Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 A moment it seemed, and a voice spoke. The words came to me muffled, as though through mists of eternity-unmeaning they seemed and unreal. A dreamy feeling stole over me. I felt disinclined to listen. Again the voice came and I roused myself to catch the words. Two words only, but they woke me thoroughly. The sound echoed from the far heights with a tender insistence: "My Love! My Love! My Love!" And presently a step sounded, muffled and soft. I turned, and lo! the Captain's face showed palely. He was looking up into the wide with a rapt expression. I looked also, but though I searched earnestly, could see nothing. Suddenly I heard again the vague murmur of a deep splash, andd glancing down quickly, could nowhere see the Captain. I stood confounded. The cry above had ceased. Then it seemed I saw a shadowy form with a face like that of the Captain's, float upwards into the violet twilight.
 And thus, stupified, I stood waiting; waiting for I knew not what.
 Presently I roused myself and made my way gropingly towards where I judged the side of the vessel to be. In a while my hand rested on something that I knew to be the rail running along the port side of the poop, and thus I leant upon it and peered over and down into the strangeness of that unearthly sight. Sometimes I looked and saw nothing, save the illimitable deeps of that billowy misty ocean. It seemed to me as though ages passed over my head and still I watched dreamily. At times I dimly saw weird things that peered up at me and vanished. Thus I stood, and the monotony of time passed over my head in silent aeons. Then, it might have been halfway through eternity; something drove up out of the boundlessness, a dull green glow that shone lividly through the purple gloom of that infinite mystery. Steadily it grew, a cold malicious gleam that frightened me, and in a while, looking far to my left I saw another ghostly glimmer strike through that dark-hued sea.

****************

 ふと声が聞こえた気がした。その言葉は密やかにわたしに届いたが、まるで晴れることのない霞の中を潜り抜けて届いたかのように……抑揚を失って、現実感を欠いているように思えた。夢を見ているかのような感覚がわたしを包んだ。だがわたしは耳を傾ける気がしなかった。するとまた声が聞こえたが、わたしはその言葉を捉えてはっとした。ふたつの単語だけで出来た言葉だったが、わたしに訴えるには十分だった。その声は彼方の高みから、柔らかく強く響いてきた。「愛しいひと!愛しいひと!愛しいひと!」それから程なく、そっと柔らかな足音がした。わたしは振り返った。すると、何あろう!船長の青ざめた顔がそこにはあった。彼は放心したようにじっと彼方を見詰めていた。わたしも彼に倣ったが、どんなに熱心に捜したところで、何も目にすることはできなかった。突然、わたしはまた深い場所で水飛沫の上がる微かな音を耳にした。慌ててわたしはそちらに目を遣ったが、船長の姿はどこにもない。わたしは混乱し、立ち尽くしていた。彼方からの呼び声は絶えていた。その時、わたしは船長に似た顔を持った影のようなものが、紫色の薄明かりの中を上に向かって漂って行くのを見たような気がした。
 茫然として、わたしは立ち尽くして身構えていた。だが何を待っているのか、わたしにもわからなかった。
 やがてわたしははっと我に返り、船の側面がどうなっているのか確かめようと手探りで進んだ。ほどなく手は船尾へと続く左舷側の舷檣のどこかに触れた。わたしはそこにもたれかかり、この世のものとは思えぬ不思議な光景の中に視線を這わせて、じっと見詰めた。だがいくら見詰めても、ゆらめく霞のかかった海の果てしない深さ以外には見えるものはなかった。まるで長い年月がわたしの頭上を通り過ぎていったのに、まだ夢の中から醒めないでいるかのようだった。その時、わたしは奇妙なものたちがわたしの頭上に現れては姿を消すのを垣間見た。永遠のような静寂の中、時間が単調にわたしの頭上を通り過ぎていった。それから……我々は彼岸への道半ばにいたのかもしれないが……何かが深淵から浮かび上がり、くすんだ緑の色彩を放ちながら、どこまでも謎めいた紫色の薄明の向こうで鈍く輝いた。次第にそれは大きくなり、わたしはその冷たく悪意に満ちた微光にぞっとしたが、それから間もなく、わたしは左舷側の彼方にも、別の幽霊めいたぼんやりとした光が、暗く色づいた海を貫いて光っているのを見た。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/101-bd3ba387

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。