Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

The three following nights passed quietly; and then, on the fourth, all those curious signs and hints culminated suddenly in something extraordinarily grim. Yet, everything had been so subtle and intangible, and, indeed, so was the affair itself, that only those who had actually come in touch with the invading fear, seemed really capable of comprehending the terror of the thing. The men, for the most part, began to say the ship was unlucky, and, of course, as usual! there was some talk of there being a Jonah in the ship. Still, I cannot say that none of the men realised there was anything horrible and frightening in it all; for I am sure that some did, a little; and I think Stubbins was certainly one of them; though I feel certain that he did not, at that time, you know, grasp a quarter of the real significance that underlay the several queer matters that had disturbed our nights. He seemed to fail, somehow, to grasp the element of personal danger that, to me, was already plain. He lacked sufficient imagination, I suppose, to piece the things together--to trace the natural sequence of the events, and their development. Yet I must not forget, of course, that he had no knowledge of those two first incidents. If he had, perhaps he might have stood where I did. As it was, he had not seemed to reach out at all, you know, not even in the matter of Tom and the fore royal. Now, however, after the thing I am about to tell you, he seemed to see a little way into the darkness, and realise possibilities.


  続く三晩は何事もなく過ぎていった。そして四回目の夜、それまでの奇妙な前触れやら兆しやらが突然、ひどく恐ろしい形で頂点に達したんだ。これまでも何もかもが捕らえがたく、雲をつかむようなことだったが、この事件も同様で、押し寄せてくる恐怖を実際に経験した者だけが、あれの脅威を理解できたんだと思う。大方の連中はこの船はついてないなんて言うようになってきたし、船の中にヨナがいるんだ、なんて言う奴も出て来る始末さ。もちろんこんなのは、いつものことだけどな!けれども、誰も何か身の毛立つものがあるってことに気づいていなかったなどとはいうつもりはない。少しはわかってきた奴もいたんだと思うからなんだが、スタビンスは間違いなくその一人だろうな。でもその時、あいつは俺たちの静かな夜を邪魔した奇怪な出来事の底にある、本当の意味の四分の一もわかってなかったんだと確信してるんだが。俺にはとうにはっきりとしていた、一人ひとりへの危険のかけらをつかみ損ねたんだろう。それぞれをつなげてみるような・・・一連の事件のごく自然な流れだとか成行きだとかを辿っていくような・・・想像力を持ち合わせていなかったんだな。もちろん、あいつが最初の二つの出来事は知らないってことは忘れてはいけどさ。知っていれば、きっと俺と同じ考えに立ったはずだ。とにかく、そんなわけであいつはそんな考えに至ることもないようだった。当然、トムとフォア・ローヤルの一件についてもね。まあ、これから話す事件の後になってもあいつは暗闇に目をやっては、何かないかと探しているように思えたな。

 

 

続く

Kane

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/154-28302c96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。