Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And I came up through the gap in the hedge and stood beside her; and tall she had seemed to me, when I looked up at her; and tall she was, in truth; but indeed I was a great head taller. And she invited me then to walk with her to the house, that I meet her Guardian and give word to my sorrow that I had so long neglected to make call upon them; and truly her eyes to shine with mischief and delight, as she named me so for my amissness.
But, indeed, she grew sober in a moment, and she set up her finger to me to hush, as that she heard somewhat in the wood that lay all the way upon our right. And, indeed, something I heard too; for there was surely a rustling of the leaves, and anon a dead twig crackt with a sound clear and sharp in the stillness.
And immediately there came three men running out of the wood at me; and I called to them sharply to keep off or beware of harm; and I put the maid to my back with my left hand, and had my oak staff ready for my use.

****************


 それで私は生垣の抜け道を通り抜けて上って行き、彼女の傍らに並んだ。見上げていた時から背の高い女性だとは思っていたが、実際にその通りであった。しかし私は彼女よりも頭ひとつ分高かった。彼女は、自分と一緒に家に行って後見人に会って、こんなに長いあいだ沙汰無くしていたお詫びを申し上げましょうと、私を屋敷に招待してくれた。私の不義理を指摘しながらも、彼女の瞳は悪戯っぽさと嬉しさを宿して、本当に輝いて見えた。
 だがその直後、彼女はさっと神妙な顔になって指で私を制し、黙るように促した。彼女は何か物音を、右手に広がっている森の中に聞きつけたのだ。そして実際、私も何か物音を耳にした。葉の擦れ合う音がして、それから枯れた小枝の折れる音が、確かに鋭くはっきりと、静寂の中に響いた。
 次の瞬間、三人の男が森の中から飛び出し、こちら目がけて駆けてきた。それで私は彼らに向かって、近くに寄るんじゃない、さもなくば痛い目に会うことになるぞと鋭く言い放った。同時に私は少女を左手で後ろに庇い、持っていた樫の杖を構えた。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/160-3c6e18f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。