Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

“What about weapons?” I asked presently. “I suppose it will be advisable to take something in that line?”
For answer Will unbuttoned his coat, and I saw the gleam of a brace of pistols. I nodded, and, going to my trunk, opened it and showed him a couple of beautiful little pistols I often carried. Having loaded them, I put them in my side pockets. Shortly afterwards, eleven chimed, and getting into our cloaks, we left the house.
It was very cold, and a wintry wind moaned through the night. As we entered the park, we involuntarily kept closer together.
Somehow, my desire for adventure seemed to be ebbing away, and I wanted to get out from the place, and into the lighted streets.
“We’ll just have a look at the statue,” said Will; “then home and to bed.”
A few minutes later we reached a little clearing among the bushes.
“Here we are,” Will whispered. “I wish the moon would come out a moment; it would enable us to get a glance at the thing.” He peered into the gloom on our right. “I’m hanged,” he muttered, “if I can see it at all!”
Glancing to our left, I noticed that the path now led along the edge of a steep slope, at the bottom of which, some considerable distance below us, I caught the gleam of water.
“The park lake,” Will explained in answer to a short query on my part. “Beastly deep too!”
He turned away, and we both gazed into the dark gap among the bushes.

****************

 「武器はどうしようか?」やがて僕は訊いた。「念のために何かを携帯するのが賢明だと思うんだが?」
 答える代わりに、ウィルはコートのボタンを外して、鈍く光るピストルの柄を見せた。僕は頷いた。それから僕はトランクの方へ向かった。僕はトランクの蓋を開き、常々携帯している二挺の美しい拳銃を彼に見せた。それらに弾を込めると、僕はサイドポケットに忍ばせた。その直後に時計が十一時を告げ、それを合図に僕たちはコートに袖を通すと、家を出た。
 外はとても寒く、冬の風が夜の中で唸っていた。公園の入り口に辿り着いた時には、僕たちは知らず知らずのうちに互いに寄り添い合っていた。
 どうしたものだろうか、僕は次第に自分の冒険心が萎えて、この場所を離れて光のある大通りに戻りたくなっていた。
 「ちょっと像を見るだけだよ」とウィルは言った。「そしたら家に戻って寝よう」
 数分後、僕たちは繁みの向こうの少し空いた場所に辿り着いた。
 「ここにいることにしよう」とウィルは囁いた。「ちょっとでもいいから月が出ないかな。そうすればものがよく見えるようになるのに」彼は僕たちの右手にある暗がりを見詰めた。「吊るし上げてやる」と彼は呟いた。「一部始終を見ることが出来たらな」
 左手の方向をちらりと見た僕は、一本の小径があるのに気付いた。小径は急な坂道を描き、その行き着く先は僕たちの遥か下方で、僕はそこには水の煌く光を捉えた。
 「公園の池だよ」ウィルは僕のふとした疑問に答えて、説明してくれた。「恐ろしく深いんだ!」
 彼は顔を背けた。それから僕たちは二人とも、繁みの中に空いた黒い隙間からじっと公園を窺った。

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/107-60fe9285

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。