Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
   ▲甲板かんぱんおほ巨蟹ジヤイアントクラブ

 余は食器室バントリーを見た。別に異状いじやうはない。そこで殺された野豚のことがになるので、余は十分警戒しつゝ上甲板うへへと上がつて行つた。此時このとき余は不用意にも今迄感じたことのない驚愕きやうがくめに、ツと叫んで二歩三歩ふたあしみあし引退ひきさがらざるを得なかつた。何故かといふと其處そこで、一個ひとつの恐しい怪物くわいぶつを見たからである。
 恐しい怪物くわいぶつ!それは何であつたらう?此書これむ人が余のその正體しやうたいを明らかにするに及んで、初めてその平凡を嘲るなからんことを望む。如何いかなる物でも吾々われゝゝの眼におほれて居るがめに、必ずしもその物が平凡であるとはいへぬ。何故なればまれ異常エキストラオーデナリーなものがあるからである。
 サテ余はこゝに於て怪物くわいぶつ正體しやうたいを明かさずばなるまい。それは驚くべき巨大きよだい海蟹うみがにであつた。その褐色せいかつしよく甲羅かうらは最もひろところに於て、たしかに十ヒートはあつたらうと思はれる。二本の頑丈ぐわんぢやう鋏爪ビンサークロース鐡壁てつへきくだくに足るかと見えた。豚の死屍したいこのかにに依つて片付けられたであらう、既に其處そこには一くわいの肉、一片の骨すらのこつて居なかつた。
 恐怖  それこそ世にたぐひあるまじき深甚しんゞゝな恐怖に、余等よらを三日三晩閉ぢ込めた怪物くわいぶつの主が、蟹であらうとは何人なんびと想像さうゞゝし得べき?余は甲板に横はつた巨大な蟹の姿の恐ろしさにもかゝはらず、初めて一切の不思議を解決することができて、やうやく胸をでおろしたのであつた。けれども、余等よらの船を襲ふて、船體せんたい微塵みぢんになるかと思ふほどの音を立てたのも、また大食堂サルーンに潜り込んで、船室キヤビン破壊はくわいしたのも、無論この蟹一ぴき所業しわざではない。恐らく彼は他のおほくの仲間  それは或は彼よりも尚ほ一層巨大なものがあつたかも知れない  と一しよに、海をおほ海草かいさううへを渡つて殺到さつたうしたに相違さうゐない。う考へると蟹とはいひでう、襲はれる方では必ずしも愉快ゆくわいなものではない。

"From the Tideless Sea"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by 阿武天風





※rubyタグを使用したため、IE(5.0以上)以外のブラウザではルビが適応されず、()でルビが表示されます。なので、できればIE(5.0以上)を使用して読んでいただければ、より楽しめるかと思います
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/139-cf6ced80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。