Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




As I did so I thought I saw something of an indistinct whiteness floating a few inches beneath the surface. Involuntarily my left hand took a firmer grip of the lantern, and the fingers of my right hand opened out convulsively.

 What was it I saw? I could feel myself becoming as icy cold as the water itself. I glanced at Will. He was standing disinterestedly a little behind me. Evidently he had, so far, seen nothing.
 Again, I looked, and a horrible sensation of fear and awe crept over me as I seemed to see, staring up at me, the face of Kali, the goddess of Death.
 “See, Will!” I said quickly. “Is it fancy?”
 Following the direction of my grimace, he peered down into the gloomy water, then started back with a cry.
 “What is it Herton? I seemed to see a face like---”
 “Take the lantern, Will.” I said, as a sudden inspiration came to me: “I’ve an idea what it is”; and leaning forward, I plunged my arms in up to the elbows, and grasped something cold and hard. I shuddered, but held on, and pulled, and slowly up from the water rose a vast white face, which came away in my hands. It was a huge mask―an exact facsimile of the features of the statue above us.
 Thoroughly shaken, we retreated to the pedestal with our trophy, and from thence up the ladder into the blessed daylight.
 Here, to a crowd of eager listeners, we told our story; and so left it.
 Little remains to be told.
 Workmen were sent down, and from the water they drew forth the dead body of an enormous Hindoo, draped from head to foot in white. In the body were a couple of bullet wounds. Our fire had been true that night, and he had evidently died trying to enter the pedestal through the submerged opening of the passage.
 Who we was, or where he came from, no one could explain.
 Afterwards, among the colonel’s papers, we found a reference to the High Priest which led us to suppose that it was he, who, in vengeance for the sacrilege against his appalling deity, had, to such terrible purpose, impersonated Kali, the Goddess of Death.

****************

 その時僕は、何か朧げな白いものが水面の数インチほど下に浮かんでいるのを見た気がした。思わず左手でしっかりとランタンを握り締め、そして右手の指を震わせながら開いていた。
 撲が見たものは一体何だったのか?僕はまるで自分が水そのものであるかのように、冷たく凍り付いたように思った。僕はウィルを一瞥した。彼は僕の少し後ろで、無防備のままに立っていた。明らかに彼は、今までのところ、何も見ていないようだった。
 また僕は水面を覗き込んだ。そして、カーリー神……死の女神が僕を見上げている顔を見ていると気付いた時、恐怖と畏怖のぞっとするような感覚が僕の背中を這った。
 「見てくれ、ウィル!」と僕は叫んだ。「幻を見ているんだろうか?」
 僕の視線を追って、彼は暗い水の中をじっと覗き込み、それから悲鳴をあげて飛びのいた。
 「そいつは何なんだ、ハートン?俺には顔のように見えるぞ……」
 「ランタンをかかげてくれ、ウィル」思いついたことがあって、僕は言った。「僕にはそれが何なのか、分かったかもしれない」そして僕は前に身を乗り出して、腕を肘まで水の中に漬し、何か堅くて冷たいものを掴んだ。ゾッとしたが、撲はそれをしっかりと手に掴み、引き上げた。すると水の中から、巨大な白い顔が、僕の手と共にゆっくりと浮かび上がってきた。それは巨大なマスク---僕たちの頭上に聳えていた彫像の特長を、正確に捉えた複製だった。
 すっかり動揺した僕たちは、その戦利品を手に台座の所へ引き返し、梯子を登って、慈愛に満ちた光の中へ出た。そして僕らを待ち構えていた群集に、自分たちの見たものについての話をして、マスクを置いたのだった。
 語るべきことは、あと少ししかない。
 人夫たちが送り込まれ、彼らは水の中から頭の頂点から足の爪先まで真っ白に塗られた、巨大なヒンズー教徒の死体を引き上げた。その身体には二、三の弾創があった。あの夜の銃弾は的を得ており、彼は明らかに水面下から台座の下へと通じる穴に入り込もうとして息絶えたのだった。
 僕たちの中で誰一人として、彼がどこから来たのか、説明できる者はいなかった。
 その後、僕たちは大佐の手記の中に高僧についての言及を見つけたが、彼こそが、自分の信じる恐るべき神性に対する不敬への復讐として、死の女神カーリーを装い一連の凶事に及んだその男だという結論に達したのだった。
 

<終>



"The Goddess of Death"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/125-d86a2d1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。