Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ホジスンの著作活動は1902年にボディビルの記事を書いたことに始まると言われているが、1905年から1906年にかけてのCoulson Kernahan 宛書簡によると処女作が雑誌に載るまでに四百回以上も出版社から突き返されたという。彼が物を書き始めたのは船を下りた世紀の変わり目にまで遡るといっていいだろう。
C.L.とイニシャルのみある作家の作品にThe Raft( Sketchy Bits No.543 1905 p14-15)というのがある。筋立ては、嵐で船を失い筏に乗り移った四人の男たちが、サルガッソー海へ迷い込み、大タコの襲撃を受け仲間を失いながらも、他船の助けを借りて脱出に成功する、といったものだったが、ホジスンは1905年11月17日のCoulson Kernahan宛ての手紙の中で、自分の“Weed Story” からアイディアを得たのだといっている。
なかなか作品が売れない中でのホジスンの苛立ちが思われる。
1906年頃からThe Authorという雑誌にホジスンの書いた記事が載り始める。これはSociety of Authors Inc.という団体の会報で、初代の会長はテニソンで、多くの著名な作家が名を連ねている。ホジスンはこの団体を通じてウェルズなどいく人もの作家と親交を持ち、作家としての姿勢を教えられたようだ。その頃授かった教えの中に版権に関するものもあったのかもしれない。ホジスンの作品の中に著作権版が現れるのはこの後のことだ。次に彼の著作で著作権版と思われるものをあげる。私の調べがついていないだけで、まだ他にもあるかもしれない。
1.The Ghost Pirates, a Chaunty, and another story  
(Paul R.Reynolds, New York 1909)
2.Carnacki, the Ghost Finder, and a poem 
(London, 出版社不明 1910) (Paul R.Reynolds, New York 1910)
3.Poems and The Dream of X
(A.P.Watt & Son, London 1912) (Harold Paget, New York 1912)
4.Cargunka and Poems and Anecdotes  
(A.P.Watt & Son, London 1914) (R.H.Paget, New York 1914)
ここにあるHarold Paget、A.P.Watt & Sonはそれぞれアメリカとイギリスの著名な出版エージェントで、A.P.Watt はドイルやハッガードも顧客だった。Carnackにはシリーズ4編が、Cargunkaには10編ほどの短編のプロットが並べられている。これに1909年から彼の著作活動の終わり頃までの作品がだいたい網羅されていることがわかる。自分の言いたいことに沿うように事実を書き並べてしまったが、ホジスンが意外なほど版権を気にしていたのが分かってもらえるだろうか。
というわけで、shigeyukiさま、アメリカの市場を重視していたというより、版権を気にしていたというのが真相では。
ディスコスと草刈り機が重なるのかわたしだけでしょうか。

kane
スポンサーサイト

 詳細なデータ、ありがとうございます。
 以前も伺いましたが、ホジスンが版権を気にしていたというのは、自然に受け入れられるので、それは間違いないでしょうね。なので、dream of Xは、その流れでしかなかったのかもしれませんね。
 ただ、書き方が足らなかったのですが、ナイトランドがこの時期に出版されたということに、ちょっと注目してしまったのです。
 モスコヴィッツらによって、ナイトランドが起草されたのが、全ての長編より以前であることが指摘されていますよね?でも、そのままお蔵入りになっていたこの作品が、どうしてこの時期に出版されることになったのか、ふと考えたのです。
 そこで気になったのが、主人公が忽然と火星に転移し、そこで波乱万丈のラヴロマンスを繰り広げるという「火星のプリンセス」ですが、よくよく調べてみると、「火星のプリンセス」が単行本として出版されたのは1917年で、雑誌に掲載されたのが1912年でした。なので、これは僕の早とちりだったかもしれませんね。もしかしたら、読者を得るためにこの作品に倣って波乱万丈のラブストーリとしてナイトランドを書き直したものの、上手く行かなかったのかもしれないと、ふと思いついたものですから。。。
 まあ、思いついたらすぐに書けるのが、ブログだということで(笑)。

 しかし、草刈機ですか。。。考えたこともなかったけれど、確かに、ちょっと、似ていますね(笑)。

2007.01.29 22:46 URL | shigeyuki #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/16-e868a73b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。