Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 “No,” I replied, “It wasn’t that.”
 I assented. Will’s face was a study. Then he seemed to grasp the full significance of the fact, and a great look of relief crossed his features.
 A moment later I made a discovery. On the left side in the far corner was a low curved entrance, like a small tunnel. On the opposite side was a similar opening. Lowering the lantern, I looked into the right-hand one, but could see nothing. By stooping somewhat we could walk along it, which we did for some distance, until it ended in a heap of stones and earth. Returning to the hollow under the pedestal, we tried the other, and, after a little, noticed that it trended steadily downwards.
 “It seems to be going in the direction of the lake,” I remarked; “we had better be careful.”
 A few feet further on the tunnel broadened and heightened considerably, and I saw a faint glimmer, which, on reaching, proved to be water.
 “Can’t get any further,” Will cried. “You were right. We have got down to the level of the lake.”
 “But what on earth was this tunnel designed for?” I asked, glancing around. “You see it reaches below the surface of the lake.”

“Goodness knows,” Will answered. I expect it was one of those secret passages made centuries ago―most likely in Crowell’s time. You see, Colonel Whigman’s was a very old place, built I can’t say how long ago. It belonged once to an old baron. However, there is nothing here; we might as well go.”
 “Just a second, Will,” I said, the recollection of the statue’s wild leap into the lake at the moment recurring to me.
 I stooped and held the lantern close over the water which blocked our further progress.

****************

 「ああ」と僕は答えた。「『あれ』であるはずがない」
 僕は同意した。ウィルは考え込んでいた。その時、彼はこの事実の持っている重要な意味を理解したようだった。そして彼の顔には安堵の表情がよぎった。
 その直後、僕は一つの発見をした。左手方向の奥の角に粗雑なカーブを描く入り口があり、小さなトンネルのようだった。反対側にも似たような穴が空いていた。ランタンを下げて、僕は右側の穴を調べたが、何も見えなかった。少し腰をかがめれば何とか歩いて進むことが出来そうだったので、僕たちは少し進んでみたが、穴は石と土に阻まれて行き止まりになってしまった。台座の下の空間に戻り、僕たちはもう一つの穴を試してみたが、するとすぐに、その穴が着実に下方へ向かっていることに気付いた。
 「池の方へ向かっているようだ」と僕は言った。「気をつけたほうがいいな」
 数フィート先でトンネルは広くなり、高さも出てきた。そして僕は仄かな輝きを目にしたが、近付くにつれて、それが水であるということが分かった。
 「これ以上は無理だ」とウィルは言い放った。「君の言うとおりだ。俺たちは池のところまで降りてきた」
 「だが、一体だれがこんなトンネルを作ったんだ?」僕は周りを見渡して言った。「この穴は、池の水面下にまで伸びているぞ」
 「女神のみぞ知る、だ」ウィルは答えた。「俺はこの穴が、何世紀も前に---おそらくクロムウェルの時代に---作られた、抜け穴の一つじゃないかと思う。ワイマン大佐の地所はとても由緒正しく、どのくらい前からのものかわからない。かつてここは年取った男爵の持ち物だったんだ。だが、ここには何もない。俺たちはもう立ち去るべきだろう」
 「ちょっと待ってくれ、ウィル」と僕は言った。池の中に向かって彫像が大きく跳んだという記憶が、そのとき僕の脳裏に蘇ったのだ。
 僕は屈みこみ、手にもったランタンを、僕たちの進行を妨げている水の、すぐ近くにかかげた。

"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/124-298a2026

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。