Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 A minute later Will said: “What a blue funk we’ve been in.” I said nothing. We were making towards the hotel. I was bewildered and wanted to get by myself to think.
 Next morning, while I was sitting dejectedly at breakfast, Will came in. We looked at one another shamefacedly. Will sat down. Presently he spoke:
 “What cowards we are!”
 I said nothing. It was too true; and the knowledge weighed on me like lead.
 “Look here!” and Will spoke sharply and sternly. “We’ve got to go through with this matter to the end, if only for our own sakes.”
 I glanced at him eagerly. His determined tone seemed to inspire me with fresh hope and courage.
 “What we’ve got to do first,” he continued, “is to give that marble god a proper overhauling, and make sure no one has been playing tricks with us―perhaps it’s possible to move it in some way.”
 I rose from the table, and went to the window. It had snowed heavily the preceding day, and the ground was covered with an even layer of white. As I looked out, a sudden idea came to me, and I turned quickly to Will.
 “The snow!” I cried. “It will show the footprints, if there are any.”
 Will stared, puzzled.
 “Round the statue,” I explained, “if we go at once.”
 He grasped my meaning, and stood up. A few minutes later we were striding out briskly for the Park. A sharp walk brought us to the place. As we came in sight, I gave a cry of astonishment. The pedestal was occupied by a figure, identical with the thing that had chased us the night before. There it stood, erect and rigid, its sightless eyes glaring into space.
 Will’s face wore a look of expectation.
 “See,” he said, “it’s back again. It cannot have managed that by itself, and we shall see by the footprints how many scoundrels there are in the affair.”
 He moved forward across the snow. I followed. Reaching the pedestal, we made a careful examination of the ground; but to our utter perplexity the snow was undisturbed. Next, we turned our attention to the figure itself, and though Will, who had seen it often before, searched carefully, he could find nothing amiss.

****************

 少し経って、ウィルが言った。「俺たちはなんて腰抜けなんだろう」僕は何も言わなかった。僕たちはホテルへの道を辿り始めた。僕は混乱していて、自分の頭の中を整理したかった。
 次の日の朝、僕が気の抜けた様子で朝食を摂っていると、ウィルが入ってきた。僕たちはお互いを、決まりが悪そうに見交わし合った。ウィルは椅子に座った。やがて彼は口を開いた。
 「俺たちは臆病者だな!」
 僕は何も言わなかった。それは本当のことだったからだ。それに、見知った事実が鉛のように僕を押しつぶそうとしていた。
 「なあ!」ウィルが鋭く張り詰めた声で言った。「俺たちはこの出来事に最後まで付き合う必要がある。自分達自身の名誉のために」
 僕は彼をじっと見詰めた。彼の毅然とした声調は、僕に新鮮な希望と勇気を与えてくれるように思えた。
 「まず最初にしなければならないことは」と彼は続けた。「それは大理石像に何か細工が施されていないか、それから、誰か俺たちをからかおうとした人間がいないかどうか、それを確かめることだが……きっとそいつには何らかの方法で石像を動かすことが出来るのだろう」
 僕は立ち上がってテーブルから離れ、窓の方へ移動した。外には前夜に降った雪が厚く積もり、大地は一面の銀世界へと変わっていた。その光景を見た時、突然一つのアイデアが閃き、僕は急いでウィルの所へ取って返した。
 「雪だ!」僕は叫んだ。「何かがいたとしたら、足跡が見つかるはずだ」
 ウィルは怪訝な顔をしてこちらを見詰めていた。
 「石像の周りだよ」と僕は説明した。「もう一度行ってみよう」
 彼は僕の言葉が何を意味しているのかを悟り、立ち上がった。数分後、僕たちは公園へ向かってせっせと大股で歩いていた。僕たちは脇目も振らずに昨夜の場所へと向かった。そこが視界に入ったとき、僕は驚きの声をあげた。台座の上は、昨夜僕たちを追いかけてきていたのと同じ石像が載っていたのだ。像は直立し、見えない眼で眩しそうに虚空を睨んでいた。
 ウィルの顔には期待の色が浮かんでいた。
 「見ろよ」と彼は言った。「元に戻っている。あれが自分で元の場所に戻れるはずはないだろう。だから足跡さえ調べれば、何人の悪党どもがこの事件に関わっているのか判るに違いないぞ」
 彼は雪の上を横切って先へ進んでいった。僕も後に続いた。台座に近付きながら、僕たちは慎重に地面を調べた。だが全く途方に暮れたことに、雪には踏み荒らされた跡はなかった。続いて、僕たちは石像そのものに注目し、ウィルがこれまでにも何度も行ってきたことではあったが、注意深く精査した。だが、怪しいところは何一つ見つけることはできなかった。
 

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/110-8fec853f

【lead】についてのお得なブログリンク集
lead に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…

2007.12.21 00:08 | 旬なキーワードでお得なブログのリンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。