Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

  I went over to the weather pin-rail, and leaned up against it, watching him, while I filled my pipe. The other men, both the watch on deck and the watch below, had gone into the fo'cas'le, so that I imagined I was the only one about the maindeck. Yet, a minute later, I discovered that I was mistaken; for, as I proceeded to light up, I saw Williams, the young cockney, come out from under the lee of the house, and turn and look up at the Ordinary as he went steadily upwards. I was a little surprised, as I knew he and three of the others had a "poker fight" on, and he'd won over sixty pounds of tobacco. I believe I opened my mouth to sing out to him to know why he wasn't playing; and then, all at once, there came into my mind the memory of my first conversation with him. I remembered that he had said sails were always blowing adrift at night. I remembered the, then, unaccountable emphasis he had laid on those two words; and remembering that, I felt suddenly afraid. For, all at once, the absurdity had struck me of a sail--even a badly stowed one--blowing adrift in such fine and calm weather as we were then having. I wondered I had not seen before that there was something queer and unlikely about the affair. Sails don't blow adrift in fine weather, with the sea calm and the ship as steady as a rock. I moved away from the rail and went towards Williams. He knew something, or, at least, he guessed at something that was very much a blankness to me at that time. Up above, the boy was climbing up, to what? That was the thing that made me feel so frightened. Ought I to tell all I knew and guessed? And then, who should I tell? I should only be laughed at--I--  


   俺は風上側のピンレールへ行くと、それにもたれてパイプを詰めながらじっと上をながめた。あとの連中は当直も非直も船首楼に入っちまってたんで、メイン・デッキにいるのは俺だけだな、なんて思ってると、すぐにそいつが間違いだってわかった。火を着けようとしたところで、若いコクニーのウィリアムスが甲板室の風下側の陰から出てきたんだ。あいつは振り返って、着々と登っていくオーディナリーの姿を見上げた。ちょっと驚いたな、というのも、あいつは他の三人とポーカーをやって、六十ポンドもタバコを巻き上げたって聞いてたんでね。もうカードは止めたのかい、なんて聞こうと口を開きかけたが、すぐに、あいつと初めて話したことを思い出したんだ。夜中になると帆がいつもはためいてるんだ、なんていってたことを覚えている。そして、あいつが夜中って一言を妙に強調してたことも。そんなことを思い出したら、なんか急に寒気を感じてね。たちまち目は帆のばかげた状態に釘付けになった。たとえ縛り方が下手くそだったにせよ、あのときみたいな穏やかでいい天気に帆がはためいている。このことで前にも怪しいこととか不思議なことだとかを見なかったろうか。帆ってやつは、海が穏やかで船が岩みたいに動きもしないようなときには、そう膨らむもんじゃない。俺はピンレールを離れ、ウィリアムスの方へ近寄っていった。あいつは何か知っている、少なくとも何か胸に描いている。その時の俺には見当もつかなかったようなことを。頭上では少年は登っていく、いったい何に向かって。それは俺心から震え上がらせたものだ。俺は知ってること、考えてること、みんな話してしまうべきだろうか。それなら、いったい誰に。きっともの笑いの種になるだけだろう。俺は・・・

つづく

kane

スポンサーサイト

ちょっとフォントが大きくなっているみたいですね。敢えてでしょうか?

そうそう、このまえ話した「Ocean Dictionary」ですが、サイトは
http://www.oceandictionary.net/
です。

2007.12.23 23:14 URL | shigeyuki #- [ 編集 ]

失礼しました。単なる操作ミスです。修正しました。

2007.12.24 11:30 URL | kane #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/111-0579e5f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。