Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

The following pages I read eagerly. They told a strange story of how, while engaged in the work of exterminating Thugs, the colonel and his men had found a large idol of white marble, quite unlike any Indian Deity the colonel had ever seen.
 After a full description―in which I recognized once more the statue in Bungalow Park―there was some reference to an exciting skirmish with the priests of the temple, in which the colonel had a narrow escape from death at the hands of the high priest, “who was a most enormous man and mad with fury.”
 Finally, having obtained possession, they found among other things that the Deity of the temple was another―and, to Europeans, unknown―form of Kali, the Goddess of Death. The temple itself being a sort of Holy of Holies of Thugdom, where they carried on their brutal and disgusting rites.
 After this, the diary went on to say that, loath to destroy the idol, the colonel brought it back with him from Calcutta, having first demolished the temple in which it had been found.
 Later, he found occasion to ship it off to England. Shortly after this his life was attempted, and, his time of service being up, he came home.
 Here it ended, and yet I was no nearer to the solution than I had been when first I opened the book.
 Standing up, I placed it on the table; then, as I reached for my hat, I noticed on the floor a half-sheet of paper, which had evidently fallen from the diary as I read. Stooping, I picked it up. It was soiled, and in parts illegible; but what I saw there filled me with astonishment. Here, at last, in my hands, I held the key to the horrible mystery that surrounded us!
 Hastily I crumpled the paper into my pocket, and, opening the door, rushed from the room. Reaching the hotel, I bounded upstairs to where Will sat reading.

****************

 その絵に続くページを僕は熟読した。そこには大佐と彼の従者たちが絞殺強盗団『サッグ』(訳注/Thugs:昔のインドの秘密結社の撲滅という仕事に従事していた時に、彼らがそれまでに見たことのあるどんなインドの神にも全く似ていない、白い大理石の巨大な偶像を発見することとなった経緯についての、不思議な物語が展開されていた。
 全体に目を通してみて、私はバンガローパークの彫像がそれであるとさらなる確証を持ったのだが、そこには寺院の僧侶たちとの激しい戦闘についての言及があり、大佐はやっとのことで、曰く「最も巨大な男であり、怒りに我を忘れている」高僧の手に掛かって死ぬ運命から逃れることが出来たのだということだった。
 最終的には寺院を占拠したのだが、その時彼らは寺の神像に混じって、ヨーロッパでは知られていない、異形のカーリー神---死の女神を発見した。その寺院はそれ自体が邪教徒の総本山であり、彼らはそこで残忍で忌々しい儀式を行っていた。
 その後、日記によると、偶像を破壊することを嫌った大佐はそれをカルカッタに持ち帰り、それを発見した寺院のほうを取り壊してしまった。
 後になって、大佐はその神像をイギリスへ搬送する手筈を整えた。それから時を経ずして、彼は道半ばのまま任期が切れて、故国に戻ったのだった。
 それが全てだった。だが僕には、その本を最初に開いた時点と比べて、幾らかでも解決に近付いたという気にはなれなかった。
 立ち上がり、僕はそれをテーブルの上に置いた。そして帽子に手を伸ばした時、僕は床に二つ折りになった紙が落ちていることに気が付いた。それは明らかに僕が読んでいた日記から落ちたものだった。前かがみになって、僕はそれを拾い上げた。紙は汚れていて、所々に判別し難い部分もあった。しかしそれは僕を驚かせるのに充分な内容だった。ここに至って、ついに僕はこの手に、我々を取り巻いている恐るべき謎を解く鍵を掴んだのだ!
 急いで僕はその紙を小さく折りたたんでポケットに入れ、それからドアを開けて、部屋から飛び出した。ホテルに辿り着くと、僕は階段を駆け上がり、座って読書をしていたウィルの所へ向かった。

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/118-06967629

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。