Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

On we ran. A minute, perhaps, passed. All at once I heard a hoarse cry ahead followed by a loud scream, which ceased suddenly. With fear plucking at my heart, I spurted forward, Will close behind. Round the corner we burst, and I saw the two men bending over something on the ground.
 “Have you got it?” I shouted excitedly. The men turned quickly, and, seeing me, beckoned hurriedly. A moment later I was with them, and kneeling alongside a silent form. Alas! it was the brave young fellow who had been the first to volunteer. His neck seemed to be broken. Standing up, I turned to the men for an explanation.
 “It was this way, sir; Johnson, that’s him,” nodding to the dead man, “he was smarter on his legs than we be, and he got ahead. Just before we reached him we heered him shout. We was close behind, and I don’t think it could ha’ been half a minute before we was up and found him.”
 “Did you see anything---” I hesitated. I felt sick. Then I continued, “anything of That―you know what I mean?”
 “Yes, sir; leastways, my mate did. He saw it run across to those bushes an’--”
 “Come on, Will,” I cried, without waiting to hear more; and throwing the light of our lanterns ahead of us, we burst into the shrubberies. Scarcely had we gone a dozen paces when the light struck full upon a towering figure. There was a crash, and my lantern was smashed all to pieces. I was thrown to the ground, and something slid through the bushes. Springing to the edge, we were just in time to catch sight of it running in the direction of the lake. Simultaneously we raised our pistols and fired. As the smoke cleared away, I saw the Thing bound over the railings into the water. A faint splash was borne to our ears, then―silence.
 Hurriedly we ran to the spot, but could see nothing.
 “Perhaps we hit it,” I ventured.
 “You forget,” laughed Will hysterically, “marble won’t float. ”
“Don’t talk rubbish,” I answered angrily. Yet I felt that I would have given something to know what it was really.
 For some minutes we waited; then, as nothing came to view, we moved away towards the gate―the men going on ahead, carrying their dead comrade. Our way lead past the little clearing where the statue stood. It was still dark when we reached it.
 “Look, Herton, look!” Will’s voice rose to a shriek. I turned sharply. I had been lost momentarily in perplexing thought. Now, I saw that we were right opposite the place of the marble statue, and Will was shining the light of the lantern in its direction; but it showed me nothing save the pedestal, bare and smooth.

****************

 僕らは走った。おそらく、一分ほどが経過した頃だっただろう。突然前方からしゃがれた叫び声が聞こえたかと思うと、その後に大きな悲鳴が続き、ぱったりと静まり返った。嫌な予感に突き動かされ、僕は前に向かって疾走し、ウィルも僕のすぐ後に続いた。曲がり角を曲がったところで、僕たちは二人の男たちが地面に横たわっている何かの上に覆い被さるようにして身を屈めている所に行き逢った。
 「取り押さえたのか?」僕は興奮して叫んだ。男たちはさっと振り返り、それから僕を認めると、慌しく手招きをした。すぐに僕は彼らに合流し、そして無言の肉体の傍らに跪いた。何ということだろう!それは最初に名乗りを挙げてくれた、あの勇敢な若者であったのだ。彼の首は折れているように見えた。立ち上がり、僕は男たちに説明を求めた。
 「つまりこういうことなんです、旦那。彼の名前はジョンソンと言うんですが」と死んだ男に会釈してみせて「彼はわたしらよりもずっと足が速いもんで、先に行ったんです。で、わたしらは彼に追いつくちょっと前に、彼の叫ぶ声を聞きました。わたしらはすぐ後ろにいたんです。わたしらが彼に追いついて、彼の姿を見つけるまでの、ほんの三十秒かそこいらの時間で、そんなことができるなんてとても信じられやしません」
 「あなたは何かを見ませんでしたか---」僕は言い澱んだ。正気ではないような気がしたからだった。だが、僕は先を続けた。「《あれ》のことですが---言っていることが分かりますか?」
 「ええ、旦那さん。少なくとも、わたしの友人はそのようです。彼はそいつがここの繁みを横切って行ったのを見たと。それで……」
 「行くぞ、ウィル!」僕は話が終わるのを待たずに叫んだ。そしてランタンの光で前を照らして、低木の中に突入した。殆ど行かないうちに、光は聳え立つ人影をくっきりと照らし出した。ぶつかる音がして、僕のランタンは粉々に砕け散った。僕はそれを地面に投げ捨てた。すると何かが繁みの間を縫って移動していった。繁みから飛び出した時、僕らは間一髪で、そいつが池の方へ走って行く姿を視野に捉えた。僕らは同時にピストルを構え、発砲した。火薬の煙が晴れた時、僕は《そいつ》が柵を乗り越えて、水の中に飛び込むのを見た。微かな水飛沫の音が僕たちの耳に届き、それから---静寂がやってきた。
 急いで僕たちはその場所へ向かって走ったが、何も見ることは出来なかった。
 「多分、命中したんだと思う」と僕は言ってみた。
 「忘れてるんじゃないか」とウィルは引きつったように笑った。「大理石は水に浮かないぜ」
 「茶々を入れるなよ」と僕は腹を立てて言った。だが、それが”本当は”一体何だったのかを知る、何らかの手がかりになるとは感じていた。
 数分間、僕たちは待った。だが何も見えては来なかった。それで僕たちは、仲間の遺体を運ぶ男たちを先頭にして、ゲートに向かって移動を始めた。帰路には、大理石像の立っていた小さな広場を通り抜ける。僕たちがそこに差し掛かった時、辺りはまだ暗かった。
 「見ろよ、ハートン、見ろよ!」ウィルの甲高い声が上がった。僕はさっと首を回した。困惑の余り、一瞬、頭の中が真っ白になった。その時、僕たちは大理石像のあった場所を真正面に見ていたのだが、ウィルがランタンでそちらの方向を照らして見せたのだ。だが、台座の上には何も乗ってはいなくて、滑らかに剥き出しになっていた。
 

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



**********************

あけましておめでとうございます。
新年最初の更新です。
今年も宜しくお願い致します。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/116-6a496501

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。