Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
But the three men gave out no word of reply; but ran in at me; and I saw somewhat of the gleam of knives; and at that, I moved very glad and brisk to the attack; and behind me there went shrill and sweet, the call of a silver whistle; for the Maid was whistling for her dogs; and maybe the call was also a signal to the men-servants of her house.
Yet, truly, there was no use in help that was yet to come; for the need did be then and instant; and I nowise loath to use my strength before my sweet cousin. And I stepped forward, briskly, as I have told; and the end of my staff I drove into the body of the left-ward man, so that he dropped like a dead man. And I hit very sharply at the head of another, and surely crackt it for him; for he made instantly upon the earth; but the third man I met with my fist, and neither had he any great need of a second blow; but went instant to join his companions, and the fight thus to have ended before it was even proper begun, and I laughing a little with a proper pride, to know the bewilderment that I perceived in the way that the Lady Mirdath, my cousin, stood and regarded me through the dusk of the hushed even.
But, indeed, there was no time left to us, before there came bounding up, three great boar-hounds, that had been loosed to her whistle; and she had some ado to keep the brutes off me; and I then to beat them off the men upon the earth, lest they maul them as they lay. And directly, there was a noise of men shouting, and the light of lanthorns in the night, and the footmen of the house to come running with lanthorns and cudgels; and knew not whether to deal with me, or not, in the first moment, even as the dogs; but when they saw the men upon the ground, and learned my name and saw me proper, they kept well their distance and had no lack of respect; but, indeed, my sweet cousin to have the most of any; only that she showed no intent to keep distance of me; but to have a new and deeper feeling of kinship than she at first had shown.

****************


 だが三人の男たちは聞く耳を持たず、こちらに走り寄って来た。ナイフの閃きのようなものを目にした私は、少し考えたものの、望むところだとばかり、その襲撃を受けて立とうと決めた。すると背後からは銀の笛の音が、甘く甲高く響いた。少女が犬を呼んだのだが、それは同時に屋敷の使用人を呼ぶ合図でもあったのだろう。
 しかし、実際のところ、まだやっても来ない助けを待っていても意味がなかった。助けが必要なのは今この瞬間なのだ。私は美しい従妹の前で自分の力を披露することを躊躇わなかった。先ほどの忠告通り、私は前にさっと踏み込んだ。そして持っていた杖の尻を左側の男の身体に突き入れると、そいつは木偶のように倒れた。それから私は極めて鮮やかにもう一人の男の頭を打ち付けたが、その一打はどうやら頭骨を割ったようで、男はすぐに地面に転がった。三人目の男には拳で迎え撃ったが、二発目の止めを繰り出す必要もなく、すぐに仲間たちと同じ運命を辿った。こうして戦いは始まる前からあっけなく終わってしまい、私は誇らしげに鼻で笑ったが、静けさを取り戻した黄昏の中に佇んでいる従妹のミルダス嬢が感服の眼差しでこちらを見詰めていることに気付くと、決まり悪さを感じた。
 けれど、その直後に、彼女の笛の音で解き放たれた三匹の大きなボア・バウンド(注・現在ではグレート・デーンと呼ばれている)が飛びかかってきた。彼女は犬たちを私から引き離すのに苦労したし、私の方といえば、犬たちが大地に横たわっている男たちを酷く傷つけないように追い払おうとした。それから間もなく、男たちの呼び騒ぐ声が聞こえ、夜の闇の中にランタンの光が見えた。それからランタンと棍棒を手にした屋敷の下男たちが駆けてきた。犬たちと同じく、最初は私に対してどう対処すべきなのか戸惑っていたが、横たわっている男たち目にし、また私の名前と顔をはっきりと確認すると、しかるべき敬意を持った態度で私に接するようになった。しかし、私の美しい従妹はそれ以上だった。彼女は私から離れようとしなかったばかりか、最初私に対して彼女が見せていた親愛の情が新しい段階に入り、深化したかのようだった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/161-7afa6ab0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。