Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

I glanced at Will. The lantern was shaking visibly in his grasp. Then I looked towards the pedestal again in a dazed manner. I stepped up to it and passed my hand slowly over the top. I felt very queer.
 After that, I walked round it once or twice, No use! there was no mistake this time. My eyes showed me nothing, save that vacant place, where, but a few hours previously, had stood the massive marble.
 Silently we left the spot. The men had preceded us with their sad burden. Fortunately, in the dim light, they had failed to note the absence of the goddess.
 Dawn was breaking as in mournful procession we entered the town. Already the news seemed to have spread, and quite a body of the town people escorted us to the hotel.
 During the day a number of men went up to the park, armed with hammers, intending to destroy the statue, but returned later silent and awestruck, declaring that it had disappeared bodily, only the great altar remaining.
 I was feeling unwell. The shock thoroughly upset me, and a sense of helplessness assailed me.
 About midnight, feeling worn out, I went to bed. It was late on the following morning when I woke with a start. An idea had some to me, and, rising, I dressed quickly and went downstairs. In the bar I found the landlord, and to him I applied for information as to where the library of the late Colonel Whigman had been removed.
 He scratched his head a moment reflectively.
 “I couldn’t rightly say, sir; but I know Mr. Jepson, the town clerk, will be able to, and I daresay he wouldn’t mind telling you anything you might want to know.”
 Having inquired where I was likely to meet this official, I set off, and in a short while found myself chatting to a pleasant, ruddy-faced man of about forty.
 “The late colonel’s library!” he said genially, “certainly, come this way, Sir Horton,” and he ushered me into a long room, lined with books.
 What I wanted was to find if the colonel had left among his library any diary or written record of his life in India. For a couple of hours I searched persistently. Then, just as I was giving up hope, I found it―a little green-backed book, filled with closely-written and crabbed writing.
 Opening it, I found staring me in the face, a rough pen-and-ink sketch of―the marble goddess.

****************

 撲はウィルを横目で見た。彼が手に持っているランタンは、明らかに震えていた。僕はもう一度台座を呆然と見詰めた。それから僕は台座の上によじ登り、手でその上をゆっくりと撫でた。そこには何だか違和感があった。
 その後僕は台座の周りを一、二周した。だが、無駄だった!この時には、何もおかしな所は見つからなかった。僕の目に映るもの、それは何も載っていない台座だけだが、しかしほんの数時間前には、そこにはどっしりとした大理石の彫像が立っていたのだ。
 僕たちは黙ってその場所を離れた。冷たくなった仲間を運ぶ男たちが僕らの前を歩いていた。幸い、薄暗い中だったので、彼らは女神像が消えてしまっていることに気付かなかった。
 悲しみに沈んだ僕たちの一行が町に入った時には、夜は白々と明け始めていた。既にその二ユースは広まっていたようで、大勢の町の人々が僕たちをホテルへと先導してくれた。
 その日一日中、多くの男たちが手に手にハンマーを持っては公園に向かい、像を破壊してしまおうとしたが、ほどなく黙りこんで帰って来ては、畏怖したような様子で、像が消えてしまって、ただ大きな台座だけが残っていると告げた。
 僕の心は晴れなかった。その衝撃は僕を徹底的に狼狽させた。そして無力感が僕を打ち拉いだ。
 真夜中頃になって、疲れ果てた僕はようやく床についた。次の日、はっとして目覚めたのはもう朝も遅い時間だった。思い付いたことがあって、僕はベッドを抜け出すと、急いで服を着替えて、階下に下りて行った。バーの中で宿の主人を見つけると、僕は彼に、ワイマン大佐の蔵書がどこに移管されているのかを教えて欲しいと頼んだ。
 彼はちょっと考えてから頭を掻いた。
 「だんな、あたしには正確なことはわかりません。ですが、町役場の記録係をしてなさるジェプソンさんならきっと、だんなが知りたいと思ってなさることを、なんなくお答えすることが出来ると思いますよ」
 どこに行けばその職員に会えるのかを聞いたあと、僕は宿を出たが、それからほどなくして僕は、四十歳くらいの血色のよい顔色をした男と心地のよい会話を交わしていた。
 「大佐の蔵書ですか!」と彼は落ち着いた声で言った。「確か、こちらです、ハートンさん」そして彼は僕を両側にずらりと本が並んだ、細長い部屋に案内してくれた。
 僕の目的は、大佐の蔵書に紛れて、彼の日記かさもなくば彼がインドで過ごした日々の記録が残されていないかどうかを調べることにあった。二、三時間ほど、僕はしらみつぶしに調べた。そしてまさにもう投げ出そうかと思った時、僕は目的のものを見つけ出した。それは小さな緑色の装丁の本で、酷く読みにくい、細かい字でぎっしりと記されていた。
 その本を開くと、大理石の女神を描いた荒いペン画の顔が、じっとこちらを覗き込んでいる姿が僕の目に飛び込んで来た。
 

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/117-2bb7b559

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。