Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Williams sent me down for another pin, while he unbent the clewline, and overhauled it down to the sheet. When I returned with the fresh pin, I screwed it into the shackle, clipped on the clewline, and sung out to the men to take a pull on the rope. This they did, and at the second heave the shackle came away. When it was high enough, I went up on to the t'gallant yard, and held the chain, while Williams shackled it into the spectacle. Then he bent on the clew-line afresh, and sung out to the Second Mate that we were ready to hoist away.
"Yer'd better go down an' give 'em a 'aul," he said. "I'll sty an' light up ther syle."
"Right ho, Williams," I said, getting into the rigging. "Don't let the ship's bogy run away with you."
This remark I made in a moment of light-heartedness, such as will come to anyone aloft, at times. I was exhilarated for the time being, and quite free from the sense of fear that had been with me so much of late. I suppose this was due to the freshness of the wind.
"There's more'n one!" he said, in that curiously short way of his.
"What?" I asked.
He repeated his remark.
I was suddenly serious. The reality of all the impossible details of the past weeks came back to me, vivid, and beastly.
"What do you mean, Williams?" I asked him.
But he had shut up, and would say nothing.
"What do you know--how much do you know?" I went on, quickly. "Why did you never tell me that you--"
 


 ウィリアムスは、俺に降りて代わりのピンを取ってくるように言うと、自分はクリューラインを緩めてシートを外した。俺は新しいピンを持って戻り、シャックルにクリューラインを引っかけて、ピンを通した。それから下にいる連中にロープを一引きしろ、と怒鳴った。男たちがロープを引いて、ふた引き目でシャックルが効いてきた。充分にきつくなると、俺はトゲルン・ヤードまで上がってシートの鎖を掴み、ウィリアムスが鎖をスペクタクルに留め、クリューラインを繋なおすと、二等航海士に向かって帆を揚げる用意が出来たって叫んだ。
「おめえ、降りて皆に手をかしてやれよ。俺はここで帆を照らすけ」
「よしきた」俺は索具に乗り移りながら言った。「おまえ、船の化け物と一緒に逃げるんじゃねーぜ」
 束の間の気楽な気分からかけたそんな言葉は、ときどきマストの上で誰もが思い付くようなことだった。それまで付きまとっていた不安もどっかに行ってしまってね。爽やかな風のせいかな。 「上に何人もいやがる!」あいつにしては珍しくはっきりした言い方だった。
「なんだって」俺は聞き返した。
 あいつは同じ言葉を繰り返した。
 俺は急に真剣になった。ここ何週間かの不可解な出来事が、細かなことまで生々しく、鼻持ちならないほどによみがえってきた。
「おい、なんのことだ」そう尋ねても、あいつは口を閉じたままで、何も言いたくないって様子だった。
「一体何を知ってるんだ、どれだけ知ってるんだ」俺はあわてて言葉をつないだ。「何で今まで言わなかったんだ。おまえ・・・」  

続く

kane

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。