Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And so, searching the road with my gaze, I passed beyond this Silent One, and past the place where the road, sweeping vastly to the South-East, was lit a space, strangely, by the light from the Silver-fire Holes. And thus at last to where it swayed to the South of the Dark Palace, and thence Southward still, until it passed round to the Westward, beyond the mountain bulk of the Watching Thing in the South--the hugest monster in all the visible Night Lands. My spy-glass showed it to me with clearness--a living hill of watchfulness, known to us as The Watcher Of The South. It brooded there, squat and tremendous, hunched over the pale radiance of the Glowing Dome.
Much, I know, had been writ concerning this Odd, Vast Watcher; for it had grown out of the blackness of the South Unknown Lands a million years gone; and the steady growing nearness of it had been noted and set out at length by the men they called Monstruwacans; so that it was possible to search in our libraries, and learn of the very coming of this Beast in the olden-time.
And, while I mind me, there were even then, and always, men named Monstruwacans, whose duty it was to take heed of the great Forces, and to watch the Monsters and the Beasts that beset the great Pyramid, and measure and record, and have so full a knowledge of these same that, did one but sway an head in the darkness, the same matter was set down with particularness in the Records.

****************


 そして私は視線を道に沿って這わせ、《無言のやつら》の向こう、道の周りに広がる全景に目を遣ったが、南東に広がるその一帯は奇妙に仄明るく、それは《銀火の三穴》から漏れてくる明かりのせいだった。そして道に沿って南の《闇の宮殿》ダーク・パレスの支配下を抜けると、そのさらに南、西に向かって湾曲してゆく手前で、南を監視する怪物の巨体が、山の向こうに見えてくる――それは、《ナイトランド》の目に映る範囲の中では、最も巨大な怪物である。私の望遠鏡が、はっきりとその姿を見せてくれる――それは油断のならない生ける小山であり、《南の監視者》ウオッチング・シング・イン・ザ・サウスとして知られていた。そいつは《輝くドーム》グローイング・ドームの青白い光の上に覆い被さるように、その巨体の背を丸くして蹲っていた。
 この奇妙な大監視者に関しては、これまでに多くの書物が記されてきた。そいつは百万年前に《南の知られざる土地》サウス・アンノウン・ランズの闇から現れて成長してきた。そしてここまで安定した成長を続けてきたその様子は、《怪物警備官》モンストルワカンと呼ばれる人々によって詳細に記録されてきた。その記録は図書室で参照することが可能であり、さらには、いにしえの日々にこの怪物がやってきた様子を知ることも出来る。
 私の知る限り、その時はもちろんそうだが、常に、《怪物警備官》モンストルワカンと呼ばれる職務についた人々が、多大な努力をもって警戒に当たり、このピラミッドを取り巻く怪物やけだものたちを見張ってはその一部始終を記録しているのだが、彼らは変わらぬ状態というものを知り尽くしているから、何かが暗闇で頭を揺らしていたりすると、変わらぬことに添えて、そうした特別な出来事も同時に記録に書き残している。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト
 
Yet, because I had heard the Laughter oft, I paid not over-long attention to my thoughts upon it; and when, in a little it died away into that Eastern Darkness, I turned my spy-glass upon the Giants' Pit, which lay to the South of the Giants' Kilns. And these same Kilns were tended by the giants, and the light of the Kilns was red and fitful, and threw wavering shadows and lights across the mouth of the pit; so that I saw giants crawling up out of the pit; but not properly seen, by reason of the dance of the shadows. And so, because ever there was so much to behold, I looked away, presently, to that which was plainer to be examined.
To the back of the Giants' Pit was a great, black Headland, that stood vast, between the Valley of The Hounds (where lived the monstrous Night Hounds) and the Giants. And the light of the Kilns struck the brow of this black Headland; so that, constantly, I saw things peer over the edge, coming forward a little into the light of the Kilns, and drawing back swiftly into the shadows.
And thus it had been ever, through the uncounted ages; so that the Headland was known as The Headland From Which Strange Things Peer; and thus was it marked in our maps and charts of that grim world.
And so I could go on ever; but that I fear to weary; and yet, whether I do weary, or not, I must tell of this country that I see, even now as I set my thoughts down, so plainly that my memory wanders in a hushed and secret fashion along its starkness, and amid its strange and dread habitants, so that it is but by an effort I realise me that my body is not there in this very moment that I write. And so to further tellings:
Before me ran the Road Where The Silent Ones Walk; and I searched it, as many a time in my earlier youth had I, with the spy-glass; for my heart was always stirred mightily by the sight of those Silent Ones.
And, presently, alone in all the miles of that night-grey road, I saw one in the field of my glass--a quiet, cloaked figure, moving along, shrouded, and looking neither to right nor left. And thus was it with these beings ever. It was told about in the Redoubt that they would harm no human, if but the human did keep a fair distance from them; but that it were wise never to come close upon one. And this I can well believe.


****************


 しかし私は、これまでにも何度もその笑い声を聞いてきたから、それほど長い時間そちらに気を取られはしなかった。その声が《東の暗闇》イースタン・ダークネスの中に溶け込んで消えてしまうと、すぐに望遠鏡を《巨人の穴》ジャイアンツ・ピットの方に回したが、それは《巨人の窯》ジャイアンツ・キルンスの南に穿たれていた。これらいくつもある窯は巨人たちによって見張られていたが、そこから出る光は赤く明滅し、ゆらめく影と光を穴の淵に投げかけていた。そのため、私の目には穴から這い上がってくる巨人たちの姿が見えた。しかし影がゆらゆらと躍るから、細部まで確認できるというわけではない。それで私は、他にも見るべきものが沢山あるのだからとそこから目を逸らし、もっと簡単に目に入ってくるものに注意を向けた。
 《巨人の穴》の向こうには、巨大な黒い段丘が《猟犬の谷》バレー・オブ・ザ・ハウンド(そこにはぞっとするような《夜の猟犬》ナイト・ハウンズ)が棲み付いている)と巨人たちとの間に聳え立っていた。そして窯の光がこの黒い崖線の上部に当たっていた。それで、私の目には絶え間なくその縁から身を乗り出してはこちらを伺っているものの姿が映ったが、そいつは窯の光の中にちょっと身を晒しては、すぐにまた影の中に身を隠すのだった。
 こうしたことは、計り知れないほどの年月にわたって繰り返されてきた。だからその段丘は《奇妙なものが覗く段丘》ヘッドランド・フロム・ウィッチ・ストレンジ・シングス・ピア として知られてきた。そしてまた、この恐ろしい世界の地図や図表にもそう記されていた。
 こんな調子で続けることは容易いが、飽きてしまいそうだ。だが、飽きようと飽きまいと、私は自分が目にしているこの国について語らなければならないし、こうして私の思考を書き付けながら、今なお、はっきりと私の記憶は静かで秘密めいたやり方で、その荒涼とした、奇妙で恐ろしい環境の中を中を彷徨っているのだから、こうして書いている今この瞬間に、自分の身体がそこに存在する訳ではないということを忘れてしまいそうになる。ともかく続きを語ろう。
 私の目の前には《無言のやつらの歩む道》が伸びている。私はそこを、今よりもずっと若い頃から何度も繰り返してきたように、望遠鏡を使って確かめた。私の心はいつでも、これら《無言のやつら》を見ると、激しくかき乱されるのだ。
 するとまもなく、夜陰に覆われた長い道の中にたった一人だけ、《無言のやつら》の姿を望遠鏡の中に捉えた――静かで、マントを纏った人影が、秘密めいた様子で、脇目も降らずに道に沿って進んで行く。いつもそんな感じだった。彼らからそれなりの距離をとってさえいれば人に危害を加えたりはしないと、《閣砦》の中では言われてはいた。だが、近づかない方が懸命だった。その点については、十分に確信できた。


"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And as it was with the Road Where The Silent Ones Walk, so it was with all those other monstrous things . . . whole libraries had there been made upon this and upon that; and many a thousand million mouldered into the forgotten dust of the earlier world.
I mind me now that presently I stepped upon the central travelling-roadway which spanned the one thousandth plateau of the Great Redoubt. And this lay six miles and thirty fathoms above the Plain of the Night Land, and was somewhat of a great mile or more across. And so, in a few minutes, I was at the South-Eastern wall, and looking out through The Great Embrasure towards the Three Silver-fire Holes, that shone before the Thing That Nods, away down, far in the South-East. Southward of this, but nearer, there rose the vast bulk of the South-East Watcher--The Watching Thing of the South-East. And to the right and to the left of the squat monster burned the Torches; maybe half-a-mile upon each side; yet sufficient light they threw to show the lumbered-forward head of the never-sleeping Brute.
To the East, as I stood there in the quietness of the Sleeping-Time on the One Thousandth Plateau, I heard a far, dreadful sound, down in the lightless East; and, presently, again--a strange, dreadful laughter, deep as a low thunder among the mountains. And because this sound came odd whiles from the Unknown Lands beyond the Valley of The Hounds, we had named that far and never-seen Place "The Country Whence Comes The Great Laughter." And though I had heard the sound, many and oft a time, yet did I never hear it without a most strange thrilling of my heart, and a sense of my littleness, and of the utter terror which had beset the last millions of the world.

****************


 《無言のやつらの歩む道》に沿ってゆくなら、他の恐ろしいものにも全て触れることになる……ここにある図書室には、それらのことについて特化したものがいくつもあるくらいだ。そして十億冊以上にも及ぶ書物が、時とともに塵と化して忘れ去られていった。
 ふと思いついた私は、間もなく《閣砦》の第一千階層を横断する中央移動帯に乗った。この道は《ナイトランド》の原野から六マイルと三十ファザム上方にあって、全長が一マイルかそれ以上ある。数分後、私は南東の壁に到着し、巨大な朝顔口を通して正面の《銀火の三穴》スリー・シルバーファイア・ホールズを眺めたが、その輝きは南東の遥か彼方の《うたた寝するもの》シング・ザット・ノッズのずっと手前にあった。その南、しかしもっとこの場所の近くに《南東の監視者》サウス=ウェスト・ウォッチャー――南東を監視するもの――の巨体が聳えていた。そしてその蹲る怪物の左右には、松明が燃えていた。どちらの松明も、監視者からは半マイルほどは離れているようだった。だがその光は、決して眠ることのない怪物の、前に張り出した頭を照らし出すには十分だった。
 そうして私が第一千階層の《眠りの時》の静寂に包まれて佇んでいると、光のない東方の彼方から、微かな恐ろしい音が聞こえてきた。そして続いてまた――奇妙で、恐ろしい笑い声が、山間に轟く低い雷鳴のように、重々しく聞こえてきた。この奇怪な音は《猟犬の谷》バレー・オブ・ザ・ハウンドを超えた《未知の土地》から時折聞こえてくるため、私たちはその今だ見たこともない遠い場所を《大きな笑い声が響いてくる国》ザ・カントリー・ウェンス・カムズ・ザ・グレート・ラフターと名付けた。私はこれまでにもその音を何度も耳にしてきたが、いまだに心が凍りそうな奇妙な感覚を覚えるし、この世界の最後の百万人を取り巻いている底のない戦慄や、自分の小ささも同時に感じるのだった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And I, . . . how shall I make all this clear to you who may read? The thing cannot be; and yet I must tell my history; for to be silent before so much wonder would be to suffer of too full a heart; and I must even ease my spirit by this my struggle to tell to all how it was with me, and how it will be. Aye, even to the memories which were the possession of that far future youth, who was indeed I, of his childhood's days, when his nurse of that Age swung him, and crooned impossible lullabies of this mythical sun which, according to those future fairy-tales, had once passed across the blackness that now lay above the Pyramid.
Such is the monstrous futureness of this which I have seen through the body of that far-off youth.
And so back to my telling. To my right, which was to the North, there stood, very far away, the House of Silence, upon a low hill. And in that House were many lights, and no sound. And so had it been through an uncountable Eternity of Years. Always those steady lights, and no whisper of sound--not even such as our distance-microphones could have discovered. And the danger of this House was accounted the greatest danger of all those Lands.
And round by the House of Silence, wound the Road Where The Silent Ones Walk. And concerning this Road, which passed out of the Unknown Lands, nigh by the Place of the Ab-humans, where was always the green, luminous mist, nothing was known; save that it was held that, of all the works about the Mighty Pyramid, it was, alone, the one that was bred, long ages past, of healthy human toil and labour. And on this point alone, had a thousand books, and more, been writ; and all contrary, and so to no end, as is ever the way in such matters..

****************


 そして私は……いったいどうやって読者にこうしたことを完全に分かってもらえばよいのだろう?存在していないことについてなのだ。だが私は自分の辿ってきた道について語らなければならない。これほどの驚異を目の前にして口を噤んでいるのは、胸が痞えるようで苦しいからだ。だから私は難しくても力を尽くして自分の過去と未来について語り、自分の魂を落ち着けたいのだ。ああ、遠い未来の若者、つまりは私であるが、の持つ記憶の中には、ずっと幼い頃、“あの時代”の乳母にあやされながら、未来のお伽噺の中に出てくる、今ではピラミッドの上空に広がっている闇の中をかつては横切っていたという、今では神話と化した太陽の、荒唐無稽な子守唄を唄って聞かせて貰っていたというものもあるのだ。
 そうしたことは、遥か未来の若者である私の目を通して見たことである。
 それでは物語に戻ろう。私の右手、つまりは北の方角の遥か彼方に、《沈黙の家》ザ・ハウス・オブ・サイレンスが、小高い丘の上に建っていた。その《家》の中は沢山の光で満ちていたが、全く音というものがない。そしてそれは太古の昔から変わることがなかった。いつでも明滅しない光があり、コトリとも音がしない――例えば遠距離マイクロフォンのようなものを使ったとしても、である。そしてこの恐ろしい《家》は、この領域で最も危険な場所と考えられていた。
 そしてこの《沈黙の家》ザ・ハウス・オブ・サイレンスに沿って、《無言のやつらの歩む道》ロード・ウェアー・サイレント・ワンズ・ウォークがうねうねと伸びていた。この《道》については、《未知の領域》アンノウン・ランドの向こうから現れ、いつでも緑色に発光する霧が立ち込めている《獣人の土地》プレイス・オブ・ザ・アブ=ヒューマンにまで伸びているということ以外には、何も知られていない。ただ一つ分かっていることは、巨大ピラミッドに付随したあらゆる作業の中でも、それだけは、健康な人間の労苦によって、遥かな昔に作り出されたものであるということである。そしてこの点においてだけでも、千冊、あるいはそれ以上の本が書かれてきた。もっとも、こうしたことが大抵そうであるように、きりがないことである。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


 
And surely it is all so strange and wonderful to set out, that I could almost despair with the contemplation of that which I must achieve; for there is so much to tell, and so few words given to man by which he may make clear that which lies beyond the sight and the present and general knowings of Peoples.
How shall you ever know, as I know in verity, of the greatness and reality and terror of the thing that I would tell plain to all; for we, with our puny span of recorded life must have great histories to tell, but the few bare details we know concerning years that are but a few thousands in all; and I must set out to you in the short pages of this my life there, a sufficiency of the life that had been, and the life that was, both within and without that mighty Pyramid, to make clear to those who may read, the truth of that which I would tell; and the histories of that great Redoubt dealt not with odd thousands of years; but with very millions; aye, away back into what they of that Age conceived to be the early days of the earth, when the sun, maybe, still gloomed dully in the night sky of the world. But of all that went before, nothing, save as myths, and matters to be taken most cautiously, and believed not by men of sanity and proved wisdom.

****************


 もちろんこうしたことは何もかもが語るには余りにも奇妙で驚異に満ちたことだから、私にこの仕事が最後まで成し遂げられるだろうかと思うと、ほとんど絶望的な気分になる。語らなければならないことは山のようにあるが、目の前に広がる光景や身の回りのこと、それにその時代の人々が持っている一般的な知識について明確に語って聞かせるには、手持ちの言葉が余りにも乏しいのだ。
 これから私がありのままに語ろうとしている物事の大きさ、現実感、そして恐怖について、私がそれを真実であると知っているように、読者に伝えることが出来るだろうか。私たちにしてみれば、自分たちのちっぽけな生活の中にさえ語るべき偉大な歴史があるというのに、そうした日々の中ではっきりと詳しく知っていると言えることなど、せいぜいが数千といったところだ。だが私はこの限られた紙幅の中であちらでの自分の生活について……それまでの満ち足りた日々と、それから巨大なピラミッドの内と外の両方の日々について語らなければならず、しかも私の語ることが真実であると、これを読む人々に分かってもらわなければならない。さらには、偉大な《閣砦》リダウトの数奇な歴史は数千年どころではなく、何百万年にも及ぶのだ。そう、あの時代の人々が遥か昔に思いを馳せ、地球の幼年期を想像したとしても、太陽は世界の夜空の鈍く暗い球体でしかないかもしれない。しかし太陽は完全に姿を消して、神話の中にしか存在しない存在になってしまっているのだから、慎重にならざるを得ないし、正気の人間や分別を重んじる人にとっては、信じ難いことだろう。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。