Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

I joined in again.

"There's another thing, Stubbins," I said. "The gasket Tom was hanging by, was on the after side of the yard. That looks as if the sail might have flapped it over? If there were wind enough to do the one, it seems to me that it might have done the other."

"Do you mean that it was hunder ther yard, or hover ther top?" he asked.

"Over the top, of course. What's more, the foot of the sail was hanging over the after part of the yard, in a bight."

Stubbins was plainly surprised at that, and before he was ready with his next objection, Plummer spoke.

" 'oo saw it?" he asked.

"I saw it!" I said, a bit sharply. "So did Williams; so--for that matter--did the Second Mate."

Plummer relapsed into silence; and smoked; and Stubbins broke out afresh.

"I reckon Tom must have had a hold of the foot and the gasket, and pulled 'em hover the yard when he tumbled."

"No!" interrupted Tom. "The gasket was under the sail. I couldn't even see it. An' I hadn't time to get hold of the foot of the sail, before it up and caught me smack in the face."

" 'ow did yer get 'old er ther gasket, when yer fell, then?" asked Plummer.

"He didn't get hold of it," I answered for Tom. "It had taken a turn round his wrist, and that's how we found him hanging."

"Do you mean to say as 'e 'adn't got 'old of ther garsket?", Quoin inquired, pausing in the lighting of his pipe.

"Of course, I do," I said. "A chap doesn't go hanging on to a rope when he's jolly well been knocked senseless."

"Ye'rericht," assented Jock. "Ye're quite richt there, Jessop."

Quoin concluded the lighting of his pipe.

"I dunno," he said.

I went on, without noticing him.

"Anyway, when Williams and I found him, he was hanging by the gasket, and it had a couple of turns round his wrist. And besides that, as I said before, the foot of the sail was hanging over the after side of the yard, and Tom's weight on the gasket was holding it there."

"It's damned queer," said Stubbins, in a puzzled voice. "There don't seem to be no way of gettin' a proper hexplanation to it."

 


 

  俺はまた話に加わった。

 「スタビンスよ、まだあるんだ。トムがぶら下がってたガスケットはヤードの後ろ側にあったんだぜ、こいつは帆布がヤードを越えて叩き上げられたってことじゃないか。それにさ、片方がそんなになるほど風があるんだったら、もう一方も叩き上げられるはずだろ」

 「で、そいつはヤードの下かトップの上かよ」

 「当然、トップの上さ。おまけに、帆の下縁はヤードの後ろ側に引っかかってたんだぜ。ロープのたるみにさ」

 これにはスタビンスも驚いたようだった。そして、次の反論を考えてる間にプラマーがしゃべりだした。

 「へえ、そんでどこのどいつがそれを見たんだ」

「この俺さ」と、俺は少々刺々しく言ってやった。「ウィリアムスもだぜ。まあ、ことによっちゃ・・・二等航海士もだな」

 プラマーは黙り込むとパイプを吸いはじめ、スタビンスがまた話し始めた。

 「俺が思うに、トムは帆の下隅とガスケットを掴んでたんじゃねえか。で、つまずいたはずみでヤードの上まで引っ張り上げちまったんだ」

 「違うね!」トムが遮った。「ガスケットは帆の下だった。俺にゃ見えもしなかったね。おまけに帆の下縁なんか掴む間もなかったぜ、いきなり帆が膨れ上がって俺の顔にぶつかってきたんだからな」

 「そんでよ、おめえ、叩き落とされて、どげやってガスケットを掴んだんかね」プラマーがたずねた。

「こいつはガスケットを掴んでなんかいなかったよ」トムに代わって俺は答えた。 「ガスケットはこいつの手首に絡まりついてたんだ。で、ぶらさがってるとこを俺達が見つけたってわけさ」

「おまえはこいつが、がすきっとを掴んだんじゃねえっちゅうんだな」コインがパイプに火を着ける手を止めていった。

 「もちろんそういうこった。突然気絶するくらいぶっとばされて、自分でロープを掴める水夫がいるもんかよ」

 「そうだな」ジョックが同意した。「まったくそん通りだ、ジェソップ」

「俺にゃ分からんな」コインはパイプに火を付け終えるといった。

 俺はコインに構わずに続けた。

「とにかくさ、俺とウィリアムスが見つけたとき、こいつはガスケットにぶら下がってたんだ。ガスケットが手首に何回も巻ついてたのさ。おまけに、さっきもいったが、帆の下縁は帆桁の後ろ側に垂れ下がっててた。ガスケットにトムの体重がかかってたおかげでそこで止まってたのさ」

「奇妙な話しだよなぁ」スタビンスが当惑したような声でいった。「説明のつかんことじゃねえんだろうけどな」

続く

kane

 

スポンサーサイト

お疲れ様です。
最近、記事を投稿してなくて、すみません。
続き、愉しみにしてます。
ところで、カテゴリを幽霊海賊になおしました。
あと、コメントに変なのが沢山入るので、認証をすることにしました。

2008.09.16 21:07 URL | shigeyuki #fCUt0uVA [ 編集 ]

shigeyukiさま、ごぶさたしております。
こちらも月一程度の投稿ですが、気長にお付き合いください。shigeyukiさんの次回作お待ちしています。

2008.10.14 23:22 URL | kane #0ddp1wPg [ 編集 ]

お疲れ様です。
月一度程度といわず、どんどんと投稿してください(笑)。
僕の方は、今ちょっとごたごたしてまして、時間的に余裕があまりなくて。落ち着いたらまた投稿を開始しますね。

2008.10.18 23:17 URL | shigeyuki #fCUt0uVA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/152-a171617d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。