Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

.
 Brighter grew the brilliance of those lights until their vivid greenness smote intolerably up into the violet impalpableness like two transparent pillars through which played a shiver of lambent flame, and suddenly the murky vastnesses beneath were heaved upwards into a mighty wave that drove towards us threateningly. Yet ere it reached us, my eyes had seen something, something terrible-eyes that blazed out of mystery, and beneath, lips-white, vast and slobbering had opened, disclosing the blackness of an everlasting night. Then, like an awesome wall that reached up into the nothingness above and blotted out everything, the wave was upon us, and instantly we were wrapped in a surging blackness that seemed to weigh down upon us and suffocate. My head began to sing queerly and I felt my knees give weakly. Then the blankness of unconsciousness swept over me, and I passed into dreams.
 I opened my eyes and looked around bewilderedly. For a moment I saw things through a violet haze. It passed, and I saw that the sun was shining brightly. I glanced aloft, noting that a fresh breeze of wind filled the sails; then down on deck to where the two Mates still stood, just as I had seen them last. Even as I gazed, the Second Mate stood upright and yawned, then looked round him in a puzzled manner. As he did so, his eyes fell upon the Mate still sleeping. The Second stared stupidly a moment, then put out his hand and shook his superior roughly.
 "What the devil's up, Mr. Gray?"
 The Mate jumped and swore quickly.
 "What the hell's the matter with you?" Then seeming to realize that he was not in his bunk, he rubbed the sleep out of his eyes and looked around--dazed.

****************

 次第に明るさは輝度を増し、二つの光はユラユラとゆらめく炎を貫く二本の透明な柱のように、紫色の靄の中に起立する目を射るような鮮やかな緑色の色彩となった。そして突然、下方に広がる暗い海が突き上げるようにうねり、聳えるような巨大な波となって、恐ろしい勢いで我々に迫ってきた。けれどもそれが我々に届く前に、わたしの目は何かを捉えた。何か恐ろしいもの……神秘的に燃え上がる瞳と、それからその下方には、唇……白く、巨大で、開かれたまま涎を垂れ流している……を。終わる事のない夜がその闇を垣間見せていたのだ。
 それから波は遥か頭上にまで達し、聳え立つ壁のようになって、見えるもの全てを消し去った。今や波は我々の頭上にあった。すぐに我々は押し寄せる暗闇に包まれて、押し潰され、窒息してしまうのだろうと思った。頭がぐるぐると回り、膝ががくがくと震えた。そして意識が遠のき、わたしは夢の中に落ち込んでいった。
 わたしは目を開き、戸惑いながら辺りを見渡した。しばらくの間、わたしは紫の靄を通して物事を見ていた。それが過ぎてしまうと、わたしは太陽が明るく輝いているのを見た。わたしは上方をちらりと見たが、帆に新鮮な風が満ちているのに気付いた。それから視線を落としてデッキを見ると、二人の航海士はわたしが最後に彼らを見たその場所にまだ立っていた。わたしが注視するのと同時に、二等航海士は姿勢を正して欠伸をし、それから当惑した様子で周りを見渡した。そうして彼は一等航海士がまだ眠っているのに目を留めた。二等航海士は少しだけ呆けたように見詰めていたが、それから手を伸ばして荒々しく揺り起こした。
 「どうかしたのか、グレイ?」
 一等航海士は跳びあがり、すぐに悪態をついた。
 「何か問題でもあったのか?」だが間もなく彼は自分が寝台にいないことに気付いたようで、その目からは眠気が取り払われ、茫然自失とした様子で辺りを見渡した。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/102-43f66400

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。