Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 The Second Mate spoke again, "Blarst!" and stared over the break of the poop. The Mate turned slowly and looked also. I heard him give a little gasp. Wondering what it was they eyed so earnestly, I ran to the break and glanced down on to the main-deck. Great God! What a sight. There, lying on the deck and huddled on the top of one another, lay the crew. The watch on deck, and the watch below mixed up in an inextricable senseless heap. As we watched them, one of the men stood up shakily. His lips moved, but no words came. I saw the two Mates look at one another, and their eyes were full of doubt. Then the First Mate turned and tottered to his room. The Second Mate said nothing but continued to watch the men, as at intervals they rose and with suspicious, bewildered looks stumbled forrard. Some cursing there was, yet most preserved a glum and vacant silence. True, a little Frenchman--excitable like all his nation--started to question volubly, but ceased in surprise at the blank looks that were cast upon him. During the day, and indeed the rest of the voyage, the subject was strictly tabooed. It was as though each one of us felt afraid to admit that which according to our knowledge could not be.
 Strangely enough, seen in this light, no surprise was expressed when the Captain's and Langstone's disappearance was formally announced. Instead, each one received the news tacitly. All, that is, except the little Frenchman, who swore softly in several languages at the to him-incomprehensible behaviour of his comrades.
 Once, a few days later, I had some work to do for the First Mate in the cabin. On the table was the Log book, and with a mingled dread I turned up the date of that fearsome night. There I found the following entry:
 Lat.─S. Long.─W Heavy gales. About 2 A.M. shipped a tremendous sea which washed Captain Ronaldson and Langstone, one of the A.B.’s, overboard.
 At the bottom were the signatures of the two Mates.

****************

 二等航海士はまた口を開き、「おおっ!」と言った。そして船尾の楼端の向こう側を見詰めた。一等航海士はゆっくりと振り返り、同じようにそちらを見た。わたしの耳に、彼が小さく呻く声が聞こえてきた。二人が真剣に見詰めているものが何なのかと思い、わたしは楼端に走って行って、メインデッキを見下ろした。おお、神よ!何と言う光景なのか。そこには、互いに折り重なるようにしてデッキに横たわる、水夫たちの姿があった。当直はデッキにいたが、意識を失った人々の山の下に紛れてしまっていた。我々がその光景を見ていると、中の水夫の一人がふらふらと立ち上がった。彼の唇が動いたが、言葉は出てこない。私は二人の航海士が不信に満ちた眼差しで互いに顔を見交わすのを見た。それから一等航海士は踵を返し、よろよろと歩きながら自分の部屋へ戻っていった。二等航海士は、一人また一人と起き上がっては怪訝な顔をして、それから酔ったような足取りで足を運んでゆく水夫達を見詰め続けるだけで、何も言わなかった。水夫たちの口からは悪態が漏れることもあったが、大抵はむっつりとした顔をして、呆けたように黙り込んでいた。実際、一人の若いフランス人は(熱しやすい国民性のせいか)矢継ぎ早に疑問を並べ立てたが、彼に投げかけられる視線は虚ろで、驚く気持ちを失っているようだった。その日一日中、いや実際はその航海の残りの日々の間中、この一連の出来事について触れることはタブー視されていた。それはあたかも、我々の知識では考えられないことを認めるということに対して、それぞれが恐れを抱いているかのようだった。
 不思議なことではあるが、この観点から見ると、船長とラングストンの失踪が正式に発表された時に驚きはなくて当然だった。代わりに、それぞれがその事実を自分なりに受け止めた。ただ一人、彼の仲間たちの理解できない行動を、幾つもの言語でソフトに罵った若いフランス人を除いて。
 それから数日後のことだが、わたしはキャビンで一等航海士のための仕事をしたことがあった。テーブルの上には航海日誌があり、恐れの入り混じった気持ちで、わたしはあの恐ろしい夜の日付を繰った。そこに、わたしはこのような記載を見つけ出した。
 
 緯度─S. 経度─W. 大強風。午前二時頃。荒れた海を航海中、船長のロナルドソンとAB船員のラングストンが波に攫われ、船外へ。
 

 そして末尾には、二人の航海士の署名があった。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/103-0c231036

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。