Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

This it must be remembered, was my first sight of it, for―now that my mind was rational―I would not admit, even to myself, that what we had seen in the darkness was anything more than a masquerade, intended to lead people to the belief that it was the dead marble they saw walking.

Seen in the broad daylight, the thing looked what it was, a marble statue, intended to represent some deity. Which, I could not tell; and when I asked Will he shook his head.
 In height it might have been eight feet, or perhaps a trifle under. The face was large―as indeed was the whole figure―and in expression cruel to the last degree.
 Above his brow was a large, strangely shaped headdress, carved out of some jet-black substance. The body was carved from a single block of milk-white marble, and draped gracefully and plainly in a robe confined at the waist by a narrow black girdle. The arms drooped loosely by the sides, and in the right hand hung a twisted cloth of a similar hue to the girdle. The left was empty and half gripped.
 Will had always spoken of the statue as a god. Now, however, as my eyes ran over the various details, a doubt formed itself in my mind, and I suggested to Will that he was possibly mistaken as to the intended sex of the image.
 For a moment he looked interested; then remarked gloomily that he didn’t see it mattered much whether the thing was a man-god or a woman-god. The point was, had it the power to come off its pedestal or not?
 I looked at him reproachfully.
 “Surely you are not really going to believe that silly superstition?” I expostulated.
 He shook his head moodily. “No, but can you or anyone else explain away last night’s occurrences in any ordinary manner?”
 To this there was no satisfactory reply, so I held my tongue.

****************

 これは記憶に留めておくべきだろうが、僕がはじめてそれを見たとき---今はすっかり理性的になっているが---僕たちが闇の中で見たものが、動くはずもない大理石像が歩いているのを見たのだと町の人々に信じさせるための単なる仮装にすぎなかったとは、自分自身に対してさえ認めることが出来なかったということだ。昼間の明るい光の中で見る大理石像は、何らかの神を形どったものであるようだった。だがそれが何の神像なのかは僕には分からなかった。それでウィルに訊いてみたが、彼も首を振って見せた。
 像の高さは8フィートか、おそらくはそれよりも少し低いぐらいだった。顔は誇張されていて---実際には全身に渡ってだが---極端に残忍な表現に彩られていた。
 頭には大きな、何か真っ黒なもので作られた、奇妙な形をした被りものが載っていた。身体は一塊の乳白色の大理石から彫り出されており、腰には優美な一枚の布を纏って、それが襞になって垂れていたが、その布は細く黒いガードルで留められていた。腕は無造作に脇にあったが、右手はガードルに似た色合いの捻れた布を掴んでいて、それが手の中から垂れ下がっていた。左手には何もなく、軽く握られていた。
 ウィルは常に像のことを『神』のようだと言っていた。だがこうして、様々な細部をつぶさに観察するうちに、疑いが僕の心の中に芽生えた。それで僕はウィルに、それはもしかしたら間違いで、性をイメージしたものではないだろうかと言ってみた。
 少しの間、彼は考えているように見えた。それから神妙な顔をして、男神か女神であるかには余り注意を払っていなかったと言った。問題は、像が台座から離れることができるような力を持っているのかどうかではないのか?
 僕は非難がましく彼を見た。
 「君は本当にその馬鹿げた噂を信じているんじゃないだろうね?」僕は諌めるように言った。
 彼は不機嫌に頭を振った。「いや。だがお前は、いや誰でもいいんだが、他の普通の論法で、昨夜起こったことを完璧に説明できるというのか?」
 これには満足の行く返答も出来ず、僕は黙り込んでしまった。

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/112-b11320da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。