Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Tom had reached the sail, and was standing on the foot-rope, close in to the bunt. He was bending over the yard, and reaching down for the slack of the sail. And then, as I looked, I saw the belly of the royal tossed up and down abruptly, as though a sudden heavy gust of wind had caught it.
"I'm blimed--!" Williams began, with a sort of excited expectation. And then he stopped as abruptly as he had begun. For, in a moment, the sail had thrashed right over the after side of the yard, apparently knocking Tom clean from off the foot-rope.
"My God!" I shouted out loud. "He's gone!"
For an instant there was a blur over my eyes, and Williams was singing out something that I could not catch. Then, just as quickly, it went, and I could see again, clearly.
Williams was pointing, and I saw something black, swinging below the yard. Williams called out something fresh, and made a run for the fore rigging. I caught the last part--
"--ther garskit."
Straightway, I knew that Tom had managed to grab the gasket as he fell, and I bolted after Williams to give him a hand in getting the youngster into safety.
Down on deck, I caught the sound of running feet, and then the Second Mate's voice. He was asking what the devil was up; but I did not trouble to answer him then. I wanted all my breath to help me aloft. I knew very well that some of the gaskets were little better than old shakins; and, unless Tom got hold of something on the t'gallant yard below him, he might come down with a run any moment. I reached the top,and lifted myself over it in quick time. Williams was some distance above me. In less than half a minute, I reached the t'gallant yard. Williams had gone up on to the royal. I slid out on to the t'gallant foot-rope until I was just below Tom; then I sung out to him to let himself down to me, and I would catch him. He made no answer, and I saw that he was hanging in a curiously limp fashion, and by one hand.


 トムは帆までたどり着き、中央ガスケットの側の足場綱に下り立っていた。それから帆桁の上にかがみこんで、帆布のたるみに手を延ばした。見てると、ローヤルのたるみが急にばたばたと上下にはためきだしたんだ。まるで突風でも捕らえたみたいにさ。

 「くそこんちくしょう」ウィリアムスが何かの予感に興奮したみたいに口を開いた。そして、開けたときと同じように不意に口を閉じた。一瞬の内に帆布が帆桁を越えて後ろ側まで吹き上がったんだ。トムが足場綱から叩き落とされたのは明らかだった。

 「なんてこった」俺は大声で叫んだ。「あいつ、落っこっちまった!」

一瞬、目がかすんだ。ウィリアムスが何かいったが、よくきこえなかった。すぐにまた、はっきりと見えるようになった。

 ウィリアムスが指さしていた。帆桁の下で何か黒いものが揺れている。それから、あいつは何か叫ぶとフォア・リギングへと駆け出した。その言葉の最後だけがわかった―

 「・・・ガスケットだ!」

 すぐにトムが落ちながらもなんとかガスケットを掴んで、墜落しないでいるのがわかって、俺もウィリアムスを追っかけて駆けだした。トムを引っぱり上げようってわけだ。

 デッキから駆け回る足音と二等航海士の怒鳴り声がきこえてきた。いったい何事だっ、なんていってたが、それに答えようなんて思いもしなかった。ひと呼吸、ひと呼吸を全て登ることに集中させたかったんだ。ガスケットの中にはくず紐同然なのがあるってことはよく承知してたからな。トムが下のトゲルン・ヤードの何かにつかまらない限り、いつデッキまで落ちてもなんの不思議もなかったんだ。トップにたどり着くと、あっというまに乗り越えた。ウィリアムスは少し先だ。それから、三十秒もしない内にトゲルン・ヤードに着いた。ウィリアムスはさらにローヤルへと登っていった。俺はトムのちょうど真下あたりまで帆桁の足場綱をたどっていって、それからトムに「手を放せ、受け止めてやる」って呼びかけたが、何の答えも返ってこなかった。そのとき、あいつは片腕だけで、ひどくぐったりした格好でぶら下がっていた。

つづく

kane

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/121-3718cebd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。