Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And one evening, that I ever remember, as we wandered in the park-lands, she began to say--half unthinking--that it was truly an elves-night. And she stopped herself immediately; as though she thought I should have no understanding; but, indeed, I was upon mine own familiar ground of inward delight; and I replied in a quiet and usual voice, that the Towers of Sleep would grow that night, and I felt in my bones that it was a night to find the Giant's Tomb, or the Tree with the Great Painted Head, or-- And surely I stopped very sudden; for she gripped me in that moment, and her hand shook as she held me; but when I would ask her what ailed, she bid me, very breathless, to say on, to say on. And, with a half understanding, I told her that I had but meant to speak of the Moon Garden, that was an olden and happy fancy of mine.
And, in verity, when I said that, the Lady Mirdath cried out something in a strange low voice, and brought me to a halt, that she might face me. And she questioned me very earnest; and I answered just so earnest as she; for I was grown suddenly to an excitement, in that I perceived she knew also. And, in verity, she told me that she had knowledge; but had thought that she was alone in the world with her knowledge of that strange land of her dreams; and now to find that I also had travelled in those dear, strange dream lands. And truly the marvel of it--the marvel of it! As she to say time and oft. And again, as we walked, she gave out word that there was little wonder she had been urged to call to me that night, as she saw me pause upon the road; though, indeed, she had learned of our cousin-ship before, having seen me go by on my horse pretty oft, and inquired concerning me; and mayhap daintily irked that I had so little heed of Lady Mirdath the Beautiful. But, indeed, I had thought of other matters; yet had been human enough, had I but met her proper before I see her.

****************


 今でも思い出す。ある夕方のこと、二人で庭園を散歩していた時に彼女は、半ば口から突いて出たという感じで、今宵は妖精たちの夜ね、と言いかけた。そしてはっとして足を止めた。まるで私が何の話か分からずに首をひねっているのではないかと思ったかのように。だが実を言うと、私は幸福感に酔いしれている最中だった。それで私は普段と変わらぬ声で穏やかに答えた。こんな夜には《眠りの塔》が聳え立ってるだろうな。直感じゃ、今宵は《巨人の墳墓》を見つけるのにはうってつけの日だ。さもなくば《極彩の樹冠を持つ樹》か、あるいは……。そこで私ははっと我に返って話を止めた。というのも、彼女が突然私にしがみ付き、その手で私を揺さぶったからだ。そして私が一体どうしたのかと訊ねる間もなく、彼女は切羽詰ったような声で、ねえ話して、続けて、と懇願してきた。それで私はよく分からぬままに、いや、《月の庭園》のことは取り立てて話すほどのことじゃないんだ、何せずっと昔の、私の夢物語なんだからね、と言った。
 するとミルダス嬢は奇妙に低い声で何か叫び、私の足を止めさせて、向き合った。そして真剣な様子で私に質問を投げかけてきた。私はそれに対して真摯に答えた。というのも、彼女もそのことについて知っているということに突然気付いて、私も興奮してきたからだった。事実、彼女は私に向かって、わたしも知っているわ、と語った。しかし彼女は、そんな自分の夢の中の奇妙な世界の記憶を持っている人間なんて、この世にいるはずはないとずっと思っていた。ところが今、私もその奇妙な夢の世界を彷徨ったことがあるのだと知った。それで、本当に驚いてしまった……吃驚しました!彼女は幾度となくそう言った。それからまた私たちは歩き始めたが、彼女は私に向かって、その夜に道で一休みしていた私を目にして、自分が声を掛けようと思ったのは、それほど不思議な事ではないのだと言った。というのも、彼女は私たちが従兄妹同士だということを以前に聞いていたし、また私が馬で出かけてゆくのを何度も目にしたこともあったし、さらには私の噂も人に聞いたことがあったのだから。それに、おそらくは私が《麗しきミルダス》嬢に殆ど関心を持たなかったのも、ちょっと面白くなかったようだ。だが私は他のことでずっと頭が一杯だっただけで、もしこうして出会う前にきちんと彼女に挨拶をする機会があったなら、とても無関心ではいられなかっただろう。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/165-c573290e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。