Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"It's Williams and I, Sir," I said. "Tom, here, has had an accident."
I stopped. He began to come up higher towards us. From the rigging to leeward there came suddenly a buzz of men talking.
The Second Mate reached us.
"Well, what's up, anyway?" he inquired, suspiciously. "What's happened?"
He had bent forward, and was peering at Tom. I started to explain; but he cut me short with:
"Is he dead?"
"No, Sir," I said. "I don't think so; but the poor beggar's had a bad fall. He was hanging by the gasket when we got to him. The sail knocked him off the yard."
"What?" he said, sharply.
"The wind caught the sail, and it lashed back over the yard--"
"What wind?" he interrupted. "There's no wind, scarcely." He shifted his weight on to the other foot. "What do you mean?"
"I mean what I say, Sir. The wind brought the foot of the sail over the top of the yard and knocked Tom clean off the foot-rope. Williams and I both saw it happen."
"But there's no wind to do such a thing; you're talking nonsense!"
It seemed to me that there was as much of bewilderment as anything else in his voice; yet I could tell that he was suspicious--though, of what, I doubted whether he himself could have told.
He glanced at Williams, and seemed about to say something. Then, seeming to change his mind, he turned, and sung out to one of the men who had followed him aloft, to go down and pass out a coil of new, three-inch manilla, and a tailblock.
"Smartly now!" he concluded.
"i, i, Sir," said the man, and went down swiftly.
The Second Mate turned to me.
"When you've got Tom below, I shall want a better explanation of all this, than the one you've given me. It won't wash."
"Very well, Sir," I answered. "But you won't get any other."
"What do you mean?" he shouted at me. "I'll let you know I'll have no impertinence from you or any one else."
"I don't mean any impertinence, Sir--I mean that it's the only explanation there is to give."
"I tell you it won't wash!" he repeated. "There's something too damned funny about it all. I shall have to report the matter to the Captain. I can't tell him that yarn--" He broke off abruptly.
"It's not the only damned funny thing that's happened aboard this old hooker," I answered. "You ought to know that, Sir."
"What do you mean?" he asked, quickly.


 「ウィリアムスと私です、サー。トムがここにいるんですが、事故っちまって」

 俺は口を閉じた。二等航海士が、さらにこちらへと登り始めていた。ふと、風下側の索具の辺りから男たちのがやがやいう声が聞こえてきた。

  「それで、どうした。いったい何があったんだ」二等航海士は側まで来ると疑わしそうに訊ねた。そして身を乗り出すようにしてトムの顔をのぞき込んだ。俺が説明しようとすると、すぐに遮られた・・・「こいつ、死んだのか」

  「いいえ、そうは思いません、サー。でも、ひどい落ち方をしたもんですから。私たちがここに来たときには、ガスケットに中吊りになってたんです。帆布がこいつを帆桁から叩き落としたんです」

  「なんだと」

  「帆が風を捕らえて、帆桁の上まで吹き上がってきて・・・」

  「風だと」二等航海士は遮っていった。「風なんぞちっとも吹いちゃおらんぞ」そういうと、もう一方の足に体重を移しかえた。「いったい何をいってるんだ」

  「申し上げた通りです、サー。風で帆の下端が帆桁の上へ吹き上がってきて、トムを足場綱から叩き落としたんです。ウィリアムスと私は見てました」

  「だから、そんなになるほど風なんぞ吹いちゃおらんといっとるだろう。ばかをいうのもたいがいにしろ」

 とはいっても、その声には何よりも当惑以上のものが感じられたな。きっと、何か疑っていたんだ・・・もっとも、それをあの人が自分の口からいえるかどうかは怪しいもんではあったがね。

 二等航海士はウィリアムスにちらっと眼を遣り、なにかいおうとした。しかし、気が変わったようで、振り返ると一緒について上がってきた男に、デッキへ降りてテイルブロックと新品の三インチのマニラ綱を一巻持ってくるように命じた。

 「急げ」

 「アイ、アイ、サー」男はいうと、急いで降りていった。

 二等航海士は俺の方に向き直った。

 「トムを降ろしたら、もっとましな説明を聞かせてもらいたいものだな。あんなんじゃ話しにならん」

  「わかりました。でも、他には何もありませんよ」

  「なんだと」と声を荒げて、「教えてやろう、私はな、おまえだろうが他の奴だろうが偉そうなことを言われる筋合いはないってな」

  「別に偉そうにいってるわけじゃありません。私が説明できるのはあれだけなんです」

  「それが話しにならんといっとるんだ。どうも妙な所が多すぎる。私は船長に報告せにゃならんのだぞ。まさか、そんなよた話をするわけにはいくまい・・・」と、不意に話を切った。

  「このボロ船で起こってる妙なことはこれだけじゃないんです。あなたは知っておられるべきです」

  「いったい何のことだ」二等航海士は即座に返してきた。

                                                                

つづく

kane


 

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/127-da4adb67

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。