Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

“I’ve found it out! I’ve found it out!” I gasped. Will sprang from his seat, his eyes blazing with excitement. I seized him by the arm and, without stopping to explain, dragged him hatless into the street.
 “Come on,” I cried.
 As we ran through the streets people looked up wonderingly, and many joined in the race.
 At last we reached the open space and the open pedestal. Here I paused a moment to gain breath. Will looked at me curiously. The crowd formed round in a semi-circle, at some little distance.
 Then without a word I stepped up to the altar, and, stooping, reached up under it. There was a loud click, and I sprang back sharply. Something rose from the center of the pedestal with a slow, stately movement. For a second no one spoke; then a great cry of fear came from the crowd: “The image! The image!” and some began to run. There was another click and Kali, the Goddess of Death, stood fully revealed.
 Again I stepped up to the altar. The crowd watched me breathlessly and the timid ceased to fly. For a moment I fumbled. Then one side of the pedestal swung back. I held up my hand for silence. Someone procured a lantern, which I lit and lowered through the opening. It went down some ten feet, then rested on the earth beneath. I peered down, and as my eyes became accustomed to the darkness, I made out a square-shaped pit in the ground directly below the pedestal.
 Will came to my side and looked over my shoulder.
 “We must get a ladder,” he said. I nodded, and he sent a man for one. When it came we pushed it through until it rested firmly; then after a final survey, we climbed cautiously down.
 I remember feeling surprised at the size of the place. It was as big as a good-sized room. At this moment, as I stood glancing round, Will called to me. His voice denoted great perplexity. Crossing over, I found him staring at a litter of things which strewed the ground: tins, bottles, cans, rubbish, a bucket with some water in it, and, further on, a kind of rude bed.
 “Someone’s been living here!” and he looked at me blankly. “It wasn’t---” he began, then hesitated. “It wasn’t that after all,” and he indicated with his head.

****************

 「分かったぞ!分かったぞ!」僕は息せき切って言った。ウィルは椅子から飛び上がった。彼の目は興奮に輝いていた。僕は彼の腕を掴み、説明のために立ち止まることもなく、帽子を被る時間も与えず、通りへと連れ出した。
 「来いよ」と僕は叫んだ。
 僕たちが通りを走り抜けて行く姿を人々は好奇の目で見詰め、そしてその多くは僕たちに合流して付いて来た。
 そうしてついに我々は、空の台座のある広場へと到着した。そこで僕は少し立ち止まって、息を整えた。ウィルは僕を好奇の目で見ていた。群集は少し離れた場所で、半円を描くようにして僕らを取り囲んでいた。
 僕は黙って台の上に登り、それから、前屈みになって、その下に手を伸ばした。大きなカチリという音がして、僕はさっと後ろへ飛び退いた。何かが台座の真中から、ゆっくりと厳かに持ち上がって来た。
 一瞬、誰もが押し黙った。それから、大きな悲鳴が群集の中から起こった。「彫像だ!彫像だ!」そして何人かが走り始めた。さらにまたカチリという音がして、カーリー……死の女神が完全に起立した。
 再び僕は台へ上った。群集の怖気は消え去り、息を呑んで僕を見詰めていた。しばし僕は手探りをした。すると台座の片側が引っ込んだ。僕は黙って手を挙げた。誰かがランタンを用意してくれたので、僕はそれに火を点し、開いた場所にかかげた。穴は十フィートほどの深さがあり、その下は土になっていた。僕は下をじっと覗き込んだ。闇に慣れるにつれて、撲はそれが台座の真下に作られた正方形の壕であることを知った。
 ウィルが僕の側にやって来て、肩越しに覗き込んだ。
 「梯子がいるな」と彼は言った。僕は頷いた。彼は一人の男を使いに出した。梯子が来ると、僕たちはそれをしっかりと下に着くまで降ろした。それから最後の確認をした後、僕たち二人は慎重に下りて行った。
 僕はその場所の広さに驚いたことを覚えている。そこは、程よい大きさの一室と呼んで良いほどの広さがあったのだ。下に降り立って周りを見回している時、ウィルが僕を呼んだ。彼の声には、激しく動揺しているような響きがあった。部屋を横切りながら、僕は彼が地面に散乱しているゴミの数々を見ているのだということに気付いた。ブリキ、壜、缶、くず、少し水の入ったバケツ。そしてその先には簡素な作りのベッドがあった。
 「誰かがここに住んでいるんだ!」彼は僕を呆然と見詰めた。「まさか、そんなことは……」彼は口を開いたが、言い澱んだ。「いや、そんなことはありえない……」彼はそう言って頭を振ってみせた。

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/120-f87c79b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。