年であるかのように振舞ってふざけていただけだったというのだ。ところがそこへ私が通りかかり、嫉妬の余り彼女の顔をはっきりと見ることもせず、かっとなってしまった。そして彼女の親友を押しのけてしまったものだから、当然のことながら彼女は私が考えていたよりもずっと腹を立てた、という訳だった。
 これが事の真相だったが、それから二人は私を懲らしめようと企み、それで毎夕抜け道で会っては、恋人同士のように振る舞ったのだ。たまたま私が通りがかれば、きっと嫉妬に身を焦がすだろうから、それが私に対するまたとない仕返しになると考えたのだ。私はそのせいで、随分と長い間苦しい思いをしたのだった。
 しかし心に留めて欲しいのだが、私が二人の前に現れた時、ミルダス嬢は半ば後悔していたのだ。私と同じく、彼女も私を愛していたのだから、それは自然な感情だった。覚えているだろうか、だからこそ彼女は親友から離れたのであり、後に告白したところによると、突然不思議なくらいに私を思うと胸が苦しくなったのだという。だが私はそっけなく頭を下げて立ち去ってしまったから、懲罰はその後も続くことになってしまったのだった。本当なら、そんなことはなくて済んだかもしれないのに。
 だがこれでようやく全ては丸く収まり、私の心の中には神への感謝と、気も狂わんばかりの喜びが満ち溢れていた。私はミルダスを抱きしめ、それからゆっくり堂々と、大広間の中を踊って回った。そしてその間、ミストレス・アリソンは巧みに口笛を操り、私の知らない沢山の曲を披露して、私たちを囃し立ててくれた。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And sudden, she moved in mine arms, and slipt her hands to me, very dear, and held her lips up to me, like some sweet child, that I kiss her; but, indeed, she was also a true woman, and in honest and dear love of me.
And this to be the way of our betrothal; and simple and wordless it was; yet sufficient, only that there is no sufficiency in Love.
Now, presently, she loosed herself out of mine arms, and we walked homeward through the woods, very quiet, and holding hands, as children do. And I then in a while to ask her about the man of the Court; and she laughed very sweet into the silence of the wood; but gave me no answer, save that I wait until we were come to the Hall.
And when we were come there, she took me into the great hall, and made a very dainty and impudent bow, mocking me. And so made me known to another lady, who sat there, upon her task of embroidering, which she did very demure, and as that she had also a dainty Mischief lurking in her.
And truly, the Lady Mirdath never to be done of naughty laughter, that made her dearly breathless with delight, and to sway a little, and set the trembling of pretty sounds in her throat; and surely she must pull down two great pistols from an arm-rack, that I fight a duel to the death with the lady of the embroidering, who held her face down over her work, and shook likewise with the wickedness of her laughter that she could not hide.
And in the end, the Lady of the Embroidering looked up sudden into my face; and I then to see somewhat of the mischief in a moment; for she had the face of the man of the Court suit, that had been lover to Mirdath.

****************


 そして突然彼女は私の腕の中で身体をよじり、愛しげに腕を私に絡ませて、まるで幼い子供のように唇を求めてきた。私は彼女にキスをしたが、しかしまた彼女は、私が真実の愛を捧げる、一人の成熟した女性でもあった。
 これが私たちの婚約の儀であった。シンプルで、言葉さえなかった。だがそれで十分だった。《愛》には、これで満足だということがないのだから。
 やがて彼女は私の腕から離れた。それから私たちは子供のように手を取り合い、静かに森を抜けて家路を辿った。しばらく歩いた頃、私は彼女に麗の判事のことを訊いてみた。すると彼女は静かな森の中に谺する、愛らしい笑い声を上げた。だがその答えは、玄関に辿り着くまでお預けにしてしまった。
 屋敷に辿り着くと、彼女は私を大広間に招き入れ、優美で大げさなお辞儀をして、からかうように私を見詰めた。それから彼女はそこに座って刺繍をしていた一人の女性を紹介してくれたが、その女性も妙に取り澄ましていて、ミルダス嬢に負けないくらいに何かを企んでいるように見えた。
 実際には、ミルダス嬢は無作法に大笑いをしたという訳ではなかったが、楽しそうに上気して、少し肩を震わせながら、喉から可愛いらしい声を漏らした。それから彼女は、私が刺繍をしていた女性と命を賭した決闘をするようにと、銃架から二挺のピストルを取ろうとした。するとその女性は手に持った刺繍に顔を埋めて、それでも隠し切れないほど悪戯っぽく、肩を震わせて笑うのだった。
 ひとしきり笑うと、その《刺繍をしている女性》はいきなり顔を上げて、私の顔を下から覗き込んだ。その瞬間、私はようやく彼女たちの仕掛けた悪戯の一部を伺い知った。何故なら彼女の顔は、ミルダスの恋人であったあの判事の服装をしていた男そのものであったからだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。