Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
1. MIRDATH THE BEAUTIFUL

 
"And I cannot touch her face
And I cannot touch her hair,
And I kneel to empty shadows--
Just memories of her grace;
And her voice sings in the winds
And in the sobs of dawn
And among the flowers at night
And from the brooks at sunrise
And from the sea at sunset,
And I answer with vain callings . . ."


It was the Joy of the Sunset that brought us to speech. I was gone a long way from my house, walking lonely-wise, and stopping often that I view the piling upward of the Battlements of Evening, and to feel the dear and strange gathering of the Dusk come over all the world about me.

The last time that I paused, I was truly lost in a solemn joy of the Glory of the Coming Night; and maybe I laughed a little in my throat, standing there alone in the midst of the Dusk upon the World. And, lo! my content was answered out of the trees that bounded the country road upon my right; and it was so as that some one had said: "And thou also!" in glad understanding, that I laughed again a little in my throat; as though I had only a half-believing that any true human did answer my laugh; but rather some sweet Delusion or Spirit that was tuned to my mood.

But she spoke and called me by my name; and when I had gone to the side of the road, that I should see her somewhat, and discover whether I knew her, I saw that she was surely that lady, who for her beauty was known through all of that sweet County of Kent as Lady Mirdath the Beautiful; and a near neighbour to me; for the Estates of her Guardian abounded upon mine.




****************


1. 麗しきミルダス


"その頬に触れることもできず
その髪を撫でることも叶わず
ただわたしは虚ろな面影に跪く─
それは貴女のたおやかな記憶……
貴女の声が風の中に谺する
暁のざわめきの中に
夜に咲く花々の間に
夜明けの小川から
夕焼けの海原から
そして私は虚しく呼びかけを返す……"


 優しい夕焼けが、私たちが言葉を交わすきっかけを演出してくれた。私は家から遠く離れ、一人散策の途にあったのだが、時折足を止めては宵闇の胸壁が築き上げられてゆくさまを眺め、自分の周りの世界全てを黄昏が覆い尽くしてゆく様子を、愛おしくも、また不思議にも感じていた。
 最後に休息をとった時、私は《夜の訪れの神秘》に荘厳な悦びを感じ、完全に無我の中に入り込んでしまった。そうして世界を覆う黄昏の中心にたった一人佇んで、おそらくは小さな忍び笑いを漏らしたようだった。すると何ということだろう、右手の田舎道に沿った木立から、私の悦びに答えるものがあった。それはまるで誰かが「貴方にも分かるのですね!」と共感の言葉を返してくれたかのようだった。私はまた喉の奥で少し笑い声を出してみた。というのも、自分の笑い声に答えてきたものが本当に人間であったのかどうか半信半疑だったからで、あるいはただの甘い妄想か、さもなくば私の気分に浮かれて現れた精霊だったのかもしれないと思ったからだった。
 だが彼女は声を出して私の名前を呼んだ。ちらりとでも彼女の姿を見ることができれば知った顔なのかどうか確かめられると思い、道の際に向かったが、そうして分かったことは、彼女はその美しさゆえに《麗しきミルダス》として、のどけきケント州中にあまねく知れ渡っている令嬢その人であった。そしてまた彼女は私の隣人であった。彼女の後見人の地所が私の地所と接していたのだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/158-9fa32e71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。