Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
Yet, until that time, I had never met her; for I had been so oft and long abroad; and so much given to my Studies and my Exercises when at home, that I had no further Knowledge of her than Rumour gave to me odd time; and for the rest, I was well content; for as I have given hint, my books held me, and likewise my Exercises; for I was always an athlete, and never met the man so quick or so strong as I did be; save in some fiction of a tale or in the mouth of a boaster.
Now, I stood instantly with my hat in my hand; and answered her gentle bantering so well as I might, the while that I peered intent and wondering at her through the gloom; for truly Rumour had told no tale to equal the beauty of this strange maid; who now stood jesting with so sweet a spirit, and claiming kinship of Cousinhood with me, as was truth, now that I did wake to think.
And, truly, she made no ado; but named me frank by my lad's name, and gave laughter and right to me to name her Mirdath, and nothing less or more--at that time. And she bid me then to come up through the hedge, and make use of a gap that was her own especial secret, as she confessed, when she took odd leave with her maid to some country frolic, drest as village maids; but not to deceive many, as I dare believe.

****************


 しかしこの時まで私は彼女と会ったことがなかった。というのも、私は長期間に渡って外国で過ごすことが多かったし、自宅にいる時には主に勉学と鍛錬に時間を割いていたからで、彼女についての知識は、時折耳にする噂以上のものを持っていなかったのだ。しかし、その点については、私は特に気に留めたこともなかった。先ほども言ったように、私は書物の虜になっていたし、身体の鍛錬にも余念がなかったのだ。私は常にアスリートをもって自らを任じており、物語や大風呂敷の法螺話の中以外では、自分と同じほど屈強な人間にも、あるいは素早い人間にも、これまでに出会った試しがなかった。
 私はすぐに帽子を手にして姿勢を正し、出来る限り上品な物腰で応答したのだが、その間にも薄暗がりの向こうに垣間見える彼女の姿を、嘆息しつつじっと見詰めていた。この初対面の少女の美しさは、噂に違わぬものだった。それから彼女は気さくに立ち話を始めたが、実を言えば、私は自分たちが従兄妹同士だと告げられて初めて、ようやく我に返るという有様だった。
 そう、実際のところ彼女は全く気の置けない態度だった。私を子供の頃の愛称で気さくに呼び、笑いかけ、自分をミルダスだと名乗った。だがそれだけだった─その時は。それから彼女は私に、生け垣を超えてこちらに上がって来るなら、自分しか知らない秘密の抜け穴があるからそこを使うといいと教えてくれた。彼女の告白するところによると、村でお祭りがある時には、召使と一緒に村娘の格好をしてこっそりと忍んでゆくことがあるのだというが、しかしそれで多くの人の目を欺けると考えるのは、厚かましいというものだろう。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/159-91f68a04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。