Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「ナイトランド」の翻訳をしてみることにした。
 余りに長いし、難しそうだし、だいたい荒俣宏氏の名訳があるので、いまさらとも思えるが、やはり一番好きな作品でもあるし、また完訳版もないことだし、挑戦してみるのも英語の勉強になっていいかもしれない。そう思った。何年かかるか分からないけれども、ぽつぽつと、暇なときに。そんな感じで。

*****************


The Night Land


by William Hope Hodgson

 
The Dreams that are only Dreams

 
"This to be Love, that your spirit to live in a natural holiness with the Beloved, and your bodies to be a sweet and natural delight that shall be never lost of a lovely mystery. . . . And shame to be unborn, and all things to go wholesome and proper, out of an utter greatness of understanding; and the Man to be an Hero and a Child before the Woman; and the Woman to be an Holy Light of the Spirit and an Utter Companion and in the same time a glad Possession unto the Man. . . . And this doth be Human Love. . . ."

". . . for this to be the especial glory of Love, that it doth make unto all Sweetness and Greatness, and doth be a fire burning all Littleness; so that did all in this world to have met The Beloved, then did Wantonness be dead, and there to grow Gladness and Charity, dancing in the years."

****************

ナイトランド 


ウィリアム・ホープ・ホジスン 著

shigeyuki 訳


儚き夢想


「魂が《真実の恋人》と共に素直な敬虔さの中で生きること、そして肉体が麗しい神秘を失わず甘く素直な喜びとともにあること、それが愛するということだ……そこでは羞恥の心は生まれず、互いに深く理解し合い、全てが健全で、そう在るべきように在る。男は女の前では英雄にも子供にもなる。そして女は魂の神聖なる光であり、完璧な伴侶であり、そして同時に、男にとっての輝かしい宝物でもある……これが人の愛というものなのだ……」

「……それが愛の荘厳なる輝きであり、あらゆる優美さと偉大さを育む。そして浅ましき心をを焼き尽くす。この世界の全ての人々が《真実の恋人》に出会うことができたなら、悪しき心は死に絶え、悦びと慈愛の日々に包まれることだろう」


"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/157-c1b1bb9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。