Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
goddess_1.jpg



The Goddess of Death


by William Hope Hodgson

 
 It was in the latter end of November when I reached T_____worth to find the little town almost in a panic. In answer to my half-jesting inquiry as to whether the French were attempting to land, I was told a harrowing tale of some restless statute that had a habit of running amuck among the worthy townspeople. Nearly a dozen had already fallen victims, the first having been pretty Sally Morgan, the town belle.
  These and other matters I learnt. Wherever I went it was the same story. “Good Heavens! what ignorance, what superstition!” This I thought, imagining that they were the dupes of some murderous rogue. Afterwards I was to change my mind. I gathered that the tragedies had all happened in some park near by, where, during the day, this Walking Marble rested innocently enough upon its pedestal.
 Though I scouted the story of the walking statue, I was greatly interested in the matter. Already it had come to me to look into it and show these benighted people how mistaken they had been; besides, the thing promised some excitement. As I strolled through the town I laughed, picturing to myself the absurdity of some people believing in a walking marble statute. Pooh! What fools there are! Arriving at my hotel, I was pleased to learn from my landlord that my old friend and schoolmate, William Turner, had been staying there for some time.
That evening while I was at dinner he burst into my room, and was delighted at seeing me.
 “I’ve suppose you’ve heard of the town bogey by now?” he said presently, dropping his voice. “It’s a dangerous enough bogey, and we’re all puzzled to explain how on earth it has escaped detection so long. Of course,” he went on,   “this story about the walking statue is all rubbish, though it’s surprising what a number of people believe it.”
 “What do you say to trying our hands at catching it?” I said. “There would be a little excitement, and we should be doing the town a public benefit.”
 Will smiled. “I’m game if you are, Herton―we could take a stroll in the park to-night, if you like; perhaps we might see something.”
 “Right,” I answered heartily. “What time do you propose going?”
 Will pulled out his watch. “It’s half-past eight now; shall we say eleven o’clock? It ought to be late enough then.”
 I assented and invited him to join me at my wine. He did so, and we passed the time away very pleasantly in reminiscences of old times.

****************

死の女神 


ウィリアム・ホープ・ホジスン 著

shigeyuki 訳


 僕がTという町に到着したのは十一月も終りの頃だった。そこは訪れるだけの価値のある小さな町だったが、恐怖が蔓延しつつあった。フランス人が上陸を試みているんじゃないか、という僕の軽口に対する答えとして、敬虔な町の人々の中を狂ったように駆け抜けてゆくという、徘徊する石像にまつわる痛ましい話の数々を聞かされた。既に一ダースもの犠牲者が出ていたが、その最初の犠牲者となったのは可憐なサリー・モーガンという女性で、町でも評判の美人だったということだった。
 僕が知り得たのはそれが全てだった。どこへ行っても同じ話を聞かされるのだ。「全く!何と無知で、何と迷信深いんだろう!」僕はそう思い、これはきっと人殺しの悪党どもの仕業にちがいないと考えた。後になって僕はその考えを改めることになる。僕は、この悲劇がすべて公園の近くで起こったものであること、また、日中はその公園でこの《歩く大理石象》は何食わぬ顔をしてきちんと台座の上にかしこまっているということなどを掴んだ。
 歩く石像の話を調べるうちに、僕はこの出来事に大いに興味を持った。既に僕の心の中には、この事件のことを調べて、町の人々がいかに無知であり、間違っているのかを白日の下に晒してやろうという考えが浮かんでいた。だが、それはさておいても、この出来事は興味深かった。町をぶらぶらと歩きながら僕は、歩く大理石の石像なんてものを信じている人々のことを愚かだと考えて、笑った。気の毒に!馬鹿ばっかりだな!宿に着いた時、僕は宿の主人から、僕の古い友人であり、学友でもあるウィリアム・ターナーがかねてからここに滞在しているということを聞かされ、嬉しく思った。
 その宵のこと、僕が夕食をとっている最中に彼が勢い良く部屋の中に飛び込んできて、僕との再会を喜んだ。
 「おい、そういえばお前は今この町を騒がしている正体不明の怪物についての話は聞いたか?」やがて彼は声を落として行った。「そいつはとても恐ろしいやつでね、俺たちはみんな、一体全体どうしてそいつがこんなにも長く捜索の手から逃れ続けることが出来るのか分からないんだ。もっとも」と彼は続けた、「歩く石像についての話は全く馬鹿げた戯言だが。でも驚いた事に、沢山の人たちが信じている」
 「君はもしかしたら、そいつを僕たちの手で捕まえようと言うつもりじゃないだろうね?」僕は言った。「それはちょっと血が騒ぐね。それに、僕たちも少しは公共のためになることをすべきだろうな」
 ウィルは微笑んだ。「そっちがその気なら、俺は乗るよ。お前さえよければ、今夜、公園を散歩してみないか。ひょっとしたら、何かを見ることが出来るかもしれない」
 「いいよ」と僕は力強く言った。「何時にしようか?」
 ウィルは懐中時計を取り出した。「今は八時半か。十一時にしないか?そのくらい遅い方がいいだろう」
 僕は同意し、それから彼をワインに誘った。彼は受け入れ、それから僕たちは昔の思い出に浸りながら、愉しい時間を過ごした。

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/106-aef67039

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。