Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Williams turned towards me, and spoke.
"Gawd!" he said, "it's started agen!"
"What?" I said. Though I knew what he meant.
"Them syles," he answered, and made a gesture towards the fore royal.
I glanced up, briefly. All the lee side of the sail was adrift, from the bunt gasket outwards. Lower, I saw Tom; he was just hoisting himself into the t'gallant rigging.
Williams spoke again.
"We lost two on 'em just sime way, comin' art."
"Two of the men!" I exclaimed.
"Yus!" he said tersely.
"I can't understand," I went on. "I never heard anything about it."
"Who'd yer got ter tell yer abart it?" he asked.
I made no reply to his question; indeed, I had scarcely comprehended it, for the problem of what I ought to do in the matter had risen again in my mind.
"I've a good mind to go aft and tell the Second Mate all I know," I said. "He's seen something himself that he can't explain away, and--and anyway I can't stand this state of things. If the Second Mate knew all--"
"Garn!" he cut in, interrupting me. "An' be told yer're a blastid hidiot. Not yer. Yer sty were yer are."
I stood irresolute. What he had said, was perfectly correct, and I was positively stumped what to do for the best. That there was danger aloft, I was convinced; though if I had been asked my reasons for supposing this, they would have been hard to find. Yet of its existence, I was as certain as though my eyes already saw it. I wondered whether, being so ignorant of the form it would assume, I could stop it by joining Tom on the yard? This thought came as I stared up at the royal.



 

ウィリアムスがこっちを向いていった。

 「くそっ、また始まりやがった」

 「なんだって」何のことかわかっていたが、俺はいった。

 「帆さ」といって、フォア・ローヤルを指さした。

 俺はちらと目線を上げた。中央のガスケットから外側に向かって、帆の風下側の全体がはためいている。その下にトムが見えた。ちょうどトゲルン・リギングに取り付いたところだ。

 ウィリアムスがまた口を開いた。

 「おんなじ風にして仲間が二人もやられたんだ」

 「二人もか」

 「そうだ」あいつはきびきびと答えた。

 「なに、そんなの初耳だな」

 「おんし、いったい誰がそげなこと話したんだい」

 俺は何も答えなかった。あいつがいったことは、ほとんど何も理解できていなかった。いったいどうするのがいいのかという問題がまた頭をもたげてきていた。

 「船尾に行って、二等航海士に知ってることを全部話してしまおうかって思うんだ。あいつはあいつで、よくわからんものを見たようだしな。どっちにしろ、このままにいかないぞ。もし、奴さんが全部知っ―」

 「馬鹿いえ、やめちょけ」いきなり、あいつに遮られた。「熱に浮かれたイカレ野郎なんていわれるのがおちだぜ。やめちょけ。なんもせんほうがいい」

 俺はじっと立ち尽くしていた。まったく、あいつの言う通りだったし、どうするのが一番いいのか、すっかり考えあぐねてしまってたんだ。上には何か危険があるとははっきりとわかってた、何故そう思うのかっていわれても難しいんだが。危険があるということは、この両の目で見たかのようにはっきりと分かってる。それがどんな形で起こるか知らないで、帆桁にトムと一緒にいたら止めることが出来るだろうか。ローヤルを見上げてるとそんな考えが頭をよぎった。

 きっともの笑いの種になるだけだろう。俺は・・・

 

つづく

kane

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/119-f323b360

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。