Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 “Pity,” remarked Will presently, “that we know so little about this god. And the one man who might have enlightened us dead and gone―goodness knows where!”
 “Who’s that?” I queried.
 “Oh, of course. I was forgetting, you don’t know! Well, it’s the way: For some years an old Indian colonel, called Whigman, lived here. He was a queer old stick, and absolutely refused to have anything to do with anybody. In fact, with the exception of an old Hindoo serving-man, he saw no one. About nine months ago he and his servant were found brutally murdered―strangled, so the doctors said. And now comes the most surprising part of it all. In his will he had left the whole of his huge estate to the citizens of T_____worth to be used as a park.”
 “Strangled, I think you said?” and I looked at Will questioningly.
 He glanced at me a moment absently, then the light of comprehension flashed across his face. He looked startled. “Jove! You don’t mean that?”
 “I do though, old chap. The murder of these others has in every case been accomplished by strangling―their bodies, so you’ve told me, have shown that much. Then there are other things that point to my theory being the right one.”
 “What! you really think that the Colonel met his death at the same hands as---?”
 He did not finish.
 I nodded assent.
 “Well, if you are correct, what about the length of time between them and Sally Morgan’s murder―seven months, isn’t it―and not a soul hurt all that time, and now--” He threw up his arms with an expressive gesture.
 “Heaven knows!” I replied, “I don’t.”
 For some length of time we discussed the matter in all its bearings, but without arriving at any satisfactory conclusion.
 On our way back to town Will showed me a tiny piece of white marble which he had surreptitiously chipped from the statue. I examined it closely. Yes, it was marble, and somehow the certainty of that seemed to give us more confidence.
 “Marble is marble,” Will said, “and it’s ridiculous to suppose anything else.” I did not attempt to deny this.
 During the next few days we paid visits to the park, but without result. The statue remained as we had left it.

****************

 「残念だが」とウィルはやがて言った。「俺たちがこの神について知っていることはほとんどない。しかもそれを俺たちに教えてくれたであろうただ一人の男は既に死んでこの世を去ってしまった---神のみぞ知る場所にね!」
 「それは一体誰のことだ?」僕は訊いた。
 「ああ、そうだった。俺は君が知らないのを忘れていたよ!ええと、つまりこういうことだ。数年にわたって、この場所にはワイマンという年配のインド人の大佐が住んでいたんだ。彼は変わり者で、何があろうとも、誰とも一切関わろうとはしなかった。実際、年をとったヒンズー教徒の使用人を除いて、彼は誰とも会おうとさえしなかったんだ。それが、九ヶ月ほど前のこと、彼と彼の使用人が惨い殺され方をして発見された。医者の話だと、絞殺だということだった。だが最も意外だったのは、彼の意思によってその広大な地所が、例えば公園などの施設として使用するようにと、T***市の市民に残された寄贈されたということだった」
 「絞殺、と君は言ったね?」僕はウィルを訝しげにに見詰めた。
 彼は一瞬呆けたように僕を覗い見たが、僕の言わんとすることを理解すると、表情が変わった。彼は驚いたように僕を見詰めた。「なんてことだ!君はまさか?」
 「そう、その老人もきっとそうだと思うんだ。他の人々を殺した殺人鬼は常に絞殺という手段を使っていた。被害者たちの身体は、君が話してくれたように、そういう痕跡があった。それに、他にも僕の説を裏付けることがある」
 「何だって!お前は本当に大佐が同じ殺人者の手にかかって死んだと……?」
 彼の言葉は虚空に途切れた。
 僕は頷いた。
 「だけどさ、もしお前が正しいとしてだ、大佐たちが殺されてからサリー・モーガンが殺されるまでの間には---七ヶ月ほどあったが---その間には誰一人として命を奪われなかったんだ。なのに今になって……」彼は大きな身振りで腕を広げて見せた。
 「神のみぞ知る、だ!」と僕は言った。「僕には分からないよ」
 それから暫くの時間、僕たちはあらゆる方向から議論を尽くしたが、納得のゆく結論には達しなかった。
 町へ戻る途中、ウィルは僕に、彼がこっそりと石像から欠いてきた小さな白い大理石の破片を見せてくれた。僕はそれをつぶさに観察した。だが、調べれば調べるほど、それは大理石以外の何者でもないという結論にしかならなかった。
 「大理石は大理石だ」とウィルは言った。「他のものかもしれないと思う方がおかしいのさ」僕はそれを否定できなかった。
 続く数日のあいだに僕たちは公園を訪れたが、何も変化はなかった。石像は僕たちが最後に見た時そのままにそこにあった。

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/113-5ee44437

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。