Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

I glanced at Williams, to suggest that I should tell all that we had seen; but he shook his head, and, after a moment's thought, it seemed to me that there was nothing to be gained by so doing.

We had no very clear idea of the thing that had happened, and our half facts and guesses would only have tended to make the matter appear more grotesque and unlikely. The only thing to be done was to wait and watch.

If we could only get hold of something tangible, then we might hope to tell all that we knew, without being made into laughing-stocks.

I came out from my think, abruptly.

Stubbins was speaking again. He was arguing the matter with one of the other men.

"You see, with there bein' no wind, scarcely, ther thing's himpossible, an' yet--"

The other man interrupted with some remark I did not catch.

"No," I heard Stubbins say. "I'm hout of my reckonin'. I don't savvy it one bit. It's too much like a damned fairy tale."

"Look at his wrist!" I said.

Tom held out his right hand and arm for inspection. It was considerably swollen where the rope had been round it.

"Yes," admitted Stubbins. "That's right enough; but it don't tell you nothin'."

I made no reply. As Stubbins said, it told you "nothin' ". And there I let it drop. Yet, I have told you this, as showing how the matter was regarded in the fo'cas'le. Still, it did not occupy our minds very long; for, as I have said, there were further developments.

 


  俺たちが見たこと全部を話してがいいのものかと、ウィリアムスの方を窺ったが、あいつはちょっと考えると首を横に振った。そんなことをしてもどうにもならんっていうふうにね。

俺たちはまだ、それまでに起こったことにはっきりした考えは持ってなくて、あやふやな事実だの考えなんかを口にするのは、ことをただ奇怪で不気味なことにするだけだったろう。できることは、ただ見守り待つ事だけだったのさ。

もし、何か一つでも、これといったことでもあれば、知ってる事を全部話そうと思ってた。そのときには、笑いのネタなんぞにはならないだろうしな。

そこで不意に物思いから引き戻された。スタビンスがまた話しだしてた。他の奴とあのことを議論していた。

「なあ、風なんぞ吹いちゃおらんかったんだぜ、ちっともな、とてもありえねえ話しだぜ、だけどよ・・・」相手が遮って何か言ったが聞き取れなかった。

 そして、スタビンスが口を開いた。「いいや、俺は少しだって信じねえからな。つまらんよた話みたいに聞こえるぜ」

「こいつの手首を見ろよ」俺は言った。

トムが右手を見えるように掲げた。ロープが絡んでたとこが酷く腫れあがっていた。

「ああ、わかったよ」スタビンスは認めた。「充分だよ。だけどこれだけじゃ何も判りゃしねえぜ」

俺は返事をしなかった。スタビンスが言った通り、これだけじゃ『何も判りゃしねえ』からだ。俺はここで話から降りた。こんなことを話したのは、船首楼でどんなことが話されてたのか知ってもらいたかったからだ。もっとも、この話題はそんなに長くは気に留められちゃいなかったがね。というのも、さっきも言ったようにまだまだ色々起こったんでね。  

 続く

kane

 

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/153-13620d03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。