Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

As soon as they were ready we sallied out: Will and I first, the others following and keeping well together. The night was not particularly dark―the snow seemed to lighten it. At the bottom of High Street one of the men gave a short gasp, and pointed ahead.

There, dimly seen, and stealing across the snow with silent strides, was a giant form draped in white. Signing to the men to keep quiet, we ran quickly forward, the snow muffling our footsteps. We neared it rapidly. Suddenly Will stumbled and fell forward on his face, one of his pistols going off with the shock.

Instantly the Thing ahead looked round, and next moment was bounding from us in great leaps. Will was on his feet in a second, and, with a muttered curse at his own clumsiness, joined in the chase again. Through the park gates it went, and we followed hard. As we got nearer, I could plainly see the black headdress, and in the right hand there was a dark something; but what struck me most was the enormous size of the thing; it was certainly quite as tall as the marble goddess.

On we went. We were within a hundred feet of it when it stopped dead and turned towards us, and never shall I forget the fear that chilled me, for there, from head to foot, perfect in every detail, stood the marble goddess. At the movement, we had brought up standing; but now I raised a pistol and fired. That seemed to break the spell, and like one man we leapt forward. As we did so, the thing circled like a flash, and resumed its flight at a speed that bade fair to leave us behind in short time.

Then the thought came to me to head it off. This I did by sending the three men round to the right-hand side of the park lake, while Will and I continued the pursuit. A minute later, the monster disappeared around a bend in the path; but this troubled me little, as I felt convinced that it would blunder right into the arms of the men, and they would turn it back, and then―ah! then this mystery and horror would be solved.

****************

 準備が整うとすぐに僕たちは出発した。ウィルと僕が先頭に、他の三人が僕たちに続いた。夜はもうそれほど暗くもなく、雪も軽く思えた。目抜き通りの突き当たりで、男たちの中の一人がハッと息を呑んで前方を指差した。
 そこには、薄暗い視界の向こうに、そっと音を立てずに雪の上を大股で歩き去って行く白い巨人の影があった。音を立てないようにと皆に呼びかけ、急いで我々は前に向かって走った。雪が僕らの足音を消してくれた。僕たちはそいつとの距離を急速に詰めていった。不意にウィルが躓いて前のめりに倒れ、その衝撃で彼の持っていたピストルのうちの一丁が暴発した。
 すぐに《そいつ》は辺りを見回し、次の瞬間、大きく跳躍して僕らから離れていった。ウィルはすぐに立ち上がり、自分の失態に悪態をつくと、再び追跡に加わった。だがそいつが公園の中に入ると、追跡は困難になった。我々が距離を詰めるにつれて、僕の目にはっきりと映ったものは、そいつの黒い頭飾りと、そして右手に持った何か黒っぽいものだった。だが僕を一番驚かせたのはそいつの巨体だった。そいつは確かに、あの大理石の女神像と同じくらい背丈だったのだ。
 僕らは追跡を続けた。そいつとの距離が百フィートを切った時、そいつはぴたりと立ち止まり、こちらを振り向いたが、あの時の凍り付くような恐怖を僕は決して忘れないだろう。そこに立っていたのは、頭の天辺から爪先まで、その細部に至るまで完璧に、あの大理石の女神そのものだったのだ。その衝撃に僕たちは呆然とした。だが、我に返って僕はピストルを構え、発砲した。それが呪文を打ち破ったかのように、僕たちは一丸となって前に突進した。それと同時に、そいつは閃光のようにサッと身を翻し、瞬時にして我々を置き去りにしてしまうほどの速さで逃走を再開した。
 見失うのではないか、という思いが僕の頭にちらついた。それで僕は三人の男たちを公園の池に沿って右方向へと向かわせて、ウィルと僕はそのまま追跡を続行した。少しして、その怪物は角を折れて小路に入り、姿を消した。だが僕はあまり心配はしていなかった。というのは、僕はそいつが不覚にも三人の男たちの手に落ちるための道を選んだのだと確信していたからだ。そして彼らが戻ってきた時、その時には……おお!その時には、全ての謎と怪奇が解き明かされるのだろう。

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



******************

これが今年最後の僕の更新になります。
今年一年、ありがとうございました。
来年からもどうかよろしくお願い致します。

shigeyuki
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/115-b35f50db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。