Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Williams's voice came down to me from the royal yard. He was singing out to me to go up and give him a hand to pull Tom up on to the yard. When I reached him, he told me that the gasket had hitched itself round the lad's wrist. I bent beside the yard, and peered down. It was as Williams had said, and I realised how near a thing it had been. Strangely enough, even at that moment, the thought came to me how little wind there was. I remembered the wild way in which the sail had lashed at the boy.
All this time, I was busily working, unreeving the port buntline. I took the end, made a running bowline with it round the gasket, and let the loop slide down over the boy's head and shoulders. Then I took a strain on it and tightened it under his arms. A minute later we had him safely on the yard between us. In the uncertain moonlight, I could just make out the mark of a great lump on his forehead, where the foot of the sail must have caught him when it knocked him over.
As we stood there a moment, taking our breath, I caught the sound of the Second Mate's voice close beneath us. Williams glanced down; then he looked up at me and gave a short, grunting laugh.
"Crikey!" he said.
"What's up?" I asked, quickly.
He jerked his head backwards and downwards. I screwed round a bit, holding the jackstay with one hand, and steadying the insensible Ordinary with the other. In this way I could look below. At first, I could see nothing. Then the Second Mate's voice came up to me again.
"Who the hell are you? What are you doing?"
I saw him now. He was standing at the foot of the weather t'gallant rigging, his face was turned upwards, peering round the after side of the mast. It showed to me only as a blurred, pale-coloured oval in the moonlight.
He repeated
his question.

 


 

 ローヤル・ヤードからウィリアムスの呼び声がきこえてきた。トムを帆桁に引っ張り上げるから手を貸せっていう。登り切るとウィリアムスが、ガスケットがトムの手首に絡み付いてるっていうんで、帆桁のそばから覗いてみると、果してあいつの言う通りで、どれほどきわどいとこだったか思い知ったんだ。まったくおかしなことなんだが、そのときになって初めて、風がどんなに弱かったか思い出したんだ。帆があの坊主をしこたまに叩きつけた様子が眼に浮かぶようだよ。
 俺は必死で左舷側のバントラインを緩めると、その端をガスケットに絡め、ランニング・ボーラインを作った。そして輪を降ろしていってトムの頭と両肩を通し、それからロープを引っ張ってあいつの脇できつく締めた。一分後、トムは俺たちの間でしっかりと支えられていた。ほのかな月明りで、あいつの額に大きな瘤が出来ているのに気づいた。きっとそこに帆の下縁がぶつかったんだな。
 立ったまましばらく息を整えていると、真下あたりから二等航海士の怒鳴り声がきこえてきた。ウィリアムスが下をのぞき込んでから俺の方を見上げ、一瞬鼻を鳴らすように笑った。
 「やれやれ、まったく」
 「どうしたんだい」俺は即座に返した。あいつは顎をしゃくってみせた。俺は片手でジャックステイを掴み、もう片方で朦朧としたオーディナリー船員を支えながら、首をちょっと巡らせた。こんなふうにして、ようやく下が見えるようになったんだ。最初は何も見えなかった。そのとき二等航海士の声がまたきこえてきた。
 「おまえは誰だ。そこで何をしている」
 その姿が見えるようになった。風上側のトゲルン・リギングの付け根に立ってて、マストの後ろからのぞき込むように見上げていた。その姿は月明りでぼんやりとした、淡い色の楕円形のようにしか見えなかった。
 二等航海士は、もう一度、質問を繰り返した。

つづく

kane

 


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/123-f1a24955

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。