Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

The Second Mate said nothing, and I glanced at him, curiously. Was he beginning to see, I wondered, how useless it was to try to find any sensible explanation of the affair? Had he begun at last to couple it with that peculiar business of the man up the main? I am inclined now to think that this was so; for, after staring a few moments at Tom, in a doubtful sort of way, he went out of the fo'cas'le, saying that he would inquire further into the matter in the morning. Yet, when the morning came, he did no such thing. As for his reporting the affair to the Skipper, I much doubt it. Even did he, it must have been in a very casual way; for we heard nothing more about it; though, of course, we talked it over pretty thoroughly among ourselves.

With regard to the Second Mate, even now I am rather puzzled by his attitude to us aloft. Sometimes I have thought that he must have suspected us of trying to play off some trick on him--perhaps, at the time, he still half suspected one of us of being in some way connected with the other business. Or, again, he may have been trying to fight against the conviction that was being forced upon him, that there was really something impossible and beastly about the old packet. Of course, these are only suppositions.

And then, close upon this, there were further developments.

 


 

二等航海士は何もいわなかった。俺は奴さんをまじまじと見つめた。この人はこの事件にまっとうな説明を付けようなんてことが、どんなに無駄なことかわかってきたんだろうか。ようやくメインを登っていた妙な奴と結び付けて考え始めたんだろうか。今じゃその通りだったんだと思ってる。ちょっとの間、怪訝そうにトムを見つめると、朝になったらもっと話をきくからな、と言い残して船首楼を出ていった。でも朝になっても、そんなことはしなかったはずだな。船長に報告したかどうかだって怪しいもんだ。たとえ話したとしても、たぶん、とても何気ない風を装って、ってとこだったはずだ。俺たちの方にはそれ以上のことは伝わって来なかったからな。もっとも俺たちの仲間内じゃ徹底的に議論されたんだけどな。

二等航海士についていえば、上での俺たちに対する扱いには、今だに理解に苦しむんだ。時々思うんだが、きっと俺たちが一杯食わせた、なんて疑ってたんだろうな。そのときになってもまだ、俺かウィリアムスのどっちかが、他のことにも何かの形で関わっていたとか、半ば疑いの目で見てたんだ。それとも、ねじ伏せていた確信―つまり、あのぼろ船に何か奇怪で、恐ろしいものが本当にあるっていうこと―と真っ向からやりあってやろうとしていたのかもしれない。もちろん、こんなの全部、想像にすぎないんだけどな。

 それからすぐ、また事件が起こった。

                                                         つづく

kane

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/142-f4f97ef7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。