Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

A moment afterwards the clouds cleared for an instant, and a ray of light struck down full upon us, lighting up the little circle of bushes and showing the clearing plainly. It was only a momentary gleam, but quite sufficient. There stood a pedestal great and black; but there was no statue upon it!
Will gave a quick gasp, and for a minute we stood stupidly; then we commenced to retrace our steps hurriedly. Neither of us spoke. As we moved we glanced fearfully from side to side. Nearly half the return journey was accomplished when, happening to look behind me, I saw in the dim shadows to my left the bushes part, and a huge, white carven face, crowned with black, suddenly protrude.
I gave a sharp cry and reeled backwards. Will turned. "Oh, mercy on us!" I heard him shout, and he started to run.
The Thing came out of the shadow. It looked like a giant. I stood rooted; then it came towards me, and I turned and ran. In the hands I had seen something black that looked like a twisted cloth. Will was some dozen yards ahead. Behind, silent and vast, ran that awful being.
We neared the park entrance. I looked over my shoulder. It was gaining on us rapidly. Onward we tore. A hundred yards further lay the gates; and safety in the lighted streets. Would we do it? Only fifty yards to go, and my chest seemed bursting. The distance shortened. The gates were close to.... We were through. Down the street we ran; then turned to look. It had vanished.
"Thank Heaven!" I gasped, panting heavily.

****************

 その直後、雲が切れて束の間晴れ上がり、月光がいっぱいに降り注いだ。そして低木の繁みに囲まれたその場所を、一様にはっきりと照らし出して見せた。それはほんの一瞬の輝きだったが、充分すぎるほどであった。台座は黒く大きく存在していたが、その上に像はどこにもなかった!
 ウィルの呼吸が荒くなり、僕たちは愚かにも、思わず立ち上がってしまった。それで僕たちは慌てて引き返し始めた。二人とも無言だった。移動しながら、僕たちはおどおどとあちらこちらを窺った。帰る道も半ばほどを終えた、まさにその時だった、僕は背後に何かが動くのを捉えた。僕は左手の繁みの薄暗い影の中に目をやった。するとそこから、巨大で、白くて、頭に黒い冠を被った、彫刻めいた顔がいきなり突き出された。
 僕は甲高い叫び声をあげて、後ろへよろめいた。ウィルが振り返った。「おお、助けくれ!」僕はウィルの叫び声を耳にしたが、そのまま彼は走り出していた。
 《そいつ》は影の中から現れ出た。そいつはまるで巨人のように見えた。僕は足が竦んでしまっていた。だが《そいつ》がこちらに向かって来た時、僕も踵を返して走った。僕の目には、そいつの手の中に何か捻りあげた布のように見えるものが握られているのが映った。ウィルは何ヤードも先んじていた。背後には、静かで巨大な、恐るべき存在が駆けてきていた。
 僕たちは公園の入り口に近付いた。僕は肩越しに後ろを見遣った。《そいつ》は急速に僕たちに近付いて来ていた。僕たちは前方目指して疾走した。公園のゲートは百ヤードほど先にあった。そこは安全で、光に満ちた通りなのだ。僕たちはそこに辿り着けるだろうか?たった五十ヤード進んだだけで、僕の胸は張り裂けそうに思えた。距離は縮まっている。ゲートがどんどんと近付いて。……僕たちは通り抜けた。通りに出てからも僕たちは走った。それから振り返った。《そいつ》は姿を消していた。
 「神様、ありがとう!」僕は喘いだ。そして安堵の息を吐いた。

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/109-3a0395bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。