Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

A week passed. Then, one morning early, before the dawn, we were roused by a frightful scream, followed by a cry of deepest agony. It ended in a murmuring gurgle, and all was silent.
 Without hesitation, we seized pistols, and with lighted candles rushed from our rooms to the great entrance door. This we hurriedly opened. Outside, the night was very quiet. It had been snowing and the ground was covered with a sheet of white.
 For a moment we saw nothing. Then we distinguished the form of a woman lying across the steps leading up to the door. Running out, we seized her and carried her into the hall. There we recognized her as one of the waitresses of the hotel. Will turned back her collar and exposed the throat, showing a livid weal round it.
 He was very serious, and his voice trembled, though not with fear, as he spoke to me. “We must dress and follow the tracks; there is no time to waste.” He smiled gravely. “I don’t think we shall do the running away this time.”
 At this moment the landlord appeared. On seeing the girl, and hearing our story, he seemed thunderstruck with fear and amazement, and could do nothing save wring his hands helplessly. Leaving him with the body, we went to our rooms and dressed quickly; then down again into the hall, where we found a crowd of fussy womenfolk around the poor victim.
 In the taproom I heard voices, and pushing my way in, discovered several of the serving men discussing the tragedy in excited tones. As they turned at my entrance, I called to them to know who would volunteer to accompany us. At once a strongly-built young fellow stepped forward, followed, after a slight hesitation, by two older men. Then, as we had sufficient for our purpose, I told them to get heavy sticks and bring lanterns.

****************

 一週間が過ぎた。そしてある早朝、夜明け前のこと、僕たちは絹を裂くような悲鳴によって眠りから引き戻された。その後には断末魔のような叫びが続き、最後にはゴクゴクという、呟きのように喉を鳴らす音がして、それから全てが静まり返った。
 躊躇うことなく、僕たちはピストルと火の点いた蝋燭を手にして部屋から飛び出し、玄関口へ急いだ。僕たちは勢いよくドアを開いた。外は夜の静寂に包まれていた。雪が降って、地面は白い真綿に覆われていた。
 最初、僕たちの目には何も見えなかった。だがその後僕たちは、ドアに向かおうとする姿勢で、階段に覆い被さって倒れている一人の女性の姿を捉えた。外に飛び出し、僕たちは彼女を抱え上げてホールの中まで運び込んだ。そこで僕たちは、彼女がこのホテルのウェイトレスの一人であることに気が付いた。ウィルが彼女の襟を解いて喉を露出させると、そこには輪状の青黒い痣があった。
 彼は深刻な顔をして、声は震えていたが、それは恐怖のせいではなかった。彼は僕に言った。「服を着て跡を追うんだ。無駄にできる時間はない」彼は神妙に微笑んだ。「今度こそは逃げるわけには行かない」
 丁度その時、宿の主人が現れた。彼は少女を見て、それから僕たちの話を聞くと、恐怖と驚きで雷に打たれたようになってしまい、手を力なく差し出すことで精一杯だった。僕たちは彼の元に少女を残して部屋へと向かい、急いで服を着替えた。それからホールにとって返したところ、気の毒な犠牲者の周りに女性たちが騒がしく群がっているのを見つけた。
 バーの中から声がするのを聞いた僕は、ドアを押して中に入ったところ、中には数人の給仕の男たちがいて、興奮した口調でこの惨劇について討議しているのを発見した。彼らが僕が入ってきたことに気付いて振り返ったので、僕は彼らに、自分たちに合流して手助けをしてくれる人はいないだろうかと呼びかけた。すぐに鍛え上げられた若い男が前に進み出たが、それに続いて、ちょっと躊躇った後、二人のやや年配の男たちが名乗りをあげてくれた。そうして充分な人数が揃ったので、僕は彼らに重い棍棒とランタンを持ってきてくれるように言った。

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/114-367c91d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。